-PR-
解決済み

狩猟と鳥獣保護

  • 暇なときにでも
  • 質問No.860424
  • 閲覧数219
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 85% (17/20)

狩猟免許と猟銃を持った人Aさんがいるとします。
Aさんは山に向かって歩いていたところ、わき道の森林にヒグマが見えたので射殺しました。
ヒグマは鳥獣保護法で保護されているらしいです。(確か)
で、Aさんは免許と銃は持っていましたが、ヒグマを殺す許可は持っていませんでした。
この場合Aさんは罰を受けますよね?
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 36% (2961/8168)

 こんにちは。

 「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」により,原則として野生の鳥獣や卵の捕獲は禁止されています。ただし,学術目的や農林業に被害がある場合(申請すれば,許可されれば有害鳥獣に指定され捕獲できます。)などは,許可を得て捕獲できます。
 ご質問の内容のように許可を取られていなければ,違法になります。
 罰則は,1年以下の懲役又は100万円以下の罰金です。

 ただ,ヒグマは北海道などでは有害鳥獣に指定され駆除されています。

http://homepage3.nifty.com/hungryhunter/law/newlaw.html

http://www.fujijoshi.ac.jp/dept/human_dept/uchida/seminar/soturony.html
お礼コメント
puregummy

お礼率 85% (17/20)

どうもありがとうございました。よくわかりました。
投稿日時 - 2004-05-16 17:11:10
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『法律や相続』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

弁護士畑中 優宏

質問する非公開

相続診断士河東田 桃子

質問する非公開

行政書士石川 裕也

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