• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

土地売買の仲介業者について質問致します

 土地の売買の仲介業者について質問致します宜しくお願いします。  土地の売買(法人間での取引)で仲介業者をたてるのですが、土地売買契約に関し、債務不 履行、契約に関するトラブルがあった場合には、仲介業者はどのような立場になるのでしょうか。    契約書には、その名前は入れるのでしょうか。  仲介料はどのような取り決めになるのでしょか。  また、買主、売主双方がたてる場合というケースもあるのでしょうか。  その時の仲介料の負担は、どのようになるのでしょうか。  以上、宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数362
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

当方、宅地建物取引主任有資格者です(ただし、実務は素人です)。 >債務不履行、契約に関するトラブルがあった場合には、仲介業者はどのような立場になるのでしょうか。 通常、不動産の仲介業務は準委任契約の受任者になります。 「委任契約」「準委任契約」は法律行為(準法律行為)を本人に代わって やってください。という契約です。 「請負契約」と違い、100%完遂させないと 即損害賠償や不法行為の対象となる契約ではありません。 「準委任契約」の行為しとては医者の診断行為があります。 100%病気が治るわけではありませんよね? 「請負契約」の代表例は「大工さんに家を建ててもらう」 常識的には100%完遂するのが前提の契約です。 「委任契約」の受任者の責任は以下3つ (1)善管注意義務 受任者は善良な管理者として職務上一般的に要求される注意義務を負います。 要は、いい加減な事務処理が許されないということ。 (2)報告義務 受任者は委任者の請求があるときはいつでも、委任の事務処理の状況を報告する義務があり、委任契約終了のときにも事務処理の顛末について報告する義務があります。 (3)受取物引渡義務 受任者は、事務処理に際し受け取った金銭その他の物を委任者に引き渡す義務があります。 ※不動産取引において、仲介業者は「重要事項説明書」に記載し、不動産取引の当事者にたいして説明が義務付けられています。万一、説明モレ(調査不足)によるトラブルや損害が発生した場合は仲介業者の責任となります。 ※但し、取引の対象たる不動産に関する事情(仲介業者が調査しても確認できないこと等)を当事者が仲介業者に話さなかったことが原因でトラブルや損害が発生した場合は、仲介業者は責任を取ることが出来ません。 >契約書には、その名前は入れるのでしょうか。 ケースバイケースです。 契約書はそもそも貸主と借主の間で交わすものなので、仲介業者の名前は必要ありません。 単に「立会人」として社名を記載する場合があるというだけです。なくても違法ではありません。 >また、買主、売主双方がたてる場合というケースもあるのでしょうか。 あります。それを「片手中介」と言います。 「片手仲介」=買主、売主双方がたてる場合 「両手仲介」=買主、売主双方から委任される場合。手数料ガッポリ ※両手仲買いは業界として色々問題があるようです。 ↓以下参照 http://baikyaku-tatsujin.com/ryoute-tyuukai.html >仲介料はどのような取り決めになるのでしょか。 >その時の仲介料の負担は、どのようになるのでしょうか。 売買の仲介手数料の金額の上限は、取引金額が400万円を超える場合、 「本体価格×3.15%(消費税等込み)+63,000円(消費税等込み)」 (例) 4000万円の中古分譲マンションを売却する場合 仲介手数料は「4000万円×3%+6万円」約126万円 ↓しかし 126万円を売主と買主が半分ずつ負担するのではない ↓ 売主も126万円、買主も126万円ずつ支払う必要がある ↓ 「両手仲介」の場合 126万円+126万円=252万円の仲介手数料 (参考)仲介手数料を含め、売買代金以外に以下の費用がかかる。 【売主】 (1)仲介手数料 (2)契約書や領収書等に貼付する印紙税 (3)登記抹消費用(甲区や乙区に付いている場合) (4)測量費用(測量が売買の条件になった場合) (5)建物解体及び滅失登記費用(建物解体が売買の条件になった場合) (6)敷金又は保証金(オーナーチェンジの場合) (7)譲渡所得税(売却で譲渡益が出る場合) 【買主】 (1)仲介手数料 (2)契約書や領収書等に貼付する印紙税 (3)所有権移転登記費用(土地や建物の所有権移転をする場合) (4)担保設定登記費用(乙区に抵当権等を設定する場合) (5)固定資産税精算金(固定資産税の負担をする金額) (6)不動産取得税(不動産を取得するとかかる税) 参考ソース http://tochinokaikata.com/fudousankeiyaku/ http://www.yfj.co.jp/qa/service.html http://baikyaku-tatsujin.com/ryoute-tyuukai.html あくまで参考まで・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土地購入仲介業者を立てたほうがよいですか?

