• 締切済み
  • 困ってます

バルコニーの防水施工について質問させていただきます

バルコニーの防水施工について質問させていただきます。 現在、新築を検討しており、住宅メーカー2社から見積もりをとっています。 その中で、バルコニーの防水施工で、一方の業者から (1)当社は、FRP防水に加えて、ハウタン防水(HIT-11&エイブロック)施工する。 (2)FRP防水のみの場合、施工後10年経過したら30~50万円の補修費用が発生するが、 ハウタン防水施工すれば、よほどのことがない限り10年たっても補修費用は発生しない。 との説明を受けました。 そこで、もう一方の業者にこの点について確認したところ、ハウタン防水施工をしても施工後10年経過すれば補修は必要になるとのことでした。 今後のメンテナンスが必要なくなるのであれば、少々費用がかかってもハウタン防水施工をしようと思いますが、10年たったときに同じように補修が必要になるのであれば、やめておこうかとも考えています。 この点について、詳しくご存じの方がおみえでしたら、アドバイスをお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数701
  • ありがとう数10

みんなの回答

  • 回答No.5

No.4です。 我が家のバルコニーはFRP防水を使っていません。FRP防水が今ほど普及していなかったためです。バルコニーは1間幅で長さが3間ほどの軒下の小さなバルコニーです。その下は和室の広縁になっています。下に和室があるので、絶対に漏水させたくなかったのです。 施工方法は床面を外壁と同じモルタルにし、その上をアスファルトシート防水し、さらにその上にウレタン樹脂防水を施工しました。築31年が経過していますが、まったく問題がありません。しっかりした硬いモルタル床面に信頼性の高いアスファルトシート防水を施し、その表面保護と表面の美しさのためにウレタン樹脂で2重防水するのです。 2重防水は安心なので、FRP防水の上にウレタン樹脂防水をするのも綺麗で良い方法です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バルコニーのFRP防水を、念のため二重の防水にしたい。

    皆様、素人の私にお教えください。 現在新築の検討中です。総二階で、バルコニーを広め(1階の上に広いバルコニーがあります)にしています。そこで心配事が一つ、「FRP防水が劣化して、一階で雨漏りしないか」と心配しています。 例えば、FRP防水の下に「ステンレスの板を貼る」、「防水シートを貼る」といった施工ができないかHMに相談したところ、「FRP防水でメンテナンスをすれば十分です。それでも納得できなければ、認定番号を教えてくれれば、それで施工します」と言われました。 素人考えで悪いのですが、祖父から「バルコニーの防水だけは二重で考えなさい」と言われています。 そこで伺いたいのが以下の点です。 (1)認定番号のある施工方法しかできないのか?法律や保証の関係があるのでしょうか? (2)このような要望に応える認定工法があるのか (3)バルコニーの防水性を二重で確保する方法は他にあるのか? ぜひ、お力をお貸しください。

  • バルコニーの防水について

     平成16年に準防火地域に木造3階建の家を建てました。 2階、3階の各部屋にバルコニーがついています。 以下、工務店いわく、 (1)船に使う防水方法を採用している。→木の上に透明な塗料をかなり厚く塗っていました。(FRP防水?) (2)公庫仕様にしてある。→上記(1)の上に、濃いグレーのアスファルトのうようなシートを敷きこんである。(1枚の大きさ30×100cmくらいで、ブツブツしているので裸足で歩くと痛いです。) このような仕様は具体的に何というのでしょうか? よく聞くFRP防水の一種でしょうか? 財形融資を使ったので、上記(2)のようにしないと審査が通らないと工務店は言っていました。 防水メンテナンスは10年スパン位で考えておけばよいでしょうか? 各部屋にバルコニーがあるのはよいのですが、今後のメンテ代があるので、もうちょっと考えたほうがよかったかなぁと思ってます。

  • バルコニーの防水に関して

    木造の二階建てにすんでいます。 二階にバルコニーがあるのですが 防水用でグレーなのです。 夏暑すぎるので なにか上に引きたいと考えているのですが ウッドデッキは腐りそうだし、 人工芝は虫がわくと言われました。 お勧めのアイテムがありましたら教えてください。 また防水のグレーのやつはどんなメンテナンスを してあげたらいいのでしょうか? この間、物干し竿を落としてグレーの部分が少しはがれてしまいました。 問題ないのでしょうか? 何か補修アイテムって売ってるのでしょうか? ひとつの質問ではなくややこしいですが よろしくお願いいたします。

