• ベストアンサー
  • 困ってます

臨界角について

物理のある問題です。 小物体をB端からプールの底に沿って遠ざける。小物体とB端の間の距離がある距離よりも大きくなると、プールの右側の床面より上の空気のどの位置からでも小物体を見ることができるようになる。そのときの、小物体とB端の間の距離を表す式をもとめよ。 答えは、d/√n^2-1となるらしいのですが、よくわかりません。解説は床面と水との境界で、臨界角を使ってるのですが、臨界角を使うと全反射してしまい、床面より上の空気では見えなくなってしまうのではないのですか? ご回答よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数349
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • matelin
  • ベストアンサー率64% (20/31)

こんばんは。解説しましょう。 あなたの図を元にして話します。次の文を読みながら、図にAやCを記入してください。 床面と水面との境界点(Bの真上の水面上の点)を点Aとします。光が水から空気へ進むときの全反射の臨界角をθとします。水底の位置点Cは、角CABが丁度θになる点としましょう。 水中から入射角θで水面に入射した光は、90°の屈折角で空気中に出ていきます。光の逆行性(光は来た道と反対方向に送ると、来た道を辿って初めの位置まで戻る性質)より、空気中から入射角90°で水面に入射した光は、水面での屈折後、屈折角θで水中に入ることになります。この屈折に対して、屈折の法則を適用すると、   sin90°/sinθ=n (空気に対する水の屈折率はほぼ絶対屈折率nに等しいことを使う)。 また  BC=dtanθ 。数学の公式 tanθ=cosθ/sinθ ,cosθ=√{1-(sinθ)^2} も使うと、BCの距離が d/√(n^2-1) であることが分かります。 全反射の臨界角がθであるとは、小物体から出て水面で屈折する光線の入射角がθよりも大きいと、屈折光線がなくなり反射光だけになるということです。ここをしっかり理解してください。 さて小物体が点Cにある時、プールの右側の床面より上の空気のどの位置からでも小物体を見ることができるのは、なぜかを考えてみます。CからAに向かって進む光はAで屈折した後、屈折角が90°になる方向に進みます。これは床面すれすれの方向です。同じ小物体から出て点Aより少し左にある水面上の点Pに向かって進む光は、P点での屈折後に床面の少し斜め上方を進むでしょう。点Pの位置が左に寄れば寄るほど、屈折後の光の進行方向は床面から離れていく角度は大きくなります。従って、点PをAから出発して、徐々に水面上を左へ移動させると、点Pで屈折した光がとおる道筋は、床面の上の全空間を覆うことになる事が分るでしょう。それは床面上の空間のどこからでも小物体が見えるということです。 次に、小物体をBCの中点Dにおいて、上と同じ考察をします。DからAに向かう光は、入射角がθよりも小さいので、全反射が起こらず、屈折光が存在します。その屈折光線は床面の斜め上を通っていきますが、その屈折光線と床面との間の空間には、Dにある小物体からの光は来ることができませんね。この空間からは小物体は見えないのです。 更に、小物体をCより左へいくらか動かした場合を考えます。この小物体から出て水面に向かう光のうち、入射角が全反射の臨界角になるような光線は存在します。この光線の屈折後の進路は床面すれすれです。この後は点Cから出る光で考察したと同じように考えると、この小物体からの屈折光線は床面の上の全空間を覆うことになる事が分るでしょう。 以上、図を描きながら説明すれば、もっと分かりやすくできるのでしょうが、それを文章だけでやりました。言葉足らずの部分はご自分で補足して意味を読み取っていください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど! 屈折光線と床面の間からは物体が見えない、ということをしっかりと理解してませんでした。 とてもわかりやすかったです! ご丁寧な説明ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • matelin
  • ベストアンサー率64% (20/31)

回答No1です。ミスを訂正します。 「数学の公式 tanθ=cosθ/sinθ 」は誤り。  正しくは、 tanθ=sinθ/cosθ 失礼しました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 臨界角について。

