• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

数学の将来は?

数学は科学や工学の道具として活用され、結果的に人類の生活の向上などに役立っています。 しかし、四則演算やブール演算や幾何学や微積分学など人間生活に直接的に役立つ数学とは別に、無限を扱う数学など、人類の役に立たない分野も多いのではないかと思います。 (人類の知的な「楽しみ」という役立ち方は除き、実利的な貢献度をテーマにしております。) 今後、数百年後のことを想像すると、科学の道具として役に立つ数学の分野は開発しつくされて、つぎつぎと変てこな公理系を定義してその中で無矛盾性を確認するなど「数学者の為の数学」が増えてくるということはないでしょうか? 質問1: 具体例として、無限を扱う数学は自然科学や工学に貢献していますか? 質問2: 具体例として、ポアンカレ予想が証明される以前と以後では人類の生活にどのような変化がもたらされるとお考えですか? 質問3: 今後、数百年か、数千年ほど数学が進歩したのち、其の時代でも数学全体における人類に貢献する数学の比率は同じでしょうか、それとも比率が低下してゆくと思いますか? 数学者の方でだけでなく、物理学者など「数学ユーザー」各位の御考えをお聞かせいただければ幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数250
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

唯の一学生の意見なので参考になるか分かりませんが… 質問1: 極限としての無限大なら微積でもしばしば出てきます。 濃度としての…つまり無限個あるって概念がどう使われているかは詳しくないですが、直線と空間は同じ無限大だって事実から、一次元のものしか扱えない通信で空間の座標を送る…なんて例があった気がします。他にもたくさんあるんじゃないかな? 質問2: 前提で幾何学は人間生活に直接役立つとあり、ポアンカレ予想は幾何学であるので人間生活に直接役立つのは明らか…なんて数学ジョークはおいといて(笑 ポアンカレ予想の証明は、3次元閉多様体を8種類とその組み合わせに完全に分類できることを証明して、そこから導かれたそうです。単連結なー…という条件がきつい元々のポアンカレ予想では利用しづらいかもしれませんが、こちらなら適用範囲が広いので応用される姿が想像しやすいと思います。 質問3: 数学の知識は年々専門的になってきていて、数学者以外…たとえば物理学者が数学的な発見をするのはますます難しくなっています。その意味では数学の比率…というより数学者の重要度は高まるはずです。 一方で、人類に貢献する数学の比率については、これは未来人の意欲しだいでしょう。数学を実生活に活用するとは、新しい数学という材料を使って今までに無い便利なものを作ることに他なりません。つまり、新しい材料を使って新しいものを作る意欲が数千年後にも残っているなら、貢献する数学の比率は下がることはありえません。 逆に言えば十二分に発展すれば要らないかも知れませんね(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 自然科学は有限なる現実世界を理解しようとしているので、何時かは「全部理解した」という状態、あるいは「これより先は不確定性の世界」っていう境界が在って、そこに近づくとそれ以上の探求努力が有効で無くなる様な気がします。 自然科学との比較において、数学には現実世界という制約がないので、数学者がいる限り、あるいは人類が数学という分野に時間とエネルギーを投入する限りにおいて、際限なく課題を定義して、課題の解決を目指すというループが続くような気がします。 上記の両者をあわせて考えると、数学対自然科学の比率では、数学だけが延々と拡大・発展をし続けるのじゃないか、という杞憂をもった次第です。 >貢献する数学の比率は下がることはありえません。 こう信じる人がいることを知り少しは安心しました。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 数学という学問について

    数学における問題は,数学者が自然の中から見出しているのですか? 人間が新しい問題を作り出していますか? 具体例をあげて教えてもらえないでしょうか。 数学について私は何も分からないです 数学は自然科学ですよね

  • 40才で科学者になることは出来ますか?

    数学者は15才(?)でその才能を開花しないと 数学者にはなれないと聞いたことがあるので 科学者は何才までにならないと 科学者と言うことがありますか? 例えば40才で科学者になることは出来ますか? 一口に科学者と言っても 色々な科学者がいると思うので この分野だったら40でも大丈夫とか この分野は無理とか そういうことがありましたら教えて下さい。

  • 数学者って基本時に何をしているんですか?

