点検口について業者側の説明をどう思われますか?

新築(ベタ基礎)です。2階にキッチン、ユニットバス、トイレ、洗面所があり、1階 は洗面所とトイレがあります。ユニットバス...

antarctica-2001 さんからの 回答

  • 2014/06/21 10:59
  • 回答No.5
antarctica-2001

ベストアンサー率 49% (63/127)

同じような質問で「新築なのに点検口が全くない」を参照してみてください、参考になります

>電気の配線はユニットバス側にひとまとめになってるから、他の天井点検口は必要ない。

2階部分が乗っていて人が入れない部分はあまり設置する意味が無いですが少なくとも2階の小屋裏に上がれるようにはしたいです。
別に電気工事だけのために点検口が必要なわけではありませんから。例えば雨漏れなど。

>通常は要望が無い限り設置してない。
 
その会社というかその人の考え方なのでしょうね。付けるかどうかの質疑くらいすれば良かったのに。

>床下点検口を設けると床下の湿気や匂いがあがってくるし、断熱性も失われる。

その為に気密型天井点検口や床下点検口がります、もちろん断熱対応型も。少し高価ですがネットで検索すればすぐ分かります。

>一箇所だけつけても全体を見れるわけではないから無意味

と言うことはこの会社は基礎に人通口(人が取れる開口部)をつけていないのでしょうか? であれば、そっちの方が問題です。床下の高さは大丈夫点検出来る高さがあるの?(長期優良住宅の基準は最低33cm)

>何を目的につけたいかによる。

必要になったとき付ければ良いという考え方でね。
しかし何が起きるか分からない、だからこそ点検口が必要とも考えられます。

>何件か設計事務所の施工を請負ってるが、その図面に点検口は存在しない

法令で設置義務が有るわけでもないので書かないことも多いです。(というか大した事でも無いと失念している)
図面に無いから付けていません!見積書にも有りません!だから付けてません!と言われれば確かにそうなのかもしれませんが。

質問者さんの住宅は気密工法でしょうか?もしそうで無いのでしたら高価な気密タイプの点検口を付ける必要があるかなのですが。
ただし床下断熱工法なら少なくとも断熱性能は必要です。
この回答にこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう!
この回答にはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
  • ユニットバスの天井点検口への湯気流入について心配しています。 その他(住まい)

     ユニットバス内の天井の点検口に、湯気・湿気が入っても、心配無用なのでしょうか?   (点検口の内部や周辺を見たことが無いのですが、流入した湯気・湿気が、点検口内部の電気系や、2階の床下の木部等に、多少なりとも悪影響を与えないものなのでしょうか?)  現況は次の通りです。点検口の蓋は、一般的なパッキン式の落とし蓋。新築後2年のツーバイフォー木造2階建ての1階がバス。窓が有りません。口径20センチの換気扇有り。全員入浴済んでからは、出入り口の扉を開放しています。換気扇は、事後6時間ぐらい回しています。  以上、よろしくお願い申し上げます。  ...

  • 家の中が汚水臭くて困っています( ; ; ) 新築一戸建て

    詳しい方教えてください。3日くらい前から家の中を悪臭が漂いはじめました。何処から臭うのか探したら、洗面所と、隣の廊下についている照明スイッチの隙間から出る風が悪臭でした。主人に言うと、ユニットバスの点検口を開けてみてと言うのでやってみると、信じられない位臭くて、バキュームカーの臭いそのものでした。しばらく点検口の蓋をずらして開けたままにし、浴室の窓も開けておくとスイッチの隙間からの臭いは、多少弱くなった気がしたので、点検口の蓋をしてしばらくするとまた臭いがきつくなってきました。浄化槽なので点検してもらいましたが、異常ないという事でした。まだ新築して2年しか経っていないのでショックで夜も眠れません。住宅メーカーは業者を今日来させるようですが、今こうしている間も臭くて頭が痛いです。それと補足ですが、確実に汚水の臭いなので排水管がどうにかなってると思いますが、臭うのは立っている高さより高い場所が強いです。排水溝は浴室、キッチン、トイレ、全て臭いません。悪いガスなんでしょうか?オール電化なのでガスの引き込みはありません。それと、まだ築2年ならば、修理代は住宅メーカー負担で出来るでしょうか? ご回答宜しくお願いします。...

  • トイレの排水配管に他の配管を接続しても大丈夫ですか 新築一戸建て

    DIYで倉庫をリフォーム中です、ユニットバスと簡単なキッチンを新設するのですが、配水管で悩んでいます、 床の土間のコンクリートをはつって配水管を外まで延長するか、それとも壁から覗いている既存のトイレの配管に接続するか、 トイレの配管に接続すれば安く簡単に出来ますがトイレだけあって匂いや逆流が心配です、 トイレの配管に接続する場合はT字継手で上方向から接続しようと思うのですがこんな方法で大丈夫でしょうか、...

