-PR-
解決済み

手塚治虫さんの「奇子」

  • 暇なときにでも
  • 質問No.86525
  • 閲覧数458
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 83% (15/18)

手塚治虫さんの「奇子」ですが、淀川、霜川、三鷹、松川事件が題材になってますよね。この事件についての描写はノンフィクションですが、この物語のもうひとつのサイドである天外家で起こったことというのはノンフィクションなんでしょうか?それとも全くのフィクションなのでしょうか?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 17% (30/172)

フィクションであり、それを作り出したことこそ手塚治虫の才能なんじゃないでしょうか?奇子や二朗が始末されずに生き延びて、展開していくところにこのストーリーの絶妙さがあると思います。現実だったらどこかで闇にほおむられてしまうでしょう。

二朗が奇子に、「俺も死んじまった人間さ」と言うシーンがありますよね。
この二人が生きていることで、物語は「都合の悪いこと」を覆い隠している現実とは違う展開を見せ、皆が「戦後は終った」と考えているこの現代に、それがいかに頼りない認識かを見せ付けてくれる。そこが「奇子」のすごいところだと思うのですが。

制作の内幕は知りませんので「私はこう思っていた」レベルの回答です。
お礼コメント
torineko

お礼率 83% (15/18)

良いお答えをありがとうございます!そうですね、戦後覆い隠して済ませられてきた現実を暴くすごい作品ですね。そういう気持ちでもう一度読み直してみたら、1回目読んだときとはまた違うものを感じることができました。回答ありがとうございます!
投稿日時 - 2001-06-19 01:25:24
-PR-
-PR-
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