• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

和解勧告と裁判官の心象開示について

民事裁判で判決前に和解勧告があったのですが、不成立になりました。 その時に裁判官から判決について心象開示が有って、 「請求どおりの金額にはならないですよ」というものでした。 それに対して、私は「それは判決に委ねます」と答えたのですが、 金額はともかくとして、少なくと棄却はないものといえるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 裁判
  • 回答数3
  • 閲覧数4235
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

棄却は無くても、判決額は少額だと思います。 難しい裁判なのでは? また、簡易裁判所などの下等裁判所では複雑なものは判決出来ません。 だから、和解させたいのですよ。 裁判は原告に優しくないものです。 証拠証明責任は原告にあるわけですから。 被告の立場に立てば、和解しないほうが、 判決額は低くなります。 和解したほうが、金額はあがりますが、期間短縮と不安からは解放されるメリットはあります。 一長一短ですよ。 本来は和解は原告に有利だと思いますよ。 ですが、折角提訴したわけですから、判決が欲しいですよね。 判決を希望されたのであれば、もう少し待つしかないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有り難うございます

質問者からの補足

二審の高等裁判所です。 棄却が無ければ相手は金額は別にしても社会的ダメージを喰らいます。 それが嫌で和解に応じる感じだったんですが、不成立となりました。 早期解決のメリットが有ったのですが、 判決を延ばしてまで和解再設定は考えられませんでした。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • key00001
  • ベストアンサー率34% (2878/8340)

> 金額はともかくとして、少なくと棄却はないものといえるのでしょうか? そう言う方向性の心証開示かとは思いますが。 あくまで和解勧告時点での心証開示であり、和解不成立後の裁判官の心証ではありませんので、100%とは言えないでしょうね。 また敗訴のイメージは良くないものの、民事の場合、実質的にはさほど大きなダメージとはならないですよ。 従い和解不成立の原因は、被告も「判決を得た方がお得!」と判断した可能性も有り得ます。 弁護士と協議の上、再度和解の模索もご一考されても良いのでは?とは思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

大幅に安いと思われます。 何万~何十万程度

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速どうも・・

質問者からの補足

棄却はないと言えるのですね?

関連するQ&A

  • 裁判官の心象開示の意味と意義は?

    .民事訴訟の控訴審で、判決直前の和解協議の場において裁判官の心象開示があり、 損害賠償請求の棄却はなく金額の問題である旨が語られました。 そして、その上でその日和解は不調となり、仕方なく結局判決に委ねることになりました。 しかし、その判決は「棄却」という結果で驚いています。私には何だか理解ができません。 もちろん上告をしますが、そんな事があるのでしょうか? その事は上告の理由として成立するでしょうか? 和解決裂の後に個人間の和解も決裂したという「報告書」を出したのですが、 それが何かの変化をもたらしたとしか思えません。 結審しているので、それが影響するのなら、審議の再開をするべきではないでしょうか? 確認したら「報告書」を裁判官は見ているということです。

  • 和解勧告

    民事訴訟で、和解勧告は勝敗の状況がどのようなときに 出されるんでしょうか? また、和解勧告が出されても、和解を拒否して判決を希望した場合、敗訴の確率はどのくらいでしょうか?

  • 全面敗訴後の控訴審での和解勧告は逆転のサイン?

    被告です。金銭請求の一審で全面敗訴しました。 控訴したところ、第一回の口頭弁論で控訴棄却とはならず、 裁判所としては次回期日をあと1,2回設けたいとのことでした。 次回期日では和解を進めたいとのことでした。 控訴審で一回で棄却とならなかったということ、和解を進めてきたということは、 私が逆転勝訴するか、敗訴しても支払い額は減額される見込みが高いということでしょうか。 一審と同じ満額支払えという判決が出る可能性は低いと考えていいのでしょうか。 補足 控訴棄却の場合は、原審が完璧なら、一文くらいで終わってしまう、つまり高等裁判所はあまり判決文を書く手間がかからないということではないのでしょうか。控訴の場合は3人の裁判官が合同で判断するのでしょうか。 また、こういう場合和解金額というのはまずどちらから聞かれて提示するものなのでしょうか。 私は裁判前に一回、提訴されて一回、一審の判決前に一回、合計3回請求額の半額の和解提示しましたが 拒否されました。

  • 「勝訴」「和解勧告」などの字はいつどこで誰が書いているの

     今日のニュースで、ある裁判で、裁判所が和解勧告の判決を下しました。それを受けて、傍聴人の一人らしき人が、紙に大きく「和解勧告」と書かれたのを広げてみんなに見せていました。「勝訴」というのはよく目にしますが、「和解勧告」などはあまりないと思います。しかも、その字はお手本のような楷書で、きれいな字でした。  いつも思うのですが、裁判の結果を知らせるあの字は、いつどこで誰が書いているのでしょうか。裁判の結果がいつも「勝訴」であるはずもありませんし、「勝訴」とかほかのいろいろな場合の字をあらかじめ用意しているのかと考えたりもしますが、判決は何通り、もしくは何十通りもあるかもしれないので、それにあらかじめ対応するのは労力が大きすぎるような気もします。裁判の結果が出たら、それをすかさず大きな紙に清書する役目の人がいるのでしょうか。プロなのかただでやっているのかは分かりませんが、そう考えるのが妥当のような気がします。ご存じの方、ご教示願います。 (ついでに、敗訴の場合は何と書くのでしょうか)

  • 裁判の和解

    こんばんは。 おてすきの方ご参加お願い致します。 裁判について疑問があります。 日本の裁判では、和解による終結が多いようですが、裁判官はどうして和解を勧告するのでしょう?口頭弁論、証拠調べが終わり、判決を待つだけという状況のときにも、大概和解を勧めるようです。裁判の長期化を防いだり、国民性を理由としているようですが、法的に判決を下したほうが、しこりが残ることがないような気がしますし、新たに和解期日を設ける必要もないのではないでしょうか。そんなに和解にこだわる理由があるのでしょうか? また、和解を拒むと、心証が悪くなるという根拠はなんなんでしょうか?

