• ベストアンサー
  • 困ってます

日本人が知っておくべき隣国の言語ってどれくらい?

欧州系の言語って、英語が主にビジネスなどで、他の欧州の言語は日本だけでなく世界を知るために必要なものだと思うのです。 現在、欧州で複言語複文化主義が言われているのは、ヨーロッパ市民として自国だけで狭くならず、隣人との理解を深め、あるいはヨーロッパの豊かな多様な言語を維持しようということかと思います。 本来、日本からすると隣国を理解するという意味では韓国語や中国語とかになると思うのですか、どれくらいしっておくべきかと思いますか? 確かアジア地域の国は近くの先進国ということで高校までの選択科目に日本語が入ってたりします。 日本でも 1.仕事で使う人や趣味で本格的にする人 2.選択科目でとる人 3.そのほかの人 などにわけれると思います。 私は3でも入門(初級ではなく)くらい、軽くどんな言語を使っているかくらいは知る必要があるんではないかと思えます。 ハングルだったらなんとなく、文字くらいはうっすら読めるとか本の初歩くらいはとは思うのですけど。 今だともう少し周囲の国の言語を知らなさすぎるように思えます。 いかがでしょうか?

noname#209756
noname#209756

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数203
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#201242
noname#201242

回答ではないのですが、 >現在、欧州で複言語複文化主義が言われているのは、ヨーロッパ市民として自国だけで狭くならず、隣人との理解を深め、あるいはヨーロッパの豊かな多様な言語を維持しようということかと思います。 豊かな多様性を維持する目的はそうなのですが、「自国だけで狭くならないように」でなくて、むしろ自国の言語を使う権利だと思いますよ。相手の言語も認めるのですが。 各国の言語が対等であるように、それぞれの言語を尊重するように、英語だけがエラくならないように。 実際には英語が優位になってしまうんだろうと思いますが、言語によっては過去に政府によって抑圧され使用を禁じられた時代があるので、そういう人々だと自分の言語や文化や誇りを守ることに敏感だと思います。 http://eumag.jp/question/f0712/ 「Q1. EUには公用語があるのですか? 欧州連合(EU)の加盟国には、加盟国間の平等の精神と多言語主義に基づき、自国の公用語をEUの公用語(official languages)として申請する権利があります。」 「Q3. EUの多言語主義とは何ですか? EUでは、ある特定の国の公用語であるか否か、また話者人口の規模や、言語が話されている地域に関わらず、どの言語に対しても等しく価値を認めて尊重する多言語主義が採用されています。」

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 駅の掲示板のアジアの言語くらい読めるべき?

    例えばドイツではポーランド語も隣国のなので選択科目にあるとも聞きます。 日本では駅の掲示板にハングルや中国語で案内が書かれたりしてます。 日本では大学の選択科目もあったりもしますが。 アジアの言語の世界での重要度は別としてそこになにが書いてあるかくらいは分かるべきでしょうか?

  • 日本の隣国がまともなら半分の人口で充分ではないの?

    日本の隣国の国がヨーロッパみたいにまともな国ばかりなら日本は5000万の人口が妥当だと思う なんで日本はこんなに人間が多いのか、アジアはこんなに人間がいるのか、どうして人口減少がいけないのか? などをいうと 老人の多さ、隣国のクレイジーさをあげられる事が大半 人口そのものは誰がみても多すぎる。 ヨーロッパの国の少子化と違うのは ヨーロッパは高齢者人口が日本より少ない、隣国にクレイジーの国がある国が少数などという意見があります。 そもそも国のGDPが高いとなにか良いのでしょうか? イギリス、ドイツ、フランス、イタリア等はたしかに日本よりはGDPは低いけど 国際発言力が低いとは思わないし、むしろ、日本人もあちらの国にあこがれる人が多いですよね 景観とか人種とか文化面などでも。

  • ヨーロッパの人は英語や隣国の言語等、普通の人でも数ヶ国語話せる人は多い

    ヨーロッパの人は英語や隣国の言語等、普通の人でも数ヶ国語話せる人は多いんですか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#201242
noname#201242

