• ベストアンサー
  • 困ってます

酸化銀の熱分解実験

中学理科での酸化銀の熱分解実験について教えてください 1) 酸化銀を「ふね」に入れた上で試験管に入れますが、なぜ「ふね」を使うのですか? 2) 試験管を水平にしますが、水平にしないとどのような不具合が発生しますか    例えば垂直にするとどうなりますか、もちろんそれに合った「ふね」にします

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数3
  • 閲覧数1243
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

化学実験の経験が少ないと確かに理由はわからないかも。 ・温度が高いので、酸素と空気の重さの差は考えなくて良いです。激しく対流することも含めて拡散してして均一になります。  なぜアルミホイルを使うかは、使わずに実験したら分かります。 ▶ ミスターK 酸化銀の分解 - YouTube( https://www.youtube.com/watch?v=conEVnzW6sU )  試験管は様々な角度で加熱しますね。 ・垂直---湯煎等で加熱するとき ・少し斜めにする。---通常の液体の加熱   突沸を防ぎ、バーナーの炎が無駄にならないように ・頭を少し下げる   固体の加熱は通常こちら   最初に含まれている水などが試験管の口で凝縮して、それがタレ落ちると割れる。  ★これは基本中の基本です。 ・固体の加熱でも鉄粉と硫黄粉の場合は口を上にします。口を下にすると大変なことになりますから、あらかじめ試験管の口当たりを水が凝結しない程度に加熱しますね。 ・今回はこのいずれでもありませんね。  頭を下げると起きる不都合、上にすると起きる不都合・・を考えましょう。  これらは、慣れてくると無意識にそのように設置しますが、考えると意外と奥が深いかも・・  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました 確かに対流を考える必要がありました。 対流を考えれば、後になるほど濃い酸素が 出て来そうに思えます。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

とにかく実験のとき何が起きたかを思い出しましょう。 酸化銀の粉末はどうなりましたか??(色が変わっただけじゃなかったですよね) 試験管全体でなにか変わったこと起きませんでしたか??特に加熱していない部分で  それが答えです。書いてしまった(^^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 試験管を水平にして加熱して、水上置換で別の試験管に 気体を集めと、出てくる気体は次のようになると思います。 1) 分解が始まる前は、熱膨張した(試験管内の)空気が出る。 2) 分解が始まると、分解した酸素は高温なので試験管の上側 にたまり、その下にある試験管内の空気が出る。 3) 試験管の上側にたまった(分解した)酸素の量が増えて 元の空気との境目が出口の穴まで下がって来ると、主に (分解した)酸素が出る 4) 分解が完了しても、試験管の出口の穴より下の部分は 初めから入っていた空気の割合が高く、 試験管の穴より上の部分は(分解した)酸素の割合が高い。 教科書は大日本図書です。そこでは次の条件で実験します。 ・ 試料の酸化銀は0.5g ・ 単4乾電池を利用して作ったアルミホイル   の皿に試料を入れる ・ 試験管を水平にする ・ 水上置換で別の試験管に気体を集める ・ 集めた気体の1本目は使わず2本目を使う この条件で実験するなら、水平が一番たくさん酸素を 集められるのだと想像します。 やり方を変えて、変色が始まるまでは気体を 収集せず、始まってから収集するなら、 水平よりやや口が上がった状態 (試料の厚さの均一性が維持できる範範囲で) にセットした方が、たくさんの酸素を集められる と思います。

  • 回答No.1

やってみたらわかります。 (2)のほうは危険なので少しはなれて・・。 いずれも、基本的な手続きです。  あなたはどう考えましたか???  実験中に本当に様々な現象が起きていましたよね。  それがあるから実験しなくちゃダメなのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 ふねを使う目的と水平にする目的は共通していて、 試験管の中で試料を均一の厚さで広げることだと思いました。 そうすることにより、加熱した箇所が先に白色に変化する 様子を観察できるはずです。

関連するQ&A

  • 酸化銅の還元実験について

    お世話になります。「酸化と還元」(1分野 中3)で出てくる、「炭素による酸化銅の還元実験」について、ご教示賜りたいことがあります。 件の実験では、「炭酸水素ナトリウムの熱分解実験」と同じような実験装置を使うようですが、これはなぜなのでしょうか。  ・加熱用の試験管から石灰水に至るまでの装置  ・加熱終了時の操作 は納得できますが、加熱用の試験管自体の施設の仕方  ・口を少し下げて加熱する には何か意味があるのでしょうか。生成物だけで考えると、「炭酸~」のように最もらしい説明  ・加熱部に水が逆流するのを防ぐ はできないと思います。 試験管の口を少し下げて加熱する理由について、ご存じの方がいらっしゃいましたら、ご回答のほどよろしくお願いします。

  • 中学理科の実験で教えて下さい

    酸化銀を試験管の中に入れて加熱し、銀と酸素に分解する実験を行うとき、酸化銀をアルミニウムはくの上に置く理由を教えて下さい。 試験管に銀が付着してしまうからですしょうか? お願いします。