    よろしくお願いします。臨界角についての質問です。大学受験の問題です。 問題 宝物を深さhの池の底に沈めて、その上に半径Rの円形のフタを浮かべた。 水の空気に対する屈折率を3/2とすると、Rがいくら以上なら見つからないか?但し、宝物の大きさは考えなくてよい。また、波は決しておこらないとする。 です。解答は、R≧2/√5hです。 この解答に関して質問なのですが、イコールは成立するのでしょうか? 私は、R>2/√5hとしました。 というのも、テキストのこの問題の前の全反射の解説のところに、 「臨界はまだ全反射でない。θが臨界角ではまだ全反射していないことに注意!これを超えると屈折波は行くところが無くなって全反射するようになる。全反射は、臨界角を超えてから。」 と、書いてあるのです。 ということは、この問題の場合、R=2/√5hでは、ちょうど臨界となるときだと思います。ということは、ここではまだ全反射でない、ということではないのでしょうか? この問題、解説についてどう思われますか? 基本的なところかもしれませんが、よろしくお願い致します。

  • 全反射の反射について

    誘電体の全反射の反射率と反射による位相のズレがあるかどうかについて知りたいと思っています. スネルの法則より,屈折率が高い方から低い方に臨界角を超える入射角で光を入れると全反射しますが,ちょうど臨界角の場合,境界面に波ができるためロスがありそうですが(←これが正しいかどうかもわかっていません) 臨界角より大きい角で入射する場合はロスはないのでしょうか? ロスがある場合は,どのようにして求めればよいのでしょうか? また,この時の反射は自由端で考えればよいのでしょうか? 回答どうぞよろしくお願い致します.

  • 物理 光の全反射

    こんにちは。 納得できない問題があるので教えてください。 屈折率1.5の媒質中から空気中へ光を入射角i=30°で入射させる。 入射角を30°より大きくすると、全反射が起こるか。起こるとすれば、その臨界角をrとして、sinrの値を求めよ。 sinr/sin90°=1/1.5 より、sinr=0.67 これは理解できます。 でも、入射角30°って、sin30°=0.50ですよね? 入射角が臨界角以上のときに全反射が起こるから、0.67と0.50を比べたら、臨界角のほうが大きいので、全反射しないと思いました。 でも答えには、全反射は起こると書いています。 0.67は約sin42°みたいですから、入射角を30°より大きくしたとしても、42°以下の可能性もあるから、全反射するとは言い切れないと思うのですが... 教えてください。 回答よろしくお願いします。

  • 全反射についての疑問です。

    全反射の説明(ネットや本)で、入射角が臨界角を超えると、それ以降”屈折は起きなくなり”、反射のみが起こるといわれていますが、そこで一つ疑問があります。 臨界角より少し手前の時、入射光に対して、反射光と屈折光がそれぞれ存在し、入射角=反射角、入射角<屈折角、になりますよね?(なお、屈折率は入射光のやってくるほうが大きい場合とします。イメージ的には、下から斜め右上に向かって物質中を通ってきた光が同じく斜め右上に向かって空気中に出る場合のような感じです。) そして臨界角に達したとき、入射角=反射角、入射角<屈折角=90°になりますが、 これ以降の時、屈折角が90°以上になるので、オーバーした分だけ反射したように見える。 と高校の物理で習いました。例でいうと、臨界角以降で、屈折角が10°オーバーする場合を仮定すると、境界面に対して下向きに10°反射したように見える(反射角は80°)ということです。 そこで私はおかしいなと思ったのです。そもそも屈折が起きていることになっていますし、入射角=反射角、入射角<反射角であるのだから、この説明だと入射角<反射角になることになります。 (例). 臨界角45°のとき、入射角50°で屈折角が存在すると仮定し、100°とした場合、この説明に当てはめると、反射角っぽいもの=90°-(100°-90°)=80°となり、入射角=反射角=50°=80°となり、明らかに反射の法則に矛盾する。 ということです。(図で書くと分かります。) そこで質問なのですが、この高校での全反射の説明は間違っていますか? 間違っていない場合は、私の誤解している部分を教えてください。 詳しい方、解説よろしくお願いします。

