• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「Q&A数学基礎論入門」の中の問題の答がわかりませ

お世話になります。 「Q&A数学基礎論入門」(久馬栄道著・共立出版)を読んでいます。 次の問題がわかりません。 P.55 ∈に関する帰納法   ∀x(∀y∈xA(y)→A(x))→∀xA(x) 問題24  自然数に関する帰納法では 0 で成り立つことがはじめに必要であるが、 ∈に関する帰納法ではこのようなものがない。なぜか考えよ。 (次にこう書いてあります) 命題論理でA→BのAがFならば、この式がいつでもTであることを 思い出せ(そして x∈φの真理値がFであることも)。 ずーと考えました。でもわかりません。 どなたか答を教えて下さいませんか。 よろしくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数161
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

そういう事です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tmpname様 丁寧にお教えいただき感謝しております。 私は、論理学など素人ですが この本、とっつき易さそうで、おもしろそうです。 何とか読み進めていことう思っております。 どうもありがとうございました。 非常に助かりました。

関連するQ&A

  • 基礎論(集合論)の問題が解けません

     基礎論の入門書にある問題が解けません。解答がついていないので、教えてもらえればありがたいです。  問題だけを挙げても意味不明になりそうなので、少し前のところから、なるべく丸写ししたいと思います。  以下、問題です。よろしくお願いします。 <に関する帰納法(正則性の公理と同等)  (注! 記号が自由にならないので、「yはxの元(要素)である」をy<x、全称量化記号(Aを逆さまにしたやつ)をAと表記します)  数学において帰納法といえば、普通は自然数に関する帰納法をいう。  <に関する帰納法というのは、集合にも同じような性質があったほうがよいという要請を公理の形で書いたものである。  <に関する帰納法とは次のようなものである。       Ax(Ay<xA(y)→P(x))→AxP(x)  つまり自然数に関する帰納法はn-1について成り立つならばnでも成り立つとき、すべての自然数でも成り立つということであるが、<に関する帰納法はy<xとなるすべてのyで成り立つならばxでも成り立つとき、すべての集合でも成り立つということを述べている。 問題  自然数に関する帰納法では0で成り立つことがはじめに必要であるが、<に関する帰納法ではこのようなものがない。なぜか考えよ。  ヒント:命題論理でp→qのpがF(=偽)ならば、この式はいつでもT(=真)であることを思い出せ(そして、x<φの真偽値がFであることも)。

  • 論理学 論理式の真理値

    論理学 論理式の真理値 ¬(P∧¬Q) の真理値があっているか見ていただけますか。 P Q   ¬Q     P∧¬Q     ¬(P∧¬Q) 1 1    0        O         1 1 0    1        1         0 0 1    0        0         1 0 0    1        0         1 ある記号論理学の入門書(二刷)を使って勉強しています。 具体的な論理式を挙げてタブローの作り方を解説しているページに、「¬(P∧¬Q) が1であるためには、Pか¬Qのどちらかが0でなければならない」という記述があります。しかし、この記述は、僕が上でおこなった真理値の計算と矛盾します。PとQの双方が1でも全体は1になるのではないでしょうか? ¬(P∧¬Q)の真理値はP∧¬Qの真理値を単純に反転させて出したものですが、この手続きに不備があるのでしょうか?ド・モルガンの法則を使って¬P∨Qに変形させてから計算しても、やはり同じ結果になりました。 僕の真理値計算が間違っているのでしょうか?分かるかた教えてください。

