• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バイアンプのことお聞きします

いつも質問ばかりですいません。 以前プリアンプを加えることで悩んでいたのですが、 調べているうちにバイアンプをすると音質が良くなるというのを知り、 やってみたくなりました。 丁度bose363は上の121(ツイター)と下242(ウーハー) と別れているようなのでバイアンプ出来るのでは? と安易に考えました。 つなぎ方として現在のサンスイの607MRの前にプリアンプを追加して。 ※パワーアンプは高いため プリメインアンプ、、、bose121へつなげる ↓ プリメインアンプのOUTから607MRのパワーアンドダイレクトへ ↓ 607MR、、、bose242につなげる このつなぎ方でバイアンプは可能でしょうか。 可能であれば挑戦したいと考えていますが、 安易すぎるでしょうか? それとも無意味でしょうか? すいません、ご教授、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数854
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
noname#214123
noname#214123

質問者様が言っていることは、121にネットワークがないと無理とか、 そんなことを聴いているわけじゃないんですよね? ただ単純に、1台のアンプで242と121をならすよりも、 242、121、それぞれにアンプをあてがって鳴らすことは可能ですか? っという質問ですよね。 アンプを2台使うことに、意味があるかないかは、質問者様が実験しないとわかりません。 最初からその可能性を否定することは誰もできないと思うのです。 そのような実験をすることがオーディオの醍醐味だと思うのですが。 私は意味があると思います。 1台のアンプで363をならすよりは、2台使用して121、242を それぞれアンプを与えてならしたほうが、自分で調整する項目がふえて まさに趣味のオーディオとしては楽しいと思いますし、意味は十分あります。 バイアンプにすることで、メリット、デメリットは絶対にでてきます。 それが質問者様にとって、メリットが大きいか、小さいか、っということです。 242はウーハーとツィーターですので、 ウーハーを強力に鳴らす、デジタルアンプなんて面白いのではないでしょうか。 その場合は、607MRはパワーアンプダイレクトではなくて、 普通のCD入力を使い、607MRのREC OUTから、 デジタルアンプにつなぐことになりますが・・・。 でも、質問者様は607MRのパワーアンプダイレクトの音に惚れているんだと思いますので、 きっとパワーアンプダイレクト以外は考えていないと想像します。 私の記憶では、242にネットワークが入っていて、242を経由すると、 中音域のみを121に送っているはずです。 なので、121単独で使用すると、フルレンジで使用することになります。 っということは、242のネットワークを通っていないので、121のストレートな音がでると思います。 なので、最初の回答で121がほとんどの音域をしめているので、 607MRを121に使用したほうがいいのではないかと書いたのです。 なので、121と242をバラバラでならすっということは、 低音と高音がかぶってる帯域があるっということです。 っということは、242のボリュームを上げすぎると、うるさい音がでてくると思います。 121の音を活かしながら、いかに242の音を上手にプラスしていくか。 っというところがコツではないでしょうか。 メリットとして考えられるのは、「歯切れがよく鳴る」、「迫力がでる」など。 デメリットとしてかんがえられるのは、121主体の音になるので 「363純正の音よりも安っぽい音になる」「うるさい音になる」 っというところではないでしょうか。 でも、もしかしたら「高級な音」がでるかもしれませんし、それはやってみないとわかりません。 アンプを2台使うと、121だけで聴くこともできますし、242のボリュームをグイッとあげて、 迫力のある音で音楽を聴くこともできます。 2台のアンプのボリュームを駆使すれば、そんなことも自由自在です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

bluemurderさん、 何度も教えて頂いて、ありがとうございます。 あまり難しい理屈は分からないのですが、 別々のアンプで121と242を個々に鳴らすと 音域がかぶるということが分かりました。 242のユニットを通すことによって音域が分けられているのですね。 やってみて良いか悪いかは、やってみなければ分からない! そうですよね。 まったくの初心者で、システムもほぼ中古なのですが、 少しでも良い音を聞いてみたいという願望から、 ここで色々なご質問させて頂いて、そのアドバイスを聞き、 やってみて!実感しています。 今回もやってみるつもりですが、 デメリットもあるということなので、 プリメインアンプをいきなり買うことはやめて 友達などに借りて行ってみたいと考えました。 その結果は、またいずれの機会に書き込ませて頂きます。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