  • 回答No.4

FRP防水は光劣化と地震変形に弱いのです。ハウタン防水はアスファルトシート防水工法ですので防水の信頼性が高いのです。マンション屋上などの防水施工に使われます。シート防水することで雨漏りの心配が無くなります。 どのようなバルコニーなのかによるのですが、日光が常に当たっているならFRP防水の単独施工はやめた方が良い。日除けのあるバルコニーならFRP防水単独でも良いでしょう。しかし前述のように地震変形でFRP防水はヒビが入り漏水します。 FRPとハウタンの2重防水は絶対的な安心感があります。FRPも光が当たらないので劣化しません。ハウタン防水は防水材料の最大手の田島ルーフィングが出している材料なので安心です。10年で補修が必要になることはありません。ハウタン防水がもしも劣化してもFRP防水があるので安心です。 ハウタン防水の耐久性ですが、マンション屋上の過酷な環境でも20年は持ちます。FRP防水も10年で補修が必要になるとも思えません。どちらも相手の悪口を言い合っているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

既ご回答文と重複する内要ですが  短く言えば 建築の捉え方で選択肢が変る 防水層の下地は建築構造 防水層の優劣評価だけでは無く 建築施工者全体の技能力如何で 防水技能も計りたい 次に施工者の営業的な意図もないか? 10年経過したら「改修工事しますよね」その工事受注予約みたいな HMの定期検査はサービスの衣着た 此の予約手段に絡まれている 因みに FRP防水層の劣化対策は幾つもあり 実際20年以上経つ建物もある その 施工者の施工技能力次第 その判定如何になる

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

建築の防水に付いて、最も重要な事項は、「保証」という事だと思います。 1)「防水保証」は付いているか?  一般的には、10年保証ですが、最近(特に住宅関係では、)、それ以上の  保証期間を設置しているかも知れません。  いずれにしても、「10年保証」以上の保証期間が付いているか、が重要で、  この点をご確認ください。  「防水保証」とは、その期間内での、一般的な条件下で、その防水の欠陥が  原因で発生する漏水に付いては、無償で防水の手直しをすると共に、受けた被害に  付いて、無償で原状復帰を担保する、と言う感じです。  このことを逆から考えると、どんな安っぽい防水でも、「防水保証」が付いていれば、  10年間は上記の保証を期待出来る、という事であり、  どのような高級が防水であっても、「防水保証」期間が過ぎれば、あてに出来ない、と  いう事です。 2)「業者説明」について  失礼ながら、業者説明の内容を確認する必要があります。  「FRP防水」が防水保証が付く防水であれば、「10年保証」が付きます。  「ハウタン防水」が仮に、「10年保証」が付くとして、さて、保証期間は?  結果は、「10年保証」でしょう。  各々が、10年しか保証しないのに、重ねた途端、20年保証にはなりません。  業者説明では、如何にも保証期間が長くなるようなニュアンスを感じますが、  そのような事は、有りません。  その意味で、その業者の説明は、良心的な説明と言えるか、疑問です。 3)メンテナンスについて  どのような防水であっても、保証期間が過ぎれば、メンテナンス工事が必要に  なると考えるべきです。  そして、その時期には大抵、建物のあちこちが、メンテナンスの必要が生じており  それなりの費用が発生します。  今回、むしろこれ等メンテナンスの計画案、どのように捉えて、どれだけの費用を  設定するのか、業者に資料を提出されるのも一法かと思います。  そうすれば、業者が防水期間をどのように認識しているのか、解ると思います。 頑張ってください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#199520

どっちでもいいです バルコニーの施工方法で、HMを決めるんですか?アホらしいわ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 一戸建てバルコニーのメンテナンスについてお聞きします。

    一戸建てバルコニーのメンテナンスについてお聞きします。 築14年の一戸建てに住んでいます。この度屋根、外壁などのメンテナンスをすることにしたのですが、バルコニーのメンテ料(補修)が10万円と見積もられています。これは現状を見て見積もったものではありません。一般的な見積もりだと思います。我が家の場合バルコニーには14年の間に10回程度しか出たことがありません。洗濯ものは別のところに干しています。日照等による劣化はあると思いますが、見積もりをした人(この家を建てた会社)は、日常的にバルコニーを洗濯物干しなどに使用している(バルコニーの上を歩いている)と考えていると思います。 バルコニーは見たところとてもきれいなんですが、その点を交渉(もう少し先延ばししたい旨)しても大丈夫でしょうか? 隣家と一緒にメンテをするので、近々隣家と業者で話し合いをする予定です。(隣家と一緒にすると足場の面などで費用が少なくてすむらしいので)隣家は、バルコニーに関しては2年程前にバルコニーから雨漏りがあって修理したので今回はしません。

  • 外壁塗装とバルコニー防水の依頼は

    築10年たったので、外壁塗装とバルコニー防水を考えています。 新築時のHMは信頼できないので業者を探しているんですが、外壁塗装・バルコニー防水とも一般的に言われる「リフォーム会社」にお願いすればよいのでしょうか? それとも別々に探したほうが良いのでしょうか? (作業は下請けに丸投げするようなところは避けたいと思っています)