  • 高校物理の光の単元の質問です。

    全反射ついてです。 入射角が臨界角となる場合も全反射と見なして良いのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 全反射臨界角でのエバネッセント光の染み出し深さについて

    全反射臨界角でのエバネッセント光の染み出し深さについて よろしくお願い致します。 水/ガラス界面等で光が全反射する時、界面ではエバネッセント光が生じ、その染み出し深さd0(光強度が1/eになる界面からの距離)は d0=λ/4π√(n1^2×sin^2θ-n2^2) (λ:入射波長、n1,n2:屈折率(n1>n2)、θ:入射角) となるとされています。 この式はθが臨界角θcに近づくと∞に発散しますが、実際にそうなるのでしょうか? d0=∞とは減衰しないことを意味していると思うのですが…。 関連の文献を併せて示して頂けると助かります。 回答をお待ちしております。

  • 高校物理Iです。

    入射角が臨界角となる時の屈折した光は全反射に含まれるのでしょうか? ご回答よろしくお願いします。

  • 一般の鏡での反射は空気からガラスの境でなく全反射・・。

    ガラスの底のメッキ面で反射してますね。そこでは全反射なんでしょうか?全反射とは偏光のない反射のことでしょうか?密から疎への境界で全反射と習った記憶は正しいでしょうか。ガラスの底のメッキで全反射なら、ガラスよりメッキの方がやわらかいのでしょうか。質問が多くてすみません。

  • 物理 光ファイバー 全反射

    物理 光ファイバー 全反射 光ファイバーの屈折の問題で常に全反射し続けるように入射角の角度を求める 問題で屈折率が nA>nB>1.0で0°<α<90° 臨界角はsinα=√nA^2-nB^2。 このときnAとnBがある不等式をみたすときαが0°<α<90°を満足する どのような角であってもコア内で全反射し続ける。 とあり答えをみると「√nA^2-nB^2≧1」と書いてありました。 またこの答えを導くにあたって先生が 「sinα<1より、√nA^2-nB^2=sinαを満たすαが 存在しない条件を考えると良い」といっていました。 ただ、そう考えると答えの不等号は「≧」ではなく 「>」ではないでしょうか? 0°<α<90°を満足する・・・から90°=1にはならないはずですし 1を含めるとsinαを満たすαが存在しない条件にも違反しますし、 以下が問題の一部です。 光ファイバーのしくみを理解するため,図に示すように,屈折率 nA の 透明プラスチックA の上に屈折率 nB の透明プラスチックB を重ねたもの を空気中におき,その中を進む単色光のようすを調べる。 ただし,それぞれの屈折率は,nA nB 1.0 2 2 を満たすものとし, プラスチックA の端面C は,プラスチックA とプラスチックB との接触面D に対し 垂直であるものとする。 …略 この現象は全反射と呼ばれている。接触面D において全反射する条件を求める。 …略(sinα=√nA^2-nB^2を出しました) この条件から全反射が生じるときのa の範囲が求められるが, もしも nA,nB が( (7) )のような不等式を満たすならば, a が 0°<α<90° を満足するどのような角であっても, 接触面D で必ず全反射が生じることがわかる。 これらの結果は,光ファイバーを設計するときの基礎になる。

  • 超音波 全反射法による音速の測定について

    送波子からアクリル板に超音波を当て、透過波を受波子で受け取ることで時間差と音圧を測定し、またアクリル板の角度を変えていくことで臨界角を測定し、固体中での超音波の音速を求める実験をやっています。 固体中では横波も発生し、横波は縦波よりも速度が遅いので、縦波の音速でみた全反射角を超えても、横波の透過波が現れるのは分かります。 ですが、さらに横波の全反射角を超えてもまた透過波が現れる理由が分かりません。全反射法と矛盾してるように思えるのですが。。。 実はとても簡単に理解できる事なのかもしれませんが、しばらく考えても答えが出なかったので質問します。 大学生レベルで理解できる回答、お待ちしています。