bose363 はここで技術解説が読めます。 http://astamuse.com/ja/published/JP/No/1995131878 以下引用 2.2 等化及びクロス・オーバー・ネットワーク 本システムは、コンポーネント値がこの用途に対して選定され、50V定格コンデンサ及び空心インダクタを用いるRLCフィルタにより受動的に等化され、電力過剰負荷の保護のためランプ/ポリスイッチの組合わせを含む。全てのEQコンポーネントがPCBサブアッセンブリに載置される。121及びツイータは、12dB/octタイプの要素で分割される。ウーファは、音響マス・スピーカにおける音響フィルタの効果による高音域カットを利用する。121は、121のスロット・ポートに対する音響充填物を詰め、168μFにより低域カットを達成した。従って、121及びウーファは、低域及び中間域の部分に分割される。 これによると、121 には LPF(12dB/0ct)と HPF(6dB/oct)が入っているように読めます。 で、このネットワークがどっちに実装されているかってことなんだけど・・・・・ 普通の 121 にも中域のレベルを落とす PST のようなネットワークが入ってるんですけどね。これがどうなってるかは不明です。 もし、121 の中にネットワーク(BPF)が無いとバイアンプは出来ません。(改造する必要があります) まずそれを確認してみてください。 確認方法としては、テスターで 121 の直流抵抗を測ります。 無限大ならネットワークが入ってます。 もし6Ω程度の抵抗ならネットワークが実装されていないので、バイアンプは出来ない可能性が高いですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 何度も読んだんですが、専門過ぎて難しくてさっぱりです。泣! boseのカタログにインピーダンス 6Ωと書いてありましたけど、、、 これとは関係ないんですね。 でも、まずは最初にテスターで測って無限大ならOKということなんですね。 テスターを調達してみます。

  • 回答No.4
noname#214123
noname#214123

607MRはパワーアンプダイレクトでもボリューム調整ができます。 なので、プリメインアンプのREC OUTは 「入ってきた信号をそのまま出力」しているだけですので、 REC OUTから607MRのパワーアンプダイレクトに入れても、 ボリューム調整をすればいいだけです。 面倒ですが2台のプリメインアンプのボリュームを調整する。 っということになります。 プリとパワーが分離できるプリメインを使って、 プリの出力を2分配する方法もあります。 その場合は、607MRの方で音量バランスをとる。 っという方法になりますが、ボリュームはひとつで 全体の音量を調整することができます。 http://store.shopping.yahoo.co.jp/rizing/cc319.html?sc_e=slga_pla こんなものを使ってプリ出力を2分配します。 プリとパワーが分かれるアンプは、ちょっと古いアンプなら沢山あります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 プリとパワーが分かれる古いアンプを探す。 607MRも十分古いので、 上の方が教えてくれたテスターで調べスピーカーが対応していれば 分離できるものをヤフオクで探してみます。

  • 回答No.3

プリメインアンプのOUTから607MRのパワーアンドダイレクトへ ↓ 607MR、、、bose242につなげる このプリメインアンプのOUTがREC-OUTだとしたら、通常その出力はアンプのボリュームを通過していませんから、音量調節ができません。ある一定の音量に条件でのみバランスをとることは可能かもしれませんが、実用上は非常に不便です。この理由でそれは無理という意見です。 その前にバイアンプ接続で音がよくなるということが信じられません。 この方式は、SPの中にあるネットワークという信号を低音と高音の信号に分ける回路を、通常はアンプから一組の線でSPに信号を送り、これをネットワーク内部で高音、低音に分けるところを、アンプの出口で分けるというものです。でもその違いは2股の分かれ目がアンプの出口かSPの入り口かというだけの話です。 せいぜい2mのスピーカーケーブルの入り口と出口でどれほどの信号の差があるのでしょうか。ちょっと信じられないことですね。ということでどちらにしても意味はあまりないという意見です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 お分かりだと思いますが、、、 オーディオ初心者で、ネットで調べて 「音が良くなる」っていうのを見ると ついつい試したくなってしまうのです。 ケーブル交換は意味がある、ない、 エイジングは必要、不要、、、 いろいろな情報を見ます。 バイアンも同じような感じなんですね。 さすがに高級オーディオの世界には入れず 可能であれば安いプリメインで少しでも良い音をと思ったのですが、 あまり安いものだと、さらに意味がないかもしれませんね。

