• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

土地交換の持ちかけに悩んでいます。

私の家は以前から地盤が弱く、築15年頃から傾きを体感するほど悪化してきました。地盤改良して耐震までリフォームすると800万ほどかかると言われたので、そんなにかかるなら、いっそのこと新築に建て替えようかと思い、検討しだしたのですが、地盤改良にあたって、擁壁の問題が新たに浮上してきました。東南角地なのですが、東側の擁壁が2メートルの所でL字になっていて、杭が当たってしまうので、表層改良も柱状改良も出来ず、方法としては、L字部分から外して鋼管杭を打ち、その上に東側にせり出す形で基礎を広げて上物を建てれば問題ないと言われました。そんな事をして建てても、また数十年先、傾きや、今度は擁壁などの心配が出てきても、建て替え後にもう対応するのは難しです。土地を売るにも欠陥のある土地なので、売れないかもと悩んでいたのですが、北側にある70坪程の土地を建て売りにするにあたり、上手く区画が取れないため、地盤がゆるいのは承知の上うちの土地を買いたい、それも土地交換という形にしたいと、不動産から持ちかけられました。 交換先の土地は、南西角地。坪数はほぼ変わりませんが、東側、南側には既に家が建っている日当たりの悪そうな土地です。この地盤から解放されるなら多少の日当たりは妥協しなくてはと話をのもうかと検討中ですが、買手の不動産は、地盤がゆるいというだけで、擁壁の問題を何処まで知っているのか分かりません。それを話す義務が勿論あると思うのですが、この話自体がなくなってしまうかもと、なかなか話せずにいます。後々この地盤の面倒さが判明した場合、どうなってしまうのか心配です。相手は私はプロの不動産なので、交換の条件として、解体費用、地盤改良費用の230万を負担してくれれば、素人さん相手に今後それ以上の請求はしないとも言っています。ですが、私はド素人なので、後で物凄く後悔するのが怖いです。今までの経過が長くすぎて、文章も下手で分かりにくい内容かと思いますが、どなたかアドバイスお願いします。長々とすみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数271
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • angiras
  • ベストアンサー率16% (56/331)

土地で悩んでいて、移転が降ってわいたのなら、飲んでもいいのではないですか? しかし、移転先で別の難題が発生するかも知れません。これは、自己責任です。 現在の土地については言う必要はないと思います。質問者は『ど素人』と言っています。どこまでの素人さんか分かりませんが・・・・。相手はプロです。プロはそれなりの知識がないとプロとは言えません。その知識によって対価を得ています。外観を見るだけで、そのようなことは結構分かるものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今更ながら、ご回答ありがとうございました。お礼がおそくなり、申し訳ありません。 不動産の方が、素人相手に後々問題を突きつきた場合、一般的には素人が保護される形になると聞き、少し安心して検討しているところです。

関連するQ&A

  • 擁壁が高くて軟弱地盤の土地について

    南側約3m、東側約5mの高さの擁壁がある土地(約70坪)についてご相談があります。 この擁壁はL型擁壁と呼ばれるかなり強度のあるものらしいのですが、盛土なので、地盤がかなり弱いらしく隣地では、7~8mの鋼管杭での改良を行ったそうです。 このような軟弱地盤でかつ擁壁が高い土地に家を建てるのは危険でしょうか? また、安全面で、東側の擁壁のどれぐらい近くまで寄せて、家を建てることが可能なのでしょうか? 不同沈下などで、東側に倒れたりなんかしたら、しゃれになりませんよね…。

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    土地面積約55坪、東側が高さ3m、南側が1~3mの擁壁(L型プレキャスト)のある土地の購入を考えています。造成は3年前に大手が行っています。土地全体に高さ1mの盛土があり、支持地盤は固い粘土質(N値:25~50)ですが、擁壁側は幅3mが埋め戻しの盛土となっています。入口となる西側は道路との段差がなく、こちらに駐車場を設置したいのですが、その場合建物が東側の擁壁から幅1mのところに建つことになり、地盤改良を行うとL型擁壁の上に鋼管杭を打つことになります。これを避けるため、東側を幅3m程度あけて建物を支持基盤の上にのせると、西側の駐車場を北側にうつすことになり、南側の庭は2.5m程度になってしまい土地が有効に活用できなくなってしまいます。HM及び地盤調査会社の方は、砕石とベタ基礎だけでも十分安全であるが、心配であれば擁壁の上に杭を打ってもよいと話しています。 地震等で擁壁が壊れてしまわないかが心配なので、擁壁の負担を減らすような地盤改良を行いたいと考えています。擁壁に直接杭を打つのはためらわれますので、他によい地盤改良の方法があれば教えていただければと思います。また、プレキャストの擁壁は頑丈なので50年はもつと言われたのですが、粘土質の土地ということもあり、コンクリートの寿命も気になります。一般的に擁壁はどの程度の耐用年数があるのでしょうか。わからないことばかりで申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 擁壁のある土地の地盤改良について

