• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

噴火した御嶽山の脇に【原発】が有ったら、

御嶽山が噴火して死者・重軽傷者が出てますが、事前の噴火予知は困難だったようです。 降灰や噴石はもとより、火砕流も発生した可能性も有るようで、もし原発がそばに有ったらどうなっていたんでしょうか。 原発に被害があるような火山・カルデラの噴火が有れば、原発周辺の住民は皆殺しになるので、そういう時には原発で比較的大きな事故が発生しても、「死人に口なし」、「死人は二度死なない」 という原理でOKなんですかね? もうすぐ再稼働されそうな鹿児島県の川内原発は、噴煙活動が活発化しつつある桜島火山周辺の巨大カルデラである姶良カルデラや、その他複数カルデラの比較的近くに位置します。 これらカルデラは1万年に1回程度の頻度で巨大噴火を発生させてますが、再び活動して周囲に火砕流をまき散らせば川内原発近隣の住民は皆殺しされますので、そんな時には川内原発が大事故を起こしても、「死人に口なし」? 「死人は二度死なない」? 原発は火山に安全でなくとも良く、死人は避難する必要もないので、避難計画が雑でもいいという理屈なのかも? ちなみに活断層の安全判断は「過去数十万年間」に活動した形跡があるかないかですが、川内原発周辺に沢山あるカルデラは「過去数千年から数万年」前に活動してますけど。 その度に川内原発まで火砕流が到達している模様です。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数433
  • ありがとう数21

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8

>もうすぐ再稼働されそうな鹿児島県の川内原発は、噴煙活動が活発化しつつある桜島火山周辺の巨大カルデラである姶良カルデラや、その他複数カルデラの比較的近くに位置します。 稼働に関しては地域の人々の判断にまかせましょう 地域住民の未来は地域住民自身で決めるのです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有り難う御座いました。またお願いします。

質問者からの補足

川内原発の地元でも反対派が多いんですよ。 しかし鹿児島県知事や地元首長それに自民党県連が再稼働を主張してるので、地元民過半数の意思を無視して再稼働が決まりそうなんですよ。バックに経済界・電力会社の圧力があります。 また、川内原発が姶良カルデラに始まるカルデラ噴火群の 「火砕流」 被害を受ければ、川内原発は全て破壊され、原発所員は全員死亡、事故は起こり放題、原発事故を止める手立ては皆無。現場には火砕流と放射能で誰も近寄れず。 そうなると西日本全域が無人の荒野になりますよ。放射能汚染で。その巨大原発事故の収束は全く不可能で、放任するしかないんですから。 川内原発は最も火山カルデラ災害の危険性が高い原発で、その事故は地元にとどまらず日本全国に拡大していくという、そういう原発なのです。

関連するQ&A

  • 川内原発への【火砕流】で日本民族は絶滅する

    原発に火山の【火砕流】が流れ込んでくると、いかなる手段も講ずることはできず、手をこまねいているうちに大事故に至るとされています。 【火砕流】は1000m級の山を越え、海を渡り、速度100km/hを超えることもあります。 この火山リスクが最も大きいとされるのが鹿児島県の川内原発です。 九州地方で数千年から数万年に一度の頻度で発生する巨大カルデラの破滅的噴火によって、川内原発を【火砕流】が襲い、原発は壊滅的被害をこうむり、人は近寄れず原発事故を収束させることもできず、放射能を大量に含む死の灰が西風に乗って日本全国を数年間に渡って襲い、日本民族は日本国土を放棄し、全世界に流浪の旅に立つ。。。という予想があります。 川内原発の大規模事故により他の原発からも人員避難が行われると思われ、よって西側から順次に各放置原発の暴走事故が連鎖的に発生していきます。 そこで質問ですが、 1. 今のうちに逃げる。 2. 放射能を浴びてから逃げる。 3. 絶対安全だという嘘を信じる。 4. 座して死を待つ。 5. 絶対安全だと嘘をつき続け、カネを儲ける。(九電) 6. 自分が生きているうちは来ないと思って、人生を遊び暮らす。 7. 危ないから原発を止める。 8. 二酸化炭素の方が危ないと思って原発を動かす。 どれが最も良い災害対策なのでしょうか? 中国や韓国は地殻が安定していて、地震も活断層も火山リスクも日本に比較すれば桁違いに少ない。 しかし地殻活動が活発で火山だらけの日本においては全国の原発に【火山リスク】が見込まれ、このリスクに対応しない(又は対応不能な)原発は立地不許可→廃炉へと進むことが、原子力規制委員会の規制基準で定められています。 しかし現在まで原子力規制委員会には火山リスクに関する専門家が不在で、電力会社による信憑性の薄いリスク評価がまかり通ってきました。 川内原発は他の原発に先駆けて再稼働へ向けた優先審査が行われておりますが、しかしこの川内原発においては九州電力のリスク評価があまりにも恣意的・不自然なため、原子力規制委員会は評価し直しの指示を出しました。 火山リスクが高いと目される原発は、川内、泊、東通、玄海、伊方ですが、(その他原発にもリスクはある)、中で最もリスクが高いのが川内原発で、その周囲にはカルデラが6個存在しています。(カルデラは巨大噴火を起こした跡で、今後も同様の噴火が見込まれる) 川内原発敷地には過去の巨大噴火の【火砕流】が到達したとされ、再び同様なことが有れば、人間は即死、原発は跡形もなく破壊されつくし、人は近寄ることさえできず、放射能のだだ漏れになります。 そこで次の質問ですが、 詳細に検討されている活断層や地震のリスクよりも、火山リスクはかなり高い発生頻度で、遥かに大きなダメージが出るのですが、原発推進するためには止むを得ないとの覚悟を日本民族は決めたんですかね? そんな日本民族の尻の後に、あなたは 付 い て 行 き ま す か。

