• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

化石燃料のことで質問です

植物が光合成をして有機物を作り、その有機物を動物が食べる。 その動物の死骸や排泄物が微生物によって分解される。 この時、発生する二酸化炭素を植物が光合成をする際に使うので、大気中の二酸化炭素は増減しない。 これはつまりカーボンニュートラルですよね(大まかに言うと) では、化石燃料がカーボンニュートラルじゃないのはなぜですか。 化石燃料も元をたどると動物や植物由来なわけですよね。 でも化石燃料を燃やすと二酸化炭素は増えます。 カーボンニュートラルとは、 吸収する二酸化炭素の量(光合成に使う二酸化炭素)=排出される二酸化炭素(微生物を分解する時などに出る二酸化炭素量) なので化石燃料がカーボンニュートラルじゃないということは、化石燃料は上の等式が成り立たない。ということになります。 なぜ、化石燃料はカーボンニュートラルではないのか、説明して下さるとうれしいです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数639
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

なぜ化石燃料がカーボンニュートラルでないか、と言うよりなぜバイオ燃料がカーボンニュートラルかと言う事にこじ付けがあると思いますね。 他の方からの指摘には、時間的な違いが述べられていますし、化石燃料もオイルシェールやメタンハイデレートと言う前段階のものから、オイルサンドの様ななれの果てのタイプがあり、その生成期間も差が在りますが、もっと短い期間に出来た植物であっても、燃やせば同じ二酸化炭素が出ます。 またバイオ燃料材料の殆どは、化石燃料へのロングサイクルへ向かう筈のものであって、それを途中で燃焼させる事がカーボンニュートラルと言えるかは疑問ですね。 預金に例えれば、化石燃料は定期預金、バイオは普通預金で、普通預金から下すだけで生活して始めて、継続可能な家計と言える訳です。 CH について C=0 である水素にしろ、すべての燃焼エネルギーの基は太陽エネルギーを光合成で変換したものであり、二酸化炭素排出を減らす事しか真に可能な解決策はありません。 逆に光合成を促進すると言う形での解決策はありますが、アマゾン等の開発を考えれば減らすのを遅くするのが精一杯と言ったところです。 勿論、今迄無かった種類と量の光合成源を作り出し、それを直ぐに燃料化すれば真の意味でカーボンニュートラルであり、それを目指して藻などの開発が行われていますが、まだ実用化と言うレベルではありません。 もう一度別の例えで木質バイオ燃料について考えると、落ち葉や折れ木・間伐材と言うバイオ廃棄物を利用、切り取った薪木として燃やす、木炭にして燃やすと言う段階があり、自然界が作った木炭である石炭とどこが違うのかと言う話になります。                             光合成の余りものだけを使う場合はカーボンニュートラルだが、育ち上がった成木自体を切ってしまう場合はそうではないと私は思います。、 当初のカーボンニュートラルは、バイオ燃料原料の生産ために放って置けば何も生えない荒れ地に植物を植えると言う事が前提で、そうであれば確かにカーボンニュートラルですが、実際には樹を切り倒したり他の作物と植え替えたりすれば話は違います。 そう言った意味でのLCCと言う見直しは、各先進国で行われていて、それがまた南北摩擦になっています。 初期の鉄器文明は木炭を必要とし、その為に多くの山が禿山になり土地が荒廃しましたが、それは未だ部分的なものだったので、一部の地域や文明が滅びる事で済んでいました。 今の石油文明は世界中に蔓延してしまい、影響を受けない地域は殆どないので、皆が真剣に取り組んでいるのですが、論理の統一性についてもまだ途上と言う事ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 化石燃料について

    化石燃料とは、植物や動物などの死骸が堆積したものだと習いました。 土壌微生物によって分解されて、死骸の中にある炭素は二酸化炭素として大気中に放出されるということと併せて考えますと、死骸の一部が分解されずに残って、現在人間が使用している石油などの化石燃料になったということでしょうか。 わかる方、回答よろしくお願いします。

  • 化石燃料の使用をストップしても地球温暖化が進む理由は?

    化石燃料の使用を今すぐ0にしても、今後数年は二酸化炭素の濃度は上昇し続ける、とよく言われていますが、どのような理由でこうなるのでしょうか? ご回答の程よろしくお願いいたします。

  • 油田が中東に集中しているのはなぜ??

