解決済み

共有 このコンピューターに接続しているユーザーが1人います。

  • 困ってます
  • 質問No.86197
  • 閲覧数507
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 54% (60/110)

LANに繋がっている自分のPCをシャットダウンしようとすると、

共有 このコンピューターに接続しているユーザーが1人います。シャットダウンすると、接続は強制的に解除されます。続けますか? [はい][いいえ]

というダイアログボックスが現われました。ファイルやフォルダーの「共有」を設定した覚えはありません。何かが共有されているかどうかを調べるにはどうしたらよいですか?

教えてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

jotarou といいます。
お困りの件ですが、プログラム->アクセサリー->システムツール->ネットウォッチャ-で誰が接続しているかと共有フォルダーが確認できます。
 
 また、このネットウォッチャーが無い場合は、OSのCD-ROMを入れて、アプリケーションの追加と削除で、Windowsファイルタブのアクセサリーの詳細で確認して、ネットウォッチャーをチェックしインストールできます。

 では・・。
お礼コメント
bosatsu

お礼率 54% (60/110)

ありがとうございます。Netwatcherで確認できました。
どういう原因でこういうことが起きているかは不明ですが、
正体がわかっただけでも少し安心しました。
ずっと同じLAN環境で使っていましたが、こういうメッセージが出たのは初めてだったので。
投稿日時 - 2001-06-07 14:21:09
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 63% (108/169)

ネットワークコンピュータから自分のコンピュータ名を探しだし、何が共有されているのか知ることができます。
また、マイクロソフトのSystems Management Server など、アプリケーションが共有する場合もあります。
まずは、jotarouさんの回答の通り、ネットウォッチャーで確認してみてください。
お礼コメント
bosatsu

お礼率 54% (60/110)

ありがとうございます。参考になります。どうやらおっしゃるとおり、
マイクロソフトのSystems Management Server などがあやしそうです。
投稿日時 - 2001-06-07 14:18:32
  • 回答No.4

ベストアンサー率 9% (18/186)

某社のノートPCってことはないですか?
デフォルト共有になってたりします。
これは即座にやめないと危険です。
ドライブごと共有になってますから。

共有されているかどうかは、すでに答えがきてるんで
大丈夫かと思います。
お礼コメント
bosatsu

お礼率 54% (60/110)

ありがとうございます。参考になります。パソコンはDellのデスクトップですが。。。
投稿日時 - 2001-06-07 14:19:17
  • 回答No.3

ベストアンサー率 31% (93/295)

こんな答えでいいのかしらん、、、。
共有してると、そのドライブとかフォルダのアイコンのしたに手が加えられますけど、、、。
お礼コメント
bosatsu

お礼率 54% (60/110)

ありがとうございます。参考になります。
投稿日時 - 2001-06-07 14:16:04
  • 回答No.2

ベストアンサー率 21% (84/382)

共有の覚えはない…ということですが、LANに接続しているということ自身が共有になっているので、相手側が必ず存在します。
そのときに、一台のパソコンを終了しようとすると、それ以外のパソコンがアクセスできなくなるのでダイアログで確認してくるのです。
あと、何かが共有されているかどうかを調べるにはどうしたらよいですか? ということですが、これは、ディスクトップやエクスプローラにあるネットワークコンピュータのフォルダーを見れば、それぞれのパソコンの共有部分がフォルダという形で見えると思いますが (^^)
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