  • 川内原発と火山

    御岳山が噴火しましたが、火山の噴火予知は難しいようですね。 そこで質問なのですが、川内原発に、火山の影響があるとかないとか、予知できるとかいろいろ言われているようです。 質問は、川内原発の場合は、予知して避難することができそうですか? 火山との距離との関係や、今回の噴火とのメカニズムの違いなど、大丈夫ならよいのですが。

  • 川内原発 と 火砕流

    原発に火山の火砕流が流れ込んでくると、いかなる手段も講ずることはできず、手をこまねいているうちに大爆発を起こすと言われています。 この火砕流の危険性が大きい原発が日本には幾つもあり、代表的なものが、泊原発(北海道)、伊方原発(愛媛)、玄海原発(佐賀)、川内原発(鹿児島)です。 ● 火砕流が原発襲ったら「完全にお手上げ」 専門家が吐露 http://dot.asahi.com/science/s-general/2013021300005.html 先般、原子力規制員会での優先審査の対象として川内原発があげられ、恐らくは再稼働第1号になる見込みです。 この川内原発には過去に敷地内に火砕流が到達したとされ、しかし九州電力は危険性が十分に小さいと断じています。 ● 川内原発、3万年前に火砕流到達 九電が再現試算提示 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2014031901002162.html 地元では火砕流他、火山灰の影響を過小評価しているとして、再稼働反対の動きが有ります。(近くでは活断層の新発見もある) ちなみに、地元の県知事は再稼働容認の方向らしいですが、前の徳田毅氏の辞職に伴う衆院鹿児島2区補欠選挙(27日投開票)に「新党ひとりひとり」から反対派の新人が立候補予定。 例によって完全募金主義、完全ボランティア主義で動き出した模様。 ● 衆院鹿児島2区補選 反原発の山本氏、有川氏を擁立 http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=55878 http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/news/20140402-OYS1T50002.html http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/140402/plt14040213390007-n1.html そこで質問ですが、火砕流無視で川内原発を動かしてもOK? 3万年前の大噴火で敷地内に火砕流到達したとされるが、活断層は12~40万年の基準であるところを、火砕流が3万年で危険性無視とは釣り合いが取れてないのでは? その合理的説明は存在しているのでしょうか? 注) 火砕流は地面との摩擦が少なくその速度100km/hを超えることもあり、時には海面上を渡る時もある。

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

火山からも放射性物質がかなりな量噴出する事を御存じ無い? 火山と原発では危険性の内容が違う

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有り難う御座いました。またお願いします。

  • 回答No.6

原発の死亡者より火山爆発の死亡者の方が数十倍 なので何も問題は有りません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有り難う御座いました。またお願いします。

質問者からの補足

原発を運転管理している技術者・従業員が全滅したら、誰が原発を管理したり事故の収束をしたりするんですか。。。そばにも近寄れなくなるし。 原発は暴走に暴走を重ね、空中高く放射能を吹き上げ、日本国中を汚染し、少なくとも西日本に居住可能な地域は無くなりますが… 原発のすぐ近くの人は 「死人に口なし」、「死人は二度死なない」 ということであっても、ずっと離れた人達は死んだり文句言ったりするのでは?

