• 締切済み
  • 暇なときにでも

噴火

火山が噴火したとしても下山できるのでしょうか 噴火はどこからするとかも予測困難だと思い ますけど、登山道などから噴火したとしても ル-ト確保されていないと身動き困難なように 思いますけど、硫化水素、噴煙、灰、石、火砕流 などを避け下山することは可能なのですか 生死はどのように対応することで、命運が 分かれるのでしょうか。 宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数397
  • ありがとう数16

みんなの回答

  • 回答No.8
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

<噴火予測できないのなら噴火しても知らないよと書いておけば、登った人が悪いとなりますよね> 私の考えではこれは「書いておく」ようなことではなくて社会常識の類いだと思います。 硬い言い方をすると登山者は「登山届」を警察へ提出し家族にも通知することになっています。これがちゃんと機能すれば「火山注意」などもっと徹底出来るでしょう。しかし義務化は難しいと言われます。つまり個々の登山者は「勝手に登山」して構わないのです。その代わりに「注意」するのは個人の責任です。 備考:例えば行政が追っかけて行って一人一人に注意するなど出来ることではありません。看板だらけの日本に「火山注意」などの看板を建てるなども屋上屋です。富士山が「注意すべき火山」だということは日本中に知れ渡っていると思いますが、おそらく登山客は減らないでしょう。注意書きのネウチってその程度のものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

<富士山噴火...> 世界遺産になっている火山は世界にも多数あります。学者は火山性微動を観測しています。 でも火山が本気に噴火したら人間にやれることはあまりありません。気になる人は火山には登らないことです。火山に限らず登山は基本的に自己責任です。勝手に登っておいて「助けてくれ」はないのです。ベスビオ火山の噴火で埋まったポンペイがよい例です。 備考/レベルAの火山は日本には13個あります: 北海道 十勝岳、樽前山、有珠山、駒ヶ岳; 群馬県・長野県 浅間山;東京都 伊豆大島 三宅島 伊豆鳥島;熊本県 阿蘇山;長崎県 雲仙岳;鹿児島県 桜島 硫黄島 諏訪之瀬島。むろん御嶽山他のレベルB火山はもっと多数あります。日本は世界の活火山の10%が集まると言われる火山大国です。 備考/富士山近辺ではハザードマップは作られつつあるようです。また富士吉田市が「富士山火山対策室」を立ち上げていますね。でも、行政がやれることは精々ヘルメットやゴーグル、マスクなどの設置、地域の住民の具体的な避難先や避難路の確保などのようでです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

火山あるのに観光地になっているのが不思議ですよね 噴火予測できないのなら噴火しても知らないよと書いて おけば、登った人が悪いとなりますよね 観光客歓迎とするのなら来てもらって困ったら自分で解決 してくださいでは、誰もいかなくなりますかね。

  • 回答No.6
  • KappNets
  • ベストアンサー率27% (1557/5688)

火山の爆発は予測出来ませんし、偶然起きる現象です。逃げるといってもその場で考えて行動するしか方法はありません。 一番安全なのは(特に家族持ちは)活火山には登らないことです。健康のために登る山は他に幾らでもあるのですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

他人事では無いですよね、富士山噴火すれば大きな災害となるといわれていますので 多くの登山者いたり交通もマヒしてしまいますよね、災害国の日本で生きていくには 避けることも必要になりますよね、状況判断は生死の分かれ道ということになりますか ね、石が天から降ってくるなんて誰も思いたくないですよね。

  • 回答No.5

>生死はどのように対応することで、命運が 分かれるのでしょうか。 噴石は弾丸と同じくらいの威力があるそうです。 先ほどのニュースでは、 とにかく頭だけは手や腕で庇って 一命をとりとめた青年の話が載ってましたね。 http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140930/waf14093012020016-n1.htm 今回のケースでいえば、経験や勘、事前の知識や学習などが 一切通用しないケースなんで、運としかいいようがないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

運を高めるにはとのような手段あるのかご指摘ください 例えば、先祖の供養を頻繁にして守護霊に守ってもらう 山の神などにお願いし、生還できるように祈願する。

  • 回答No.4
  • BOLTS
  • ベストアンサー率15% (42/271)