  • 回答No.2

>プリメインアンプのOUT というのが良く分かりませんが、これがプリアンプ(またはプリメインアンプ)のヴォリューム連動のRCA端子であるなら、そのように使えると思います。プリメインアンプのスピーカー出力を”他のアンプ”の入力端子につなげると”他のアンプ”が壊れるでしょう。 音は、色々な要因で変わりますから、バイアンプが無駄とは言いませんが(アンプを別のものにする時点で音が変わるのは確定でしょう)、バイアンプの利点はネットワークのバイパスだと私は思っています。 つまり、そのスピーカーではバイアンプ接続してもバイアンプの利点は享受できないだろう、と私は思います。 正しい(?)バイアンプは、プリの後ろにチャンネルデバイダーを設けて周波数を分け、それぞれにパワーアンプをつないで、パワーアンプからスピーカーユニットを1対1で接続、パワーとスピーカーユニットの間にはネットワーク無し(アッテネーターも無しですがアッテネーターは各パワーアンプが代用しますからまぁ当然)。だと思っています。 最近のスピーカーで、ネットワークをバイパスできるものは見たことがないです(私が知らないだけかも)。簡単に壊せてしまうので、メーカーも造りたくないのでしょう。 パワードスピーカーのいくつかは、内部で上記のような接続になっていますが、格段に音が良いという評価は得ていません。 ミニコンポでもバイアンプ接続のものが存在しましたが、今はもう市場から消えているのではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そうですか。 あまりバイアンプする意味がないのですね。 残念です。

  • 回答No.1
noname#214123
noname#214123

>つなぎ方として現在のサンスイの607MRの前にプリアンプを追加して。 プリアンプじゃなくて「プリメインアンプ」っとうことでしょうか? プリメインアンプを追加して、一台は「121」に接続して、 そのプリメインアンプのREC OUTから607MRのパワーアンプダイレクトにつなげ、 607MRで242を駆動する。っということでしょうか? 可能です。素晴らしいひらめきだと思います。 高音と低音で違うアンプをつかって、音量を自分の好みにすることは とても意味があることだと思います。 もしかしたら、すごくいい音になるかもしれません。 もしかしたら、失敗に終わるかもしれません。 でも、最悪同じ音量になるように合わせていれば、失敗はありえないはずです。 アンプよりもスピーカーの個性が強いので、アンプの音の差も気にならないと思います。 オーディオは実験です。 何事も実験してみて、それが良ければ正解です。 242のボリュームをあげすぎると、低音の音量とツィーターの音量も上がります。 なので、ドンシャリといって、低音と高音が目立った音になると思います。 逆に121の音量が強いと、味付け程度に低音と高音が鳴っている感じになると思います。 242はウーハーとツィーターですので、調整は正直難しいと思います。 しかし、242のボリュームを固定して、121のボリュームを調整していくうちに、 質問者様の好みの音がきっと出ると思います。 607MRの音が気に入っているのであれば、 121に607MRを割り当てた方が個人的にはいいのではないかと思います。 121でほとんど音楽をカバーしてますので。 試す価値は十分あると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>プリアンプじゃなくて「プリメインアンプ」っとうことでしょうか? すいません、プリメインアンプのことです。 はい、あまりの初心者がいうことではないですが、、、 オーディオショップの試聴でさまざまな高級機器は聞かせて頂きましたが 607MRって、負けじといい音だと感じています。 ※耳が悪いのかもしれませんが、泣 あっ、bluemurderさんのを読んだらやってみたくなりました。 上の方達に教えて頂きたようにまずはテスターでスピーカーを測り可能であれば 古いパワーとプリと分離できるプリメインを探してやってみます。 やれた際は、またご報告させていだきます。 そうですよね、実験ですよね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • バイアンプの結果

