• ベストアンサー
  • 困ってます

どちらが正しいでしょうか?冠詞のanは必要ですか?

下記の文章はどちらが正しいでしょうか?冠詞のanは必要でしょうか? My daughter is wearing Anna's dress from the movie “Frozen”. My daughter is wearing an Anna's dress from the movie “Frozen”. 冠詞+形容詞+名詞で、下記の方が合ってますか? 解説もいただけますと嬉しいです。 どうぞ宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数2
  • 閲覧数110
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Him-hymn
  • ベストアンサー率66% (3490/5258)

a boys' schoolのような場合、boysが所有しているという関係にはなっていません。their schoolとは言い換えられません。この場合、aがついたりします。 しかし、お示しの例は、明らかに「所有格」です。 Anna's dressをher dressと言い換えられます。 その場合、a her dressと、冠詞と所有格と両方つけるのは間違いですね。意味も矛盾します(話者と聞き手が一致しないaと一致するherが矛盾)。her dressとしなければなりません。 したがって My daughter is wearing an Anna's dress from the movie “Frozen”. はまちがいで、anは入れてはいけません。 以上、ご参考になればと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Him-hymnさま お世話になっております。迅速な回答と分かり分かりやすい解説をいただきまして、とても感謝いたしております。 質問後、アメリカ人の方に質問し、anは不要と教えて頂きましたが、毎日英語を話しているから回答できるが、解説はできないと言われてしまいました。余談ですが、自動詞、他動詞も知らないそうです。 a her dressとは言いませんね。おかげさまで、理解できました。お礼が遅くなり、申し訳ありません。 今日はハロウィンですね!素敵な週末をお過ごしください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

anが必要になります。 何故なら映画で実際に使用されたものではなく、 (アニメだから当然という理屈はこの際関係ありません) その模造品のとある一着であるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

貴重なお時間を割いていただき、ご回答、有り難うございました!おかげさまで、きちんと理解することが出来ました。

関連するQ&A

  • 名詞の冠詞/単複がよく分かりません。

    時々ネイティブの人にしてもらえる英文添削サービスを利用するのですが、 <1> 私の作成した英文: Custom of Japan is utterly different from U.S. に対して、 The customes of Japan are utterly different from U.S. と添削されました。 customには定冠詞が付き、なおかつ複数形に成っています。 定冠詞が付く理由は、 「修飾語句によって特定されるもの」 だからでしょうか? 基本的に、後ろに「of ~」と付くとtheを付けるというような感じでもいいのでしょうか? ただ、複数形になる理由がよくわからないですが、 単純に文意から考えて「異なる習慣は複数ある」ということでしょうか? <2> また、同じく私の作成した英文: I sometimes harbor an anger against my friends に対しては、 I sometimes harbor anger against my friends と、不定冠詞を取られました。 ジーニアス英和辞典によるとangerは「Uncountable(or an ~)」となっており、 たしかに不加算名詞扱いが一般的なのかもしれませんが、anがあってもいいとも取れます。 anを付けてもいいのはどのような場合でしょうか? いつも、冠詞の有無や、不定冠詞か定冠詞か、単数か複数かで迷います。 加算扱いにするのか不加算扱いにするのかも同様です。 これらについて詳細に説明されているサイトをご存じであれば教えてください。

  • 名詞が二つつながってる時の冠詞は?

    DUO3.0を使って勉強中です。今回もその例文から質問させてください。  (DUO3.0;ICPcororation http://eigo.vis.ne.jp/books/duo.htm ) 319 Good nutrition is vital for an infant's growth. 名詞チャンク【an infant's growth】の主体は不可算名詞のgrowthだと思うのですが、冠詞のanがついています。可算名詞であるinfantについたものと思いますが、こういう場合の冠詞のつけ方のルールについてわかりやすく説明していただけませんでしょうか?(英作文を作る時にgrowthを主体とみて冠詞を省いてしまいそうです。)  もしも、二つとも可算名詞だったら冠詞はどうな風になるのでしょう? どうかよろしくお願いいたします

  • 定冠詞theについて

    How often do you go to the movies? という例文が出てきたました。 名詞がそのもの一般を表す場合、 Glass is very useful. のように無冠詞になると テキストに書いてあったのですが、 上の例(How often~?)のような場合、 「movies」は無冠詞にならないのでしょうか。 決まった映画について尋ねている訳ではないと 思うのですが、なぜ定冠詞のtheがつくのか わかる方教えていただけると嬉しいです。

  • women's shcoolに冠詞は必要ですか?