  • 回答No.5
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11762)

海岸の原発近くにも火山はありますが 質問の内容は「御岳山の近くに原発があったら?」ですよね? 原発は海の近くじゃないと作れないので質問自体成立しません(残念)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有り難う御座いました。またお願いします。

質問者からの補足

質問文中にもあげてますが、鹿児島県に川内原発というのが有って東シナ海に面してます。 そのそばに姶良カルデラというのが鹿児島湾の中に位置してます。その南側にあるのが活火山の桜島で、日夜火山灰を吹き上げてます。 姶良カルデラは過去から大噴火を繰り返し、その噴火規模があまりに大きかったために地面がえぐれて海になってしまい、鹿児島湾を形成しました。 噴火の時には今の川内原発の敷地内まで「火砕流」が到達しています。御嶽山噴火で死者が多数出たアノ火砕流です。 この「火砕流」が到達すると原発は壊滅的被害を蒙り、巨大事故になります。原発所員も全員死亡するはずです。救助隊は到着不能。原発事故を収束する者、誰一人としておらず… そういう事態になりませんか。 御嶽山噴火はごく小規模の噴火でしたが、姶良カルデラで噴火が起こればそんなもんじゃすまないらしいです。西日本全体が放射能汚染で壊滅すると言われてます。

  • 回答No.3

原発は多量の冷却水が必要ですので、日本では海のそばでしか作れません。 本当は川の方が良いのですが、残念ながら日本の川は小さすぎます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうも有り難う御座いました。またお願いします。

質問者からの補足

活火山は海岸近くにもあります。 また、諸外国では内陸部にも原発が配置され、日本でも海水不要の内陸型原発が検討中です。その実験炉の再稼働申請も最近されましたね。

  • 回答No.2
  • asuncion
  • ベストアンサー率32% (1837/5632)

そもそも原発は内陸部には作らないので、 御嶽山の近くに原発があったら、 という仮定が成り立ちません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

原発の新しい規制基準では火山・カルデラ噴火による降灰への対策が求められてます。このため各電力会社とも近隣の火山並びに主として九州地方の巨大カルデラの噴火を想定してます。 例えば関電の若狭湾原発では1000Km先の姶良カルデラの火山活動の対応策も立ててますよ。 火山がソバに無いからどうのこうの、という次元の話じゃないみたいです。 どうも有り難う御座いました。

質問者からの補足

活火山は海岸近くにもあります。 また、諸外国では内陸部にも原発が配置され、日本でも海水不要の内陸型原発が検討中です。その実験炉の再稼働申請も最近されましたね。

  • 回答No.1

火山は怖いですね。あなたのおうちに火山弾が 飛んでこないといいですね・・・・ え、原発?原発は頑丈だから大丈夫です。 自分のおうちの心配をしましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

原発にとって危険なのは火山弾の類より 「火山灰」 や 「火砕流」 の方ですね。 「火山灰」 は施設のフィルター類を詰まらせたり、送電線に積もって切断させたりして、事故を誘発します。 「火砕流」 は原発施設を丸ごと押し流して破壊させます。福1事故の津波より高い破壊力が想定されています。 「火山灰」 への対策は、送電線に積もった火山灰を 「棒」 で薙ぎ払う。フィルターに詰まった火山灰を 「ホウキとハタキ」 で掃除する… という対処法が申請されてますね。 「火砕流」 への対策は、対処法が無いため、事前に火砕流の発生を予知し、核燃料を安全な場所に運搬移送させるんだそうです。ただし、火山・カルデラの噴火予知は専門家に言わせると不可能… ということらしいです。 どうも有り難う御座いました。

質問者からの補足

私の家は原発のそばにも火山のそばにもありませんが。 ただし、全て原発は「火砕流」によって壊滅すると言われており、その事故により半径1000Kmに深刻化な被害をもたらすとされます。 例えば川内原発が火砕流被害を受けると、西日本全域が放射能汚染されるとの予測が出てますよ。

関連するQ&A

  • 火山活動と地震の関係はないですか?