自然相手ですから何が起こるかは予測はもちろんつきません。 自然の中では人は無力です。 でもちょっとしたことで生死がわかれることは事実だと思いますので あらゆる事態で対応できる万全の準備と心構え、経験、知識 後は最終的に運に頼るしかないのでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

巨大な石が空から降ってきて、当たらないようにするには 噴石よけのお守りでも身につけていれば大丈夫ですか。

  • 回答No.3

> 生死はどのように対応することで、命運が分かれるのでしょうか。 予測困難な状態で同じ行動しても結果は先読み出来ません。 ・避難小屋に避難したが噴火が収まらず小屋ごと埋まった。 ・避難小屋に避難したが風下で高温とガスで死んだ。 ・避難小屋に避難したら翌日救助隊が来て助かった。 ガスや噴煙は風上に逃げる事が出来ればリスクは減る。 噴石や火砕流の方向を見極めるのは無理だと思います。 距離は離れれば離れるほどリスクは減るでしょう。 様々な状況を頭の中で整理して万が一に備えるしかないでしょう。 どんな行動を取ろうと助かった方法は正解です。 完璧なマニュアル通りの行動でも死ねば不正解。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

解説情報というのは初めて知りました 登山する人は知らなかったと思いませんか。

  • 回答No.2
  • yuyuyunn
  • ベストアンサー率41% (20357/48648)

#1です 質問者さん阿蘇山とか行ったことないですか? ちゃんと火山用の避難小屋ありますよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

噴火するような大きな山では確かに非難小屋は存在しています でも歩いていける距離ではないし、周囲には存在していませんよ 周囲とはいつでもどこにいても逃げられる場所を意味しています それに硫黄とかの測定装置なんて見たことないですよ、臭い気に なったら誰でも測定できるように、知ることはできませんよね 測定装置については知りませんけど、観光地であって誰でもお気軽 に現在は安全な状況なのか知る方法は無いのではありませんか、 備えは不十分ではありませんか。

  • 回答No.1
  • yuyuyunn
  • ベストアンサー率41% (20357/48648)

こんばんは ずいぶん下山した方の談話が入ってきましたね 口の周りを覆って(お椀状)にして 息ができる部分を確保する事 うつぶせになり頭を保護する事のようですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

日本は災害国なのに税金が必要な場所に使われていないと思いませんか 根拠として天井から石が降ってきたと証言しています、民間の施設で 有っても非難している実績からすれば、安全な場所は確保するのは 当たり前ではありませんか、大勢の人が集まるような場所になぜ 安全な場所がないのか不思議です。

関連するQ&A

  • 硫化水素について

    火山から硫化水素が発生?するんですよね? もしも火山に近付いて気体の硫化水素が肌に触れるとどうなってしまうんでしょうか? 無害なんでしょうか? また、発生源から大体どのくらいの距離までどのくらいの速さで拡がるんでしょうか?

  • 噴火した御嶽山の脇に【原発】が有ったら、

    御嶽山が噴火して死者・重軽傷者が出てますが、事前の噴火予知は困難だったようです。 降灰や噴石はもとより、火砕流も発生した可能性も有るようで、もし原発がそばに有ったらどうなっていたんでしょうか。 原発に被害があるような火山・カルデラの噴火が有れば、原発周辺の住民は皆殺しになるので、そういう時には原発で比較的大きな事故が発生しても、「死人に口なし」、「死人は二度死なない」 という原理でOKなんですかね? もうすぐ再稼働されそうな鹿児島県の川内原発は、噴煙活動が活発化しつつある桜島火山周辺の巨大カルデラである姶良カルデラや、その他複数カルデラの比較的近くに位置します。 これらカルデラは1万年に1回程度の頻度で巨大噴火を発生させてますが、再び活動して周囲に火砕流をまき散らせば川内原発近隣の住民は皆殺しされますので、そんな時には川内原発が大事故を起こしても、「死人に口なし」? 「死人は二度死なない」? 原発は火山に安全でなくとも良く、死人は避難する必要もないので、避難計画が雑でもいいという理屈なのかも? ちなみに活断層の安全判断は「過去数十万年間」に活動した形跡があるかないかですが、川内原発周辺に沢山あるカルデラは「過去数千年から数万年」前に活動してますけど。 その度に川内原発まで火砕流が到達している模様です。