  • 数学的帰納法の証明

    自然数に関する数学的帰納法の原理が自然数が整列集合であることと同値であるということはわかっていますが 次のように数学的帰納法を証明した場合どこに整列集合の性質が使われているor論法が間違っているのでしょうか。 数学的帰納法 自然数nに関する命題をP(n)とする (ⅰ)P(0)が成り立つ (ⅱ)すべての自然数nに対して、P(n)が成り立つならばP(n+1)も成り立つ この2条件が満たされているときP(n)はすべての自然数nについて成り立つ (論理記号でかくと(ⅱ)は(∀n∈N(P(n)⇒P(n+1))だと思います) [証明] P(n)が成り立たないような集合をSとする Sが空集合である事を示せばP(n)がすべての自然数nについて成り立つ事になる Sが空集合でないと仮定するとm∈Sとなるようなmが存在する このとき条件(ⅱ)を次のように書き換えて (II)すべての自然数nに対して、P(n+1)が成り立たないならばP(n)も成り立たない と考えると P(m)が成り立たないのでP(m-1)も成り立たないことになる このときP(m-1)が成り立たないのでP(m-2)も成り立たない 以下続けると結局 P(1)が成り立たないのでP(0)も成り立たないことになるが これは(ⅰ)に反する よってSが空集合でないという仮定が間違っていたことになる ゆえにSは空集合であり命題P(n)がすべての自然数nに対して成り立つことが示された

その他の回答 (7)

  • 回答No.7
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

えっと、この質問のニュアンスは、 *自然数に関する帰納法では「A(0)が成り立ち、A(n)が成り立つならA(n+1)が成り立つなら全ての自然数nに対してA(n)が成り立つ」みたいに書いているけど、 *∈に関する帰納法では 「∀x(∀y∈xA(y)→A(x))→∀xA(x)」と書くだけで、これが 「(A(0) ^ ( ∀x(∀y∈xA(y)→A(x))) )→∀xA(x)」と同じ意味になることを確かめよ、という事です。つまり∀x(∀y∈xA(y)→A(x))と書くだけで「A(0)が成り立つことは仮定していることになる」ということを確認せよ、ということですが、いいですか? > ∀y(y∈0→A(y))→A(0) > の真偽値がTであることが分かれば A(0)が真でなければ真になりません。そうでなくて、「∀y(y∈0→A(y))→A(0)」(の真偽)と「A(0)」(の真偽)が等しいことを確認せよ、という事。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tmpname様、何度も回答ありがとうございます。 ∀y(y∈0→A(y)) の真偽値はTだから ∀y(y∈0→A(y))→A(0) の真偽値と A(0) の真偽値が等しい。 ゆえに ∀y(y∈0→A(y))→A(0) と A(0) は同値である。 従って [A(0) ∧ ( ∀x(∀y∈xA(y)→A(x))) ]→∀xA(x) の A(0) は ∀x(∀y∈xA(y)→A(x) の中に含意されている。 と考えればいいのですね。

  • 回答No.6
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

要は、y∈0→A(y)というのは任意のyについて成り立つのだから、∀y(y∈0→A(y))というのはA(y)が何であろうが「常に正しい」訳で、そうすると『∀y(y∈0→A(y))→A(0)』という式の「∀y(y∈0→A(y))→」というのは(常に正しいのだから)「条件がないのに等しい」ことは分かりますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あっ、分かった。 tmpname様、質問にお付き合い下さって、どうもありがとうございます。 私は問題の意味を取り違えて受け取っていました。 「A(0) が成り立つことを証明せよ」 と思っていました。 ∀y(y∈0→A(y))→A(0) の真偽値がTであることが分かればそれでいい訳ですね。 問題の意味は [∀x(∀y∈xA(y)→A(x))]→∀xA(x) の仮定[…]部分が x=0 の時に真であるということを説明せよ、 ということですね。

  • 回答No.5
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

> x にφを代入して > ∀y∈φA(y)→A(φ) なぜそこでまた「省略記法」に戻すのか... そうでなくて、きちんと ∀y(y∈0→A(y))→A(0) と書いてみる。で、「y∈0を満たすy」って何でした(ありました)っけ?(空集合の定義は?) それを考えると、「y∈0→A(y) を満たすy」というのが何か分かるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 y∈0を満たすy は存在しません。 ですから y∈0 : F y∈0→A(y) : T たぶん ∀y(y∈0→A(y)) : T この先は・・・ 分かりません。 んー、私の頭は悪い。本当にこの本、読めるのだろうか? まだ、おもしろそうだな、と思っておりますが。