    以前バイアンプについて質問させて頂きました。 http://okwave.jp/qa/q8832685.html アドバイスを頂き、友人たちに以下のアンプを借りてやってみました。 (1)ONKYO A-817(だったと!) (2)ソニー TA-F333 (3)パイオニア AVアンプ VSA-D8TX 確かに音量が大きくなり、高音、低音ともメリハリ感が出たのだけど、 どの機種を繋いでも、やけに低音が耳障りというか、 ずっと聞いていたい音質にはなりませんでした。 ※当然、高音・低音を繋ぎ変えたりもしましたが。 結果としては607MR単体の方が音が良かったですし、 ※きっと607MR・BOSE363との相性とかがあると思います。 607MRでバイワイヤリングなども試してみましたが、 これも、あんまし良いとは言えない結果に終わりました。 最近は「やっぱり真空管アンプなのかなーと!」 ネット情報で見てひそかに思ったりしています。 また真空管アンプについて、いずれご質問すると思いますので その時は、よろしくお願いします。

  • サンスイにプリアンプを繋げ音量調節は可能ですか?

    以前、レコードの音がイマイチだったので 「Bose363かJBL4312Eか」で質問させて頂きました。 アドバイスで頂いた、スピーカーのセッテイング、カートリッジを変えてみたところ、 驚く程、良い音になりました。 またCDも今までは普通に繋げていたのですが、 アンプ(サンスイ607MR)の パワーアンプダイレクトに直接繋げると良いというのを知り、 やってみたところ、これもまた、、、驚くほど良い音に! こんな風にオーディオを楽しんでいますが、 607MRにはリモコンが付いておらず音源によりボリュームをいちいち合わせるのが大変で。 そこで思いついたのですが、リモコン付の安い中古プリアンプをCDと同様にサンスイ607MRの パワーアンプダイレクトに繋げれば! しかし、よく調べてみると サンスイの パワーアンプダイレクト機能は直にメインアンプ部に入力する機能ではなく、 トーンコントロール等のプリアンプ部のアクセサリー回路を通さずに入力信号をメインアンプ部に送る機能でらしく、音量調整ボリューム回路は通るとのことです。 ということは607MRでもボリュームがあり、それに繋げたプリアンプにもボリュームがあるという 2重ボリュームになってしまいます。 果たしてこの607MRにリモコン付きプリアンプを繋げて、プリアンプ側で音量調節というのは可能でしょうか? ひょっとして2重ボリュームということで故障などを引き起こす原因になるのでしょうか? いつも質問ばかりですが、申し訳ありませんが どうか、よろしくお願いします。

  • 左右に分けるバイアンプ接続方法について

    左右に分けるバイアンプ接続方法について教えてください、上下に分ける方法ではありません。いろいろ検索したのですがパワーアンプとスピーカーの接続は図解で載っているのですがプリアンプとパワーアンプの接続の詳しい図解が見つけられませんでした。文面での説明はあるのですが、、、 プリアンプ/TAG DPA32R パワーアンプ/MF A3CR×2 でLチャンネルにパワー1台Rチャンネルにパワー1台 繋ぎます。 プリアンプが二系統のプリアウト(AとB)を持っているので、、自分の理解ではLチャンネルに関していえば、プリアンプのAのLプリアウト→パワーアンプのLインプット プリアンプのBのLプリアウト→パワーアンプのRインプット と接続します。(つまりLチャンネルに接続したパワーアンプにはLチャンネルの信号のみを送らないといけない) あとはそのパワーアンプにパイワイヤ対応のLスピーカーを接続します。 これで正しいでしょうか、ステレオパワーアンプにブリッジスイッチがあればLチャンネルのみ接続すればOKという事は判ります。またモノラルパワーアンプの場合も同様だというのも判ります。どうかアドバイスよろしくお願いいたします。

  • 異なるパワーアンプを2台で上下バイアンプとは

    オーディオ雑誌でパワーアンプのグレードアップするために アキュフェーズのC-2000(コントロールアンプ)+A30(パワーアンプ)+P5000(パワーアンプ)で上下バイアンプにしてみるということがあったのですが、このように異なる2台のパワーアンプを利用することによって、パワーが大きくなり、スピーカーのなりっぷりが良くなったりすることはありますでしょうか。