  • 火山噴火日本は大丈夫ですか

    近年火山活動が急速に増えあちらこちらの火山が噴火しそうという不安が 高まってきています、大規模になると地上に灰とかで太陽の光が届かない で送電線がショ-トしたりで停電になり交通網が寸断されたり、一定地域の 住民が生活することができなくなり、維持管理すべき施設の運営が困難に なり結果的に大規模な二次災害へと発展する可能性はあるのでしょうか カルデラ噴火などでは昔から壊滅的な被害がでるといわれていますけど 大地震では過去に体験したことないような現象おきているのですから 火山噴火でも想定を超える大災害というのはありえないのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 硫黄ガスが硫酸エアロゾルになる過程

    火山が噴火する際に吹き出される硫黄ガス(亜硫酸ガス、硫化水素など)が原因で硫酸エアロゾルが形成される過程を簡単に説明したいのですが、以下のような解釈で正しいでしょうか。 1)硫黄ガス(SO2,H2Sなど)が大気中の水分(H2O)と混合して硫酸(H2SO4)になる。 2)硫酸が粒子化して硫酸エアロゾルになる。 また、硫黄ガスには無害のものもあるのですか? 是非とも教えてください。

  • 火山ガスのことでおたずねします。

    --昔、信州の山を歩いていた時、路の脇で水蒸気が噴出している場面に何度か出くわしました。脇道に入り、奥へ分け入ってゆくと、火山の噴火の可能性があるので注意するように立て札に書いてありました。さらに進むと、これより先は危険なので進まないようにと警告の立て札がありました。 血気にはやる年頃だったので、これ以上進むのは無理だというところまで行ってやろうと思い、そのまま進み続けました。あるところで左折した途端、異様な光景が目にとまりました。路が前方1メートルのところでくぼんでいて、そこに黄色のガスがかなりの量でたまっていました。さすがに、これはやばいと思って引き返しました。  硫化水素や二酸化硫黄は無色透明のはずなのに、その時に見たのは濃い黄色でした。一体、何という名のガスなのでしょうか?

  • ペット入りのお茶で眼を洗う

    登山中に突風で舞い上がった砂塵とか、火山の噴火による降灰とか、スズメバチの毒液が目に入って、目も開けられない位痛くて涙だけではどうしょうもない時。大急ぎで下山して病院に駆け込もうにも数時間掛かりそうな時。リュックの中に500mlのペットに入ったI社のお~い〇〇やS社の特〇や、どこかの烏龍〇が有れば、それで眼を洗った方が良いでしょうか?何もせずに数時間掛けて病院まで行って処置して貰った方が良いでしょうか? 自分で試す勇気は有りませので出来れば、眼科専門医か眼科レジデントかナースの方にお聞きしたいです。

  • 噴火は危険ですか

    どこかの山頂で近年登山者が帰らない人になったのは報道などで 知られています、これが原発だとしたら山頂になくとも影響は あるのでしょうか、そもそも人間いたとしても冷却できなく なったことは、過去の自然災害で証明されています、災害に 人類の施設は守れるのでしょうか 宜しくお願いします。

  • 昨夜からの大噴火?

    昨夜から活発に大きな噴火音と揺れをだしてるのは、桜島ですか?新燃岳なのでしょうか? ニュースでも取り上げナクて、両方の火山灰が降ってくる地域にすんでるので、不安です。 わかる方いらっしゃいましたら、是非教えてください。

  • 噴火湾

    北海道の噴火湾周辺(森、八雲、長万部、豊浦、洞爺湖、伊達)って冬は札幌や稚内よりも寒いのは何故なのですか?冬の最低気温は札幌や稚内よりも低いですし…。

  • 大噴火

    火山活動により噴火する事も有るようです、生命の絶滅にもなりえるよう ですが、それがあると氷河期になり氷の台地では植物が育たなく、食べる事 ができない動物は絶えてしまうのでしょうか、人間は氷の世界では寒くて 凍えるので、どのようにして生き延びる手段は有るのでしょうか、よろしく お願いいたします。