  • 積水ハウスの防水シート

    積水ハウス、ジオトリステージ3階建ての外壁等のリフォームを築10年過ぎごろから 積水ハウスにすすめられて見積もりをとりましたら、 防水シートの張り替えに多額の費用が係ると  500万円がほぼ10年おきに係るとのこと。 建築する段階でそんなにメンテナンスに費用が係る建物と分かっていたら、 違う構造の建物か、違うメーカーで建てたでしょう。 重要事項説明義務違反になりませんか?積水ハウスからは、金額関係は全く説明を受けていません。10数年後にはメンテナンスも必要になります。位でどんな建物にも共通することば 高額なので、防水シートを使用しない方法で 積水ハウス以外で頼もうか? 500万でメンテナンスしても、又10年後に500万なんて考えられますあか? 積水ハウス以外で施工したらもう、積水と関係もきれれしまう? 10年経過後で保障は切れました。が、 やっぱり、積水でないとしんぱいでしょうか? 切実な問題です。 消費者相談センターの相談してもダメでしょうか? どなたか、教えてください。 お願いします。

  • 木造建物のバルコニーのメンテナンスについて教えてください。

    木造建物のバルコニーのメンテナンスについて教えてください。 築15年ですが、バルコニーには年に1~2回程度しか出ません。FRP防水が施されています。 南向きですので日照による劣化はあると思いますが、どの程度のメンテナンスの必要があるでしょうか? 雨漏りがしてからでは困るのでそろそろと考えているのですが、あまり使用していない場合どの程度のメンテナンスが必要なのか、基礎知識を持ってから業者に頼みたいと思っています。 見た目は亀裂や裂け目・はがれなどは全くありません。 ネットで調べた範囲ではトップコートの塗り替えだけでもいいのではないかと素人判断ですが考えています。 詳しい方いらしたらアドバイスお願いします。

  • 違う種類の屋上防水による弊害の有無

    違う種類の屋上防水による弊害の有無 マンションの屋上防水を考えています。10年前にアスファルト防水を行い、5年前にシルバートップコート塗膜を行いました。FRP防水かウレタン防水がよいと思い、3社から見積もりを取りました。ところが、1社からアスファルト防水の上に、FRP防水やウレタン防水を施工すると弊害が出ると言われました。その会社は、もう一度シルバートップコート塗膜を行い、5年後にアスファルト防水、又はシート防水を行う方がいいと提案しています。違う種類の屋上防水を行うと弊害が起きるのでしょうか。 「アスファルト防水+FRP防水」と「アスファルト防水+ウレタン防水」の両方について回答をお願いします。

  • 2Fバルコニー(ベランダ)が下がった場合のクレームについて

    3年ほど前に中古住宅(現在建築後約10年)を買いました。 網戸と窓が開きにくいので、サッシ業者さんに見てもらったところ、 「バルコニーの重さで開きにくくなっている」とのこと。 中古で購入した際、前オーナーと仲介業者さんから 「バルコニーを後つけしたら、窓が開かなくなったので、一度壁を壊して処置している」 サッシ業者さん曰く、 「これは後つけする機種ではない。{持ち出し式(先付け)っていうのでしょうか?}」 バルコニー自体も手すり側が下がっているようで、排水が溜まります。(壁がわの樋に流れません) 施工業者さんがこのバルコニーをつけており、これを問い合わせたら、 「10年保障が切れている」 との答えでした。 バルコニー自体は設計図上にありました。 商品の選定と施工に問題があったのではないかと。 このままですと、完全に1階の2間窓(中央に柱なし)が開かなくなったり、最悪バルコニーが落下してしまうのではないかと心配です。 メーカーさんに問い合わせると、 「このタイプは1階は2間の間に(4枚サッシの中心に)柱が必要」 とのこと。ただし、前オーナーが承知の上で施工した場合はどうにもならないとのこと。 今度実際に施工した業者さんに見てもらいますが、泣き寝入りでしょうか? 10年経っているのでPL法とか無理でしょうか? 同じような経験をもたれた方、どうぞよろしくご指南願います。

  • 屋根防水について

     築18年経過しているヘーベルのALC板使用の陸屋根住宅で、シート防水をしてあります。最近雨漏りをするようになってしまい、シートを取り替えようと見積もりを取りました。施工方法は表面のシートDN(高分子系)シート(2.3mm)を張替えます。2階部分80m2、屋根部67m2で非歩行部分はフレームバリア塗布を施します。歩行部分は全部で35m2程度です。これで見積もりが約200万円とのことです。この他に軟質FRP防水工法を検討していますが、良くわかりません。良い物と安価な方法があったら教えてください。