    理科レポートで二酸化炭素や環境問題について調べている中学生です。 石油や石炭などの化石燃料は光合成によって作られた有機物の一部が有機物のまま地層に埋もれ、長い年月をかけて温度や圧力の影響をうけ変化していったものだとはわかりました。 ということは、有機物を持つ生物と変化を受ける条件と時間がそろえば石油はできる、ということですよね? ではなぜ油田は中東に集中しているのですか?? 中東地域が有機物が石油になりやすかったからなのでしょうか?? 考え方が幼稚ですいません。どなたかわかりやすく説明お願いします!! あと、多少難しくてもいいので化石燃料が出来るまでの詳しい変化についての説明もできればお願いします・・・!!

その他の回答 (6)

  • 回答No.7

自然に生成される量と均衡する程度に消費すればニュートラルといえるでしょう(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • tanuki4u
  • ベストアンサー率33% (2764/8360)

では、化石燃料がカーボンニュートラルじゃないのはなぜですか。 ↓ 時間のスパンが違うから http://blog.sizen-kankyo.com/blog/2009/03/504.html 3600PPMだった二酸化炭素が石炭紀(つまり植物が大気中の二酸化炭素を取り込んで石炭の元のになった)300PPMまで減少した。 数千万年単位での話が 化石燃料が作られる場合の時間のスパン

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

 地球の大気中に存在する二酸化炭素は天文学的な時間経過の中では大気中から失われており、そのほとんどは生物死骸として海底に降り積もって堆積し、地層となった結果、岩盤の熱変成作用を受けて化石燃料となったと考えられています。  大気中の二酸化炭素は、生物が存在しなかった昔は、海中のカルシウムイオンと化合して海底に沈殿して取り除かれ、植物プランクトンが発生した後は、光合成によって分解されて取り除かれ、植物プランクトンの死骸が海底に沈殿し、大部分の二酸化炭素は大気中から取り除かれて、石灰岩や化石燃料などの形で地殻中に埋もれていると考えられているようです。  従って、二酸化炭素が大気、海、陸地の間で循環し、総量が変化しないという学説は天文学的な時間スケールでは正しいとは言えず、歴史的時間で考えると、二酸化炭素は大気中から減り続けているのが真実です。  それが文明が始まって、化石燃料を採掘して燃やすようになると、大気中の二酸化炭素量が増え始めて、従来の二酸化炭素バランスが崩壊し、急激な気温上昇が始まっているわけで、もし、文明の始まりが無かったとしたら、地球は二酸化炭素の減少で氷河期が続く寒冷な惑星となっていたはずです。  火星が寒冷な惑星なのは、天文学的な時間スケールでは二酸化炭素が減少していったのに、火山活動などによって二酸化炭素を大気中に戻す機構が働かず、寒冷化が進み続けた結果と考えられます。  何らかの方法で火星の地下に埋まっている大量の二酸化炭素を採掘して大気中に戻せば、大気圏が濃くなって温暖化が始まるわけですが、現在の方法では何万年もかかるのでテラフォーミングの実現は難しいようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#195146
noname#195146

>では、化石燃料がカーボンニュートラルじゃないのはなぜですか。  普通の植物由来なら、植物が充分に育てば、それをエネルギー資源とすることができます。例えば木が10年育って資源としてつかえるなら、毎年使う分を植林しておけば、植林されたものは10年後には使用可能となります。植えた以上に使わない限り、いつまでも供給は続き、破たんしません。  石炭や石油は、未だにどうやってできたのか未解明な面もあります(無機物由来説もあるほどですが、措いておきます)。それが仮に分かったとし、植物や動物由来だとします。それでも、億年単位の昔からの生物由来であることは間違いないようです。  単純に考えれば、今年使った分を億年単位という超未来のために補充するようにすれば、供給は続き、枯渇しないはずです。  しかし、消費ペースが膨大に速いのです。1年で千万年分~億年分くらいを使っていることは、ほぼ間違いありません。木に換算すれば、百万倍~千万倍の植林をすべし、ということになります。そんな植林はできません。動物性由来ならもっと不利です。動物は同じ重さのの植物の10倍もカロリーを消費しないと育ちません。千万倍~億倍ということです。  地球上でそれだけの生命は養えません。つまり使った分の化石燃料の補充はできません。それで化石燃料は、カーボンニュートラルにできないし、再生可能エネルギーにもなれないのです。 P.S.  仮に化石燃料が無機質由来だとすれば、枯渇しないかもしれません。しかし、その場合は二酸化炭素を減らして化石燃料となることはなさそうです。ですので、カーボンニュートラルとなることは、望み薄です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

