• 締切
  • 困ってます

衆議院選、野党連合で自民党の対立軸はできないか

  • 質問No.8831771
  • 閲覧数183
  • ありがとう数5
  • 気になる数1
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 28% (9/32)

アメリカでは民主党と共和党の2党で議会が運営されている。
日本の小選挙区制も1人のみの当選である。
民主主義では与党ttお野党がが交代できる体制がよいはずである。
なぜ日本はアメリカのように、大きな自民党、大きな共和党の誕生ができないだろうか。

回答 (全7件)

  • 回答No.7
日本で、英米モデルの政党制はなりえないように思います。

2つに意見が集約されて2択になるわけです。アメリカの政党ではその党の中の立場が差があったりはするんですけど。

どちらかいえば、大陸のヨーロッパのようにいろんな政党に意見が集約されているのが日本です。
右と左の2つの軸で交代したり、あるいはドイツのように連立を組みかえたりしてますね。


ただ、スウェーデンやイタリアは過去1党優位的で政権交代のあるものに変化してます。
日本はそこまでいってないのです。

反自民党で結束しても、所詮反対からのスタートでは軸が生まれないのでは。

欧州は資本家対労働者みたいな歴史ありますよね。日本はそこが違うように思えます。

どちらにせよ、政権交代可能にするには自民党に対する軸の一つの大きな政党がほしいように思えます。イメージですけど、今の民主党っていまだまず個人名があって、という感じがします。もっと理念をしっかりして、組織をしっかりする必要があるかもしれません。

いずれにせよ、民主主義と議会の運営の成熟という課題はこれから日本でどのようにするかは日本人の歴史、意識などたどる話かもしれません。
  • 回答No.6

ベストアンサー率 46% (96/205)

日本では2大政党制、もしくは保守と革新という明確な対立軸を持って
二つに一つ、というのは政治の世界では無理!

ではなぜアメリカでは2大政党ができるのに
日本ではできないのか?

答えは簡単。歴史が違う。国柄が違う。

日本は宗教で仏教の中にも浄土宗もあれば臨済宗、真言宗、日蓮宗、法華宗、おまけに
神道というものまである。
神道にはもちろん天照皇大神がいるわけだが、他にも八百万の神といって
要はなんにでも神が存在する、ということになっている。
つまり、選択肢はいくらでもあるんだよ、ということだ。
しかもお互いそれを尊重し、あえて他の宗教を排除することはしない。

季節だって4季があり、地方別に季節の過ごし方も風物詩も違う。
殿様もかつては数十人いて、それぞれ殿でありそれぞれの殿を崇敬した。

アメリカはキリスト教、プロテスタントかカソリックか二つに一つ。
ある国ではこれで戦争までしている。
また他の分野でも
黒人か白人か。
南北戦争やったように北か南か。
銃社会、やられる前にヤル! これもやるかやられるかの二つに一つ。
アメリカは大統領が一人、議会対大統領の対峙、これも二つに一つ。
殿がたくさんいてそれぞれを崇敬するわけではない。

もっと面白いのは、ドジャースのファンはヤンキースのイチローにサインはもらわないし
興味もない。つまりドジャース以外はほとんど無視である。

ところが日本人はジャイアンツファンであっても目の前に藤波がいればサインをもらう。
ライバルのピッチャーにさえサインをもらうのである。
野球が好きならいいじゃん! である。


アメリカは歴史が常に二者択一を国民に迫ってきた。
日本は選択肢が多い中で歴史を刻んできた。

これが決定的に違う。

小泉さんが首相になる前(中選挙区時代)に松下政経塾出身の若造のアメリカかぶれどもが
2大政党制を目指し、派閥政治、金権政治、政治資金などの問題も
後押しして2大政党制を唱えるバカ政治家が増え小選挙区制となった。

松下政経塾なんぞ見ての通りのなんの役にもたたんバカ政治家製造塾である。
どいつもこいつもアメリカに留学し、上院やら下院議員の秘書をやらせてもらって
政治を勉強してきたつもりになっている。アホか?ここは日本!
アメリカの政治を勉強してなんで日本の政治家ができるんだ?
(余談でした)

うまく行くはずはない!と俺は思っていたが
一時は確かに2大政党になりかけた。
ところが、自民も野党もその中にいて異を唱える輩がおりそれぞれの党を飛び出し
新党ブームに沸き、今でも収拾がつかず右往左往して以前より党数は多くなっている。

当たり前!日本とアメリカは国柄が違う!歴史が違う。
同じことをしようったって無理がある。

2大政党制が良くて多党制が悪い、というわけでもない。
日本には日本に合った政治機構がある。
なので無理して対立軸を一本にして二つに一つをヤル必要もない。

いろんな考え方があってそれを調整しつつひつにまとめ上げていく
日本独特の政治でいいんじゃないの?それで戦後これほどまでに
発展したんだから。

私は会社の経営をしているが会議で様々な意見が出る。
時には喧嘩腰で丁々発止やっている。
しかし、まとまらないかというと最後はかならずまとまる。
もちろん面白くないと思っている人もいるだろうが
一旦決まればみんなそれに協力する。
しかも議論を重ねた結論は重い。
専務や本部長の鶴の一声で決まったものは案外軽い。
見ていると面白い。

