• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

統計学について

中央値・最頻値・分散・標準偏差・4分位レンジ はそれぞれどのようにして求めるのですか? すべてでなくてもいいですので、どなたか教えてもらえませんか? 参考になるか分かりませんが、手元の資料です↓ (これだけのものを使って解けるのでしょうか?) 「金融行動調査による所得分布」 階級値、度数、比率%、累積比率%、総所得(階級値*度数)、所得比率、累積所得比率、ジニ係数 "カテゴリーはここでよいのかな・・・(^^;"

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数145
  • ありがとう数41

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

所得の度数分布表から求めるのでしょうか? (それを前提として) 厳密には、中央値は・・ データ数/2の実際の数値・・・・aとする で、また、aが含まれる階級値を回答とする場合もあります。 しかし、正確な数値がわからない場合は、 (多分、求めたいのは以下のやり方だと思います) (a-aが含まれる階級の累積度数)/世帯数 で出た値に階級幅をかけて、階級の下限(この場合は その階級の所得、○○以上~××未満、の○○の値) に足せば、中央値が出ます。 お急ぎだったようですが、もう回答は必要ないのでしょうか?? もし、まだ必要であったら、他のものの出し方も、教えて差し上げることが出来ると思いますので、 その旨、投稿して下さい。 ★わかりにくかったら、ゴメンなさい!★.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 統計学について

    中央値・最頻値・分散・標準偏差・4分位レンジ はそれぞれどのようにして求めるのですか? すべてでなくてもいいですので、どなたか教えてもらえませんか? 参考になるか分かりませんが、手元の資料です↓ (これだけのものを使って解けるのでしょうか?) 「金融行動調査による所得分布」 階級値、度数、比率%、累積比率%、総所得(階級値*度数)、所得比率、累積所得比率、ジニ係数 "カテゴリーはここでよいのか分かりませんので   一応、文系の方にもご質問させて頂いています。"

  • 基礎的な確率統計の問題です。

    基礎的な確率統計の問題です。 数学が苦手です。わかる方よろしくお願いします。 ある学年の理科の試験の結果を表した度数分布表がある。 これを用いて、平均、分散、中央値を求めよ。 階級 階級値 度数 累積度数 0~10 5.0 0 0 11~20 15.5 4 4 21~30 25.5 8 12 31~40 35.5 14 26 41~50 45.5 13 39 51~60 55.5 20 59 61~70 65.5 11 70 71~80 75.5 10 80 81~90 85.5 7 87 91~100 95.5 2 89 よろしくお願い致します。

  • 統計学をわかりやすく

    統計学の平均値、中央値、最頻値、分散、標準偏差のことがわかりやすく解説されているサイトってどなたか知りませんか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • yosikun
  • ベストアンサー率43% (235/542)

「エクセル」があれば関数で・・・ 最頻値 =MODE(数値1,数値2,....) 中央値 =MEDIAN(数値1,数値2,....) 母集団全体に基づく分散 =VARP(数値1,数値2,....) 標本に基づいて予測した標準偏差              =STDEV(数値1,数値2,....)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 高校数学 統計の基礎 資料からの標準偏差

    お世話になっております。 データが累積度数分布で与えられている場合の標準偏差の算出方法ですが、累積度数分布では、個々の値がわからないから、この場合階級値を使った標準偏差を求めることになると思います、恐らく。 大抵の累積度数分布は階級が○○未満という形ですから、階級の幅を考えて普通の度数分布表に変えてから計算するのが良いでしょうか。

  • 統計学

    今、マセマの統計学を自習しているのですが 分散と標準偏差の説明で両方とも分布の広がり具合がわかると書いてあるのですが、これは分散と標準偏差が同じものと考えていいのでしょうか? また正規分布というもはどのように作られたのか簡単に説明をお願いします

  • 統計学について

    「t分布の自由度が高いと標準正規分布とほぼ同じとみなせる」のは、例えば t(自由度N-1)=標準正規分布に従う変数/【(N-1)S^2/σ^2×1/(N-1)】の平方根 (S^2は不偏分散、σ^2は母分散) という式で考えた場合、自由度が高いとSとσがほぼ同じで、上記の式の分母がほぼ1になり、分子のみ残るから、という理解でよいでしょうか? また、「サンプルサイズが大きくなると標本標準偏差が母標準偏差に近づく」と本に書いてありますが、この場合の標本標準偏差は偏差平方和をNで割って求めたものと、N-1で割って求めたものの、どちらの分散から計算されたと理解したらよいでしょうか? 宜しくお願い致します。

  • 統計学の問題についてです。

    こんにちは☆初めて質問させていただきます。大学の統計学の授業で宿題が出されたのですが(5/6提出です)、よく分からないところがあったので質問させていただきます。 分からなかったところを抜き出してみますと 「次のデータは7人のある試験の得点である。これについて以下の問いに答えて下さい。  データ;63 64 68 71 75 88 94 1.中央値を求めて下さい。 2.分散、標準偏差を求めて下さい。 3.変動係数を求めてください。 4.得点88の偏差値はいくらでしょうか。」 となります。これらの問題の考え方を教えて頂きたくて質問させていただきました。急な質問で申し訳ありません× ただ苦手な課題なのでなるべく分かりやすい言葉で教えていただけると大変助かります。どうかよろしくお願い致します。読んで下さり、有難うございました。長々と失礼致しましたm(_ _)m

