• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

新電力の電気が安い理由は?

新電力(特定規模電気事業者:PPS)の電気が、電力会社(一般電気事業者)よりも安い理由はなんでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1069
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
  • fisker
  • ベストアンサー率31% (103/324)

自由化された市場というのは、買う側はもちろん、売る側にも顧客を選ぶ自由があります。 既存の電力会社がどんな僻地にもくまなく送電線を敷設し、メンテし続けているのは供給義務が課せられている、つまり顧客を選ぶ自由がないからです。そうした縛りがなければ、都合のいいお客さんだけ選んで商売すれば当然ながら安く供給できることになります。 ちなみに、発電事業者にとって都合のいいお客さんというのは、あまり変動しない一定の電力量をまとまった量で買ってくれる工場など、あるいは他の需要家があまり電力を使わない夜間などに電気を買ってくれる需要家です。一般家庭というのは、その意味であまりいいお客さんではありません。都心部のマンションなどが一括で契約する場合を除き、家庭用の電気料金が安くなることはほとんどないでしょう。 なお、完全に自由化してしまうと都会以外は電気料金が急騰してしまい、離島や山奥では供給そのものが途絶えてしまう恐れがあります。さらに、現在のように慢性的に電力供給力が不足している状態では、自由化すれば市場原理に従って価格が高騰するのは明らかです。そのため、自由化は段階的に行い、特に家庭用については規制料金が当面は残ることになっています。 自由化のメリットは色々ありますが、残念ながら一般家庭向けの電気料金が安くなることはないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 電力自由化:新電力電気料金はなぜ安くできる?

    4月からすべての電気の需要家に対する小売が自由化され、従来の電力会社以外のいわゆる新電力会社が低圧小売にも参入してきましたが、普通に考えると、従来の一般電力会社の方が、電源も潤沢に持っているので電気料金は安くできると思うのですが、実際、新電力がそれよりも安い料金メニューを出しています。その大きな要因はなんなのでしょうか?

  • 新電力でオール電化にしたいときは?

    電力会社から新電力に電気の供給契約を切り替えた後、通常の電気供給をオール電化にしたいときなどは、どこに相談すればいいのですしょうか? 電力会社だと「オール電化キャンペーン」とかをやっているので、電力会社の窓口に言えばいいのだろうと思いますが、新電力はそういうのをやってないように思います。(いちおうオール電化用の料金メニューとかはあるみたいですが) そもそもオール電化って、どこがやるものなのでしょうか? ・電力会社が請け負ってやる? ・電力会社が窓口になって実際は電気工事店などがやる? ・電力会社とは関係なく、街の電器店などが窓口で電気工事店がやる? 新電力会社は電気を売るのが主なので、電気設備を変更したりなど工事を伴うようなことはやらないと聞きました。じゃ、工事はどこか工事店に頼んで、新電力には「こうなったよ」って言えば、それにあったメニューにしてくれるってことでしょうか? まあ、こういういことは新電力会社に聞けばいいのですが、とりあえず、ここで予備知識を得ておきたいと思い質問させてもらいました。 よろしくお願いします。

  • 電気代が安くなると営業に来ました。

    高圧需要家です。 PPS(特定規模電気事業者)から既存の電力会社より電気代が3%安くなると言われて営業されていますが、メリットデメリットは何かありますか? ちなみに日○テクノです。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8
  • ikyuu
  • ベストアンサー率33% (42/124)

再回答です。 電力会社へは安定供給の為、スト権行使が禁じられています。 自由化となればそれは無くなりますが、安定供給の為現在議論中です。 これが自由化優先となれば、賃上げ闘争で送電停止は日常的に行われることとなることでしょう。 あまりにも楽観的な自由化は目先のことを考えての発想だと思います。 自由化推進者の意見を聞きたいものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#222312

>その理由は送電線もなく、電力ロスもなく、各戸受電設備もなく、検針員はおらず、本社もないからです。だから発電そのもののコストは安いものなのです。 送電線は既存電力会社が持っていますが、国策で決められた電力価格の中から作ったものなので、国家のものでもあり、国民のものでもあるのです。それを新電力にタダで使わせるのですから、競争せずとも、元々が安いのです。だから発電所を建設できる資金と運転ノウハウがあれば参入できるのです。 こういう根拠もない事を言う人は無視しましょう! 既存電力会社の経営形態の中で原子力発電関係以外に一切の国策はありません。 単に国家主導で新しく火力発電所の建設を認めずに原子力発電所のみを作ってきた時代もありましたが、原子力発電所以外に国家予算を投入された事実は一切ありませんので、他発電所も変電所も送電線や配電線も普通に既存電力会社の所有物ですし、それを国民のものと思うような不思議な人は日本国中探してもほとんどいません。 新電力会社は新送配電会社の所有する送配電線設備を借用するための使用料を払い、己の契約する顧客が使用した電力を販売するために新発電会社から購入するのです。 発電所も変電所も送配電線も所有しないのですから、新規発電会社は該当する顧客に対しても現存の電力会社よりも安く電力を販売できるというカラクリです。 天と地が逆さになっても変電所や送配電設備を新規参入する電力会社に対してタダで使わせるという事は全くありません。 しかも顧客と直接契約して電力を販売するのですから、当然自社が契約する顧客に対しては自社の電力量計を貸与するものであり、料金徴収のためには必然的に検針員は必要です。 新規電力会社とはいえ顧客に対して責任を持って電力を販売するのですから、企業としての体をなしてなければ誰が安心して契約できるのでしょうか? こんな事は子供でも解る理屈かと思います。 発電そのもののコストは確かに安いですが、そのための発電所の建設や保守管理にどれだけの経費がかかると思っているのでしょうか? 現実的にそれで万事やっていける企業がこの時代の日本にどれだけあると思いますか? 政府も国民も愚か過ぎます。 発送配電分離で既存の電力会社が単なる発電会社になれば、送配電会社は当然既存電力会社の子会社である電気工事会社でしか経営できません。 結局は親子会社ですので現状と何も変わりないはずです。 そこに偉そうに他人が顔を出してくるのに、いつか他人が困ってる時に自分が犠牲になってまで助ける人などいるはずもありません。 そういうことからも、新規に発電事業に参入する企業があまりいないという事実を見れば一目瞭然ではありませんか? こんな事深く考えずにも世の中を見れば理解できる事ではないですかね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