    気になったのですが科学者や考古学者  医者や心理学者等はいろいろ研究して (詳しくは知りませんがw)社会に 貢献しているようですが数学者って何を しているのですか?数学者と言うだけあって 恐らく数の研究等をしているのでしょうが それは・・・して何か意味があるのでしょうか? 関係者の方で不快感を感じた方がいましたらすいません しかし少し気になったので回答お願いします 文学者?や物理学者も少し気になりますが・・・

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

#2です.  補足コメントへの回答: 質問者さん,頭を冷やして下さい.相当おかしいよ! つまり, 分母とするフィールズ賞の合計は推計出来ますが,将来どの様な数学が飛び出して来るかも分からないのに, >西暦2101年から西暦3000年までに、これらの「数学」を駆使して発見・実証された >事象によって授与されるノーベル賞物理学賞の受賞数を分子とする比率 など,それこそ「神様」にしか分かりませんよ.ましてや, >西暦3101年から西暦4000年までに、これらの「数学」を駆使して・・・・・ などは「神様」になら,一千年後にどんな「数学」が出現するか分かるでしょうが,私は,しがない人間ですから,一千年後にどんな「数学」が出てくるか,分かると思って質問するほうが,おかしいよ! ばかばかしいから,もう,止めにします.悪しからず・・・.                 バーーァイ!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バーーァイ!!

  • 回答No.2

質問1 の答え! 大いに貢献している.たとえば,常微分方程式,偏微分方程式,など. 質問2 の答え! ポアンカレ予想が証明されたのは,ごく最近なので,その効果はまだ出ていない! 数十年か,数百年,待ちなさい!! 質問3の答え! 「比率」なるものの定義がなされていないので,答えようがない!! 質問の不備だ!!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 質問2の変形として、下記を質問させてださい。 1940年にゲーデルがヒルベルトの第一問題(連続体仮説)を解決しましたが、この偉大な数学的な成果によって、それ以前とその後の74年間に人類にはどのような変化がもたらされたでしょうか? もしなにか御考えがあればご教示いただきたくお願い申し上げます。

質問者からの補足

自分で問題の定義を精緻化きない人の為に、質問3の比率を以下の様に定義しましょう。 西暦2000年~西暦2100年の間に授与されるフィールズ賞の合計を分母として、西暦2101年から西暦3000年までに、これらの数学を駆使して発見・実証された事象によって授与されるノーベル賞物理学賞の受賞数を分子とする比率と、 西暦3000年~西暦3100年の間に授与されるフィールズ賞の合計を分母として、西暦3101年から西暦4000年までに、これらの数学を駆使して発見・実証された事象によって授与されるノーベル賞物理学賞の受賞数を分子とする比率は、 どちらが大きいか?

  • 回答No.1

なにがやくにたってなにがやくにたたないかをたなごころをさすがごとくいえるのはかみさまだけです。 あなたはかみさまですか?そうですか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わたくしはだいくですよ。もくぞうじゅうたくせんもんです。

関連するQ&A

  • 数学基礎論の研究について

    数学基礎論の研究について 数学基礎論に興味が有ります。 数学基礎論の分野では現在、どのような研究が行われているのでしょうか? 自分で調べたところ、この分野は研究室も少なく、不完全性定理等によってもう「終わった」とも言われているようです。 ですがそれでもこの分野に興味があるので、どのような研究をしているか気になります。 また、自分は情報工学を現在専攻してますので、情報工学(計算機科学)との関連も気になります。Wikipediaには「計算機科学の基礎と発展に大きく寄与した」とありますが、具体的にどのようなことでしょうか? まとめますと、今どのような研究がなされているか、計算機科学との関連、について教えて欲しいです。 よろしくお願いします。

  • 工学の論文を理解するための大学数学は何が必要ですか

    昔から研究者に憧れが多少あり、趣味といってはなんですが 工学系の勉強をしたいと思っています。(一応高校レベルの数学はそこそこ修めたつもりです) 大学数学から勉強しようとおもっているのですが 現在 工学の世界で発表されているような技術の論文などを理解するには どんな数学分野の勉強をすればいいのでしょうか?? とりあえず微分積分と線形代数という分野は基本だということはわかったのですが・・・・ (統計数学とかの分野はそんなに研究自体には使わないんじゃないか?というイメージがあります・・・) 「AとBの分野からやって→Cの分野にステップアップして・・・」みたいな具体的な ご指導がもらえると助かります(化学系か機械系かとかでも違うとは思うんですが)

