• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

偏微分の問題です。

偏微分の問題です。 nを4以上の自然数とし,n次元ユークリッド空間の部分集合Cを以下で定義する。 C={(x_1,・・・・,x_n);sin(πx_1)+....+sin(πx_n)=0,sin(πx_1)+sin(2πx_2)....+sin(nπx_n)=0} このとき原点(0,...,0)の適当な開近傍において,x_n-1,x_n が x_1,x_2,...x_n-2の関数として あらわせることを示せ。 という問題です。次の小問としてその関数を偏微分せよとあるので,ある程度具体的な形であらわすのだと思うのですが わかりません。 よろしくお願いします。 πは円周率のパイを表します。見にくくて申し訳ありません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数143
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

逆関数の定理(又は陰関数の定理)を使う練習問題ですね。 逆関数の定理を使うとすれば、次のようになります。 F を次のような n 次元ユークリッド空間から n 次元ユークリッド空間への写像とします。   F(x_1, x_2, ..., x_n) = (y_1, y_2, ..., y_n)   ただし、   y_1 = x_1   y_2 = x_2    :   y_(n-2) = x_(n-2)   y_(n-1) = sin(πx_1)+....+sin(πx_n)   y_n = sin(πx_1)+sin(2πx_2)....+sin(nπx_n) さらに、F の関数行列をD(F) とします。 するべき作業は、次の3 点です。いずれも単純計算です。 (1) D(F) を x_1, x_2, ..., x_n の数式で具体的に表す。 (2) D(F) が正則行列であることを示す。 (3) D(F) の逆行列を計算する。 (2) が示されれば、逆関数の定理により、 x_1, x_2, ..., x_n が局所的に y_1, y_2, ..., y_n の関数になることが分かります。この関数をとくに y_(n-1)=0, y_n =0 の部分に限定すれば、それが x_(n-1) と x_n をx_1, x_2, ..., x_(n-2) で表す関数になります。 Fの逆関数の関数行列はD(F) の逆行列です。したがって、(3) の結果を使えば、任意の添え字 i と j に対して、∂x_i/∂y_j が分かります。とくに j≦n-2 のときx_j = y_j ですから、∂x_n/∂x_j や ∂x_(n-1)/∂x_j が分かります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 関数を定義してヤコビ行列を求めて逆行列を計算してみたのですが,0にならないことが証明できません。。。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

ANo.1 への補足「逆行列を計算してみたのですが,0にならないことが証明できません」について ヤコビ行列 D(F) の左上 n-2 行 n-2 列は、単位行列です。これを I とします。同じく、右上 n-2 行 2 列は、零行列です。これを O とします。さらに、左下 2 行 n-2 列を P、右下 2 行 2 列を Q と置きます。 さて、このような、左上が正方行列で右上が零行列となる行列の行列式は、簡単に計算できて、   det(D(F)) = det(I)det(Q) = det(Q) となります。よって、原点において det(Q) ≠ 0 であることを示せばよいわけです。 「;」で行を区切って、行列 Q を (第1行第1列, 第1行2列; 第2行第1列, 第2行第2列) で表示すると、   Q = (πcos(πx[n-1]), πcos(πx[n]); (n-1)πcos((n-1)πx[n-1]), nπcos(nπx[n])) です。とくに原点おいては cos(πx[n-1]) = cos(πx[n]) = cos((n-1)πx[n-1]) = cos(nπx[n]) = 1 なので、   Q(原点) = (π, π; (n-1)π, nπ) です。よって   det(Q(原点)) =π×nπ -π×(n-1)π = π^2 ≠ 0 となります。 ************* ちなみに、後の小問で D(F) の逆行列を使うことになりますが、次のようにしてこれを計算できます。 D(F)^(-1) の左上 n-2 行 n-2 列を R、右上 n-2 行 2 列を S、左下 2 行 n-2 列を T、右下 2 行 2 列を U と置きます。   D(F)D(F)^(-1) = (I, O; P, Q)(R, S; T,U)     = (R, S; PR+QT, PS+QU) で、これが単位行列だから、   R = 単位行列   S = 零行列   PR + QT = 零行列   PS + QU = 単位行列 となります。これらから、   T = -Q^(-1)P   U = Q^(-1) を得ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

集合Cでの話なので行列式が0にならないんですね! ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 偏微分について