同一環境の中で廻ってないから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>化石燃料も元をたどると動物や植物由来なわけですよね。 そう、太古の地球にあった二酸化炭素が化石燃料になっていますよね。 カーボンニュートラルは今、5年10年単位の二酸化炭素の量を問題にしていますので、 カーボンニュートラルとは言わないわけです。 太古の地球は今より熱く、二酸化炭素もかなり多かったようです。 見たわけではありませんけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • バイオマスエネルギーについて

    「バイオマスは有機物であるため、燃焼させると二酸化炭素が排出される。 しかしこれに含まれる炭素は、そのバイオマスが成長過程で光合成により 大気中から吸収した二酸化炭素に由来する。そのため、バイオマスを使用 しても全体として見れば大気中の二酸化炭素量を増加させていないと考え てよいとされる。この性質をカーボンニュートラルと呼ぶ。バイオマスを 化石燃料に換えることで、CO2の発生量を抑制できる」 とか、「バイオマ スエネルギーは燃焼時にCO2が発生しますが、同時に植物がCO2を吸収す るため、総合的には二酸化炭素は増加しないことになります。これをカ ーボンニュートラルと言います」 とあり、「化石燃料として静かにしているものを、燃やすことで表舞台に 登場させ、結果的に空気中に炭素を増やすことに繋がる」と指摘している と理解しています。  しかし、樹木が残っている方が、二酸化炭素の吸収が多く行われす。 つまり、二酸化炭素を吸収できる木をたくさん切り倒して(バイオマス) エネルギーとして使うのと、そのまま二酸化炭素の吸収に貢献させながら、 化石燃料を使う場合を比較すると、二酸化炭素の排出量が同じ時には、 後者(化石燃料)の方が、(木が残っている分だけ)二酸化炭素の残量が 少なくなるように思えます。ただでさえ、樹木による二酸化炭素の吸収が 間に合わないこの時代に、「樹木を切り倒してバイオマスエネルギーとして 使用した方が良い」という上記の説明には、どうしても納得できません。 「『二酸化炭素を吸収できない状態にある』バイオマスエネルギーを使っ て」という説明なら、「そうですね」といえますが、単に、樹木の場合、 プラスマイナス零なので、使ってもよいとする説明には、釈然としないものを覚えます。 何か大きな考え違いがあるのでしょうか?

  • 「化石燃料」について教えてください。

    以前 「石油」は恐竜の絶滅により地下で油となった。 「石炭」は地球が隕石の衝突で火達磨になったとき地球上の森林が木炭になり化石化した。(これはなんかわかる気がする) と言うことをどこかで教わったことがあります。今更ながら素朴すぎる疑問というか愚問ではありますが、 「石油」について、これはホントなのでしょうか? 疑問1:油は水に浮く性質なのに何故海底地下に埋蔵されているのか? つまり恐竜は地上で絶滅したのに何故海底の下の更に地下に燃料となるものが入り込むことが出来るのか? 仮に海底生物が燃料化したにせよ同じ疑問が浮かびます。 疑問2:大変不謹慎と承知の上での疑問なのですが、2年ほど前東南アジアで大津波があったとき、20万人以上の人が海にさらわれてしまい帰らぬ命となってしまいましたが、あの被害に遭われた方たちはサメにかじられてしまう以外、化石燃料の一部と化していくのでしょうか? 教えてください、宜しくお願いいたします。

  • H2Oを電気分解すれば水と酸素に。ではCO2を炭素と酸素に分解するには?

