• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

乗用車を排気量でクラス分けするのはナゼ?

○×の装備は、2リットルクラス以上じゃないと、無い など 乗用車の車格をエンジンの排気量でクラス分けするのを散見しますが エンジン排気量でクラス分けするのはナゼでしょうか? 超高額車の大排気量車はさておき、大衆・実用車はエンジン排気量と車格はあまり関係無い気がします 実際に、1.6リットルで600万円くらいする、上級車もありますし、2リットルで250万円くらいの低額車もありますし

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • tpg0
  • ベストアンサー率31% (3784/11963)

こんにちは。 自動車が現代のように庶民にも普及する以前は「自動車は贅沢品」の扱いだったので、エンジン排気量の大きい車は贅沢品という考えがあったからでしょう。 何しろ、消費税が導入される前は、自動車には「物品税が課税」されてましたが、3ナンバーの車になると課税率が一気に上がるため、国産の3ナンバー車といえば日産プレジデントとかTOYOTAセンチュリーのような高級車しか見掛けなかったです。 ですから、アメ車や欧州車のような外車が3ナンバーを付けてると勘違いしてる人がいたぐらいです。 今では、2000ccクラスの車を大排気量と思う人は滅多にいないでしょうが、昭和40年代前半の頃に庶民に大衆車として普及し始めた日産サニーとかTOYOTAカローラあたりは1100ccと1200ccの僅か100ccの排気量差でも「隣の車が小さく見える」と競い合うようなテレビCMで流されたような時代ですから、トヨタ2000GTとかスカイラインGTRのような排気量2000ccの車でさえ庶民の若者には高嶺の花でした。 また、当時は月給も安かったので3万円を超える自動車税は1ヶ月の月給にも匹敵するような時代でしたから、自動車税が5千円でも安い排気量が1ランク小さい車を選ぶユーザーが多かったでしょうから、エンジン排気量で車格を分類するようになった名残りが現代にも続いてるような感じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

昔の名残で、高齢者はそんなイメージを持ったままなのかもしれませんね ご回答ありがとうございます

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

>車格を排気量でクラス分けするのはナゼ? >についての回答をお願いします 排気量によって自動車税の額が違う。排気量が大きくなると自動車税が高くなる。 ↓ 金持ちは自動車税が高い車(維持費が高い車)でも買うけど、貧乏人は自動車税が高い車(維持費が高い車)は買えない。 ↓ 貧乏人が買うような、排気量の小さい、税金が安い車には、装備を付けても売れない。なぜなら、購入層が貧乏人だから。 ↓ 貧乏人が買うような、排気量の小さい、税金が安い車には、装備を付けても売れないから、色々な装備は、金持ちが買うような、排気量の大きい、税金が高い車にしか用意しない。 ↓ 排気量が大きい、税金が高い車は、富裕層が買う、車格が高い車。排気量が小さい、税金が安い車は、貧乏人が買う、車格が低い車。 ↓ 結果、メーカーは、車格を排気量でクラス分けする。 以上。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど 風が吹くと桶屋が儲かる みたいなものなんですね 1.6リットルエンジンで600万円とかの車も、グレードが上だともっと排気量があるので、小排気量は貧乏人が買うのでしょうし ご回答ありがとうございます

  • 回答No.4

排気量で税金が違うから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

当方の回答に対し、質問者さんが >燃費性能の向上目的で、2トンボディに1.4リットルエンジンを搭載している車もありますけど と書いたため、他の回答者が >燃費を最重視なら2トン車に1.4Lエンジンも、当然です、何も不思議はありません。 と回答した所、貴方は >車格を排気量でクラス分けするのはナゼ?という質問ですよ と返答しました。 なので、当方は、質問者さんの主張である「車格を排気量でクラス分けするのはナゼ、という質問である」と言う事を重視し、質問者さんの「燃費性能の向上目的で、2トンボディに1.4リットルエンジンを搭載している車もありますけど」と言うコメントは無視する事にします。 なぜなら、そのコメントに返答しても「車格を排気量でクラス分けするのはナゼ?という質問ですよ」と言い返されて終わるのが明白だからです。 貴方が振って来た話なのに、それに返答したら「今はその話はしてない」って言い返されるのであれば、会話が成り立ちません(そもそも、ここは「会話する場所」ではないので、会話が成り立たなくても問題は無いけども)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