昔から化学工業地帯で自家発電して、自社工場で使用している企業がありますが、電力コストは家庭受電電力の半値です。 その理由は送電線もなく、電力ロスもなく、各戸受電設備もなく、検針員はおらず、本社もないからです。だから発電そのもののコストは安いものなのです。 送電線は既存電力会社が持っていますが、国策で決められた電力価格の中から作ったものなので、国家のものでもあり、国民のものでもあるのです。それを新電力にタダで使わせるのですから、競争せずとも、元々が安いのです。だから発電所を建設できる資金と運転ノウハウがあれば参入できるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。   ところで、新電力会社は、電力会社の送電線をタダでつかってるのですか? いくらかの使用料を電力会社に払っているのかと思ってましたが。。

  • 回答No.4
  • ikyuu
  • ベストアンサー率33% (42/124)

PPSは基本的に供給義務がないため、設備を簡素化して作成しています。その分安価に作れます。 電力会社は、最終供給義務があるため、PPSの不具合が発生した場合バックアップで電力を供給します。 その分無駄となる電力を余分に作成する必要があり、高くなります。 全面自由化されれば、供給義務がなくなり安くなります。 その代りに今のような停電がほとんどない生活は無くなります。 安さばかりではないですよ。デメリットをよく考えなければいけません。通信の自由化とは訳が違います。命にかかわることとなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 電気の品質が落ちてしまっては、なんのための電力自由化かわかりませんね。 発電、送電それぞれが一定の電気の品質を保ったうえで、料金を安くすることができるといいのですが・・。

  • 回答No.3

独占事業ではないからです。競争があるからです。電話料金も同じです。NTT以外の業者が参入したらどんどん安くなりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.2

http://alter-energy.net/naze.html つまり、【基本料金が安い】のです

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.1

原発に付きものの【補助金】や【使用済み核燃料再処理費】など【余計なもの】が付かないから 単純にコストプラス儲けだから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 電力会社って

    別に電力会社を叩いているわけではないのでご了承ください。 今現在電力会社って(一般電気事業者)って10社ありますよね? それぞれエリア内の電力を発電&供給していると思います。 もちろんこの電力会社って株式会社なんですよね?   公共事業ではありますが その他の水道って 基本的に自治体管轄でされてます ガスに関しては 都市ガスであれば大手ガス会社になりますが プロパンって選択肢もあります っが電気に関しては たとえば私関西在中なんですが 関電はいやなのでほかの電力会社って ことはできませんよね? これって一社独占ってことにはならんのですか?  一応電気事業も緩和されて工場とかになら卸せるとかってなってたと思いますが 一般個人宅にはだめでしたよね? 

  • 二酸化炭素排出係数の電気について

    二酸化炭素排出係数においては、 国連への報告と同じIPCCの算定方法が、今後一般的になると思うのですが、その中で、電気に関しては  電気(一般電気事業者) 0.378kg-CO2/KWH  電気(その他の供給者) 0.602kg-CO2/KWH とありますが、ここでの「一般電気事業者」と「その他の供給者」の区別の意味がわかりません。どなたか分かる方いましたら教えてください。 一般の、電力会社(東京電力・中部電力等・・)は「一般電気事業者」でよいのでしょうか? そうであれば「その他の供給者」とはどんな方々なのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 電力会社の発電量の内訳に「他社受電」「融通」が多いわけは?

    東京電力の月別発電量の内訳をみてみますと、 「他社受電」「融通」という項目があり、月により10%から30%の間の数字になっています。 「融通」は電力会社(一般電気事業者)間の電力受給。「他社受電」は電力会社以外(卸電気事業者、IPP、公営、自家発など)から電力会社が受給するものらしいです。 これは電気を他から買っているわけですね。 なぜ買うのでしょうか? 8月の暑いときに買うのはわかりますが、電気が余っているときに買うのはへんです。 どういう理由があるのでしょうか?