  • FRP防水のバルコニーの再塗装をDIYでやりたい

    現在、家の外壁塗装をしています。 ついでにと思い、FRP防水がされているバルコニーの塗装を聞いてみたところ、20万円ぐらいかかるとのことで断念です。 業者さんからの情報を含めて列記すると、  ・FRP防水が施されているが、トップコートが所々はがれている。   2~3年は問題ないと思うがメンテした方がいい。  ・塗装面積は、約30m2。  ・節約するなら個人で挑戦もいいんじゃない? 足場も不要なバルコニー内なので、DIYで挑戦したく思っています。 現状は、    ・グレーのトップコート?が所々はがれ、FRPがうっすら見えている。  ・雨漏りはない。  ・バルコニーの手摺の壁の立ち上がり、根元15cmぐらいまでFRP防水が施工されている。 色々なHPを探しているのですが、意外と情報が少ないです。 材料も購入しなくてはならないので、やっと探し当てた下記のHPに写真を送ってみようかと思っています。  FRP-ZONE.COM http://www.frp-zone.com/frp-waterproofing-room.html 材料が買えたり、施工方法がわかるページをご存知でしたら教えれ貰えませんでしょうか? また、アドバイスがあればお願いします。  

  • ルーフバルコニーの防水について

    2階ルーフバルコニーの防水について悩んでいます。 (かなり前になりますが、FRP防水関連で一度質問させていただいています) 面積は10m2で、3面が外壁で、一面が庭(上部)に面しています。 A:FRP防水(+ウッドデッキ) B:ガルバリウム鋼板屋根葺きの上、ウッドデッキ設置 ※一部特殊な方法(より万全な)もあるようですが、コスト的に無理ですから考えないこととします。 ●コスト、性能面を総合判断した場合、一般的なAを選択すべきでしょうか? デザイン面等は考慮せず、イニシャル・ランニングコスト(施工費用、メンテ費用、補修費用等)の両面から総合判断して決めたいと思っています。 FRPは万全ではないと聞きますが、それでも多くの実績がある現在では、信頼があるからこそではとも思ったりします。 以前の質問での結論としましては、適切な施工さえすればまず漏水のおそれはない・・でした。 大半の雨漏りは、施工レベルであると・・・。 (それでも万が一のことを考えると不安は払拭できないでいます) 予算が取れるなら、もっと万全な方法があると紹介もされました。 ■広い面積には向かないようですが、10m2であれば迷わず選択すれば良いでしょうか? FRPの追従性にも限度があるでしょうから、地震等で、予期せぬトラブルの心配は拭えません。 木造の場合、揺れや構造のしなり?などが予想されますが、体力壁、水平構面で固めますから、それほどでもないのでしょうか? ガルバ屋根の場合ですと、一般的に緩勾配であるほど雨漏りし易いと聞きます。 納まり上1/20勾配が限度ですが、上部にウッドデッキを設置するため、雨係にならないことから、漏水の恐れは少ないかと考えます。 日光にもさらされないため、屋根の経年変化も通常よりは有利かと? 以上を踏まえても、未経験が故、判断がつきません。 どちらの方法がベターかを専門家(経験者)のご意見を聞かせください、 ■防水、長期的なメンテの観点から、ガルバ屋根のほうに分があると考えますが、実際には少数派だとの認識です。 ネットで調べましたが、参考事例(現場の施工事例)はわずか2件しか見つかりませんでした。 FRP防水は信用できないから、屋根を葺いているとの事でした・・。 FRPが主流であるのには理由があると思います。 そのあたりのことについて、お分かりでしたら、お願いします。 施工費用については、よくわかりませんが、FRP防水を1とした場合、ガルバ屋根はどの程度の目安で考えておくべきでしょうか? (デッキの施工のしやすさも考慮した場合) 以上、よろしくお願いします。

  • ウレタン塗膜防水の再施工について

    3年前に建物屋上に対しウレタン塗膜防水を密着工法で行って貰ったのですが、昨年あたりから膨れが生じて一部亀裂が入ったりしている状況です。 このため別業者に尋ねたところ、通気緩衝工法で施工するべきだと言われ、それで見積もりを依頼しました。 ところが見積書には下地処理などの費用が入っていないため、問い合わせたところ、既存のウレタンの上に重ね塗りをすると言われ驚きました。 それで大丈夫なのでしょうか? そもそもかなり汚れたウレタンの上に重ね塗りをするというだけでも不安ですし、更にこの後水蒸気が発生して既存ウレタンを持ち上げた場合、その上の新しい塗膜も影響を受けるのではないでしょうか。 また他の質問回答で「密着工法の上に通気緩衝工法で施工しても全く意味がない」と書かれており、たしかに水蒸気を通さない物の上にそんな工法で施工するのもおかしいと感じます。 既存塗膜を一旦はがすように頼む方がいいでしょうか。