• ベストアンサー
  • 困ってます

合成関数の導関数についてです。

{d (x^2)(y^2)}/dy={(x^2)(y^2)}′=(x^2)’(y^2)+(x^2)(y^2)’=0+2y=2y・・(1) と合成関数の導関数についてですが、上の式は合ってますか? (1)は (x^2)(y^2)をyについて微分する(この時y以外の文字は定数扱い)という意味ですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数13
  • 閲覧数150
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

  (d/dy)((x^2)(y^2))    = ((d/dy)(x^2))(y^2) + (x^2)((d/dy)(y^2))  (積の微分の公式)    = 2(dx/dy)(y^2) + 2(x^2)y です。もしxとyとの間に関係がある(xとyが独立ではない。xはyの(あるいは、yはxの)従属変数である)なら、式をいじれるのはここまで。なぜなら、xとyとの間に関係があるなら、yの値に依存してxの値が変わるんですから、dx/dyが0になるとは限らない。  しかし、もしxとyとが無関係(xとyは互いに独立。xもyもそれぞれ独立変数)なら、yをどう変えてもxに影響はないのだから、dx/dy=0であり、従って   (d/dy)((x^2)(y^2)) = 2(x^2)y です。  ところで、偏微分ってのは「xとyは独立変数だとみなして微分を行う」ということなので、xとyとの関係がどうあれ   (∂/∂y)((x^2)(y^2)) = (x^2)((∂/∂y)(y^2)) = 2(x^2)y です。  いずれにせよ、ご質問にお書きの式は間違い。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そっか、間違えていました。助かりました!

関連するQ&A

  • 合成関数の導関数を求める問題です。

    解き方が分からない問題が3つあるので教えてください>< 合成関数の導関数を求める問題です。 ※ f(x)は微分可能とする。 (1){ f(sin x) }^n (2) f(sin^n x) (3) log(f(5x-1)) 問題の画像も添付しておきます。

  • 指数関数の導関数の公式

     「指数関数 x=e^y は対数関数 y=logx の逆関数だから、逆関数の導関数の公式と対数関数の導関数の公式 dy/dx=1/x を用いるとdx/dy=1/(dy/dx)=1/(1/x)=x=e^yとなり、指数関数の導関数の公式(e^y)'=e^yが得られる、○か×か」という問題がわからないのですが、教えて下さい!

  • 公式より導関数を求める

    lim h→0 f(a+h)-f(a)/h の公式より導関数を求めたいと思いますが 計算手順がわからないので、教えてください。宜しくお願いします。 普通に微分したほうが早いのですけど、式を定義にして解こうとすると分かりません。宜しくお願いします。 【問題】 y=1/ x^2 の導関数を求めよ。 

その他の回答 (12)

  • 回答No.13

>(xとyが互いに独立ではないことは分かってるんだけど、そのことはまだ使わないで) >まずfのxによる偏微分とyによる偏微分をそれぞれ計算する。 >xとyの関係は後で(連立方程式を解く段階で)使う」ということをやっている訳です。 違いますよ~ f に関して x, と y は独立変数と定義したら f の「外」で x と y の関係をどのように定義しようが、 ∂f/∂x や ∂f/∂y はあくまで定義どおりに y や x を独立変数として偏微分しなきゃ「いけないん」です。 従属性を使ったらアウトなんですよ。 だからラグランジュの未定乗数法でやっていることはごく当たり前のことなんですよ。わかります? 「みなし」なんてどこにもないんです。 g(x, y)=0 とすれば、x と y は従属関係にありますが、g に対しては x と y は独立変数。 関数の入力としての独立と方程式の結果としての従属。 ここの違いをよく味わってほしいな。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうごうざいます。