  • 水廻り(浴室・洗面所・洗濯場)の異臭と異音について リフォーム・リノベーション

    築38年近く経つ集合住宅(3階建)の1階になります。水廻り(浴室・洗面所・トイレ)のリフォームをしました。業者さんは、あるリフォーム業者紹介サイトを利用しての選択でした。元々、洗濯機置き場はなく、洗面台横に設置し洗濯機を使用する時は、浴室へ洗濯ホースを渡して使用していました。洗面台のすぐ横に上階から1本の縦管が通っており、そこに浴室と洗面所の排水が流れるようになっていました。経年数は経っていますが、現在悩まされているような、浴室と洗濯機の排水溝辺りからの下水のような悪臭や、浴槽の残り湯をこぼすと、洗面台からコポコポ・カタカタというような高めのしかもかなり大きな音と共に洗面台下の収納スペースの中を通っている細い配管にゴトンと振動が起こるようなことなどありませんでした。位置関係はユニットバスに変えた浴室と洗面台が向い合せ(リフォーム前と同様)、浴室の横に洗濯機置場となります。排水管は、洗面台からすぐ横の縦管への接続部分は蓋をして、元あった浴室の排水部分に、3箇所全ての排水が流れるようになっており、洗濯機からの排水管に、あみだくじの横線を引いたように、ユニットバスと洗面台からの排水管が各々繫がっている状態で、各々2~3箇所の曲がり角が作られています。(見積書には排水管は、VU75・VU50となっています。排水部分から近い順に、浴室・洗面台・洗濯機となっています。) リフォーム直後は、異音に関しては問題ありませんでした。ただ洗濯機に排水トラップを設置されておらずかなりの悪臭に悩まされました。不具合対応をしてもらい、排水トラップを設置してもらったのですが、天気の兼ね合いなのか臭いが気になる時が未だにあります。洗面台もかすかにですが臭いが気になる時があり、それに対して、床から出ている排水管と洗面台の排水管の接続部分をパテで覆い被せていました。先に記載した問題が起き始めたのは不具合対応をしてもらってからです。 業者は原因が分からない、ユニットバス部分に関してはメーカー(TOTO)の責任だなどと言うだけで、私方は不安と心配の毎日です。 考え得る原因、解決方法をどうぞご教示下さいます様お願い申し上げます。...

  • こんな私ってわがまますぎるんですかね? 夫婦・家族

    転勤先が旦那の実家に近いので家賃も浮くし同居したいと思い提案したところ、一万円でいいよってことで準備中です。 旦那の実家は1DKが個別に住める家になっていて玄関もお勝手口みたいな扉がありそこからなら玄関も別にできる家になっています。 家族四人で1DKは狭いけど家賃のことを考えると仕方ないしユニットバスだけどお風呂は大きいお風呂を借りてトイレはユニットバスのを使おうと思っていました。 しかしおばあちゃんがリフォームしてあげるって言ってくれて、それなら部屋を見ながらここはこうするとか決めようって話で実家に帰ってみたらもう間取りが決まっていたんです。子供がいるからキッチンは対面式でユニットバスを壊して広くしたのって図面を渡され二人で見ました。 私は旦那にトイレってないんだ!?って聞いたら、ないみたいだねって言われ、いやートイレは子供も使うし別がいいなって言ったら仕方ないっしょって言われたんで、はい。わかりました。って返したら、なんなのその態度って言われ、わがまますぎだろって言ってきたので、ただ私の意見を言っただけです。ってゆうか話し合いの為に来たのにもう決まってて、トイレのこととかおばあちゃんに相談せずにこれでいいよって言わざる終えない状況ならわざわざ来なくてもよかったじゃん。って言ったら、旦那もすごい怒ってしまいました。 リフォーム前はお風呂も全て別がよかったけど赤ちゃんいるから流石にユニットバスはなぁって思って借りることにしたんですけどトイレは別でいいですって話をしていたのに、お風呂もトイレも共同になってしまいました。 旦那はリフォーム代をおばあちゃんに払ってもらうんだから決めてもらった間取りに意見を言った私に、なんて失礼なやつだっと怒っています。 私はただ、トイレはつけられなかったの?とかトイレはないんだねって一言おばあちゃんに聞いてくれれば、理由を聞いて納得できたのに、それすらもしてくれなかった旦那が味方に思えなくて今後が不安になってきました。 こんなに怒られてる私ってやっぱりわがまますぎるんですかね?皆さんの意見聞きたいのでお願いします!...

ページ先頭へ