    九州の霧島山(新燃岳)では未だに火山性の地震が活発に観測されているようです。 これに伴って活断層を見てみると九州地方では四国、近畿地方から日本列島を 東西にメスを入れたような活断層が走っています。 偶然の一致かも知れませんがその一番東の地域は九州の川内地方に当りますが。 これまた偶然にも九州電力の川内原発があるではないですか!? 別に無理に結びつける気はもうとうありませんが、なんとも不気味です。 九州では過去に桜島の大噴火や雲仙普賢岳の噴火などにより大きな被害が 発生していることを思うとどうも新燃岳の件が気になりますが、 基本 火山活動と地震誘発には関係はないのでしょうか?

  • 火山噴火日本は大丈夫ですか

    近年火山活動が急速に増えあちらこちらの火山が噴火しそうという不安が 高まってきています、大規模になると地上に灰とかで太陽の光が届かない で送電線がショ-トしたりで停電になり交通網が寸断されたり、一定地域の 住民が生活することができなくなり、維持管理すべき施設の運営が困難に なり結果的に大規模な二次災害へと発展する可能性はあるのでしょうか カルデラ噴火などでは昔から壊滅的な被害がでるといわれていますけど 大地震では過去に体験したことないような現象おきているのですから 火山噴火でも想定を超える大災害というのはありえないのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 浅間山の噴火

    最近急に火山活動が活発化してきた浅間山のことが気になっています。地元の群馬出身なので余計に気になります。浅間山は江戸時代に大噴火をしたそうですし、最近では雲仙の普賢岳の例もあります。大火砕流とか起きる可能性はありますか?

  • 川内原発を停止する意味がありますか?

    「平成28年熊本地震」によって九州内の建築物に多大な被害が出ている現状を観て、一部の人達が「川内原発を即時停止するべきだ」という主張がある様です。 福島第一原発は地震発生時にECCSが機能して、原子炉内の核分裂反応が停止し、その後、原発停止時に津波に襲われ、全電源停止状態に置かれ、停止後の原子炉の冷却ができずに、炉心溶融に至ったということだと思います。 この福島第一原発の事故が回避できなかった最大の理由は、全電源喪失時に、車両搭載型電源を接続して炉心冷却をする訓練を一度もしていなかった(だから、電源コンセントの規格不一致に気付かなかった)という人為的ミスが原因と思います。 今回、川内原発の再稼働に際しては、福一の教訓をくみ取り、全電源喪失時の車両搭載型電源接続訓練も実施して(=コンセントの規格一致も確認して)いると思います。 川内原発の即時停止を要求する一部団体は「福島第一は、運転停止後に津波に被災した」という事実を知らずに「原発は運転停止しておれば、全電源喪失しても炉心溶融は起きない」と無邪気に信じているのでしょうか? 質問:熊本で余震あるいは群発地震が継続する期間、川内原発を停止しておく意味はなにかあるでしょうか? 特に福島第一原発の事故の教訓から「川内原発を停止するべき」という主張に科学的な根拠があるのかどうか、原子炉の安全性に関して知見を有する専門家の方よりアドバイをいただければ有り難いです。

  • 2008年9月13日の中国南部の【大津波】という記事

    2008年7月にどこかでM8の地震がおきる。 2008年9月13日に、中国南部で破局カルデラ噴火が起き、最大 30メートル以上の津波が海岸を直撃します。海南島の破局カルデラ噴火によるものです。 津波や火砕流による死者は百万人に上ります。巨大噴火の前に小さな火山性地震が頻発し、国家と国民を不安にします。 中国ヤフーや中国人のブログ検索したところ 上記の予言のような記事を見つけました。 中国では大ごとになっているのでしょうか?

  • 原発反対 韓国では作れ日本では作るな  

    http://news.livedoor.com/article/detail/5650634/ 四川大地震は記憶に新しく、大陸でも地震は起きるのは誰でも知っている。 しかし、孫氏は原発は地震が多い日本では危険として、菅総理と自然エネ。 韓国では原発は問題なし。 おかしいと思いませんか。 鹿児島川内原発よりも韓国の原発古里が近いのです。日本で廃止しても 諺 天草大変 肥後迷惑 (天草の噴火で天草は大変であるが、噴煙が流れてくる肥後の国は迷惑です。) 現在原発反対の人は洗脳されていませんか。 今回の事故を真摯に受け止めて、再起動と古い原発を作り直す考えにはなりませんか。

  • 原発は安全なんですか?