  • 二次方程式の応用

    「数学は役に立つか」という質問に対しては、数学関係者は、数学がなければ現在の科学技術はないといいます。それは事実ですが、実際こういう事に役立っているという説明は総体的であり曖昧であり、漠として分かりません。数学という表現そのものが曖昧で、ある時は算数であったり、ある時は高等数学であったり、それをごっちゃにして議論するから意見がかみ合わない。数学がこんなに役立っていると具体的に実例を挙げたある本では、殆ど四則演算の域をでないものばかりでした。実際、実社会では工学を含めて四則演算が圧倒的多数であると思います。技術的なことで数学を必要としても、そこにはすでにかっての偉人たちが微積分やその他の高級数学を使って導き出した公式を使うだけの事でしょう。それは四則演算でまにあう簡単な式になっているのです。ただその公式を使うためだけでも、それにまつわる技術を知らなければその公式を正しく使うことさえできない筈です。 そこで質問です。二次方程式でxに具体的な物理量が当てはまる実例があったら教えて下さい。

  • 「数学」は役に立つ?

    先日友達が、 「数学なんて下らない。なんの役に立つんだよ!計算なんてコンピュータがやってくれるじゃん。」 と言っていました。思わずあっけに取られてしまいましたが(笑)、数学を勉強することでその知識が役に立つような場合って、具体的に何か考えられるでしょうか? 統計学をやるのに必要とか、経済学やるのに必要とか、物理、化学等おおよそ"科学"と呼べるものの発展には大体貢献してきたとか、それくらいならなんとなくわかるのですが、 学校で学んだ数学の知識が、実際仕事についた時何か役に立つというような具体的な例が、場面が欲しいです。 私が思いつくのは、学校の数学の先生とか予備校教師が数学を教えるのに役に立つとかそのくらいです^^;あと、コンピュータの技術者やプログラマとかって数学の知識を必要とされる事もあるんじゃないかと想像するんですが、実際のところどうなんでしょう…

  • 数学の実践的活用法

    数学というのは、いつごろから、はじまったのか、わかりませんが、数学とは、違うかもしれませんが、狩猟生活から農業による生産生活に入った人類が数というものが必要になったころや建築物や土木技術の進歩なども絡んでいるのではないでしょうか・・・。教科書などの図形の勉強を見ていると無味乾燥すぎてピンときません。数学というのは、こういうふうに使うのだというのがわかるとなるほどと思ってしまいます。何かそのような書籍やホームページはないでしょうか?あればご紹介ください。今読んでいる本でおすすめは、道具としての微分方程式です野崎亮太。これは、かなりわかりやすくかいてあってよい本です。

  • 無限

    タイトルの事項はhttp://okwave.jp/search.php3にたくさんのご回答がありました。主に数学や物理の分野と思われます。私としてはどんな分野でも、例えば神話や説話などでも結構なのです。円周率とか、正確な用語になっている自信がないが、無限級数とかは、限りがないということでは無限なのでしょう。姿かたちは変わってもいつまでも同じ事のようなことを繰り返している、川の流れや人類の営々たる営みなども無限の思いを持たせます。そして語の意義としては、限りないということなのでしょう。しかし数学や物理の、非目的的な生活の無限と言うのは、むしろ取り留めない、とかエンドレスという状態でしょう。エンドレスと無限は同じなのでしょうか。無目的とかエンドレスという状態はいつまでも同じ状態の繰り返しだとするならば、それはどこで初めても、どこで終了させても同じだから、それは無限ということとは区別するか、或は二種の無限を措定する必要がないでしょうか?

