• 締切済み
  • 困ってます

昔読んだ本の著者とタイトルが思い出せません。

もう30年くらい前になりますが、本のタイトルと著者がわかりません。 内容は、 ・幼少時に両親を亡くした女の子が主人公 ・火事の場面で二人の外国人に助けられる ・殺し屋に狙われている ・殺し屋から女の子を助けようとする男児 「僕の女に手を出すな」っていうタイトルのような気がしますが、 うろ覚えなので検索しても出てきません。 出てきても内容が記憶とかなりかけ離れているのです。 著者は放送作家さんだったような気が・・・ ご存知の方いらっしゃいましたら、タイトルと著者を教えていただければと思います。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数112
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • mshr1962
  • ベストアンサー率39% (7416/18946)

「ボクの女に手を出すな」なら桑原譲太郎氏の作品ですけど。。。 http://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784087491579 http://movie.walkerplus.com/mv17587/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 この本で間違いないです。

関連するQ&A

  • 以前に読んだ本のタイトルと著者が思い出せません。

    以前に読んだ本のタイトルと著者が思い出せません。 お世話になります。表題の通りの質問です。 確か著者は女性作家で、確か普段発表している作品は ノンフィクションではないと記憶しています。違っていたらすみません。 で、その作家が何かの重病(確か脳関係だったような・・・)に冒され、 その時の顛末を書いた内容でした。 ある病院に入院したものの、麻酔医が立ち会わず、 手術する医者か他の誰かがそれを兼任するという説明に納得が行かず、 病院を逃げ出し、後に他の病院(帝京だったかな?)に転院して、 無事に手術を終えたというような内容でした。 手がかりが少ないかもしれませんが、 心当たりのある方、教えてくださいm(__)m

  • 昔教科書で読んだ作品のタイトルと著者名

    こんにちは。初めて質問します! 昔教科書で読んだ作品をもう一度読みたくて探しています。 タイトル、著者名ともにまったく覚えがなく、内容もうろ覚えなのですが・・・ 「これかも?」という心当たりがあれば些細なことでも結構ですので 教えていただけるとありがたいです。 覚えているのは以下のことです。    主人公は男性。  箱を持っている。  その箱は小さいころ遊んだ男の子からもらった。  困ったときにあけるんだよ。みたいな事を言われる。  主人公は恋愛や進路でいろいろと悩み、箱を開けようとするが、結局開けない。  死期を悟り、最期にその箱を開ける。 というお話です。 高校国語の教科書に載っていたお話なのですが、分かる方いらっしゃいますでしょうか? 情報が少なくてすみません・・・。

  • 本のタイトルが思い出せません・・

    タイトルのままですが、しかも内容もうろ覚えです・・。。日本の作家さんです。 当時忙しくて結局読めず、何冊か返却しまして。。 幸せに縁遠そうな30代?の主人公・独身女性がぼろい木造アパートに一人暮らしを始めるのですが、そこでいろいろな個性的な住人とのエピソードがあり、、、最後には幸せを(パートナー)を見出す、というような。 まったくうすい記憶で申し訳ありません。3年ほど前に読んだので近年の新作ではありません。 よろしくお願いします・・m(__)m

  • SF小説のタイトルと著者名がわかりません。内容は覚えていますが。。

    1998年前後の作品です。 (もしかしたらもっと以前のものかもしれません) 私が読んだときはハードカバーでした。 舞台は未来。情報技術が今よりもっと進化した世界。 主人公の名前は「咲」。 外国人の男の上司とうまくいっていない。 咲は、ネット上の仮想世界で男として生活している。 ひょんなことで虐げられている女の子を助け、その世界でデートを重ねるようになる。 結局その女の子が苦手な上司であった。 ・・・というストーリーははっきりと思い出せるのですが、タイトルも著者名もわからないのでもう一度読み直すことができません。 この本を読んだことのある方、是非なにか手がかりがあれば教えてください。 よろしくお願いします。

  • 昔読んだ漫画のタイトル、著者を知りたい。

    27年前、中学生の時に読んだ、漫画のタイトル、著者をしりたいのですが、、 毎月発行の中学生向けの雑誌の1コーナーの連載だったと思うのですが、概略以外何も覚えていません。内容みて知っている方がいたら教えてください。 少女マンガ風で、恋愛もの 内容としては、主人公の女の子が、凄く汚い子犬を拾って飼うことになります、子犬は凄く主人公の女の子が大好きです。ある日その子犬が事故にあい死んでしまいます。それと時を同じくして少年Aが死亡します。(この少年Aは、主人公の幼馴染ですっごく悪、昔からいじめっ子!、主人公の女の子はこの男の子が大っ嫌い) なんとここで死んだはずの子犬が少年Aとして生き返ります。少年A(子犬)は、また女の子の側にいれるとすっごくよろこびますが、女の子に拒否されます。それでも仲良くしようといろいろ努力しますが、なかなか受け入れてもらえません。そんなこんなでいろんな事件があり、徐々に女の子は彼を受け入れ、好きになっていきます。やっと二人が仲良くなった時に、子犬は少年Aに体を返さなければいけないリミットが近づきます。(この少年Aは、天国?からちょくちょく登場、小犬とは会話ができる。確か子犬は正体をばらせない設定) クライマックスは、二人の愛が深まり、何かあって僕は君を守る的な感じ、それを見た少年Aが子犬に体をあげて、ハッピーエンド。  長々すみません、ご存知の方いたら、よろしくお願いします。