    偏微分について f(x,y)=sin(xcosy)について3次までの偏微分の計算 よろしくお願いします。

  • 偏微分の問題です

    偏微分の問題です z=f(x,y) x=rcosθ y=rsinθ について、Z[x]とZ[xx] (zのxについての、1階偏微分と2階偏微分) をr,θ,Z[r],Z[θ]を用いて表したいのですが、後者のほうがわからなくて困っています。 前者は自分で計算したところ Zのxでの1階偏微分 Z[x] = Z[r] cosθ - 1/z * Z[θ] sin(θ) となりました。これもあっているか不安です。どなたか教えていただけると嬉しいです。

  • z = x^y の偏微分

    z = x^y の偏微分 こんにちは。 数学の偏微分に関しての質問です。 z = x^y を偏微分せよ という問題について教えて欲しいのです。 ・偏微分可能であることを示す ・偏専関数を求める これは例題でやったのですが、実際に偏微分するときどう手をつければいいのかわからず…。 偏微分というのがどういう事なのかをまず理解してないのも一つなのですが。 実際に解答するならばどう答えればいいのでしょうか。 宜しくお願いします。

  • 偏微分について

    偏微分について R^2上C^1級関数f(x,y)があるとする。 R^2上任意の(x,y)でx,yそれぞれの偏微分が0であれば、R^2上、fは定数であることを示せ。 そうなることはわかるのですが、どうやって示せばいいのかよくわかりません。 よろしくお願いします。

  • 偏微分の問題です。

    偏微分の問題です。 (∂f/∂x)(∂f/∂y)((∂^2 f)/(∂x∂y))を求めよ。 ・arctan(x^2+sin(x・y)) わかる方よろしくお願いします。

  • 大学数学の偏微分に関する問題です。どなたか回答よろしくお願いします<(_ _)>

    大学数学の偏微分に関する問題なのですが、 次の関数は原点で偏微分可能であるが、偏導関数は原点で連続でないことを示せ。 f(x,y)= xysin1/√(x^2+y^2) (x,y)=(0,0)以外     0 (x.y)=(0,0) この関数が原点で連続可能で偏微分も可能であることは明らかなのですが、偏導関数そのものの連続性とのつながりがよくわかりません。。。どなたか回答をよろしくお願いします<(_ _)> 

  • 偏微分

    数学の問題なのですが、まったくわかりません。 助けてください。 次の関数の偏微分を求めよ。 f(x,y,z)= (1) 2x + 3x^2y + yz^2 + 4 (2) (2x - x^2y)(4y^3 + yz^2) (3) (cosx + 2xz) sin3y (4) 2z^4e^xy + y(sin2x)e^3x たとえば (1) では ∂f / ∂x = 2 + 6xy + yz^2 ∂f / ∂y = 2x + 3x^2 + z^2 ∂f / ∂z = 2x + 3x^2y + 2yz となるのでしょうか?? いまいち偏微分が理解できません。 できれば教えてください!!

  • 合成関数の偏微分

    z=f(x,y)で  x=rcosθ y=rsinθ としたとき ∂z/∂r = cosθ(∂z/∂x) + sinθ(∂z/∂y)  ∂z/∂θ = r×{-sinθ(∂z/∂x) + cosθ(∂z/∂y)} となりますよね。 次にこれらを ∂z/∂r = P   ∂z/∂θ = Q  とおいて 2階偏導関数 ∂P/∂r = (∂P/∂x)(∂x/∂r) + (∂P/∂y)(∂y/∂r)  ∂Q/∂θ = (∂Q/∂x)(∂x/∂θ) + (∂Q/∂y)(∂y/∂θ)  を求めたいのですが ∂P/∂x や  ∂Q/∂x を求めるときに cosθ(∂z/∂x) についている cosθ や r×{-sinθ(∂z/∂x) + cosθ(∂z/∂y)} についている r は 定数として扱うべきなのでしょうか?それとも変数とみて積の微分法を 用いればよいのでしょうか? 考えてみれば cosθ = x/r で (x,r)の関数ですから cosθは xで偏微分できそうですし r=x/cosθ で (x,θ)の関数ですから rも偏微分できそうです。 しかし解答をみる限りでは偏微分していません。 誰か教えていただけるとありがたいです。

  • xについての偏微分

    2変数関数f(x,y) f(x,y) = xy^2/x^2+y^2   ((x,y)≠(0,0)のとき)     =   0 ((x,y)=(0,0)のとき) をxについて偏微分するとどうなりますか?また、(0,0)での偏微分はどうしたらいいのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 偏微分の問題です。

    偏微分の問題です。 f(x):R上微分可能な関数 f(y/x)について f_x(y/x)=f_y(y/x)は成り立ちますか? よろしくお願いします。