  • 原子力発電

    ・”卸電気事業者”である、日本原子力発電(株)は、一般電気事業者(電力会社)に電気を販売していると思っておる者ですが。東北地震での発電所災害について、”一般電気事業者”である、電力会社が大幅な責任を居っています。詳しい内容は分かりませんが、電気事業法の法律上は、 ”卸電気事業者とは一般電気事業者に一般電気事業の用に供するための電気を供給する事業のこと” とあります。 Qここで質問ですが、原子力発電所の崩壊事故は、日本原子力発電所の所有財産で、かつ、電気を電力会社へ供給し、事業をしている。と解釈しました。とすると卸電気事業者の責任は?ということになります。どなたか教えて下さい。 ※私が根本的に間違っているかも知れませんが、よろしくお願いします。

  • 電気を売る電気屋さん

    ものすごくくだらなくて単純な疑問ですが。 一般に我々が使っている家庭の電気は、東京電力とか関西電力とかの一般電気事業者である電力会社10社が供給していますが、それ以外で家庭用電源として利用できる電気を売っている会社って無いのですか? 例えば、電線を使わないで、巨大なバッテリーを持っていって「○○キロワットお願い」とか言えばガソリンスタンドのように必要な量だけ小売してくれるみたいな。 たとえば電線が通ってないような僻地に住む人は風力発電や水力発電も実際に行っていると思いますが、そういった電気の小売り業者はないのかなあ?と、ふと疑問に思いました。 さっき家内と「ありそうで無いもの」について雑談してるうちに出てきた他愛も無い話題です。 なのであんまり深い意味は無いです。あったらいいかもなー、ぐらいの話で。 もしなにかご存知の方がいらっしゃればご回答のほどおねがいします。

  • 新電力について

    親がハル○○の勧誘に乗ろうとしています(一応伏せ字にしました)。 7%や5%電気代が安くなるという話だそうです。 私としては、「絶対的に得をし続ける」という話は信じられないし、 もしそうなら国民全員新電力に切り替える気がするのだけれど、そういうわけではないということは、何かデメリットがあるのではと思います。 ネットを見ましたがイマイチ判りません。 変えないことのメリットや変えることのデメリットがあれば教えてください。

  • 皆さんの電気料金の再エネ賦課金はいくら?

    私、関西電力管内でしたが、今年5月より新電力に会社を変えて電気代を節約しています。 そこで気付いたのですが、再エネ発電賦課金が2,056円も発生しているんです。 (詳しくは、添付画像をご覧下さい。) 【質問】 1)電力会社の管内名(私の場合、新電力) (大阪なら関西電力。新電力を使われている場合、新電力として下さい。) 2)2018年8月の使用電力量(私の場合、709kw/h) 3)電気料金総額(私の場合19,608円) 4)再エネ発電賦課金の金額(私の場合、2,056円) 再エネ発電賦課金って、気にしていなかったが、明細をよく見ると電気料金があまり安くならない理由が良く分かった。 私が利用する新電力で、2.89円(1kw/h)が徴収されている。 電気料金がいくら安くなっても、再エネ発電賦課金で料金が増えてしまう。 もしかしなくても、再エネ発電機が増えれば増えるほど、個人負担が増え続けるのではないだろうか? 【気付いた事】 現在、新電力を使っていますが、新電力➜別の新電力への業者変更が出来ません。 手続きをするには、一旦、管区内の電力会社に戻らないと、今の電力会社を変更出来ないシステムになっている。 もの凄く不便を強いられる手続き方法になっている事に気付いた。

  • 新電力会社…

    東京ガスと東京電力以外でコンビニ払いが出来る新電力会社を探しています。宜しくお願いします。

  • 新電力会社は再エネ発電賦課金なし?

    東電管内に住んでいます。現在東電の料金に「再エネ発電賦課金」というのが加算されています。 価格コムで現行料金と新電力の比較をしていて疑問が湧いてきました。 新電力(具体的にはENEOSでんき)の料金明細の中に「再エネ発電賦課金」という項目がありません。新電力会社は賦課金はないのでしょうか。 もしも既存の電力会社だけで賦課金を負担していくのであれば今後新電力にお客さんが流れた分だけ既存電力会社の「再エネ発電賦課金」の負担がますますアップするのではないでしょうか。 以下は今回の質問とは関係ないです。 価格コムの比較で現行より年間2万円強節約と表示されましたが詳細単価表で計算しなおししたところ逆に年間2万円強増額になりました。自分の計算にミスがあるかも知れませんが皆さんも比較サイトの金額を鵜呑みして乗り換えずにご自身で再計算することをお奨めします。

  • 新電力(PPS)の需給調整業務について

    電力自由化に関して、新電力、いわゆるPPSの業務について調べています。 PPSが、電源を調達してきて需要家に供給するプロセスにおいて、その需給調整業務とはどんなことをしているのでしょうか? 事前に発電計画、需給計画を立て、30分同時同量を守るために調整を行っているのだとは思いますが、具体的に日々どんな業務をしているのか、教えていただけるとありがたいです。