#3です。補足させてください。 >実際には英語が優位になってしまうんだろうと思いますが、 これは外国人同士が(特に、一対一でなく複数人で)話すときのことです。フランス語、ドイツ語もありえますが。 自国民同士はもちろん地元の言語でやり取りします。 後は回答というか自分の見解です。 >本来、日本からすると隣国を理解するという意味では韓国語や中国語とかになると思うのですか、どれくらいしっておくべきかと思いますか? 英語に限らず実際に身近な言語を、という勧めは、通訳者の鳥飼玖美子さんが「危うし!小学校英語」という新書の中で述べていらっしゃいます。 同じく通訳者だった米原万里さんは、「愛の法則」という新書の中で、英語以外の外国語も学んでみるほうが、物事を複合的に見られるようになるということをおっしゃっていました。 個人的には中国語や韓国語が無駄とかやらないほうがいいとは全く思いませんが、どこまでやる「べき」か、という万人向けの一律の基準もないと思います。 知りたい人、必要な人が、「自分に必要なだけ」やれば良いと思います。第一、どんな言語であっても、必要以上にやることはできません(必要ないのにやるのはとても困難です)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

こんばんは。 ☆本来、日本からすると隣国を理解するという意味では韓国語や中国語とかになると思うのですか、どれくらいしっておくべきかと思いますか? ◇中国語は、知っていて損がないと思うけれど、韓国語を覚えるメリットがまったく思いつきません。 韓国語は、日本語に文法が近いとは言え、語彙における近親性はなく、 しかも、歴史的、文化的に見て、日本と韓国との結びつきは弱い。 日本と文化的に深く結びついてきた中国とは違います。 また、 外国語の学習は、その国の歴史・文化を知ることと直結しません。 もし、韓国の文化や歴史を知りたいのであれば、日本語で書かれた韓国の文化や歴史について書かれた本を読めば、事足りると思います。 むしろ、こちらの方がはるかに合目的だと考えます。 ☆いかがでしょうか? ◇観光旅行に行き、挨拶やちょっとした買い物ができる程度の外国語学習ならば、 する必要はないと考えます。 この程度の語学学習は、その国やその国に住む人たちをよく知ることにおいて、役に立ちません。 むしろ、無用な誤解や軋轢を生む原因になります。 こうしたリスクを回避するために、通訳を雇えばいいんです。 また、 もし勉強をするのであれば、 日常会話で不自由を感じない程度、彼らの生の声を聞きとれる程度まで勉強をするべきだと思います。 生兵法は怪我の元です。 中途半端が一番危険だと思います。 ではでは。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • xitian
  • ベストアンサー率31% (755/2366)

 ゼロだと思います。日本人が近隣諸国で活躍するために彼らの言語を学習することは、良いことですが必須ではありません。  一方、近隣諸国の言語に熟練した日本人については、ただそれだけなら観光ガイドしか勤まりません。どこの現場でもその業種の専門家であることが必須で、日本人ビジネスマンにとって言語の能力はうれしいオマケです。  幸い我々は近隣諸国より圧倒的に人件費が高いので、ポケットマネーで通訳を雇用する事が出来ます。プロの通訳でも専門用語を訳せない点は同じなので、どうせ使えないなら外語大の学生でたくさんなのです。  「中国語が出来るから中国に行かせてくれ」と頼んだところ、「うちの現場はみんな英語だからなぁ。夜は便利かもね。」と笑われました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 日本版複言語主義

    日本でも実際は琉球語やアイヌ語他あるといわれてます。 欧州の複言語主義は多様な言語による発想の豊かさを維持したいとかがあると思います。 相互理解は戦争も回避できます。 東北アジア方面では戦争の回避のための理解という面があるものの、日本からすれば海を隔てていて、国際的な協調もEUほど進んでません。 また英語というグローバルな言語に対して、ほかの欧州言語は地理的に遠くて、もちろん今でも新しい発想を触れることで知ることができると思いますが、欧州のCEFRとは違った理念かと思います。 一般的に用意されている外国語教育は遠い場合が多いですね。一般的な国際用語だとそうなるのかもしれないですけど。 ASEANがまだ近いかもしれないですね。 日本で複言語主義って意義は欧州のものとは違った意義になるのでしょうか? だとするとどういう意義になるでしょう。 どういう組み合わせが考えられるのでしょう? 例えばベトナム語を読めるだけとか? 外国語習得はお互いの文化を知る大切なものではあると思うのですけど。

  • 「隣国と仲良くしたい」は、間違っていた?