    Forest 6th editionの問題623に My mother graduated from ( ) college. という問題があり、 正答は a women's となっています。 解説は「collegeは数えられる名詞なのでaが必要」となっています。 通常「私は大学を卒業した」は I graduated from college. とcollegeの前に冠詞をつけないと思いますが、上の問題はなぜ冠詞が必要なのでしょうか? どなたか教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 感嘆文

    What (a,an) 形容詞 名詞 S V !出表せる感嘆文について。名詞が複数形の場合はa,anが省略(必要ない)と理解しています。  名詞が複数の場合にでも不定冠詞がつく場合があるようなのですが、どういった場合なのかお願いします。

  • 無冠詞とゼロ冠詞について

    はじめにゼロ冠詞について私独自の見解を述べます。おかしいところやわかりにくいところがあればご指摘をお願いします。特に、説明のための論理的な整合性が保たれているかどうかをチェックしてください(歴史的な事実であるかどうかは当方は気にかけていません)。 例えばここに、無色・無臭の透明な液体(水)があったとして、それを概念化してwaterと名づけたとします。概念のwaterは心の中に存在するものなのに、どういうわけか文中(談話中)で使われます。ということは、名づけられた時点で概念は文中で語彙として使われる資格を与えられたのだとしか考えようがありません。  ところが、その後、数えられるものと数えられないものとの区別が行われるようになり、数えられるものを文中で言い表す際には、それが一個の個物である時は不定冠詞がつけられるようになりました。例えばa lionです。複数の個体である時は- s - がつけられるようになりました。これらがいわゆる限定詞です。あるものを数えられるものとして表すためには時間または空間的に限定(一定のまとまり)が必要ですが、その限定を与えるのが限定詞です。 ところで、概念のwaterはWater is a clear pure liquid. という文においては、カテゴリーを表すものであって実体ではありません。でも、カテゴリーではなく実際に水を飲む時は、コップ1杯、あるいは手のひら一杯の水を飲むので時空の制約を受けます。 数えられるものには時空の制約を受けることを示すために限定詞(- a - と - s - )がつけられましたが、数えられないものに限定詞がつかないのでは一貫性がないと言えます。一貫性を保つために数えられないものに限定詞のsomeをつけることになりました。他に量を表すものなら何でも構いません。量を表すということは時空の制約を与えることですから。I drank some / a lot of / a pint of water there. というふうに言い表されるわけです。 この段階では、概念は文中でカテゴリーを表す場合に限って、(限定詞なしで)そのまま語彙として使われる資格を与えられていると考えるしかありません。 抽象概念(観念)も、例えばFear is the feeling that you have when you are frightened. という時のfearはカテゴリーを表しますが、現実にひしひしと感じるfearの場合はI feal some fear. という言い方が可能になります。ということは、some fearは実体として扱われていることになります。物質名詞と抽象名詞を合わせてmass nounと呼ばれているようです。 文法書や冠詞の解説書などでは抽象観念は心の中にあるものなので実体ではないと書かれています。ここで言う実体とはどうやらtangibleなもの、すなわち見たり、手で触ったり、要するに五感でとらえられるものを指しているようです。ネイティブにもそのような考えの人がいます。でも、<実体>というものをもっと別の考え方でとらえた方が有意義だと思います。つまり、時間・空間という制約を持つものととらえるべきだと思うのです。そうしたとらえ方が可能であれば、数えられるものはもちろんのこと、数えられなくても五感でとらえられるもの(物質名詞)だけでなく、気分や情感としてとらえられるもの(抽象名詞)も実体として扱うことが可能になります。 そもそも、何かを認知することは五感で(知覚器官によって)とらえられるだけでなく気分や情感によってとらえることでもあると思うのです。というわけで、I feal some fear. においてはfearは実体を表すということで論を進めます。 ここまでの話をまとめます。数えられるものも数えられないものも文中で言い表わされる場合は原則として限定詞が必要とされますが、数えられないものがカテゴリーを表す場合のみ例外的に限定詞が必要とされません。きちんと紹介しませんでしたが、可算名詞でも無冠詞で概念的な表現を行う場合には限定詞が必要とされません。(go to school / work as interpreter ---)  この考え方だと、ある原則があってそれに対する例外が存在することになります。例外規定を設けずに統一的に見ることを可能にしようと思えば、カテゴリーを表すwaterに実は可視化されない限定詞がついているのだと言いくるめることも可能です。それをゼロ冠詞と呼んでいる人がいます。英語のzero articleが日本語訳された時に無冠詞という呼び名になったものと思われます。この場合の<無冠詞>は語彙化を可能にするという働きを持っていることになります。 私には、ゼロ冠詞は実体ではないのに実体と同じ扱いを受けるための免罪符あるいはおまじないのようなものに思えますが、それはそれであっても構わないと思います。 私が問題にするのは、zero articleまたは<無冠詞>という考え方を導入して、冠詞を統一的に指導すべきなのか、それとも、カテゴリーを表す場合の不可算名詞は限定詞なしでフリーパスで文中で使うことができるとすべきなのか、どちらの考え方がよいのかということです。自分はこういうふうに説明することにしていると決めておられる方がいらしゃればご意見を聞かせて頂ければありがたいです。 もう一つ問題点があります。固有名詞(の本来の用法)の取り扱いについてです。(a Mr. Smithというふうな普通名詞的用法は今回の議論から省きます)。固有名詞は実体そのものなので、問題なく文中で使えます。限定詞を必要としません。もちろんゼロ冠詞も必要としません。だから冠詞なしで使うわけですが、カテゴリーを表すwaterに冠詞がつかないのとはわけが違います。ですから、固有名詞を無冠詞で使うという言い方は誤解を招く可能性があります。冠詞がつかないという事態を2種類に分けて考える(説明する)必要があります。  ここで冠詞および限定詞というものの働きを統一的にとらえて、いかなるもの(名詞)にも限定詞がつくのだと主張したいのであれば、固有名詞につく冠詞---眼に見えない冠詞でゼロ冠詞にかわるもの---を呼び名として作らなければならないことになります。調べてみると、null冠詞というものを提唱している人がいることがわかりました。たしかにこうしたものまで導入すれば冠詞の統一的な説明は可能ですが、不可視な冠詞が2つもあることになるし、冠詞が全部で4種類も存在することになってかえって煩瑣なような気がします。といって、冠詞がつかないという事態を2種類に分けて考えるのもうっとおしいような気がします。ゼロ冠詞という呼び名だけでも使ってみようかと考えたりもします。  私としては大学入試レベルの英作文で冠詞の選択(a名詞 / the名詞 / 冠詞がつかない名詞)が生徒によって確実に行われるかどうかが問題なので、ゼロ冠詞とかnull冠詞とかを導入する必要はないのですが、そのこととは別に自分なりのスタンスを持っていたいと思うのです。ご意見を伺いたいと思います。 ---ところで、There is frost in the garden. におけるfrostは<霜>というカテゴリー全体のうちの部分を表しています。つまり、someがなくても実体を表しているわけですが、話がややこしくなるといけないので、この件は今回の質問では扱いません。I feel fear now. についても同様です。いずれ、この問題に関しても質問する予定です。