    初めて質問します。 擁壁のある全戸13戸の開発地をハウスメーカーの紹介で購入し、木造の自宅建設を予定している者です。 土地の形は南北11m×東西10mのほぼ真四角の土地で東側が開発道路で土地とはほぼ同じ高さ、西側に4mの擁壁、底盤も同じ長さのL字型擁壁でその部分は盛り土となっています。 開発は昨年ですが、土地を仲介した不動産会社、土地を開発した売り主に聞いたところ「本開発地の擁壁建設を行った際は、岩盤の地山を造成している。擁壁上の盛り土以外はすべて岩盤で底板の真下もすべて岩盤に接している。」との回答があり、地盤改良は必要ながらも、さほどの負担はないものと安心し、この土地の北側約3/4に東西にまたがる形でほぼ正方形の家を建てるつもりでいました。 ハウスメーカーの方で擁壁工事の書類を精査し県の建築基準等、構造に問題がないこと、売り主の言は嘘がないことを精査した上、SS法で地盤調査を行いました。私が目で見ただけでも確かに擁壁上の盛り土以外は岩盤が表面に出ているのが分かり、SS法による地盤調査時も岩盤側は測定ピンが何度打撃を加えても20センチほどしか入らないぐらい堅い岩盤であったことを自分の目で確認しています。 間取り確定後、ハウスメーカーから「地盤改良工事の見積もりが200万を超える」との回答があったことから、不審に思い、なぜこんな高額になったのか質問したところ、「擁壁側に14本鋼管杭を底盤の上にのせる形で打ち、岩盤側もすべてのバランスを取る意味から、大きな木ねじのような杭を18本打つためこのような金額になった。」と答えたことから、納得できず直接この土地を仲介した不動産会社に確認したところ、「お宅以外の他の土地はすべて擁壁の有無にかかわらず、住宅建設に際して地盤改良は行うことはない。この中にはすべて盛り土のみの土地も含まれており、それでも10年の地盤の保証もでてすべての土地で建築確認もとれている。ハウスメーカーの回答には疑念が残るので地盤調査の結果書をハウスメーカーから受け取り見せてほしい」との回答がありました。 いったいどっちを信じていいのでしょうか。子供の転校のこともあり、時間は余りかけられない現状があるため困っています。 よろしくお願い致します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

東南角地と南西角地とでは価値が違います。土地面積が同じでは等価交換とは言いがたい。解体費用も地盤改良も自分が出す費用ではなく、その土地を手に入れた者が出す費用で貴方が出す必要ではありません。この条件ならば後悔しないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

titelist1さんご回答ありがとうございます。 説明が不十分で申し訳ありません。私の家は、東南角地で、日当たりは抜群に良いのですが、3メートル程の位置指定道路の突き当たりに建っています。交換先の土地は、南西角地で、西側が市道に面している角地なので、価値は高く、固定資産税も今より少し高くなると言われました。将来的に売却を考えた時にも、こちらの方が売れやすいと言われました。近くの不動産屋さんに相談したときに、交換先の土地の方が、価値がたかいので、贈与税が発生しないか確認した方が良いとまで言われてしまいました。まだ確認出来ていないのですが。そんないい土地との交換話なんて、何か裏があるのではないかと心配です。

  • 回答No.1
  • 1paku
  • ベストアンサー率21% (344/1575)

230万で土地の交換、いい話だと思います。 解体するということは、そこに新たに建てるのではなく、庭や駐車スペースといった使い方を考えてるのでしょう。 擁壁の問題は、正直に話した方がよいのではないでしょうか。 おそらく向こうもある程度問題があるのは、想定内でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