車格を排気量でクラス分けするのはナゼ? についての回答をお願いします

  • 回答No.2

装備するものにもよります。 走行中の各種装備に必要なエネルギーはすべてエンジンで賄います。 必然的に排気量の多いほうが余裕が期待できます。 もちろん開発思想により、何を重視するかによっても異なります。 燃費を最重視なら2トン車に1.4Lエンジンも、当然です、何も不思議はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

車格を排気量でクラス分けするのはナゼ?という質問ですよ

  • 回答No.1

>エンジン排気量でクラス分けするのはナゼでしょうか? 「物理的に重たい装備」を、小さいエンジンの車に積んだら「燃費が落ちる」「加速性能が落ちる」「走行性能が落ちる」「安定性が悪くなる」など、性能が落ちます。 「搭載してない」のではなく「搭載したくても搭載できない」のです。値段は関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

燃費性能の向上目的で、2トンボディに1.4リットルエンジンを搭載している車もありますけど

関連するQ&A

  • 乗用車全般を排気量でクラス分けするのは変じゃない?

    ○×の装備は、2リットルクラス以上じゃないと、無い など 乗用車の車格をエンジンの排気量でクラス分けするのを散見しますが エンジン排気量でクラス分けするのは変じゃないですか? 同メーカー内 あるいは同車種でのグレードならともかく、メーカー問わず全般に排気量でクラス分けする話しの場合です 例えば、1.4リットルだと 安い車種は百数十万円からあり、高額車だと400万円以上もあります これだけ価格差があれば、造りも装備もかなり違うのが当然です にもかかわらず、排気量で全般的にクラス分けする人がいるのは変だと思いませんか?

  • リッター125ps

    とある大衆実用乗用車のカタログを眺めていて、総排気量と最高出力から排気量1リットルあたりの出力を計算したら、125psでした いわゆる、リッター125ps 最近発表されたポルシェ カレラSの標準グレードですら、リッター123ps かのポルシェをも凌ぐリッターあたりの出力でした 昨今の大衆実用乗用車の排気量あたりの出力は、ポルシェみたいな純スポーツカーと同等以上なのでしょうか?

  • 車のクラス分け

    もう古いんですけど、第二世代のランエボTME(6.5)に乗っています。 初めてランエボに乗った時、2~3000回転くらいから信じられないような加速をしてビックリしました。 コレがトルクや馬力の違いなんだなといった経験があります。 それまでの車歴はシビック・インテグラ・MR2・180だったので尚の事そう感じたのかも知れません。 エボってよくインプやGT-R何かと比べられますが、そのクラス分けって何か基準があるんでしょうか? 何となくですが「排気量別なのかな?」思ってました。でも、エボ・インプは同じ2リッターですが、GT-Rって2.5リッターですよね? 速い遅いは別として、私的には同クラスとは言えないと思うのですが、どうでしょう?(値段も全然違うし) もちろん、同じ排気量でもNAとターボ等、過給器がついたタイプは同クラスとは言えないのはわかります。 けど、同じ2リッター(ターボ)ならランエボ・インプレッサsti・180sx(2000ccターボ)やs15シルビア(specR)やレガシー(2Lターボ)は同クラスですか? 知人に聞くと「エボとインプは同クラスだけど、他のは違うだろ」と言われました。 「お前は一体何を言ってるんだ?」とトンチンカンな質問かも知れませんが、ふと気になってしまって( ´Д`) 何か明確に車のクラス分けの定義な様なモノがあれば是非教えて下さい。

  • 小排気量+過給器

    ベンツEクラス(1.8L)やボルボV70(1.6L)など近年の欧州車には、従来のイメージからすると車体サイズに対しかなりの小排気量のエンジンに過給器を組み合わせて、重量削減による環境負荷性能とエンジンパフォーマンスの両立を計ったモデルが現われていますが、日本車にこのようなベクトルが見られないのはナゼでしょうか?