  • 回答No.12

ANo.5にstomachmanが書いた >> 偏微分ってのは「xとyは独立変数だとみなして微分を行う」ということ についてどうも異論が出ているようで、質問者氏が混乱しそうな気がしますんで、詳しく説明しておきます。  一般に、偏微分では「何を関数(従属変数)として扱い、何を(独立)変数として扱うか」を明確にしておかないと、色々混乱する場面が出てきますんで、式を手抜きしないで書くのが重要です。  ANo.10の「反例」(一体何に対する反例になってるのか、さっぱり分かりませんが)では、2変数関数   f(x,y)=(x^2)(y^2) について、xとyの間に等式   x = y で与えられた関係があってxとy互いに独立変数ではない場合において、常微分を計算する話です。  その時に、積の微分の公式   d((x^2)(y^2))/dy = (d(x^2)/dy)(y^2) + (x^2)(d(y^2)/dy) を使わない。  その代わりに、まずxとyの関係式   x = y を代入して、1変数関数にしてから微分しています。これはxを変数ではなく   x(y)=y という関数として扱っているということ。すなわち   h(y) = f(x(y),y) の常微分 dh/dy を計算したんですね。  これは、xとyの間の従属関係を先に代入して変数を1個にする、ということが出来る特殊な場合の話です。特殊というのは、この例ではx(y)=yが陽関数(xについて解けている関数)だから実際に代入できてhが具体的に得られるわけですが、たとえばxとyの関係が容易には解けない陰関数で与えられている場合だとそうは行かないからです。(その場合でも、積の微分の公式なら使えます。) =========  ところで「x=y という制約条件下で   f(x,y)=(x^2)(y^2) の極値を求む」という問題を未定乗数法でやる場合を考えますと、まずはx=yという等式制約条件を、関数   p(x,y)=x-y を使って表します。そして「   p(x,y)=0 の制約下で   g(λ,x,y) = f(x,y) +λp(x,y) の極値を求む」という問題に置き換えるんです。  これを解くには、   ∂g/∂x = 0   ∂g/∂y =0   p(x,y)=0 という連立方程式を解きます。  そこで、fをx, yでそれぞれ偏微分して   ∂f/∂x = 2(y^2)x   ∂f/∂y = 2(x^2)y を得る。pをx, yで偏微分して   ∂p/∂x = 1   ∂p/∂y = -1 を計算する。これで、解くべき連立方程式が具体的に   2(y^2)x + λ = 0   2(x^2)y - λ = 0   x - y = 0 であると分かりましたので、これを解けば、x = 0, y = 0という結果が出ます。  さて以上の計算では、「(xとyが互いに独立ではないことは分かってるんだけど、そのことはまだ使わないで)まずfのxによる偏微分とyによる偏微分をそれぞれ計算する。xとyの関係は後で(連立方程式を解く段階で)使う」ということをやっている訳です。  また、制約条件 p(x,y)=0 についてもpをx, yで偏微分していますね。これを「p(x,y)=0だと分かってるんだからpは定数0であり、定数なら何で微分したって0だ」とやらかしたのでは話になりません。ここでも「p(x,y)=0であってxとyが互いに独立ではないことは分かってるんだけど、そのことはまだ使わないで、∂p/∂xと∂p/∂yを計算する」んです。  もちろん、(制約条件p(x,y)=0があろうとなかろうと、)f(x,y)のxによる偏微分 ∂f/∂xは「xとyとが互いに独立変数であるとみなしてdf/dxを計算したもの(=yは定数だとみなしてdf/dxを計算したもの)」に他なりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 知るのは高校数学だけでいいんですが、2つの微分についてはおかげさまで大体分かったと思います。

  • 回答No.11

すいません。タイポです。 >3y^3 -> 4y^3

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

訂正ありがとうございます。

  • 回答No.10

で、いろいろ書いたけど 例えば、反例としては  x = y なら d(x^2)(y^2/dy = dy^4/dy = 3y^3 ≠ 2y ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 そういう微分もあるんですね。

  • 回答No.9

>フツーにやりますよ。等式条件が付いた極値問題におけるラグランジュの未定乗数法をご存じないのかな? これは独立変数間の従属関係を関数に持ち込む際、関数の形を変え、 従属関係を関数の満たすべき条件に「追い出し」、変数を「別の」関数の独立変数とするテクニックです。 必要な処置を行ったうえで、独立変数であることを保つわけで、「みなす」わけではありません。 「変数 x 偏微分で機械的に独立変数とみなしてよいか?」というのとは全然次元が違う話です。 ではでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.8

ANo.7へのコメントについてです。 未定乗数法の解説はこちら http://okwave.jp/qa/q28887.html のsiegmund教授の例題が分かり易いかと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.7

#6< > 決して変数を独立変数と「見なし」たりしません。 フツーにやりますよ。等式条件が付いた極値問題におけるラグランジュの未定乗数法をご存じないのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! 難解そうですね。

  • 回答No.6

常微分はー変数関数にのみ使えます。 偏微分は、固定する変数は 独立変数でないといけません。 決して変数を独立変数と「見なし」たりしません。 xがyとは独立ではないなら、 偏微分でもxを定数とみなすことはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 なんとなく理解出来ました。

  • 回答No.4

(x^2)’= 2x(dx/dy) です。x がなんであるか示されていないので一般的には間違い。 >(1)は (x^2)(y^2)をyについて微分する(この時y以外の文字は定数扱い)という意味ですか? xが独立変数ではなくて本当に定数なら問題ありませんが、xも独立変数なら常微分はできません。 偏微分を使ってください。 #なんかデジャブが・・・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 常微分?、偏微分?によって何か変わるようですね。

  • 回答No.3

あきれるぐらいいい加減な議論をしていますね。 dを使うのは多変数関数の場合の全微分、又は1変数関数の場合の微分で、 (2)のような偏微分の場合には∂を使うのが常識です。 {d (x^2)(y^2)}/dy はy=f(x)またはfの逆関数をgとしてx=g(y)の場合の F=x^2*y^2=y^2*g(y)^2 をyで微分することを意味すると考えられます。 つまり dF/dy=d(y^2*g(y)^2)/dy=d[yg(y)]^2/dy=2yg(y)d[yg(y)]/dy =2yg(y)[g(y)+ydg(y)/dy]=2xy[x+y(dx/dy)] =2xy[x+y/(dy/dx)]

