• ベストアンサー
  • 困ってます

プレゼン資料作成代行業

  • 質問No.8721920
  • 閲覧数327
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 100% (5/5)

初めまして、23歳で会社員のものです。
現在、自動車ディーラーで自動車整備士をやっております。
4年生大学を出まして、現在2年目になります。

2年で早いと思うかもしれませんが、タイトル通りプレゼン資料代行業につきたいと思っております。

ただ、資格も経験もないので、いきなりの転職は不可能だとは承知しております。

それに、4年生大学まで出してもらって2、3年で今の職を辞めるのは、親に申し訳ないし、会社や上司、先輩方にも迷惑をかけてしまいます。
しかし、このまま今の職場にいても
、やりたい事が出来ないまま終わってしまいますし、今の職場で何年もやっていける自信がありません。

今現在、なんとなく仕事をしている状態です。
辞めた、先輩方をみていると経済的にも不安です。

そもそも、何故プレゼン資料作成の仕事をやりたいかといいますと、大学4年生の時、プレゼン発表を行なう機会がありました。
その時に、作成している時が楽しいと思ったからです。
資料作成は自信があった為、先生方や友人から評価を得ることが出来ました。
自分資料は、現在も授業の一部資料として使っていただいております。

それから、整備士よりそっちの方が向いていると何回も言われてきました。
しかし、その時には、就職が決まっており、自動車ディーラーで働きたかったのもありまして、そのまま就職しました。

こんな流れですが、少しでもアドバイスを頂けたら幸いです。

説明が下手で、申し訳ないです。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 17% (363/2022)

一生の生業とするつもりでしょうか。
好きなだけでは独立したビジネスとしては厳しいと思います。
資料作成だけは成り立たず、資料はプレゼンテーションと一体のものと思います。
発表するのは自分では無く、他人が行う発表の資料を代行で作るのはものすごく大変です。
社内で事情を分かっている相手の資料を代理で作るのも大変なのに・・・って私自身のこと。

でもお好きなのでしょうね。

教育産業向けに講師を兼ねた教材作りのお仕事ならあると思いますが。
お礼コメント
iwaho11

お礼率 100% (5/5)

ROMIO_KUNさん

早速の回答ありがとうございます。
一生の生事となると、厳しいとは思いますが、限界までやってみたいですね。

確かに、お客様とのコミュニケーション能力が必要になってきますよね。
自分が向いていると思っても、案外やってみると不向きかもしれません。
独立するなら、プレゼン資料代行業ではなく、プレゼン代行業にしたいですね。
これは、あくまでも冗談ですが、どの仕事も知識と経験が必要であり、厳しいものでしょう。

ただ、やらずに後悔したら、負けですよね。

教育産業向けに講師を兼ねた教材作りのお仕事とは、どんなものでしょうか。少し気になりますね。
投稿日時:2014/08/18 23:53

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 26% (65/245)

プレゼン資料作成代行業・・・・・会社員ですか? 独立自営ですか? 参入障壁が低いビジネスは、あっという間に消耗戦になります。また信用がモノ言うビジネスなので先行者メリットがないあたなには相当の苦労が。先行き厳しいものを感じました。 おすすめは副業として、とりえあず手応えをリサーチされてはどうでしょうか? 納品物はデジタルなので、ネット向きでしょう。
お礼コメント
iwaho11

お礼率 100% (5/5)

rock1197さん

回答ありがとうございます

返信遅くなりまして、すいません。
先ずは、派遣やアルバイトで経験を積みたいです。
おっしゃる通り、副業で手応えを感じられたら幸いですが、経験が無い私を副業として拾ってくれる場所はあるのでしょうか。
ネットで探しても、なかなか難しそうでした。
もう少し、調べてみたいと思います。
ありがとうございます。
投稿日時:2014/09/01 23:28
  • 回答No.4

ベストアンサー率 38% (2790/7216)

ビジネス・キャリア カテゴリマスター
私は、企業の実際のメンバーに対し、プレゼンの方法だとか資料の整理に関する注意点を教育する仕事をしているものです。
プレゼンのコーチングもいたします。

これを申し上げていないと、通りがかりの知ったかぶりが感想で言われたと思われると困るので。

この質問サイトは、大体自分の希望している答えだと喜びますけどちょっと苦言を呈したりすると、お礼ではなく補足のほうで回答者をバカ呼ばわりしたり無知呼ばわりしたりし始めるひとがいますので。
あなたがそうだと言うわけではありません。そういうことがあったりするので、と言う話です。

