-PR-
解決済み

天皇が女性だった場合、その旦那さんの呼び名は何?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.86009
  • 閲覧数292
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 75% (28/37)

女性天皇の問題が取りざたされていますが、
天皇が女性だった場合、その旦那さんの呼び名は何になるのでしょうか?

天皇が男なら、その奥さんは皇后ですよね。
皇太子が男なら、その奥さんは皇太子妃ですよね。

天皇や皇太子が女性になった場合、その旦那さんは何と呼ぶのでしょうか。

昔、女性天皇がいた時代には、結婚は皇族どうしだったため、
旦那さんは「~親王」なり、もともとの呼び名を通せば良かったわけですが、
今は一般人との結婚になりますよね。となると呼び名は何?殿下?

考えてみれば、女性天皇or皇太子が、一般人と結婚した例って、
日本史上ないんですよね。
一体どうなるのかなと思いまして。

詳しい方、おられましたらお願いします。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 40% (900/2202)

皇婿(こうせい)と呼ばれるようです。
位は皇后と同じく「陛下」のはず。

海外の例だと、自身は皇位継承権は持たずにその子供へ
引き継がれるようです(「女王」と「王妃」の関係と
同じですね)。ただし、摂政として政治に関与する事は
あったとか。
お礼コメント
nanbo

お礼率 75% (28/37)

ありがとうございます。
婿はセイと呼ぶんですね。
投稿日時 - 2001-06-07 00:16:43
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 イギリスの場合はエリザベス女王の夫はフィリップ殿下と「殿下」となっています。日本でも、親王とか他の名称をつければ、離婚するようなことがあった場合、皇族から離籍できなくなると思います。
お礼コメント
nanbo

お礼率 75% (28/37)

あ、皇族からの離籍問題も考えなければなりませんね。
そういえば皇室典範では、再婚は認められているんでしょうかね?
それ以前に離婚もOKなのでしょうか??
投稿日時 - 2001-06-07 00:20:48


  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 58% (448/771)

昔、女性天皇がいた時代には、女性天皇は結婚していないと思いますが・・・。
(たしか、そう習った記憶があります)
したがって、女性天皇の子供が後を継ぐというケースはありません。
結婚していないので、その旦那がいた例もありません。
女性天皇は、あくまで「つなぎの一時的」なものと言う性格が強く、
次の皇位継承予定者が幼いなど、一定期間のつなぎで、現在取りざたされています女性天皇とは性格を異にします。
  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 58% (448/771)

(下に書いた内容を補足します。) 
歴史上の女帝は推古天皇から後桜町天皇まで8人、10代だが、このうち独身のまま皇位を継承されたのは孝謙以下4帝だけで、そのほかはいったん結婚されている。しかも大位に就いたのち皇太子を立て、時を待って譲位することを前提としている。天皇というよりは「摂位」に近い。
 独身で帝位に登られたのは元正帝、孝謙帝と続くが、元正天皇の時代には首(おびと)皇子があり、孝謙帝のときは皇太子に道祖(ふなど)王、大炊(おおい)王がおかれた。近世には父後水尾帝の譲位でわずか7歳で皇位を継いだ明正帝がおられるが、皇太子はなかった。これが唯一の例外で、後桜町帝は幼少の英仁(ひでひと)親王が成長するまでの皇位であった。
つまり、過去の女帝と現在考えているものは性格を異にし、過去に女系の子供が天皇を継ぐことは無いので、今回女性天皇を認めても、根本的な解決にはならない。
今回は、いままで守られていた「男系子孫一系」を崩すかどうかと言う問題かと・・・(あっ、ご質問からそれてしまいましたね)
お礼コメント
nanbo

お礼率 75% (28/37)

男系子孫一系については難しいところですね。
個人的には、今までの歴史上にも疑わしい継嗣もありましたので、
血がはっきりつながっているだけで十分だと思います。
投稿日時 - 2001-06-07 00:23:38
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 34% (664/1947)

私もNo.1の方と同じ回答だと思います。
正式名称は「皇婿」でも、一般的には「殿下」または「陛下」と呼ばれるんでしょうね。

あと私も質問してしまいますが、もし雅子様のお子様が女子であり、その子が皇位を継ぐように皇室典範が改正されたとしたら、女性の皇位継承者第1位は何と言うんでしょうかね。やっぱり「皇太子」?
(昔なら東宮だったみたいですけど)
お礼コメント
nanbo

お礼率 75% (28/37)

いろいろ、呼び名をどうするか、
決まっていないことがいっぱいありますね。
それほど、想定してこなかった事態といえますね。

女性の皇位継承者第1位の呼び名にしても、
おそらくは皇室典範改正の際に、新たに設けることになるのでようか。
投稿日時 - 2001-06-07 00:25:59
  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 46% (1678/3631)

 皇室典範14条に「皇族以外の女子で親王妃又は王妃となつた者」は「離婚したときは、皇族の身分を離れる。」との規定がありますので、離婚が認められています。当然再婚もできます。ただ、皇后が除かれていますので、皇后の離婚は認められていません(皇太子妃は親王妃です)。また、皇族女子は一般人と結婚すれば皇族の身分を離れますが、離婚しても復籍の規定がありませんので皇族の身分に戻ることはできません。
お礼コメント
nanbo

お礼率 75% (28/37)

皇后の離籍は認められてないんですね。
勉強になりました。
投稿日時 - 2001-06-07 23:19:21
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