    このたび、希望の土地が見つかったので、土地を購入しようと動こうと思います。それで、価格交渉していきたいのですが、  (1)その土地に看板があるA不動産に直接連絡を入れて交渉したほうが良いのか?それとも、こちらも仲介業者を立てて交渉したほうがよいか?ご指南をお願いします。  (2)また、こちらも仲介業者を立てて交渉し売買契約となったときも、仲介業者を立てないときも仲介手数料の総額の支払いは売主買主とも変わらないのか、教えてください。

  • 売買の仲介業者さん等、教えて下さい。

    売買の仲介業者さん等、教えて下さい。 初めまして。 売買の仲介の会社で働いております。 会社が宅建免許を取得したばかりでして、業務を詳しく分かるものがおりません。 通常、私が買主さんの仲介をし 売主さん側にも仲介業者さんがいらっしゃる事が大多数なのですが、 今回、売主さん側に業者さんがいなく、 一人で段取りしなければならない状況です。 契約は、終わり、後は決済を待つだけなのですが、 固定資産税等の計算は終わりました。 決済時は、いつも売主さん側の業者さんにお任せしておりましたので 私は、手数料を頂くぐらいしかしておりませんでした。 買主さん側の業者さんは、せかせかと 作ってきた書類に売主さんにハンコを押してもらったり セカセカなにかをされていました。 売主側の業者さんは何をされているのでしょうか? (1)当日は、何をすればよいのでしょうか? (2)私が作って当日持参する書類(社用のものも含め)は例えばどういうものが あるのでしょうか? よろしくお願い致します。

  • いいかげんな仲介業者

    9月に売買契約を締結した買主です。 当方のローン審査がおりて、決済引渡しを仲介業者に求めても、一切、動こうとせず、年末を迎えました。 本件の契約が9月に成立してから、1回だけ、10月に家主側の決済希望日の連絡があっただけです。(その際も、希望日の2日前に連絡を受けたので仕事の調整がつかず断りました。) その後、何回、連絡しても、留守番の事務員が電話に出るだけで、全く連絡がないまま、ずるずる年末を迎えました。 当方の融資銀行からも決済日督促の連絡を入れても、いつも留守で一切連絡がなかったとのこと。 年内に片付けたいので、直接、当方が売主に連絡をとり、隣接地主との境界確認(測量業者は当方で手配)、決済日の調整~銀行への連絡等をすませて、なんとか年内に所有権移転登記申請は間に合う見込みです。 売主に確認したのですが、未だ、売主側は署名押印はしたが、契約書をもらっていないとのこと。 また、手付金200万円は、仮預かり証を仲介業者からもらっただけで、未だ、受け取っていないとのこと。(売主が遠方に居住しているため、売買契約は仲介業者が、別々に署名押印を契約書に求めた) それでも売主側からの連絡を受けて、決済当日は、融資銀行に来るとのこと。 こんな、いいかげんな業者にも、3%+6万+消費税 の規定の手数料を払わないといけないのでしょうか? 個人がやっている町の仲介業者って、こんな感じなのでしょうか? 売買経験者、不動産業界の方々、皆さんのお考えご教示願います。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • simotani
  • ベストアンサー率36% (1847/4996)

契約不履行については仲介業者は直接負担しませんが、「先方違約時・融資不調時は契約を即時解約し手付金は直ちに無利子無手数料で返還する」条項を契約書に特約で入れればある程度は違約解消に動きます。最終的には業者ではなく取引相手に民事訴訟を提訴する事になります。 仲介手数料は宅地建物取引業法により取引価格の3%+6万円(税別)を売買双方が負担します(売買合計で6%+12万円になります)。これは法定手数料上限ですからこれ以上請求されるならば契約拒否すればいい事になります。 売却側と購入側のそれぞれが別の業者に委託した場合それぞれの業者が自分の受託分について手数料収受します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 土地売却時の仲介業者との契約内容について