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 常微分?、偏微分?によって変わるようですね。

関連するQ&A

  • これは導関数の定義式であると聞きました。

    これは導関数の定義式であると聞きました。 いくつか質問があります。 1、導関数を求めることを微分するというのですか? 2、1の質問が真の場合ですが、この定義式は何ですか? 定義式のグラフ的な意味は分かります。

  • 関数の導関数を求める方法(合成関数の微分を用いる方法)

    次の関数の導関数を求める問題なのですが、 以下の解き方であってるでしょうか? (1) f(x) = (2x+1)^3 f(x)=u^3, u=2x+1とおき、合成関数の微分を用いる。 公式 (dy/dx)=(dy/du)・(du/dx)より、 f'(x)=(dy/du)=3u^2 (du/dx)=2 ∴(dy/dx) = (dy/du)・(du/dx) = 3u^2・2 = 6u^2 = 5(2x+1)^2 (2) g(x)=1/(x^2+x+1) f(x)=u^(-1), u=x^2+x+1とおき、合成関数の微分を用いる。 公式 (dy/dx)=(dy/du)・(du/dx)より、 g'(x)=(dy/du)=u^(-1) (du/dx)=2x+1 ∴(dy/dx) = (dy/du)・(du/dx) = u^(-1)・(2x+1) = (x^2+x+1)^(-1)・(2x+1) = (2x+1)/(x^2+x+1)

  • 導関数を教えてください

    導関数を教えてください x^(5/2)+x^(3/2) x(?)を微分するのが分かりません。 指数を前に出して指数に-1でいいのでしょうか? 答えは (5/2)x^(3/2) + (3/2)x^(1/2) になります 途中式を省略しないで教えてください よろしくお願いします

  • 導関数の求め方

    導関数の求め方については、高校で教えてもらい、その意義としては、ある点の接線の傾きだとういうことですよね。 でも、それはf(x)の場合ですよね。 もし、xではなくて、x^2になったとしたら、単純に2xが掛け算された導関数ということになるという理解でいいのでしょうか。 例えば、f(x)/g(x)の導関数は、微分の商の定理から、f'g-fg'/g^2になりますよね、ということは、f(x^2)/g(x^2)の導関数は、-2x(f'g-fg')/g(x^2)^2になるのではないかと思っています。 教えてください。よろしくお願いします。

  • 導関数の問題

    y=√{(1-√x)/(1+√x)}の1次導関数と2次導関数を求めよ。 という問題ですが、1次導関数を解いたところ y=√{(1-√x)/(1+√x)}=(1-√x)^1/2*(1+√x)^-1/2として、 y'=-1/4√(x-x^2) -√(1-√x)/{4√(x+x√x)}*1/(1+√x) になりましたが答えはあっているのでしょうか?

  • 2変数関数の2次導関数のことです。

    2回連続微分可能で、z=f(x,y),x=x(t),y=y(t)の関係があって、このときのzのtに関する2次導関数を求めるという問題なんですが、1次の導関数は dz/dt=(∂z/∂x)(dx/dt)+(∂z/∂y)(dy/dt) だと思うんですが、2次の場合は d^2z/dt^2=(d/dt)((∂z/∂x)(dx/dt)+(∂z/∂y)(dy/dt)) となって、それぞれの項を積の微分法で解けばいいのでしょうか?できたらその形も教えて下さい。お願いします。

  • 第3次導関数は,何を表していますか? 

    a,b,c,d を 0 でない実数として,y=f(x) を3次以上の多項式、例えば y=f(x)=ax^3+bx^2+cx+d のとき,上式を微分した導関数 y'=f'(x) は,曲線の接線の傾きを表し、更に微分した第2次導関数 y"=f"(x) は,曲線の一部を円と見なした曲率円のほぼ曲率を表していますが、第3次導関数は,曲線の何を表していますか? 

  • 合成関数の導関数についてですが

    {d (x^2)(y^2)}/dy={(x^2)(y^2)}′=(x^2)(y^2)′=(x^2)2y・・(1) 上の式は合ってますか? (1)は (x^2)(y^2)をyについて微分するという意味ですよね。

  • y=5^x という関数について4次導関数まで求めたいのですが、

    y=5^x という関数について4次導関数まで求めたいのですが、 1回微分:y'=5^x*log5 2回微分:y''=5^x*log5^2+5^x/5 3回目以降の微分で、5^x/5というのをどう微分したらよいのか分かりません。 y''''はどんな関数になるのでしょうか? 解説よろしくお願いします

  • 第5次導関数の問題です

    この解き方であっているか、わかる方よろしくお願いします。 関数f(x)=x^5+2mp第5次導関数f^(5)(x)を求めよ。 (f^(5)(x)の(5)の部分だけが指数です。) 答え 1次導関数:5x^4 2次導関数:20x^3 3次導関数:60x^2 4次導関数:120x 5次導関数:120 よって、f^(5)(x)=120