     以下は、いままで長い間「隣国とは仲良くすべきだ」と考えていた私が、「それは間違っていた」という、いわば反省文です。この反省は間違っているでしょうか。  日本は総体的に善良な人が多い国でしょう。それゆえに、わが国では「隣の国とは仲良くしないといけない」、と思う人が結構多いようです。政治家のなかにもいるようです。私も、今日までは、そうだなぁ、と思っていました。  韓国紙・中央日報が、2013/5/27付のコラムで、日本への原爆投下を「神の懲罰」だと書きました。私は、そのときも、やはり同じ考えでした。  しかし、最近になって、どうも、その思いが怪しくなってきたのです。例の「ホワイト国」除外問題から、隣国の国民が、これでもか、これでもか、と全国的かもと思われる規模で、反日運動に熱を上げています。この状態を、ある人は、「反日民族運動」だと表現しています。  その隣人が、「1965年に日本の国と結んだ日韓請求権協定は違法だ」、として、守らないと主張するのです。  昔から、いつも、どこでも、隣人とは特別な関係のようです。次の様な諺もあります。 「隣の貧乏鴨の味」  人はとかく他人の不幸を願うものだというたとえ。隣の家が貧乏だと、まるで美味しい鴨でも食べているようないい気分になるという意。 「隣の花は赤い」  他人の物はなんでもよく見えて羨ましく思えるというたとえ。隣の家に咲いている花は、自分の家の花より赤く見えるという意から。  これで、分かるように、もともと、隣人と仲良くすることは、至難の業のようです。隣人と仲良くしようと考えていた今までの考えは、間違っていたようです。    個人の家とは難しいけど、遠くの家とは仲良くできます。それは直接の利害関係がないからです。元々、隣とは仲良くできないのです。学校の場合もそうです。学校の成績が1番の人と2番の人は仲良くできません。40番の成績の奴と一番の人は仲良くできます。  ある人は「隣人とは憎みあい、遠くの者と仲良くするということが地政学の常識です」と警告しています。  このような事象は、原理原則です。隣国とは仲良くしようとしてもできないのです。仲良くしようと頑張るのは、「地政学の常識」に無知な者が考えることだと、今回の「事件」で理解しました。  隣国とは、仲良くする努力などしても無駄なことで、殺し合いの戦争をしないように気を付ければいいのです。経済的な戦争があっても、構わないのです。経済的な戦争が絶えないとしても、それは、地政学的には普通の状態なのです。特に心配することはないのです。  今日、隣国から日韓秘密軍事情報保護協定破棄のニュースが入るかも知れませんが、大型台風予報ニュースくらいに聞いておけばいいのです。

  • アフリカ人って共通言語を持っているのでしょうか?

    アフリカ人って共通言語を持っているのでしょうか? 少数民族は別として主要な国の人たちは外国人たちと接するときには共用語として英語を話していますが、アフリカ人同士だと何語を話すのでしょう? アフリカという大陸はある程度決まった言語をその国々で使っている?それとも各国に違う言語が存在するのでしょうか? 隣国に亡命した人は隣の国に行けば全く言語が分からなくなるのでしょうか? A国の隣国B国が違う言語でアフリカ大陸の遠い地H国にA国の言語を話す国があるというのはあり得ない話ですか?

  • 日本の言語政策と外国語教育政策

    「世界の外国語教育政策」(東信堂)大谷泰照ほか 「複言語・複文化主義とは何か」(くろしお出版)細川英雄 など読んでみました。 そこで思ったのは、日本語はほぼ単言語社会ではあります。(琉球語などの保護など必要かもしれませんが) ほかの本にも書いてあるのですが、英語一辺倒もおかしいと。英語をしたから国際化したとはいえないというのは教育に携わる人で流れがあるようです。 中学高校で英語以外しませんし。 EUが「ヨーロッパ全体をひとつの地域とみなす場合、そこには多くの言語が存在する」(「複言語・複文化主義とは何か」(くろしお出版)細川英雄) という事情などからと「ヨーロッパ市民」として、近くの国との関係構築など歴史的経緯などの必要性からより意識が高いそうです。 統合は英語を媒介にするのではなく、多言語が存在して統合して、一人一人は復言語さらに複文化が必要になると。 これを日本でも考えた人がいるとか。 アジアでも英語以外もとりいれられているようで、近くの先進国ということで日本語を選択する人もいるようです。(遠い先進国のヨーロッパより必要なのかもしれません。) 日本ですると、 中国語、韓国語は海を隔てているけど地域的に近く、現在は関係も悪くお互いの主張している状態ですが、さらに地域を善い方向に導くには学ぶ意義がある。 国連で使われたり、広く世界で使われている言語(フランス語、スペイン語など)を学ぶ。 という感じなのかと思ってます。ほかは経済などの戦略で東南アジアの言語などなのかと思ってます。 今までも学んでいたのですが、今から考えると断片的だったかもしれません。 ようやく体系的に考えた私の理解はこんな感じですが。 新たな技術を学ぶためというのは昔に比べて必要性がさがっていると思います。 政策以外の必要性、興味は当然個人ですることかと思います。 私が考えたのはこんな形ですが、何回か良く似た質問して申し訳ないのですが、実際はどれが最適なんでしょうか?新たに体系的に考えてみて新たにですが、よろしくお願いします。

