• ベストアンサー
  • 困ってます

公告公報の権利期間

公告後、登録された権利があります。 この場合、権利期間は、出願から20年ですか。 公告から何年後 っていうきまりがあるのでしょうか。 また、もしその場合、どちらがどのようなきまりで優先されるのでしょうか。 教えて下さい。

  • eoc
  • お礼率87% (371/422)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数291
  • ありがとう数14

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#9130
noname#9130

> 公告後、登録された権利があります。 まだ公告公報があった頃の特許出願の話ですよね? ANo.1のkeyguy さんは過去の法律をご存知ないのかも知れませんね。 出願公告制度が廃止されたのは平成8年1月1日からです。 それ以前に審査過程で拒絶理由がなかった/なくなった場合には、出願公告をすべき旨の決定(公告決定)がされ、公告公報が発行され、旧法異議申立てがなければ特許査定されるという流れでした。 「第51条(出願公告)  審査官は、特許出願について拒絶の理由を発見しないときは、出願公告をすべき旨の決定をしなければならない。」 その当時の存続期間の規定は、次のようになっていますよ。 「第67条(存続期間)  特許権の存続期間は、出願公告の日から十五年をもつて終了する。ただし、特許出願の日から二十年をこえることができない。」 但し、平成7年7月1日から、次のように改正されました。 「第67条(存続期間)  特許権の存続期間は、特許出願の日から二十年をもつて終了する。」 この段階ではまだ出願公告制度は存在していました。廃止されたのは翌年からです。 従って、eocさんが仰っている出願がいつ出願公告されたのかによって、正確な回答は変わってきます。 平成7年6月30日までに公告決定されたものであれば、出願公告から15年だけど、出願から20年は超えないってことです。 つまり、出願から3年程度で出願公告された場合には存続期間は20年もないということになります。 他方、例えば出願から7年経ってから出願公告された場合、出願公告から15年だと出願から20年をこえてしまい、上記ただし書きの規定に引っかかりますので、存続期間は出願から20年までとなります。 こういうことは、ちゃんとした特許の専門書を読んでいるとか、過去の法律を熟知しているとかという者でないとわかりません。専門家又はそれに近い人以外には回答するのが難しいご質問でしたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有り難うございます。 また、回答の根拠(過去の法律)に加え判りやすい説明をしていただきまして感謝しております。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • keyguy
  • ベストアンサー率28% (135/469)

出願から20年です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答有り難うございます。 公告日との関連はないと言うことですね。 例えば、出願1年後に審査請求、公告された場合でも、出願から20年でよかったのですね。 有り難うございました。

関連するQ&A

  • 米国再発行特許の権利期間

    米国の再発行特許の権利期間はどうなっていますか? 再発行前の原出願日から20年でいいのでしょうか?

  • 電子公告の期間について

    定款に「株主名簿管理人を変更するときは公告する」と定めております。 今回、管理人を変更する旨、取締役会で決議する予定ですが、 電子公告を採用している場合、法定でない事項を公告することは実際にできるのでしょうか。もし電子公告できるとしたら、その根拠条文や公告期間をどうなるのでしょうか??? よろしくお願いします

  • 実公平、特公平の権利期間

    特許の素人です。 特許公報をみていたら、「実公平ー***」「特公平ー***」と記載されたいました。 これらの権利期間は何年でしょうか? 出願日からの換算でよかったでしょうか? 教えてください。

  • 遅れて下位概念を出願しなおせば、権利期間を延ばせる?

    Aを請求項とする出願を行い、それから1年半以内(公開前)にAの下位概念(考え得るもの全て)を請求項とする非国内優先権主張出願を行った場合、他者が同じ内容の出願を行わなければ、Aの権利期間を実質21年半に延ばせるのでしょうか? 後願の請求項がAの上位概念ではないため、内容が同一とならないので、先願にはなりませんし、出願人が同じなら拡大先願にもならないので、可能だと思うのですが、いかがでしょうか? なお、明細書の内容は先願でも後願でも同一とし、下位概念も全て双方の明細書に記載されているものとします。

  • 実用新案の権利期間?

    実用新案の権利期間は出願日から6年ということですが、私の持っている本には10年と書いてあります。(平成4年発行) この違いは何でしょうか? 法律が改正されたのでしょうか?

  • 合併公告について

    合併公告について 親会社と子会社の吸収合併を検討していますが、電子公告を行うときの対象となる根拠条項や調査期間などどこかでわかりませんか。過去の公告文例などはどこかでわかりません

  • 審査未請求の場合に訴える権利は発生しますか?

    出願後3年以内に審査請求をしなかった場合、他人が同様の特許を出願 したら、権利侵害の訴えはできるんでしょうか? それとも、出願すれば、先願主義のため後からでも登録特許とすることができ、特許化した後なら、同一特許が登録されていた場合に訴える権利が発生すると認識でいいでしょうか?

  • 米国特許の存続期間

    1995年6月8日以前に成立した米国特許の存続期間は 全て成立から17年でしょうか? 資料によると、「1995年6月8日現在有効な特許権、 及び、継続中の出願については、特許日から17年か 出願日から20年のいずれか長い期間が自動的に適用 される」とあります。 この文章では1995年6月8日現在有効な特許権=成立して いる特許も登録から17年か出願から20年の長い期間が 適用されるのでしょうか?

  • 平成6年以前に出願された特許の期間について教えてください。

    平成6年以前に出願された特許の期間について教えてください。 すみません、特許関係について全くの素人ですがお教えください。 特許について調べていると、平成6年(?間違っていたら正しい期日を 教えてください)以前に出願されたものの特許権の存続期間は、「出願 公告が出されてから15年」と「出願日から20年」のうち、短い方・・・・ と理解しておりました。 つまり、仮に平成4年1月17日に出願して、平成5年7月30日に公 開(出願広告?)されたものは、「平成20年7月30日」に特許権が切れ る・・・・・と。 ところが、「公報テキスト検索」で自分の調べたいジャンルの特許を調べ ていたら、添付ファイルの特許がありました。 【質問1】 この検索にヒットするということは、特許権が存続していると理解して良 いのでしょうか? 【質問2】 添付のファイルの特許権が存続中なのであれば、存続期間と期間の計 算方法をお教えください。 長文になり申し訳ございません。 以上どうぞご指南ください。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 特許公報より5ヶ月して公開公報

    お世話になります。 特許法64条(出願公開)には、 「特許庁長官は、特許出願の日から1年6月を経過したときは、特許掲載公報の発行をしたものを除き、その特許出願について出願公開をしなければならない。・・」 とあります。 したがって特許掲載公報(特許公報)が掲載された案件については、公開公報は掲載されないと考えていました。 ところが、早期審査で登録査定を受けた案件が、 特許公報(B1)掲載から5ヶ月(登録からでは7ヶ月)も経過してから公開公報(A)が掲載されました。 掲載事務手続きの関係で3ヶ月くらいのタイムラグなら掲載されるのも理解できるのですが、64条では「特許掲載公報の発行をしたものでも出願公開をしてもよい」と解釈すべきということでしょうか? よろしくご教示ください。