1pakuさん、早速の回答ありがとうございます。相手の不動産は、うちを含めた土地を区画整理後、第三者の買手の業者に売る計画を立てているそうです。他にもっと開発したい土地があるようです。 恐らく、駐車スペース等ではなく、うちより少し建坪の小さい家が同じように建つと思われます。 やはり正直に話して、それからまた考えた方が良いですね。

関連するQ&A

  • 購入を考えている土地が兵庫県の崖条例にかかると思い

    購入を考えている土地が兵庫県の崖条例にかかると思います。 下の土地から1.5mほど高くなっていて上の段の土地を購入しようと考えています。擁壁はなく30度よりもきつそうな法面になっています。 この様な場合、上の段に家を立てる時は高低差の一倍以上離して建てる事。 それと深基礎にするか柱状改良をすると建てれると自分なりに調べましたがそれであっていますか? またその場合の柱状改良とはコンクリートをグルグルと流しこむ改良方法ですか?鋼管杭を打ち込む改良方法でないといけないのですか? 鋼管杭は高くつくと聞きました。 ひな壇状の上の段に建てる時にしなければならない地盤補強や基礎の方法等の事を教えて下さい、よろしくお願いします。

  • 地盤改良は確認申請に無関係?

    ハウスメーカーと地盤改良の件で協議中(施主は安全のため鋼管杭を、HMはコストダウンのため柱状改良を主張)、HM曰く、役所への申請に地盤改良は関係ないとのことで、改良方法が決まらぬうちにHMが確認申請を提出しました。後日不審に思い役所に行き閲覧させてもらったところ、ベタ基礎で申請してありました。ちなみにJIOは規定の地盤改良が施されれば不同沈下の保証をするといっています。そこで質問です。 1.役所は本当に地盤改良については考慮しないのでしょうか。 2.仮にベタ基礎で許可が下りた場合、JIOの保証を得るため鋼管杭による改良を施工した上でベタ基礎を載せても良いのでしょうか。 3.2.の場合、改めて鋼管杭を施工する図面(杭とベタ基礎との接合図のようなものがあるのでしょうか?)で確認申請提出をしなおす必要があるのでしょうか。 どなたか教えて下さい。

  • 土地の売買の場合の瑕疵担保責任とは

    購入した土地に家を建築しようと調査したところ、地中から地盤改良したものと思われる杭があることが分かりました。 もともと、売主(個人の方)からは残存物はないものとして契約を交わしましたので、この地盤改良の杭の撤去代は売主が負担するべきものと思いますが、こういった主張はおかしいでしょうか。 仲介会社からは「瑕疵担保免責での売買ということ」「地盤改良の杭であれば地盤を強くするためのものなので、それを生かせるのであれば生かして建てればよいのでは」 など言われています。 地盤改良といってももう40年位前の杭だと思うので、そのまま生かすのは心配です。 売主に負担してもらえる余地はあるのでしょうか。

  • 地盤改良方法

    支持層まで9mある高さ7mの擁壁内の土地の地盤改良を計画しています。地下1階地上2階延べ床60坪の新築予定です。 1.鋼管杭、柱状改良、その他いろいろな方法があるかと思いますがおすすめはどれでしょうか。 強度、費用、地盤に対する汚染、地価の低下などいろいろな面からご教授下さい。 2.地下室付戸建の場合、まず地下の分の土を掘り出しそこから杭などを打ち込むのでしょうか。それともグランドラインから改良し地下の部分はそれ(杭など)を削るのでしょうか。