  • どうしてヨーロッパには多数の言語がある?

    ヨーロッパにある国は、大きくても日本ぐらい、もっと小さい国が多数と思っています。 そんな中で、英語やフランス語、ドイツ語スペイン語・・・ それぞれの国ごとに言語がありますよね? 日本のような島国ならまだしも、陸続きであるのに、 まったく発音の違う言語が形成されているのはどうしてなんでしょう? それとも私にはまったく違うように思えても、 実際に住んでいる人からみると共通点が多いのでしょうか?

  • 日本の英語重視は典型的なもの?

    日本では英語をいかに学ぶかって考えますね。 その本など多いですね。英語習得の研究がおそらく多いですよね。 アメリカでは英語を第2言語として教育するのと、スペイン語などでしょうか? ヨーロッパは複言語主義ですね。英語以外の話者は英語を学ぶでしょうし。その国の言葉を話せない場合の教育、違うヨーロッパの言語など学びますね。 やはり、日本と他の国は違うでしょうか?

  • 日本がこんなに人口が必要な理由は何かあるのですか?

    安倍首相が2060年頃も人口1億人程度は維持したいみたいなマニフェストをいれていたと思います。 しかし、日本ぐらいの平野面積の国だと欧州や北米などでは1千万とか2千万ぐらいの国がほとんどだと思うので、 簡単にいってしまえば、その程度の人口がいれば成り立つわけですが、 日本が1億人も2060年度に必要な理由ってなんですか? 欧州のように天然資源がないから?欧州のように高齢者数が多くないから? 単純に人口ピラミッドが歪になっているから、高齢者比率を下げる為に子供を増やさざる得ないだけ? それとも、実際にヨーロッパの国々ぐらいの人口にな ると、生活レベルがかなり下がるのでしょうか? もし下がると仮定した場合、どうして欧州や北米は、1千万、2千万の国々がほとんどなのに、 多くの国が先進国としてなりたって、逆にアジアは世界人口の半分以上いる上に、 1億以上の人口がいる国の半分以上がアジアの国なのに、アジアの先進国は、 シンガポール、日本、韓国だけなのはなぜですか?

  • 隣国同士は仲が悪いっていいますよね。例えば我々東ア

    隣国同士は仲が悪いっていいますよね。例えば我々東アジア三国のように。これって遠い国に住んでる人は分からないですよね?ヨーロッパではイタリアとフランスが仲良くないと聞いたことがあるんですが、本当ですか?

  • なぜ陸続きの国なのに言語は違うんでしょうか???

    なぜですか、教えてください。 ヨーロッパの国々やアジアの国々は陸続きなのに、言語が違うんでしょうか。 ヨーロッパの国々だけを見てみても、ドイツ語・フランス語・イタリア語といった具合です。 方言とは全く違いますよね! 不思議です。国境を境にして全然変わってしまうんでしょうか。 日本の場合は島国なのでなんとなく納得してしまうんですが・・・ ぜひこの積年の疑問に良き回答をお願いします。

  • 高等教育に使える言語

    日本では、大抵の学問を日本語だけで大学院レヴェルまで習得できるようになっています。 このような言語は世界でも数少ないと聞きました。 では、日本語以外にどのような言語がこの域に達しているのでしょうか? 英仏独露の4か国語は間違いないと思いますが。。 また、この水準は何によって決まるんでしょうか? 本の数ですか? それとも、その言語の造語能力でしょうか? 造語能力に関しては、大抵のヨーロッパの言語は語尾をいじるだけで ギリシア・ラテン系の英単語を自国語に取り込めるので 問題ないと思いますが。。