  • 名詞に冠詞がつく根拠について

    英語の冠詞についての質問です。冠詞に詳しい方、よろしくお願いします。 冠詞がつくかどうかは空間的に一つのものと見なされるかどうかと、時間的に(最初と終わりが決まって)一回のことと見なされるかどうかと、種類や内容の違いのために他の同種のものと区別されるかどうかであると、複数の冠詞の解説書に書いてあります。 例えばa roomは空間的に一つのものと見なされます。take a walkのwalkは時間的に(最初と終わりが決まって)一回のことと見なされます。  ところが、種類や内容の違いによる場合を説明するために、名詞の前に形容詞をつけてa French wine とか a nice mealといった例を持ち出していることが多いようです。形容詞がつくことによって種類分けされることはわかりますが、形容詞をつけないと、種類や内容の違いによって区別するやり方を説明することはできないものでしょうか。名詞一語が修飾語を伴わずに単独で使われているケースを取り上げて、このケースだと種類や内容の違いのために境界線を持つようになり、aがつくというふうに説明できないものでしょうか。 このことと関連するかどうかわかりませんが、a plan やan attitudeやa scheduleやa wayやa reasonに冠詞がつくのはなぜでしょうか。  planの場合、ある計画と別の計画とは異なるので、他との間に境界線を持つのでa がつくと言うしかないのでしょうが、上で紹介した3つの見分け方のどれにも当てはまらないように思えます。どのように考えればいいのでしょうか。

  • 一つの名詞に冠詞が着いた後、その名詞を修飾する為に

    一つの名詞に冠詞が着いた後、その名詞を修飾する為に形容詞、副詞がつく場合。 冠詞+副詞+形容詞+名詞 との形になるとありました。( this model is a very basic model ) しかし、this model does absolutely all the work around here.という文章には the と work の間に副詞のabsolutely と形容詞のallが入らないのはどうしてなんだろうと思いました。 またこの時 absolutely all the work はdoes の目的語であり、名詞句との理解で間違いありませんでしょうか? ご回答のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 英語の冠詞(とくに無形物について)

    英語の冠詞ですが、aが適当かtheが適当か、判断することができません。 たとえば something difficult to do is "hard" something difficult to do is "the hard" どちらが正しいでしょう。「難しいこと」という意味にしたい場合、"the プラス 形容詞"のほうが良いような気もするし、ただ"形容詞"だけで済むような気もします。 どのような名詞・用法のとき無冠詞になるのかも難しく、たとえば I like a dog. を I like dog. とすると意味がおかしくなるのは分かりますが、 midnight time sence といった無形物となると、どういった場合にtheが必要となるのかわかりません。 どうかどなたか教えてください。よろしくお願いします。

  • the + 所有格の冠詞は?

    固有名詞(Mikeなど)の所有格はMike's では,the doctor's friend のtheは[doctor]の冠詞ですか?[friend]の冠詞ですか? the doctor's friendは特定の友達を指す.と書いてあったのでtheは[friend]にかかる気がします. でもthe my friendやthe Mike's friendとは言いませんよね. なのでtheは[doctor]にかかるのかな.とも思います. しかし,それだと[friend]が特定されず・・・・・[friend]にかかる? 考えが一周してしまいます.