  • 科学者の生活

    僕は中2の男です。科学(数学含)は大好きで、将来科学者になろっかな~、と考えたりします。 でも日本の科学者はなかなか報われない云々とか聞いたりしてなんだか不安です。 大学に就職する仕組み(?)とか大学以外で自分の好きなことを研究できるようなところ(○○研究所みたいなところ)の仕組みとかもよくわかりません。 科学者は普段どのような生活をしているのでしょうか?(例えば、食生活はあまり良くないとか) 要は科学者、数学者はどんな生活をしているのでしょうか?またそのことが書かれている本があったら教えてください。

  • ヒルベルトプログラムは、完全に終わったのですか?

    ゲーデルの不完全性定理のあと、 ヒルベルトプログラムはどうなったのか教えて下さい。 世界中の数学者が、一斉にやめてしまったのですか? 又、ヒルベルトの周辺の数学者以外の者は、元からヒルベルトプログラムに参加していなかったので、彼らが諦めたあとは、ヒルベルトプログラムは「検証すらされなくなった」という事ですよね? 自然数については結論が出ましたが、 「∞」「無理数」「循環小数」等については無矛盾性は否定されていないと考えています。 又、自然数・基礎論は科学、 実数・解析学は、量子の世界や生命の精神等といった世界を司っている異質なものだと考えています。 実数・解析学について、現在世界でどういった研究が進んでいるか教えて下さい。 その上で、 「取り扱うことすらむずかしい、∞」に「不完全性定理」が成立するかどうか、お答えください。(尚、∞とは、自然数ではなく濃度∞の∞小数という意味を内包している事にご注意下さい。) 又、「無理数」と「∞」の違いについて教えて下さい。 そして、記述しようとすると「∞」に続く存在を、数で記述する事は可能かお願いします。 それと、コンピューターは、0.9999.....-0.333333...といった計算をできるか教えて下さい。できるなら、どう処理しているかもお願いします。単に、人間がムリやり手動で入力しているならそれもお願いします。 まずは、以上の点にお答えください。 そこで、質問をさせていただきます。 1、当時のヒルベルトプログラムが、どこまで行ったのか、又どういっ事を考えていたかを書いた、書籍や電子ページ等を教えて下さい。 2、コレから、「数学の無矛盾性」ではなく「∞ 無理数 循環小数」といった「記述不可能数」(記述不可能存在)即ち、∞数(霊数)の無矛盾性を証明する計画をスタートさせたいと思います。 My salt氏に、「数字とは何か?」という事について会議を開くために、まずは論文を書いてみたらどうかと言われたのですが、仮に彼が「論文の添削を受けるトピックを立てたり、HPを作らせた上で、無視する」という非人道的な考えを持って発言したのでなければ、実際に意味のある行いを起こしてみたいな、と考えています。 なので、 「数字とは何か」 「記述しようとすると、数字の数が小数点以上・以下に対して∞に続く存在」は「数であるか」 「自然数は科学数で不完全性定理が成立するが、上に挙げた”記述不可能存在”(霊数)(∞含数)は、「無矛盾性」「全能性」を兼ね備えた、「霊世界」を記述する数ではないか」 といった事を中心に、 特に 「∞の定義」と「数字の存在」「自然数(科学数)と実数(∞含数・霊数)、分数の定義」等を会議する事についてアドバイス・協賛をしていただける方がいたら、助けていただきたいと考えています。 ということで、みなさんよろしくお願いします。 又、現在の人類で、 「∞に大きく」「∞に小さい桁数まで数字が伸びる」 という数は考えられていますか?∞を考える上で非常に重要なテーマになると考えます。 自然数(科学)の不完全性と、 霊数(∞含数)(記述不可能存在)の完全性を証明する研究をスタートさせてみたいと思っています。 科学の否定(神の不存在証明)に引き続き、 霊の肯定(仏の証明)を行いたいと考えています。 どうかご協力いただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • 市役所試験の教養科目

    市役所試験(上級)で自然科学分野の物理と数学の対策として、工学の基礎を勉強しておけばカバーできますか?

  • 文系ですが、情報を学びたいです

    私は今高3で、高2の時から文系クラスにいます。 去年は週3時間あった数学も今は0時間です。 文系でも情報を学べる学部というのはあるんでしょうか? 情報科学や情報工学以外の分野を学びたいと思っているんですが、他にどんな分野があるのか教えて下さい。