  • 回答No.4
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

ほとんど答えが書いてある (笑). 「自然数に関する帰納法」で「0 で成り立つこと」に対応するものは, 「∈に関する帰納法」ではなんでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 すっかり笑われてしまいました。 ∀y∈φA(y)→A(φ) この式の真偽値が分からないのです。 たぶんTなのだと思いますが、なぜTなのか分かりません。 論理学なんて全くの素人です。 どうか笑わないでバカな私のために答を教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願いいたします。

  • 回答No.3

集合論の正則性公理を調べてみてください。きっと答えが見つかります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 正則性公理は、この本では後に出てくるので ここではまだ使ってはいけないのだと思います。 答はまだ分かりません。

  • 回答No.2
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

というか、ひょっとしたら ∀y∈xA(y)→A(x) という「省略記法」をつかっているので混乱しているのかもしれない。 この辺り http://okwave.jp/qa/q8733851.html を「参考にして」(この通りではないけど)、一度∀y∈xA(y)→A(x)というのを「きちんと書き直す」とすっきりするのかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ∀y∈xA(y)→A(x) をきちんと書き直すと ∀y(y∈x→A(y))→A(x) だと思います。 x にφを代入して ∀y∈φA(y)→A(φ) この真偽値を考えるのですが分からないのです。 私、頭がバカですが、みなさんに教えて頂きながら 読んでみたいと思っております。

  • 回答No.1
  • tmpname
  • ベストアンサー率68% (191/278)

具体的にx=0の時 ∀y∈xA(y)→A(x) というのを書き下して(単にx=0を代入するだけ)、その時∀y∈xA(y)というのがどうなるかを考えてみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 y∈φ :F ∀y∈φA(y) :T ∀y∈φA(y)→A(φ) の真偽値がわかりません。 もうここで間違っていますか?

関連するQ&A

  • 数理論理学の問題です

    数理論理学の問題です AとBを命題論理の論理式とする。Aがトートロジーの時、Aに現れる命題変数XをすべてBで置き換えてもトートロジーになる、その理由を説明せよ。 という問題です。 取りあえず解いてみたのですが解答って 命題変数X,Y…の真偽の定め方によらず、命題論理の論理式Aの真理値が常に真になるときAをトートロジーと呼ぶ、つまり、命題変数部分の真偽によらず全体として正しい命題論理の論理式はトートロジーなので、そのトートロジーに現れる命題変数の部分に命題論理の論理式Bを代入しても常に正しいと判断されるから これで良いんですかね?無駄な部分足りない部分がわかる方いましたらご指摘の方よろしくお願いします<(_ _)>

  • 多重帰納法

    任意の自然数k,n1,…,nkに対して命題P(n1,…,nk)を証明する方法は次のようにしたらよいでしょうか?それとももっと合理的な方法があるでしょうか?類似の質問などがあればそれも教えて下さい. ∀k∈N,Q(k)≡(∀n1,…,nk∈N,P(n1,…,nk))とし (1) Q(1)(⇔P(n1))を完全帰納法で示す (2) Q(k)⇒Q(k+1)を示す (2-1) Q(k)⇒P(n1,…,nk,1)を示す (2-1) Q(k),P(n1,…,nk,i)⇒P(n1,…,nk,i+1)を示す

  • 間違いなら申し訳ありませんがω矛盾について

    数学的帰納法はある命題P(n)が n=1、2、3、4、、、と全ての自然数について成り立つことを示す方法ですよね よく試験問題でもこの証明を使います 一方、最近ω無矛盾のWikipediaを見たのですが、そこには「ω矛盾とは、自然数n によって定まる論理式 Q(n) が存在して、次を満たすことをいう。 Q(0), Q(1), Q(2), …が全て証明可能であるが、「∃n: &#65506;Q(n) 」も証明可能である。」と書かれていました >Q(0), Q(1), Q(2), …が全て証明可能である というのは前述の通り数学的帰納法が当てはまりますよね 今まで何気なく数学的帰納法を使って命題の真を示して来ましたが、それらは全てω矛盾である可能性を否定できていませんよね? ω矛盾の可能性を否定できないのに数学的帰納法で示せたことになるのでしょうか? 回答をお願いします