  • 統計学の基礎

    計算はできるのですが、次の用語のちゃんとした意味が分かりません:分散、標準偏差、密度関数、分布関数。 これ(分散、標準偏差)らを求めることによって何が分かるのでしょうか? また、これらの関数(密度、分散関数)からは何が表され、何が分かるのでしょうか? まだ、初心者なので分かりやすい表現で説明してくれたらと思います。

  • 以下の統計学の問題の解説をお教えください。

    以下の統計学の問題の解説をお教えください。 (1)100人の学生の現在と10年前の身長を記録したデータによれば、現在の身長の平均は170cm、標準偏差は10cmであり、10年前の身長の平均は150cm、標準偏差は6cmである。このデータから、各学生の現在と過去の身長の和を計算すると、その平均と標準偏差はどのようになると考えられるか。以下の選択肢a-fの中から最も正しいと思われるものを二つ選べ。 a.和の平均は320cmである b.和の平均は320cm以上である c.和の平均は320cm以下となる d.和の標準偏差はほぼ12cmとなる e.和の標準偏差はほぼ16cmとなる f.和の標準偏差はほぼ13cm以上16cm以下となる (2)以下の中から正しいものを全て選べ。 1.分布が単峰の場合、中央値は、平均値と最頻値の間にある。 2.ヒストグラムを描いたときに、左裾が長い分布の歪度は負となる。 3.標準正規分布をする確率変数が1.96を超える確率は約0.025である。 4.ひとつの変数群を、他の変数群で説明しようとする統計的手法の典型的なものは、回帰分析と呼ばれている。 5.Tが自由度5のt分布をする確率変数、Zが標準正規分布をする確率変数である場合、Pr(T>1.96)のほうがPr(Z>1.96)よりも小さい。 6.統計的検定を行う場合、直接にコントロールされるのは、第1種の過誤のみで、第2種の過誤は間接的にコントロールされる場合が多い。 7.通常、第2種の過誤を犯す確率は、サンプル数を増やすと大きくなる。 8.カイ二乗分布は、比率の標本分布として用いられることが多い。 9.二つの確率変数が独立の場合、その和の分散は、それぞれの分散の和となる。 10.順序尺度水準で測定されている変数を使った分析の結果は、その変数に単調増加変換を施した別の変数を用いた分析結果と変わらないはずである。 (3)ある世論調査で、内閣支持率が35%でその95%信頼区間の幅が±5%と出ていた。この解釈として最も適当なものを選べ。 a.内閣支持率は、ほぼ30%から40%の間にある b.内閣支持率が35%であるという仮説は5%水準で有意である c.内閣支持率が35%でないという仮説は5%水準で有意である d.内閣支持率が35%である確率は5%である

  • 統計学の初歩的な問題について

    統計についての質問です!;; 変数yはN(4,9)の分布に従うとする。 (1)-2yはN(a、b)に従う。aとbを求めよ (2)3y-2の分散を求めよ (3)この分布から独立に3個の観測地を得た。この平均の標準偏差を求めよ。 とても初歩的な問題だと思うんですが、度忘れしてしまい解けません。。。 もし知恵を貸していただけるかたがいらっしゃいましたら、よろしくおねがいします!;;

  • 統計学が全くわかりません。

    以下の問題の解答および、解法手順を教えていただけると幸いです。 1・ある生徒の集団の、ある科目の点数の偏差値は、平均50、標準偏差10の正規分布を仮定して計算している。 (1)この集団で偏差値が65以上の生徒の割合はいくらか。 (2)この集団で、偏差値が55から60までの割合はいくらか。 (3)この集団で偏差値が45以下の生徒の割合はいくらか。 2・無作為に選んだn=100人の大学生からの図書館利用率調査で、利用者をX人とするとき、学生全体の中での利用率pの90%信頼区間を求めよ。 (1)実際にⅹ=64人が利用していたとき、pの点推定値としてのp(上にちょぼっとしたマークがついています)はいくらか? (2)Xは2項分布に従うが、これを正規分布で近似するとすれば、この正規分布の平均uおよび分散oの2乗はnやpを用いてどうあらわせばよいか。 (3)p(上にちょぼっとしたマークがついています)=X/rを正規分布で近似するとすれば、この正規分布の平均uおよび標準偏差oはnやpを用いてどう表せるか。 (4)p(上にちょぼっとしたマークがついています)=X/nを標準化してZ=・・・の形で表せ。 (5)(1)のp(上にちょぼっとしたマークがついています)を用いて学生全体の利用率pの90%信頼区間を小数3位まで求めよ。

  • 統計学 中央値

    質問があります。 派遣業務で消費者ユーザーの特性を調べているのですが、なぜか会社では、平均値を使わず、中央値でユーザー特性を調べています。 、動向を知るには平均の方がいいと思うのですが統計学的に見て中央値を使うメリットデメリットを教えてください。また、統計学に興味を持ち始めたのですが、(実は大学時代勉強したはずなのですがもうすっかり忘れてしまっているので・・・)これからは実際の業務として役立つようにしたいのでお勧めのサイト書物がありましたら教えてください。標準偏差とか誤差を勉強したいです。派遣とはいえ統計を扱う以上しっかりしておきたいのでお願いします。

  • 確率統計 問題について教えてください。

    平均、分散、比率に関する推定と検定についてです。 母分散、有意水準、標準偏差などさっぱり分かりません。おそらく教科書の最後の方にある分布表?のようなものを使って解くのだろうと思いますが、これの読み取り方もいまいち分かりません。 よろしくお願いします。