政治も同じであろう。様々な考えを戦わせ得た結論はだいたいが
重くて有効である。

時の権力の強行単独議決は歴史を見てもろくなもんはない。
ほとんどは、なんであんな法案作ったの? そんなもんいらないのに、
かえって生活が苦しくなったぜ、などのようなものばかりである。

しかし、やはり委員会での論戦を経て出た結論はしっかりしている。
健全な野党もなければ国益につながらない。

それより何より、野党である個々の政治家の能力が低すぎる。
あんなのがいくら集まっても野党のまま。
バカ100人集まったってバカのまま、と同じ。
東大入れない奴千人集めても誰も東大入れない。

野党がこの際全党協力したとしても安倍政権には到底勝てない。
いい勝負、なんてことはない!
安倍政権の圧勝である。

野党で安倍さんに対抗できる人って誰?
海江田? はぁ?である。
「争点がない選挙である!」などとえばっているがそのバカさ加減が自分ではわからんのか?
と言いたい。
争点を作るのは野党の仕事だろーが!!
政権は好きなこといってりゃいい。つまり政権与党がまず仕掛けるわけだ。
野党はそれに対して反論やら代替案やら、改造案を出していく立場だろ?
なんで政権側が争点をつくらにゃならんのじゃ!!

お前が野党としての能力がないから争点を見出せない、作れないんだろ!
争点がないのはお前のせいだろ!!
と言いたい。
いや海江田だけではない、他の野党すべてがそうだ。
つまり野党はもはや自民に反論できないでいるわけだ。

他に誰?
江田? 渡辺が嫌い、という単なる個人的感情からみんなの党を抜け
人気ある橋下にすりより食いつなごうとしてるやつ?

この際、自民の一人勝ちはしばらく続きそうで
貴殿のおっしゃる野党結集して自民に対抗するなんてことは現実のところ
無理なのではないでしょうか。
  • 回答No.5

ベストアンサー率 27% (1021/3685)

アメリカの選挙制度が歪んでいるからです。
民主党か共和党か、何れかに所属していないと、不利な仕組みにされています。
かっては大統領選でも第三政党からの立候補があり、当選には遠かったものの可成りの得票を得ていました。
ところが、州ごとに定められた「選挙人数」は、その選挙区の最高得票者が独占する仕組みです。
得票数に応じた配分はありません。
ブッシュの二期目は、得票数では負けていました。
イギリスも小選挙区制ですが、第三党自由党が一定勢力を獲得するに到っています。
日本の選挙制度は、政権党が勝ちやすい仕組みになっています。
民主はその制度にさえ乗れませんでした。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 9% (303/3046)

少なくても
民主党ではムリ

1位では、ダメ。なのだから
ね、蓮舫さん・・・。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 25% (712/2749)

小選挙区制になり、前回の総選挙では大きな民主党と大きな自民党が出来ていたのです。それを潰してしまったのが民主党でした。民主党の内容が悪すぎたのです。それは元々が烏合の衆だったからです。政権を取ったら内部抗争でした。民主党はもっと長く野党をやるべきでした。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 15% (316/2083)

日本とアメリカを比べてどちらが民主的なのか分かりません。
私は共産党も自民党もある日本の方が民主的ではないかと思います。
 野党連合も言われていますがそのネックは維新の会です。あれは右なのか左なのかどっちか分からない。
 次の選挙で維新の会が議席を減らせば次の次あたり野党連合は進むかもしれません。
 
  • 回答No.1

ベストアンサー率 36% (584/1580)

直接的には選挙制度の影響が大きいです。

二大政党制にするには小選挙区制にする必要があります。アメリカは上院・下院ともに小選挙区制です。だから二大政党制になりやすかったのです。

一方で日本は、衆議院に一部に小選挙区制度が導入されているだけで、衆院の残りは比例。参議院は比例と中選挙区制なので、小政党でも当選可能なので二大政党制に向かう力が弱いのです。


なぜ日本は中途半端な選挙制度にしているのかといえば、それは日本人の性質なのかもしれません。いろいろな人の意見を聞いて、その折衷案を採ろうとしてしまう。小選挙区制がいいという人もいれば中選挙区制がいいという人も比例制がいい人もいる。つまり、二大政党制がいいという人もいれば、たくさん政党があったほうがいいという人もいる。じゃぁいろいろ混ぜてみよう、みたいな。

それから間接民主制であることも影響があると思います。アメリカは最高権力者である大統領を国民が選べます。ですのでその権限が大きいのです。しかし日本は国民ではなく議員が総理大臣を選びます。なので、それぞれの議員の意見を聞かなければなりません。小選挙区制のみにするということは、今それ以外の選挙制度で当選した議員たちにとっては不利である場合もあり、当然反対するわけです。ですので、議員たちの利権の問題で単純小選挙区制に変更しにくいという面もあると思います。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