ただ、回答者に対し期待していない答えだからバカ呼ばわりする感覚の人は、おそらくプレゼン能力はゼロです。
そういう話も交えてお話しいたします。

プレゼン、を単に人前でしゃべることだと思うひとがいますが、ここに誤解があります。

社内では自分の部署に予算を獲得したいので自分の部隊の会社への寄与とか今後予算がでた場合の望みを語るのがプレゼンです。
他の会社相手には、自分のところと販売経路の取引をしてほしいのか、JVをしたいのか投資がほしいのか、製品を買ってほしいのか、でやりかたは全部変わります。
上場などを計画しているときにはつくらなくてもよいビデオ資料などをつくり、全く知らない人相手に自社の魅力をアピールします。

本人は物事の真っただ中にいますので事態は一番理解している、と自分で思っています。
外からみると勘違い、誤解要因がわかったりします。

そのためリハーサルを繰り返します。
聞いておかしく思うところがないか、言い方が不足なところがないか、チーム内で議論します。
このとき、当事者でない人間を頼んで加えたりします。
第三者から見て大丈夫か、が重要だからです。
自分たちだけなら、「こういうつもりです。ね」で済みますが外部の人にそれは通じません。

それから、初めてその話題を聞く人が自分と同じレベルで理解してくれるわけではありません。
勘違いをしたり間違った解釈というのもあり得ます。

そのとき、聞き手はバカだと言うのは論外ですが、バカだと思うだけでもすでに商売はダメですね。
理解してもらう努力を放棄していますから。

もし誤解されたと思ったら別の資料を作りその角度で再説明をお願いするということをしなければいけません。
それはマネージャの仕事であって、資料編集者の仕事ではありません。

プレゼン資料作成代行業、というのをどういう業種だとおもっていますか。

検索してみればわかります。Adwordsなんかは無視して、Google検索1位になっている会社のHPを見ましたか。

創業2011年で「実績360件」といって威張っています。
しかもパワーポイントだけでやると言っています。

こんな程度のことで威張っているんですよ。
どれだけ仕事がないか。
1年平均で120、2日に一本ぐらいの零細作業です。
資料作成などといっていますが、代書屋というか清書屋ですね。

普通マネジメントをする人間ならひとりで年間で100以上のプレゼンはやるものです。
資料自体が全部個別のオリジナルなものではないかもしれないけれど。

ひとりのマネージャが本来の仕事以外にこなしていることの三分の一程度しかこなせないところの作ったものがどの程度か、ご想像ください。

この会社の悪口を言うつもりではありません。念のため。
知らない会社だからうかつにいえば名誉棄損になります。

もちろん、清書屋だけやっているのならほとんどカタリ会社だと言っていいのですが、そうではない。

HPを見ると本来はIT開発やコンサルをしている会社で、ついでに資料作成もしているようですから。
はい、資料作成、というのはコンサルタントの指導要綱であり、作業になることです。
業務をよく知っていて、クライアントにとって誰から誰にむかってプレゼンをするのか、その力関係はどうなっているかを判断し、お客様の立場で相談する必要があります。
そして、スピーカーがどういう人なのかも知らないと、話していてカンダりつまったりすると台無しです。
これはコンサルタントと会社がともに協力するものです。

おそらくこの会社は、プレゼン資料をつくります、というのを前面の餌にして、コンサルタント受注を受けたいのです。
それなら業務は健全です。

もし学生時代に発表会をやって楽しかったレベルでこの仕事につきたいというなら帰ってくれになるはずです。
肝心なことがわかっていないし、経験もないからです。

文化祭で歌を歌って楽しかったというだけの人間を、プロの合唱団が採用すると思いますか。
基礎訓練からやってもらわなければお金をもらえません。ソルフェージュ経験もなければ論外です。

もしどこかの会社で営業をやってきたというなら、話を聞かないモノではありません。
少なくとも相手の業務を理解するコツはわかっているでしょうから。

Webデザインが任せられて大丈夫という程度のバランス感覚が必要です。
グラフや図面を貼り合わせてパワポできあがり、というのは趣味の世界だけのことです。

学生時代に作った資料が授業の資料として使いまわしてもらうというのは珍しいことではありません。

もしどこかの大学教授の作ったものだけを使っていると、生徒は自分らと同じ土俵と思わない。
偉いひとだからこういうものをつくるんだ、と思って、よそのことと考える。

先輩が君らのころにこういうものを作った、といわれたら、生徒は自分らもできると思います。
作ってみよう、作りたいと思うからです。

だからこれは、あなたのプレゼン資料作成能力を担保するエピソードではありませんよ。
同級生の中であなたがこの資料については優れていたということです。

夏休みの宿題で提出した昆虫の観察レポートがほめられて一等賞かなにかになったとします。
この人は、そのあと休まず昆虫を調べ観察を続け、高校以後理科系の生物学科の大学や大学院に進むようにして続け、論文の発表を繰り返したら、昆虫の博士になるでしょう。