  • この本の著者やタイトルなどわかる方いませんか?

    とても印象に残っていて、大事にしていた本があります。 数年前、図書館で借りたのですが、年月が過ぎるにつれ自分にとって大事な本になって行き、 どうしても手元にほしいので探しています。 内容は覚えていても、著者や出版社・タイトルがわからないのです。 どなたか、覚えている方がいらっしゃればぜひ情報をいただきたく投稿いたします。 よろしくお願いいたします。 ・ストーリ:高校の時の先生に片思いしていた主人公。卒業後も、昔先生が住んでいたマンションの部屋に住んでいた。ある日先生が結婚すると聞き、先生に昔もらったペンダント?と持ち、夜中の学校へ。なぜか鏡から過去へタイムスリップしてしまう。家に帰ると(過去のため)先生が住んでいて、居候することとなる。互いに惹かれあうが、主人公は元の時間に戻らなければならない。 ・背表紙が白くて、文庫サイズ。 ・数年前(4~8年前)の出版だと思います ・著者の頭文字は あ・い・う・え・お のどれかだと思います(図書館配置時の記憶より) なにかお気づきになられましたら教えて下さい。

  • 本のタイトルが知りたい!

    昔の本で1970年には家の(実家)の本棚にありました。大好きな本だったのですが、火事で濡れて処分してしまったそうです。 子供が大きくなって来て急に思い出したのですが、正確な本題名や作家名は覚えていません。たしか「宇宙船地球号」見たいな題だった様な・・・作家は外国人でした。内容は地球だと信じて生活している人々。移動はエレベーター。ある日行ってはいけないことになっている「R」を押すとそこは宇宙船の操縦室だった・・・の様な話・・どなたか知りませんか? もう一度読んでみたいのです*

  • 本のタイトルをご存じないでしょうか

    10年ほど前に読んだ本(児童書?)のタイトルが思い出せません。 シリーズ物といったらいいのでしょうか?同じ女の子が主人公の物語が 何冊かあったとおもいます。 アリスにお話が似ていたような気がします。 内容もうろ覚えなので、わかりづらいと思いますが思い当たる物語が ありましたら回答お願いします。 ▼私のおぼえている限りの本の内容です。 主人公は女の子。小学3、4年生くらい。 森に迷い込んでしまう。 うさぎ(多分)が木苺や朝露を持ってきてくれる。 森の精霊(森の王様の娘?)の様な女の子(主人公より年上)と出会い仲良くなる。 物語の終盤、王様の娘は主人公を逃がす途中に川のほとりで 王様の力によってとげとげの木にされてしまう。←王様は娘が森から 出ることを許さない。 挿絵はふんわりした絵だったと思います。

  • この本のタイトルは?

    以下は2年ぐらい前に読んだ本の内容です。 印象深く部分部分が記憶に残っているのですが、 タイトルや著者を覚えておらず気になっています。 記憶が曖昧なので以下の内容が必ずしも合っている自信はありません。 読書好きな方でわかる方があれば、教えてください。よろしくお願いします。 《内容》 主人公が道を通るたびに絵を描いている人がいる。 (この道は京都の哲学の道あたりだったような・・・) いつも描いているその人の絵は春、夏、秋、冬・・・いつ通っても雪が降っている。 主人公は疑問に思っている。 結果的にはその絵の場所に住んでいた女の子が引っ越したか悲しい事件に巻き込まれたか何かです。 サスペンスというか、少し怖くて悲しい話だったのを覚えています。

  • 本のタイトルを教えて下さい。

    昔読んだ本(だったと思うんですが…。)で どうしても、もう一度読みたい本があるのですが、 タイトルが思い出せません。 確か短編だと思います。 内容はうろ覚えですが以下のようでした。 彼の恋人がもし私が死んだら私の骨を食べてという。 そして恋人が、病気か何かで死んで、 彼はシチュー?を作る。 そして彼女の骨をスパイスとして入れる。 つくったシチュー食べて彼女を感じる? だれかこのような話のタイトル、もしくは著者を知っている方、いらっしゃれば教えて下さい!!!!