  • エンジンと排気量の関係

    一般的に小排気量→大排気量になるに従い、直4<V6<V8<V10と変わっていくと思うんですが、こういうふうにエンジンが変わるにつれてエンジン重量、つまりは車体も重くなっていくんでしょうか。 直4エンジンですべての排気量、例えば5リッターなどの大排気量までもカバーすることはできないんですか? 最近のLサイズセダンは車両重量が1600キロ前後はあるようで昔の車に比べて重過ぎるように思います。 

  • ミニモトのクラス分けについて

    ミニモトのレースでは、どのようなクラス分けが一般的なのでしょうか? ミニモト初心者です(オフ自体もほぼ初心者です)が、先日誘われてコースを走って以来、すっかり虜になってしまいました。 バイクはとりあえずということで、薦められるままにCRF50を買ったのですが、自分は他人より上背があるので、正直これだと窮屈すぎてお話になりません。という訳で早々に買い替えを考えています。 そこで上記の質問になります。 レースにも参戦したいのですが、車体の大きなバイク=排気量の大きなバイクだとミニモトには参加できなくなるのですよね?誘ってくれた人の話から、ストッククラスというのがあるのは分かりました。でもそれ以外の一般的なクラス分けが分かりません。そもそも何ccまでをミニモトと言うのかも分かりません。 どうかクラス分けについて教えてください。宜しくお願いします。

  • なぜ同じ排気量なのに馬力は違う?

    2.6リッターの280馬力。 3.5リッターの200馬力。 これはなぜなんでしょうか? 排気量がでかい方が馬力もでかいはずでは?? トルクに関してもそうです。 例えばスカイラインGTRとプレサージュ3.5ハイラックスなんとか。 GTRは2.6リッターなのに280馬力なのになぜプレサージュは200馬力ぐらいなのか、凄く不思議に・・・ エンジンにまったく詳しくない私の質問ですが、回答宜しくお願いします。

  • 2気筒エンジンの乗用車って?!

    レシプロエンジンでは、ひとつのシリンダー容積は500ccくらいが最適と言われています ならば、2気筒1リットルというエンジンがあっても良さそうですが、聞いたことがありません 昨今のダウンサイジング技術なら小型車なら1リットルの排気量でも十分でしょう 実際に、2トン級のフルサイズミニバンでも1.4リットルで不満ない動力性能を有していますし また、気筒数が少ない方がコスト削減にもなるし、フリクションロスも減って燃費も向上すると思うのですが 4気筒でもバランサーやマウントで振動も気にならないので、2気筒でも4気筒と同等の振動レベルは達成出来る気がします エンジンで直接駆動するタイプの乗用車で、2気筒エンジンが最近は無いのはナゼなのでしょうか? (近年で もしあれば、その車種も教えてください)

  • 排気量とバルブ機構とトルクの関係についての質問

    排気量とバルブ機構とトルクの関係についての質問 例えば排気量2Lであればトルクは20kgm前後、3Lなら30kgm前後 これはまぁ理解できるのですがバルブの機構によってトルクは増減するのでしょうか? というのもアメ車の場合でそう思ったわけでして C5コルベットZ06は排気量が5.7もあるのにトルクは50切ってる カマロも排気量は同じでトルクは35・・・ 二車ともバルブはOHVなのですがバルブ機構が違ってもトルクは変わってくるのでしょうか または直列型やV型、水平対向型等エンジンの種類によるもの?(ロータリーは複雑そうなのでやめときます)それともただ単にエンジンの性能によるものなのでしょうか 同じ2Lでもトルク20オーバーもありますがやはりトルクが高い方がエンジン性能はいいと考えていいのでしょうか 何かでしょうかばかりですみません そもそも私のトルクについての知識が曖昧でして 確かエンジンの出力を常に一定の10として仮にトルクが9とするとエンジンの出力は1となる。逆も然り と教習所で教わったのがこれだったのですが、その時はあまり真面目に聞いてませんでした 自分から聞いてきたのに・・・ 詳しい説明ができる方いらっしゃればよろしくお願いします

  • アメリカンだと良い面は? 排気量で何が変わるの?エンジンガードの安全性って?

    国産の物で構わないのでアメリカンタイプのバイクを購入しようと考えています。 以下3点について知っておられる方居られましたらお教えください。 (1) 大柄なバイクなので、車道を走っているときに、四輪側が荒い態度を取る事が少なくなるのではないか・・・と憶測しているのですが実際どうなのでしょうか? (2) ドラッグスターを例にしますと、400から1100まで排気量がありますが、排気量が大きいほどフラつかないなど、大きいほうのメリットは何か御座いますか? (実際購入時には、体に合った車格の物を最優先にして買おうと思っていますが・・・。) (3)また、エンジンガード(正式名称なのでしょうか・・・?)は、滑走したときなどに、多少体も守ってくれるのでしょうか? 未熟な者なので色々教えて頂けると幸いです。