    土地売却時の仲介業者との契約内容について 土地の売却を仲介不動産会社に依頼してる者です。 今回、買主の方が見つかり、話がまとまりそうなのですが、不安点があり質問します。 こちらが依頼してる仲介業者とは専属専任媒介契約で契約してます。 元々、売値が4300万だったのを、買主の要望で4000万での売却になりました。 売買契約にあたり、こちらが依頼してる業者は、専属専任媒介契約書を値下げした値段で契約し直さないといけない、といってるのですが、媒介契約書は仲介依頼の書類であって、売買契約書とは違うので、売却値段と一致してなくても問題ないと思うのですが、駄目なのでしょうか。 媒介契約書は、交渉の過程で相手に値下げしたからといって、その値段にしないといけないのですか? 最終的な売却値段にしてないといけないのでしょうか? それと、媒介契約書の作り直しに関してなのですが、万が一契約が不成立で売却出来なくても、値下げした値段は公開しないといってるのですが、専属専任媒介で公開しないのは法律違反ですよね?出来るのでしょうか? レインズに登録しないといけない筈ですし、登録してしまえばデータは公開されてしまうと思うのですが、登録だけして非公開とか出来るのですか? もしくは、値下げを買主と契約を取り交わす日だけにして、後日すぐ作り直して元の値段に戻すことは出来るのでしょうか。 仲介手数料についてですが、契約書の中では、買主のローン審査落ちの理由での解除は、手数料返金になるのですが、手付金解除に関しては、返金になる記載はありません。 これは、正々堂々と買主側による手付解除の場合も免除してくれるように要望すべきでしょうか。図々しいでしょうか。 他にも、売買契約時に仲介業者と確認しておくべきことがありましたら、教えて下さい。 回答をお願い致します。

  • 土地売買契約の違約金支払いについて

     平成23年7月中旬に当方が買主で仲介業者(不動産屋)の仲介で売主と土地売買契約を結びました.  しかし,売主側の不履行で同年12月中旬に合意解約書を作成し,違約金の半額を当日に支払ってもらい,残りをその土地が売却出来た後支払うということになりました(ここは書面にも明記してあります).  ここからが問題で,仲介業者の提案で「お互いの電話番号を知っているとトラブルになりかねないので,私(仲介業者)が責任を持って連絡するので解約書には電話番号は記載しないようにしましょう」と言っていたので「売買契約の日が決まったら連絡してください」と口約束をしました.  先月,その土地が売れたようだと知人から連絡を貰い,仲介業者に確認の電話をしたところ「もう(土地)は売れてしまって,売主が雲隠れしてしまった」,「(売主)が生活保護を受けていたので,もう手元にお金がないかも」,「私(仲介業者)も測量代などを減額した」などと言ってきました.  しかし,話を進めると相手(売主)の連絡先など知っていて8月中旬に仲介業者の店舗で売主側を話し合い?することになりました.  ここで質問なのですが,売主に支払い能力がなかった場合,仲介業者に損害賠償させることはできるのでしょうか?当方としては仲介業者が故意に連絡しなかったのでは?と考えています.  なぜそう考えているかというと, (1)合意解約書を作成する際違約金は重要書類説明書に明記してあった金額なのに,仲介業者から違約金の減額を求めてきた.(当然,売主も減額を求めてきましたが) (2)土地売買契約を結ぶ際に,地権者が3人いたのですが当日2人しか来ず,その内の1人が仲介業者に促されて代理で署名・捺印をしたのですが,結局その来なかった1人が「売りたくない」とその土地に居座り売買契約が破談になった. (3)その土地売買契約書に当方が署名・捺印する際に,残り1人の合意を確認出来てないのでは?と質問すると仲介業者は「大丈夫です.私(仲介業者)が責任を持って履行します」と言っていたのに結局は・・・. などと当方に不信感を抱かせる発言・状況があったからです. 皆様,お知恵を拝借させてください.

  • 不動産売買手付金持ち逃げと仲介業者の責任について

    昨年6月、仲介業者を通じてマンションを購入する予定でした。 仲介業者は事前に売主の債務残高、登記簿調査や、抵当権者(銀行)への問い合わせをすることなしに登記簿だけを信じ、買主であるわたしに売主-買主の不動産売買契約を締結させました。しかも契約当日いきなり該当マンションの鍵を渡され今日から住んで良いと言われ、本日、自己資金として用意した金額すべてを手付金として売主に払うように指示しました。 当方も鍵を渡されたことですっかり仲介業者と売主を信用してしまい自己資金(一千数百万)をそのまま現金で売主に渡してしまいました。所有権移転は後日ということで契約だけを済ませてしまったのですが、その後売主の経営する会社が倒産しており、資金に行き詰っていることが判明しました。今年4月現在でも売り主が現れていません。来月には競売される予定です。 警察に訴えたところ詐欺として立証するのは難しいといわれました。弁護士に相談したところ、仲介業者も売買契約書、重要事項説明書の説明がきちんとなされていることから民法上悪い点は見つからず、無知な私に過失があるのではないかということでした。 宅建協会に問い合わせしましたが、やはり相場を著しく超える手付金をそのまま払ったあなたにも過失があるといわれました。 売主はもうすぐ自己破産するでしょうから、手付金返金および損害賠償請求の訴えを仲介業者に行いたいと考えております。 確かにわたしはその時点でマンション購入に関する知識はゼロで、全面的に仲介業者を信じてしまったのですが、これはわたしの過失になるのでしょうか?そうだとしたら素人にはとてもマンションなど購入できませんよね?