  • 契約違反(設計図と違う)の土地購入についてお尋ねします。昨年ある土地を

    契約違反(設計図と違う)の土地購入についてお尋ねします。昨年ある土地を不動産会社(仲介の不動産と住宅の施工業者)との間で契約しました。念のために地盤調査を行い必要な土壌改良の費用を不動産会社と折半することになりました。工事の途中から設計士を入れて建築することになりいよいよ引き渡しという時期に事件が発生しました。設計士さんが有効を計ると計画していた図面通りではなく、契約した図面と違う位置から(東側)擁壁が立てられ、計画中の家が入らないことが分かりました。不動産会社はミスを認め、施工業者のミスでしたと謝罪に来ましたがどう考えても納得ができません。意図的な詐欺行為ではないでしょうか?設計士さんによると地盤改良が必要な部分を避けて擁壁を立て、変更届け(確認申請)を出し、地盤改良をしないで儲けを出そうとしたのではないかということでした。南側の擁壁は逆に少し広がり、全体の有効面積はほとんど変わらないということなのでそれで逃げようということなのではと推測できます。今考えると設計と違う東側の擁壁の3分の1が土砂を埋め、境界線と擁壁が隠れるように計画されていました。これも分からないようにするための計画だったのではないかと思う次第です。また、この不動産会社は訴訟などトラブルが多い会社ですが、親戚などが近くまさかという感じです。場所としてどうしてもこの土地を購入したいので、何としても契約した設計図通りにしたいのです。現在はその不動産会社から今後の対応について返答がある予定ですが、どうも私たちを軽くみているようで有効が同じだからと言い逃れされそうです。今後、もし訴訟などを検討に入れる場合どのような行程になるのでしょうか、またどのような対応をすればよいでしょうか、悪徳業者を許せません。ぜひ貴重なアドバイスをよろしくお願いします。

  • 土地の購入にあたり、擁壁・盛り土等にかかる費用の概算

    現在、土地の購入を考えているのですが、いくつかの課題があります。 そのなかでも特に判断を左右することとなる予算に絡み、教えていただきたいことがあります。 購入を検討しようとしている土地の現況は“畑”(登記上も畑)で、隣(東側)の畑との段差が約80センチ位あり、境界にL型の擁壁が必要だろうと不動産屋からは言われています。 (1)擁壁の必要な延長は約44メートル。盛り土は必要ありません。(地盤改良は必要でしょうが、現況の地盤高はそのままと考えて) (2)また盛り土を約平均30センチ490平方メートル程度した場合は幾ら位になるものでしょうか?その場合は当然、擁壁は110センチ程度となるとして 以上の費用の概算によって、購入の判断を行おうと考えていますので、あくまで参考で良いので教えてください。

  • 土地の瑕疵について

    土地購入し、先日地盤調査をしたのですが 一部常時水溜りのようになっている場所があり、 地盤自体が水分を吸収できない状況に陥っていると 言われました。素人判断ながら、高額な地盤改良が 必要になるのではないかと思っております。 ・土地購入を決めた辺りから、この水溜りのようなものがあり 気になっていたが近くに水道管があり、その漏れではないかと 思っていた。 ・この土地購入を検討している際、不動産屋に 「事前に地盤調査はしていますか?」とたずねた所 「やっていません」と返されたのですが、 土地購入を決定してから「お宅に決まらなかったらこちらで 建築物を建てるつもりだった」とJIOの地盤調査結果を出してきて 「地盤改良は必要でしょうね」と言われた。 軟弱地盤については、「土地の見えない瑕疵」に当らないと いう事例も見てきたのですが、上記の様な場合も 瑕疵に当らないものでしょうか?

  • 地盤改良の見積もり

    地盤改良の見積もりをもらいました。 鋼管杭工事30本 土間厚80→150(鉄筋入) とありますが、この鉄筋入とは、ベタ基礎のことなのでしょうか。 ご存知の方、教えてください。

  • 地盤改良した土地の将来について

    皆様教えてください。 現在、新築を計画中で、地盤改良工事の結果が出たところです。 ソイルコラム工法により、直径600mm×3.5mを29本の改良という結果で、改良を行う予定です。 そこで、この土地の将来について以下のような疑問が浮かびました。お分かりになる方がいらっしゃいましたら、ご回答お願いいたします。 (1)建替えをする際は、今回打った杭を抜く必要があるのか? (2)杭を打ったことによって、土地の価値は下がるのか? (3)売却しにくくなることはあるのか? よろしくお願いいたします。

  • 土地の耐震補強が必要です。瑕疵ですか?

    今年1月に15区画発売のうち1区画を土地購入しました。13区画は建売です。 重要事項には住宅メーカーにより耐震補強が必要になることがある・補強は買主で負担の旨は記載してありました。 今月、地盤調査をしたところ、改良工事が必要となり他の建売の不動産がどうだったのか工務店の方が尋ねたところほとんどが地盤改良をしているとのことでした。 そんなことをまったく説明受けていません。土地の契約以降に建売の着工を行ったので、契約時には不動産屋は知らなかった可能性は考えられますが、着工が始まり、ほとんどが地盤改良が必要だった事実を土地購入者に伝える必要はないのでしょうか? 地盤改良の代金は請求できるでしょうか?