でも、おなじ一等賞を取った子がその後はサッカーや野球をしているとしましょうか。
どこかの製造会社に入社した。
就職後2年で「あ、昆虫の教授になりたいんだった」と思ってもかなうかどうかの距離感がどの程度あるか、冷静に考えてみましょう。

もちろん清書屋で、単なるタイピストレベルでの就職は可能です。それでいいんですか。
お礼コメント
iwaho11

お礼率 100% (5/5)

hue2011さん

長文の回答ありがとうございます。

突然ですが、スティーブジョブスのプレゼンをどう評価しますか。
スティーブジョブスは、世間でプレゼンが上手いと評価されていますよね。
私も、スティーブジョブスのプレゼンが大好きです。
ひとつとして資料がシンプルだからです。私は、これを見習って学生時代プレゼンを行いました。
シンプルな資料なので、資料作成時間は短いです。
何が面白いかといいますと、どのタイミングでどの写真やイラストをもっていこうとか、どういう表示の仕方をしようか考えるのがすきでした。
ただ、企業ですとその自分のやり方が通りません。
じゃあ、何ができるのかと考えてみると清書屋しかないですよね。

プレゼンのコーチングという立場でいらっしゃるという事は、かなりの実力がある方ですね。
まず、そういった方に素人の意見に回答していただいた事に感謝申し上げます。

厳しい世界で素人がやりたいといっても、受け入れて頂けない事は、十分に承知しております。

段階をつむには、どうしたらいいのでしょうか。
ちなみに、清書屋となるとどの様なものがあるのでしょうか。
まずは、触れてみたいです。

回答に対してのお礼が出来てないですが、お許しください。

ありがとうございます。
投稿日時:2014/08/22 22:51
  • 回答No.3

ベストアンサー率 25% (1372/5442)

>プレゼン資料作成代行業
と言うよりは『マニアル作成業』の様な気がしますけど。

ここで回答しているのも各種情報を検索し、確認しているのでね。
お礼コメント
iwaho11

お礼率 100% (5/5)

kiyomacさん

回答ありがとうございます。

マニアル作成業というものは、どんなものがあるのでしょうか。

自分で調べてみたいと思います。

興味がわけば、そちらの世界を覗いてみたいです。

新たな事を知れました。
ありがとうございます。
投稿日時:2014/08/20 22:37
  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (203/600)

学生の時に自分の成果をプレゼンと言う形で表現できた楽しさ。
一方、代行業はクライアントからヒアリングしたりたたき台をもらって、相手の意思にそったプレゼンを相手の納得に行くように仕上げる作業。センスの良さと人気が欲しい。「あのエディターには頼まない」となったら食いっぱぐれ。

プレゼン代行業社には人材育成などという悠長なシステムはなさそう。求められるのは即戦力。
採用面接では「プレゼンサンプルを持ってきてください」と言われそう。
履歴書の自己アピール欄には過去の実績を踏まえて書きたい。

じゃあ独立?無名で実績のない者がどうやって仕事をもらう?
そもそも既存の業者がいる。

代行=ゴーストライター。
作ったプレゼンが実際に発表されているところは見れない。

当然ですが夢を描くのと同時に覚悟が必要ですね。
お礼コメント
iwaho11

お礼率 100% (5/5)

premacy2007さん

回答ありがとうございます。

学生時代は、自分の描いたプレゼンを無我夢中で作成していました。
その為、自分のプレゼンを思い通りにやりました。
やはり、代行となるとお客様のご要望に沿ってプレゼン資料を作成する為、自分のアイデアが通用しないですよね。

即戦力を求められても、知識と経験がないので、右も左も分からない状態になります。
バイトや派遣で、段々に技術をつけていきたいです。

食いっぱぐれにならない様に、自動車業界に就きました。
夢を描く人生が正しいのか、現実をみて諦める人生が正しいのか分かりませんが、とても厳しい世界というのが、改めて感じられました。
ありがとうございます。
投稿日時:2014/08/20 22:29
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