  • 酸化銀の熱分解の化学反応式の表し方について

    こんにちは。 ぼくは。中学2年の男子です。今、理科で、化学反応式とか、化学反応と課に付いて、勉強しているのですが、酸化銀の熱分解のところがいまいちよくわかりませんので、教えていただきたいと思っています。 ★ご回答は、中学2年生でもわかる程度で、できるだけわかりやすく教えていただきたいと思います。まだ、イオンとかは習っていません(分解のところだけです)。 酸化銀の化学式は、Ag2Oですよね?これを熱分解したときの化学反応式であらわすと、なぜAg2Oではなく、2Ag2Oになるのでしょうか?授業で、分解したときに、Ag2Oだけだと、O(酸素)が1つで存在できないので、酸化銀の分子をもう1つ持ってきてO2を作るからだ、と先生が言っていました。それは理解できるのですが、化学式と、化学反応式で使う酸化銀のあらわし方(Ag2Oと、2Ag2O)が違うことがわかりません それと、酸化銀を熱分解したときの化学反応式は、 2Ag2O → 4Ag + O2 と教科書に書いてあります。 僕は、それが理解できません。 Ag2O → Ag2 + O になるけど、Oが1つでは存在できないので、もう1つ酸化銀を呼んできて、O2を作るんですよね?ということは、Ag2Oが2つなので、 2(Ag2O) → 2Ag2+O2 になると思うのですが、教科書には、2Ag2O → 4Ag+O2 となっていました。 2Ag2と、4Agと、Ag4は、全部同じだと思うのですが、これだとだめですか?また、その理由を教えてください。 大変醜くすみませんが、ご回答よろしくお願いします。

  • 酸化銀の加熱実験

    今、中2なんですけど、酸化銀の加熱実験についての問題で、ガスバーナーの火を消す前にしなければならないことって、何ですか? 試験管に入れた酸化銀を加熱して、出てきた気体を水上置換方で集める実験方法です。宿題に答えもついていないので、困ってます。

  • 二酸化炭素を高温にしたら分解する?

    危険物取扱者の問題集に、「二酸化炭素が火炎に接すると熱分解し、一酸化炭素が発生する」とあり、答えとして、「二酸化炭素は安定した分子で熱分解はしないので誤り」とありました。自分の勘違いかもしれませんが、二酸化炭素を高温にすると、分解して…のような記事をどこかで見たような記憶があるのですが、やはり、二酸化炭素は高温になっても分解はしないのでしょうか?

  • 熱分解による二酸化炭素または酸素を発生するもの

    ある理由で熱による分解を経て、二酸化炭素などの気体を発生出来る物質を探しています。すぐに思い浮かぶのは炭酸水素ナトリウムですが、他にどんなものがあるでしょうか。熱としましては100℃~200℃を想定してください。水、触媒などを介しても結構です。 また炭酸水素ナトリウムの分解温度、教えてください。

  • 二酸化炭素が溶けた水の体積について教えてください。

    中学1年生の理科で、 二酸化炭素を入れた試験管にフタをして水の張ったタライにその試験管を逆さに入れます。 フタを外すと試験管の水はどうなりますか? と言った問題がありました。 二酸化炭素は水に溶けるので、試験管の中の水位はあがる、とまではわかるのですが、 溶けた二酸化炭素の分の水の体積はどうなるのか、と娘に質問されて、答えられませんでした。 理科音痴の母娘にもわかるように、ご回答いただけたら幸いです。 よろしくお願いします。

  • 理科1 実験 二酸化炭素の発生 炭酸水素ナトリウム

    中1です。理科1の実験について質問があります。 実験内容:二酸化炭素の発生 方法: 1炭酸水素ナトリウム1gを試験管に入れ右図のような装置で加熱する。 2発生する気体を水上置換法で試験管2本に集める。(これを試験官1と試験官2とする) 3気体が出なくなったらガラス管を水から取り出し火を消す。 4加熱した試験管の口についた液体に塩化コバルト紙をつける。 5試験官1の中に火のついた線香を入れ、その様子を観察する。 6試験官2の仲に石灰水を入れその様子を観察する。 7炭酸水素ナトリウムと反応後の白い固体をそれぞれ水に溶かしその様子を観察する。 また、その水溶液にフェノールフタレイン溶液を加えて、変化を観察する。 で、その方法で分かったことを考察に書くのですが、書く内容が 1二酸化炭素の性質 2方法4で生じた液体は何か 3方法7炭酸水素ナトリウム(最初の固体)と加熱後の固体は同じ物質といえるか 4ガラス管を水から取り出してから火を消す理由 を教えていただけないでしょうか。 因みに、4のヒントは「気体を温めると膨張・冷やすと縮む」だそうです。 あと、炭酸水素ナトリウムを加熱分解して出来る 気体の名前 液体の名前 を教えてください。 長々とすみません・・。

  • 中学2年1分野理科:酸化銀の分解

    この間実験をして酸化銀の分解をしました 手順は (1)アルミニウムはくで皿を作る(単3乾電池) (2)試験管の中にアルミ皿(酸化銀入)を入れ、ガスバーナーで加熱 (3)黒が白に変わり始めたら線香を入れる(この時酸素があれば『ポン』と音が鳴る) (4)酸化銀が白になったら取り出し、試験管の底でみがく(金属は磨くと光る) (5)(4)を証明したら金づちで叩く(金属は叩くと伸びる) (6)電流が流れるか調べる (7)片付け この(6)の操作で、(3)(4)(5)は理論どうりに出来たのですが 電流が流れなかった(豆電球が光らなかった)のですが 調べても、何故電流が流れなかったのかわかりません。どなたかわかりませんか?

  • 酸化鉄の生成

    中学理科に関して質問なのですが、酸化鉄を作る実験の問題で、酸化鉄をのせた皿をガスバーナーで弱火で加熱するとあったのですが、その理由としては「酸化鉄全体に熱がいきわたるように」だそうです。どうして弱火で加熱すると温度が全体にいきわたるのですか?強火ではだめなんですか? 回答の方、よろしくお願いいたします。