  • AVアンプと普通のアンプの性能

    AVアンプは普通のアンプの性能(音質)と比べて劣ると聞いたことがあります。 AVアンプとプリメインアンプ、パワーアンプ・プリアンプの3種類のうち、やはり一番音質がいいのは「パワーアンプ・プリアンプ」でしょうか? それと、AVアンプの性能が落ちるのは具体的にどのような部品が良くないのでしょうか? また、最高品質のプリメインアンプと高品質のAVアンプと比べてもやはり、性能はAVアンプの方が劣るのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 音響設備について(サブウーハー)

    現在、BOSE1706パワーアンプとBOSE201シリーズのスピーカー環境で音楽を聴いております。音源は、PCやiPhoneが多いです。低音に少々不満を感じており、ウーハーの導入を考えています。今のところ、オークション等でBOSEの501Zもしくは、BOSEのAM01-CK を買うかどうするか、他のメーカー含めて検討しています。501ZとAM01の違いは、「アンプが内臓されているか内臓されていないか」のようですが、素人には、その違いが良くわかりません。どちらが、お勧めかアドバイス含め、教えてもらえないでしょうか。できればBOSEで揃えたいと考えています。

  • バッファアンプってなんでしょうか。

    知りあいは、CDを聴くときは真空管パワーアンプに直接つなぎ パワーアンプのボリュームで音を調整していました。 レコードを聴くときだけ、プリアンプを通しております。 しかし「バッファアンプ」っというものを製作しました。 ウエスタンのトランスと真空管を使用して製作したものを CDプレーヤーとの間に通すようになりました。 それにボリュームがついておりますが、 それを通すと素晴らしく良い音に聴こえます。 「バッファアンプってなんなんですか?」っときいても、 「緩衝っといって、ここでいったん信号をここで受けてからだすものだ」 っと説明されて「あぁ・・なるほど」と言ったのですが、 全く意味がわからないです。 プリアンプやプリメインアンプにも入っているものなのでしょうか。

  • アンプに関するおすすめの書籍について

    以前ミニコンポを使用して音楽を聴いていたのですが、最近オークションでSANSUIのプリメインアンプ(AU-α607MR)を落札し、ミニコンポとは段違いの音質に驚きました。それからSANSUIのアンプに関するサイトなどを覗いているうち、オーディオでのアンプの構造に興味を持ちました。アンプについて詳しく紹介されている書籍はあるのでしょうか? もしございましたら勉強のためご紹介いただけますとうれしいです。

  • アンプとスピーカーの逆相接続?

    今回購入したプリアンプの説明書に「このプリアンプは音質確保のためバッファーを1段で設計されているので、パワーアンプとスピーカーの接続の際には、アンプ側かスピーカー側で逆相にセットしてください」と書かれています。 この場合の逆相とは、どの部分をどのように接続すればいいのでしょうか。 [接続構成] スピーカーはモニターユニットとウーハーユニットの2つの箱で構成されています。スピーカーは、左右chともに、パワーアンプ→(スピーカーケーブルL・R2本)→ウーハーユニット→(ジャンパーケーブルL・R2本)→モニターユニットという接続になっています。 パワーアンプ L端子 R端子  ↓   ↓ ウーハーユニット R端子 L端子  ↓   ↓ モニタースピーカーユニット R端子 L端子 左右chともこの接続でよいのでしょうか? それともウーハー→モニター間のジャンパーも逆に接続すべきでしょうか。 購入店が正月休みに入ってしまい聞けないので、お分かりになる方がいらっしゃれば教えてください。

  • アンプについて

    現在DIATONEのDS-77HRXというスピーカーを使用しているのですが、 アンプ(サンスイ α607MR)が火を噴き使用できなくなりました。 代用でONKYO A-973を使用しておりますが、パワー不足なのか 低音が響きません。 お勧めのアンプがあれば教えてください。 予算は3万~5万程度でお願いします。