  • 土壌汚染が判明。仲介業者の責任について。

    A土地を不動産業者の仲介でA'から購入し、続けて隣接地BをB'から仲介業者を入れずに直接購入しました。 その後、近所の方より「以前この土地にはクリーニング工場が建っていた。」と聞き、 土壌汚染調査をしたところ、A・B双方の土地に土壌汚染が判明しました。 A'、B'の売買契約では「売主は瑕疵担保を負わない」となっており、双方の売主は「自分に責任はない。」と主張しています。 A土地の売買で、重要事項説明書にクリーニング工場のことが記載してあれば、A土地を購入しませんでした。また、隣接地Bも購入していません。 A土地の売買について仲介業者が重要事項で説明しなかった責任は明らかですが、この仲介業者にB土地の購入についても責任は問えますか?

  • 不動産売買の契約失効+買主あり@仲介業者を変更でき

    自宅の売買契約が成立してから「17ヶ月」も経過しているのに、まだ決済ができない… これ以上の時間のロス、家計への大きな負担に耐えられません。 売買契約している自宅の土地が非常に厄介な土地であったということで測量に約1年を費やし、現在は隣人との筆分けでトラブル(司法書士が対応中)が発生中。。。初回の売買契約をしてからこの17ヶ月間に数回の売買契約更新を行い、買主も売主も「待つことに対して」クタクタ+非常に不安・ストレス(大)な状態です。その上、初回~前半は良心的に積極的に対応していた仲介業者が手抜きしはじめ、現在では「不動産の決済・引渡しまでを完了すること」に向けての熱意・スピードアップする努力・工夫をしている様子がありません。不動産業者を変更したいというリクエストが、買主さんから出されたくらいです。 実は、私たちも(売主)同感で、約半年前に仲介業者へクレームしたことがあるほどです。このクレームの件については買主さんは知りません。我が家では、現金を作るために自宅売却をしようと決意してから17ヶ月が経過しているため、家計への負担が大きく大変に困っています。その計画に向けて、母親を含め私たち家族全員が引越しをして自宅を空き家にするなどの努力・工夫もしてきました。母は、(初)売買契約成立後、約半年で自宅を引き渡すことになるというアドバイス(仲介業者)のもとに1年前に老人ホームへ引っ越し・入所しました。私たちも昨年11月に引っ越して自宅を空き家にして待機しています。 自宅は、行政と地主・複数の隣人の深く係わる・同意/承認が必要な複雑な土地で、約18年前に父親から相続した土地が隣人と筆分けされていなかったなど、行政も係わる非常に複雑な測量がやっと済んだところです。しかし「決済・不動産引渡し」がまだできずにいます。昨年11月に何とか筆分けできた自宅の土地の一部を含めて、(隣人のミスで)隣人が住宅建設時に抵当権を付けていたことが分かったからです。 この件については、我が家に公的な書類があったため(隣人との境界線について公正証書あり@父の代に調停済み)、対応・トラブル処理は司法書士に依頼することで複雑ではないということでした。しかし、その情報交換・司法書士とのやりとりも売主まかせ、つまり私達が中心になって進めています。買主も売主も、何をどうやってよいのかわからず手探りで進めていますので、この件だけで既に2ヶ月はロスしています。担当の司法書士からも測量士からも、仲介業者の手抜き(本来なら仲介業者が行うべき情報交換・各種手続きを売主にさせている)にクレームが出ています。 このように仲介業者の手抜きがひどいため、買主と売主(わたしたち)の合意・同意の上で仲介業者を変更してスピードアップしたいと思い始めてます。売買主ともに仲介業者を信頼できなくなっているのが第一の理由です。契約も年末に失効しているままで更新作業すらしていないので、この契約はないものとして買主・売主だけで他の専門家に頼んで、安心してラストスパートできないだろうかと思っています。 そうは思うもののやり方がわかりません。どなたに相談すればよいのかもわかりません。どうか私たちを助けて下さい、よろしくお願いします。

  • 仲介業者ってどんなことしますか?