    今 地球温暖化が問題になっています。 ご存知のとおり化石燃料を使いすぎたために二酸化炭素が増えすぎて温室効果がおきています。 さて、水を電気分解すると酸素と水になります。 では二酸化炭素を炭素と酸素に分解するにはどうしたらいいですか? (植物による二酸化炭素→酸素への変換以外の方法で) また低コストでできることですか? 低コストでできれば一気に問題解決できると思います。 悩んでいます。 教えてください。

  • バイオエタノールについて

    植物が消費する二酸化炭素と、バイオ燃料が発する二酸化炭素が同等で。 これの意味がわかりません。それなら化石燃料だって成分から二酸化炭素がでるなら同じではないんでしょうか? 植物は再生産可能であること以外のバイオエタノールのメリットを教えてください。

  • バイオ燃料

    「バイオ燃料」「非炭化水素油」「アルコール系燃料」これらの意味するところは、化石燃料ではなく植物由来の燃料であり、カーボンニュートラルだということでよろしいのでしょうか? BDF(バイオディーゼル燃料)もこれらに該当するのでしょうか?

  • 地球温暖化の原因として二酸化炭素が問題とされており、化石燃料の消費を抑

    地球温暖化の原因として二酸化炭素が問題とされており、化石燃料の消費を抑制すべきと言われています。しかしながら石油(原油)はガソリンや重油以外にもポリエチレン等のさまざまな重要な化学製品の原材料であり、これらが不要になる事はありえません。従って石油はこれからも採掘され続けるわけですが、精製の過程で地球環境に悪影響を及ぼすCO2発生源の化石燃料のみを除外する事が出来るのでしょうか?もし除外出来ないのであれば、同時に精製されてしまう訳ですからこれを自動車等の燃料として使わずにCO2が発生しない何かに使用しなければならない訳ですが、どういう可能性があるのでしょうか?それが出来なければ燃やしてしまうという事になってわざわざハイブリッド車や電気自動車に代替させる意味はないような気がしますが、、。どなたかよろしくご教示下さい。

  • ミカヅキモってどの位二酸化炭素を吸収しますか?

    ミカヅキモってどの位二酸化炭素を吸収しますか? ミカヅキモやアオミドロってどの位光合成するんでしょうか? またこれらの微生物の中で単位量あたり最も二酸化炭素吸収量の多い微生物って何ていう生物なんでしょうか。 科学的データもあると大変助かります。 また、植物の単位当りの二酸化炭素吸収量と比べてもどうでしょうか。 マングローブがかなり吸収が良いと伺いました。

  • バイオマス燃料について

    バイオマス燃料について バイオマス燃料を燃焼することで、二酸化炭素が発生しますが、これは元々植物によって大気中の二酸化炭素が固定されたものだから、温暖化の原因とならないとの主張があります。 現在存在する植物を確保したうえで、新たに生育させた植物を燃料として使用すれば、現在より二酸化炭素が増加することはないと思います。 しかし、現在の植物の量を燃料のために減らしてしまうと、二酸化炭素量は現在よりも増えてしまうのではないでしょうか。

  • 植物と炭素の循環について

    只今、別件でも質問中なのですが、 以前、化石燃料は、太古の昔の大気中のCO2を吸収したものだから、化石燃料を燃焼させることは、結局もとの大気中に戻すだけ(ゼロサム)との記事を読んだことがあります。 そこで、3つ質問があります。 1、植物中の炭素原子は、全て大気中のCO2から取り込んだものでしょうか? 土壌中から炭素化合物として取り込まれるものもあるのでしょうか? 2.朽ち果てた植物の炭素の末路は? 土壌中で、微生物に分解されて・・その先が? 3.まとめ質問なのですが、土壌中からも炭素を取り込んでいると仮定すれば、その植物を完全燃焼させると、 成長の過程で、大気中から取り込んだCO2総量よりも、その植物が燃焼して生じるCO2量の方が多いのでしょうか? 上記どれか1つだけの回答でもかまいませんので、宜しくお願いします。

  • 光合成を行う植物以外の生物はいますか?

    光合成を行う植物以外の生物はいますか? その光合成を行う生物は二酸化炭素を吸収し、酸素を排出するのでしょうか? もし光合成をするとしたら、どういう生物で、二酸化炭素吸収量は、どの程度の量でしょうか?