  • 記号論理学 真理表

    命題論理の件でも質問させていただいております。 今回は真理表についてわからなくて、大変困ってしまっています。「記号論理入門(新装版)前田昭二」と言う大学の教科書を見て、下記のような回答を私なりに考えたのですが。。。どなたか、わかる方、どうぞ教えてください。宜しくお願いいたします。 問題 次の論理式の真理表をかけ (a) A→(B→A)の真理表 A、B、B→A、A→(B→A) ∨、∨、∨、∨ ∨、∧、∨、∨ ∧、∨、∧、∧ ∧、∧、∨、∧ (b){¬A→(A→B)}⇔B の真理表 A 、B、¬A、A→B、¬A→(A→B)、{¬A→(A→B)}⇔B ∨、∨、∧、∨、∨、∨ ∨、∧、∧、∧、∧、∧ ∧、∨、∨、∨、∨、∨ ∧、∧、∨、∨、∧、∧ 罫線をこの投稿欄で使えないため、表の中の 点(、)の場所が罫線が引いてあるものと思っていただけますと、幸いです。 大変読みづらくて、申し訳ありません。

  • 数学基礎論について

    数学基礎論から理論物理学を構成することは可能ですか?

  • 推論規則と日本語による証明の対応関係

    以前、論理学の本を読み、コンピュータに軽く関わっている事もあり、数学基礎論に興味が発展しました。 推論規則などについて知る内に、高校で習った自然言語による証明との対応関係に疑問がわきました。 例えばゲッツェンの自然演繹などとどの様に対応しているのでしょうか? 論理記号で定義された、背理法や帰納法などの個々の規則は単独では納得していますが、数学の一般向けの本などに書かれている自然言語で記述された証明を見てもどうにも納得できない(論理構造を抜き出せない)事があります。 ぜひ、推論規則と日本語による証明の関係性を教えていただきたいのです。 何かいい本や、WEBサイト等ありましたら是非教えてください。

  • 数学基礎論か記号論理学の入門(?)

    【質問ア】 1と1は等しい。 これの解釈は一意に決まりますか? 【質問イ】 1と0は異なる。 0と1は異なる。 この二者に違いがあるかどうか数学ではどう取り扱いますか? 【質問ウ】 1+2は4&#65293;1と等しい。 計算結果は同じですが、1+2と4&#65293;1を違うものとして取り扱う数学もあるのですか?

  • 同次元連立一次方程式において自明でない解を持つ

    松坂和夫著『線形代数入門』からの質問です。 同次連立一次方程式においてn>mならば自明でない実数解を持つみたいです。 ↓同次連立一次方程式 a_11x_1 + a_12x_2 + … + a_1nx_n = 0 a_21x_1 + a_22x_2+ … + a_2nx_n = 0 …… a_m1x_1 + a_m2x2 + … + a_mnx_n = 0 この証明なんですが、mというのは方程式の数で、nというのは未知数の個数ですよね。 だったらm=nだとこの方程式が解けるようにおもえます。 命題の意味と証明がいまいち理解できないです。 この証明において著者は帰納法を使って証明しているのですが、いまいちピンときません。

  • 数学基礎論についての問いです。

    1.選択公理=整列原理=濃度三分法則 が成り立つこと、 2.そして、1.が集合論では証明できないこと、 を証明した文献をお教え下さい。

  • 数学基礎論の研究について

    数学基礎論の研究について 数学基礎論に興味が有ります。 数学基礎論の分野では現在、どのような研究が行われているのでしょうか? 自分で調べたところ、この分野は研究室も少なく、不完全性定理等によってもう「終わった」とも言われているようです。 ですがそれでもこの分野に興味があるので、どのような研究をしているか気になります。 また、自分は情報工学を現在専攻してますので、情報工学(計算機科学)との関連も気になります。Wikipediaには「計算機科学の基礎と発展に大きく寄与した」とありますが、具体的にどのようなことでしょうか? まとめますと、今どのような研究がなされているか、計算機科学との関連、について教えて欲しいです。 よろしくお願いします。