    地元の工務店が建売を販売しています。 よく新築のお家で見かけるのですが、トータテなどの仲介業者の貼り紙が「この物件に関するお問い合わせはこちらへ」と書かれています。 このような仲介業者って、売買契約とかまで客とやったりするのでしょうか? どのような事をやるのか、どなたか分かる方教えてください。 よろしくお願いします。

  • こんな仲介業者

    現在の仲介業者が信じられなくなってきましたのでよろしくお願い致します。 売主が建築業社の新築戸建の購入を検討しております。 この物件は以前は大手の仲介業者Xと専任媒介で売りに出しておりましたが、長期間売れなかったため一般媒介に切り替えて複数社と契約している状態です。 この度縁があり仲介業者Aから当物件を購入しようとしているのですが、内覧の時から仲介手数料をまける事が出来る(半額までは厳しいけどぐらいのニュアンスで)と言われていたのですが、いざ購入の意思を伝えると売主から仲介手数料はもらえない事と、仲介手数料は端数程度しかまけれないと伝えられました。 この業者Aとは以前に別の物件を検討している際に、参考にという事で今回の物件の内覧に連れてきてもらった経緯で今回もお願いする事になりました。(内覧してから仲介業者を替えると抜き行為ととられる為) 当物件は現在一般媒介契約で売りに出されており、仲介業者Aが買主を連れてきた場合、通常売主と一般媒介契約を結び、売主からも仲介手数料をもらえるのではないのでしょうか? 現在私も自宅売却中で専任媒介で大手業者と契約しておりますが、業者Aから物件希望者がいるが予定はどうかと直接連絡がありました。 これは抜き行為ではないのでしょうか? また、ここで仲介業者を替えてしまうとやはり私が抜き行為を行ったととられてしまうのでしょうか?

  • 仲介業者

    あるハウスメーカーで家を建ててもらう予定で、そのハウスメーカーから仲介してもらい土地を契約しました。 土地を契約した途端、そのハウスメーカーは家の値段を130万上げてきました。 そのことが元でそのハウスメーカーと話がこじれ、家は別の所で建ててもらうことにしました。 建築条件付の土地ではない為、売主はどこで建ててもらってもかまわないと言っています。 土地の契約書には仲介業者として、そのハウスメーカーの署名、捺印がされています。 話がこじれた際、そのハウスメーカーは仲介からも抜けさせてもらうという話でしたが、今になってそのままの契約でお願いしたいと言ってきました。 もうそのハウスメーカーとは付き合いたくないので、土地の仲介からはずれてもらう事はできますでしょうか?

  • 売主と両手仲介業者の間に入る紹介人とは何ですか?

    両手仲介業者(売主と買主の間に入る業者が一社)が、売主は紹介人を通しており、紹介人とその仲介業者の両方が売主と買主の売買に入ることになると説明されました。買主の払う手数料は変わらないとのことですが、本当でしょうか? また、紹介人とは何のことかさっぱり分からないのですが、なぜそのような人が中に入るときがあるのでしょうか? その仲介業者は、もう一つの業者が中にいることを言っているのでしょうか。それならば、なぜもう一つの仲介業者と言わずにあえて紹介人と言ったのでしょうか?

  • 仲介業者からの土地購入に関して

    今回以下のような流れで土地の購入の契約前までいったのですが・・・ 売主 → 仲介業者A → 仲介業者B → 買主(自分) (1)数ヶ月前に売り出された土地を仲介業者Bに購入意思を伝えました。 (2)仲介業者Aに仲介業者Bから購入の意思を伝えて頂きましたが、  既に購入希望者(業者)が現金購入するという事で購入出来ません  という返事がありました。 (3)その後、その土地が4分割され、3分割され1週間の間に販売形式  が変わり、その度に購入の意思を仲介業者Aに伝えて頂きましたが  購入希望者(今度は個人)がいるという事で購入出来ません。  という返事がありました。 (4)購入希望(個人)の方からの契約の進捗がなかったようなので、  仲介業者Bさんが頑張って頂き、自分が契約出来るという話にまで  なりました。 (5)しかしながら、契約の4日前になって仲介業者Aより事前審査で  承認が出たら契約してもOKです。という条件が再度提示され、  フラットの事前審査を受ける事になりました。 (6)しかし、フラットの事前審査結果が「留保」となり、契約が出来なく  なってしまいまいた。  ※結局、仲介業者Aの購入希望者で契約するとの事です。 自分の事前審査が留保になった理由として考えられるのは、 現在の住宅ローンの残債がある事が原因でしょうとの事です。 通常、不動産って契約してから事前審査→本審査の流れのはずですが、 なんか納得出来ません。 事前審査に通らない人との契約をしたくないというのはわかりますが、 留保なので審査が否認とは違うと思います。 もう、契約出来ないので愚痴にしかなりませんが、長年探してきて ようやく思うような物件にめぐり会えたのに残念です。