    原発は安全なんですか。 本当は安全ではないけど、安全だと嘘を付いて動かそうとしているのですか。 少しは危険だがその危険は覚悟の上で、死人や傷病者や他人の財産的損害は覚悟で、自分だけは良い目を見ようとして動かすのか。 物凄く危ないものだが、日本を滅ぼすために原発を動かす必要があるのか。 日本は世界有数の地殻変動の活発な地域で地震・津波・火山活動が頻発してますが、地殻の安定した他国の原発と日本のソレとでは安全性の面から見れば比較のしようもないのでは? 2011年に福島第1原発事故が起こりましたが、日本に原発が初めてできて以来数十年の月日が流れ、その間に100%の確率で放射能の巨大噴出事故が発生してます。100%の確率で発生したものは、次の数十年間のうちに再び100%の確率で起こり得ますよね? 以上、どんなもんでしょう。質問点は、 1、 日本の原発は安全なのか? 2、 危険でも無理に動かそうという話か? 3、 推進派の一部に自殺(反日)願望があるのじゃないのか? 4、 その他。

  • 浜岡原発は再稼働お断りの目算?

    鹿児島県の川内原発の再稼働が来年以降行われる目算が高くなってますが、この川内原発においては 原発稼働に必要となる「地元の合意」の、「地元」の範囲が立地自治体の薩摩川内市と鹿児島県に限られ、隣接の複数市町村は地元の範囲から排除された上での名目的な地元合意が強行されました。 これには鹿児島県知事の地元民をまるで無視するかのような強引な手法が用いられました。 一方F1事故以後、各地の原発立地において、立地自治体のみならずその周辺の多数の市町村を原発業者との安全協定に参加させる枠組みを造るべく、各地で交渉が行われています。 この度静岡県では原発近隣自治体11市町を全て原発業者との安全協定の枠組みに含め、それら自治体の全てが再稼働に同意せざるば原発稼働は不可能との仕組みをつくり上げました。 ■ 知事、浜岡原発稼働に「11市町の同意必要」 http://www.yomiuri.co.jp/local/shizuoka/news/20141110-OYTNT50394.html ■ 浜岡再稼働「31キロ圏11市町同意必要」 知事が表明 http://www.chunichi.co.jp/article/shizuoka/20141111/CK2014111102000094.html 静岡県の現状を考えるとこれは事実上、浜岡原発の再稼働お断りの宣言と言ってOKかと思いますが、どんなもんなのでしょう。 浜岡原発においては以前から県知事の反原発方向と伺える言動が注目されていましたが、これ以外にも「住民投票」が必要であるとも県知事は表明しています。 現知事退任の後までも静岡県においては原発再稼働を阻止できるめどが立ったと考えてよいのでしょうか?

  • 中国や韓国の原発は安全

    福島第1原発事故があって、以前は原発に無関心であった平和ボケ人種にも原発に対する恐怖心が芽生えてました。 が、勢い余って隣の中国・韓国の原発にも恐怖を持ちすぎ、ビビッてしまい、日本が原発やめても中韓の原発が事故を起こせば元も子もないじゃん! だから日本の原発を動かせ! と、ギャーギャーわめく変なネトウヨもいる。 ネトウヨは元々平和ボケ人種の成れの果てで、平和ボケしているからネトウヨなんてもんをやれてるわけです。 そこで質問ですが、 【中国・韓国は地盤が良いので、地殻変動の大きい日本とは異なり、原発事故は少ないと思われるが、日本の事故発生率と比較すればどの程度のもんなんです? できたら数字でお願いします。】 できなかったら、数字無しでもOKです。 日本は地盤が悪く、地震(・ツナミ)や火山活動(火砕流)のために原発事故を起こしやすい。(一部北海道の東部は地盤が良くて、ここは既に最終処分場の有力候補地となってる)。 中国(一部除く)・韓国は日本と異なり地盤が安定している。 ちなみに日本の場合は、人的な素質・責任感において、著しい欠損が認められ、天然要因と合わさって原発の安全度を大きく落としていると考えられるが、この点についても 【どんなもんなんです?】

  • 日本大丈夫ですか

    最近は噴火や地震などで活動期に入ったともいわれていますけど カルデラ噴火などの大規模災害では想像もつかないほど被害でる ともいわれていますので、弱い人類は逃げることしかできないと 思うのですが原発などを再稼動して大丈夫なのでしょうか 例えば雲仙などでは多くの人が残念な事になっていることから しても今後も大丈夫といえる人いるのでしょうか 人類住める環境というのはいつまでも幸運が続くという希望的 観測は正しいのでしょうか。 宜しくお願いします。