  • 裁判上の和解

    今まで長いこと訴えていた裁判が、相手が請求金額の7割を支払をすることで、和解になりそうです。ところで、和解すると当然弁護士さんには成功報酬を払いますよね。裁判にかかった費用はどうするんですか?原告被告折半ですか?判決なら負けた方がはらうんですよね。和解の場合はどうなるんでしょう?教えてください。

  • 控訴審でも和解勧告があるのでしょうか?

    本人訴訟を行っているものです。時間をかけて訴訟対応をしてきましたが、第一審(地方裁判所)で敗訴の判決が出ました。 判決及び判決理由に納得がいきませんので、控訴しようと考えておりますが、控訴審において第一審の判決が覆ることはほとんどないとの情報があり、迷っている部分もあります。 控訴審では、第一審と同様に和解勧告があるのでしょうか? あるいは、取り敢えず控訴しておいて、相手方と和解の相談をするという方法があるのでしょうか?

  • なぜ裁判所は、和解を薦めるのでしょうか?

    なぜ裁判所は、和解を薦めるのでしょうか? 和解の比率が裁判官の成績にでも繋がるのでしょうか? くだらない建物明渡訴訟を起こされ、1審勝訴したのですが、相手は控訴してきました。 裁判官は、何回か書記官室の丸テーブルに呼んだ後、口頭弁論終結させたら、和解を勧告をするけれど、 和解しないか?と、私に聞いてきました。(相手は和解したいようです) 私の方は、裁判所に呼ばれるだけでも迷惑であり、しつこく控訴まで起こされ、 そもそも司法の場で白黒つけたいから、裁判を起こしてくるものだと思うのですが、 裁判など利用しなくとも、話し合いで解決できないで、何が和解なのか、と思ってしまいます。 裁判所が和解を薦めるのは、日本の民事裁判の方向性ですか? 裁判官は、和解がいいと強く思っているようですが、 その裁判官の心証を損ねないで、和解を断りたいと思っています。 これまでの例など教えて頂ければ、幸いです。

  • 裁判 和解について

    裁判 和解について 現在、婚約破棄の本人訴訟をしています。私が原告で相手方には弁護士さんがついています。 何回かの準備書面のやり取りをして、被告に証拠が少ないため、証拠の申し出として、被告の本人尋問を弁護士さんが請求してきて、先日お互いの陳述書を提出しました。 ですので、先日行われた口頭弁論の際に、次回の本人尋問の日取りを決めるのかと思っていましたら、裁判官が和解の提案をしてきました。 具体的な金額の内容はなく、まだ言いたいことがあれば主張して、次回までにお互いの和解案を考えてきてくださいとの事でした。 裁判所が和解を勧めるのは、大抵、本人尋問が終わった後だと思っていましたので、少し、私に有利なのかな、と勘ぐってしまいました。 ただ、今回、被告が私が言ってもいない事を準備書面に書いてきて、でもメールなどの証拠がないので、本人尋問をして、証拠にしようとしているみたいなので、言った言わないの繰り返しで、裁判官も、「本当に言ったかどうかは分かりませんが、(私が)相手方と顔を合わせて公の場で聞くのもつらいでしょう」という事も言って下さってるので、そういう配慮もあるみたいです。 例えば、和解勧告で裁判所が出した金額が大体、判決で下される金額と同じ、との事があるようですが、それと同じように、本人尋問やる前に和解案を出されたら、原告が多少は有利、、、みたいなサインなどはあるのでしょうか? 相手方は婚約・内縁の事実は認めていますが、その後が少しややこしいので、勝訴かどうかは5分5分だと思っています(ど素人の判断ですが) 又、仮に勝訴したとして、判決での慰謝料の金額は相手方の年収が考慮されるのでしょうか? もしくは、相手の年収は一切関係なく、(同棲していましたので)同居の期間や、精神的苦痛の度合いで決まるのでしょうか? 素人なので意味不明な点もあるかも知れませんが、わかる範囲で結構ですので、お答えいただければと思います。

  • 裁判で和解したのに和解金を支払ってもらえません。

    あるトラブルが原因で、女性を相手に、民事で損害賠償請求訴訟を起こしました。 1審の地裁の判決(140万円)を不服とし、相手側は高裁に控訴しました。1回目の口頭弁論で裁判長から和解勧告があり、双方の弁護士を交え、話し合いをした結果、70万円(10万円ずつ分割で)を支払ってもらうことで決着しました。 ところが、1度10万円の振込みがあっただけで、その後全く支払ってもらえません。 理由は、専業主婦で無収入、財産もないからということらしいのです。 相手のご主人は一流企業に勤めており、和解の話し合いの場にも顔を出し、奥さんの代わりに支払いを協力すると言っていたのです。 支払いを無視し続ける相手にどう対処したらよいでしょうか。 何とか払ってもらう方法はないのでしょうか。どうぞ皆様のお知恵をお貸しください。