• ベストアンサー
  • 困ってます

マンションの防音についておうかがいします。

マンションの防音についておうかがいします分譲マンションですが、我家側の壁際に置かれた隣家のテレビの音漏れに悩んでいます。 理事長同伴で一度お願いしましたが、効果は短期間に終わりました。 ストレスの毎日に名案も浮かばず、 今、隣接する壁に防音を施工することを考えています。 防音工事をなさった方、または知識をお持ちの方の助言をお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • lupan344
  • ベストアンサー率28% (1201/4269)

音は、壁からしか漏れていないのでしょうか? 壁が乾式工法(コンクリートで無い場合)は、壁に近づけば多少の音漏れはやむを得ないですが、壁から離れれば、通常は問題の無いレベルになります。 むしろ、サッシの方まで回りこんでいたり、隣室に近い換気ダクトから音が入ってくる可能性が高いですよ。 単純に壁だけ遮音しても、意味が無い可能性もあります。 遮音壁は、125~150mm程度の壁を遮音工法で施工すれば、かなり効果があるとは思います。 ただし、低音成分が大きい場合は、壁の構造によっては、充分な効果が出ない可能性があるので、漏れている音のスペクトル分析をして、壁の構造を決定した方が良いと思います。 出来れば、サッシも二重にした方が良いと思いますが、工事費はかなり高くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

理解し易いご回答 ありがとうございました 壁は コンクリートに直接クロス貼り、ではなく コンクリート 板 クロスになっていて、それが音の反響を.... と思ったりしていますが、以前の住人の方の時は問題無く 他の居住者の方達も、普通の会話、テレビの音も聞こえないとの事で、 対応に苦しむ毎日です もう一度隣人にお願いに伺い、 その後、業者の方に相談してみる方向で動いてみようと思います。l

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

鉄骨構造で界壁がALC版なのでしょうね。せめて、RC造ならば、音の問題は無いのですが。 他の家では問題が起きていないことから、TVの置き方に問題がありそうです。 よそのおうちのTVの置き方を参考にして、このように置いてくださいと頼めばどうでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 鉄骨構造は管理会社に聞けばわかるのでしょうが。 皆様、真剣に考えご回答下さり感謝です。 先ず比較的簡単なところからスタートし 経済的に許される範囲内まで頑張ってみようと思います。

  • 回答No.4

マンションは共同生活だから、いろいろ気になることは多いですよね。 私も同じような経験をしました、私の場合は隣のテレビが壁に密着していたため音が大きく響いていたようです、壁面に密着しないよう10センチ程度離してもらうと解決しました。 壁にもたれかかって話をすると隣に話し声が聞こえるように、壁に密着して発生する音はとっても響くようです。 いずれにしても、管理組合経由で改善をお願いするしかないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

即実行可能な回答をありがとうございました。 10cm程度離してもらうだけでいいのですね。 早速行動してみます。 とてもうれしいです。

  • 回答No.2
  • saltmax
  • ベストアンサー率39% (2992/7562)

イヤフォンのノイズキャンセルと同じ原理で 逆位相の音を出して室内騒音を打ち消す装置があるそうです。 sono http://www.dobatty.com/2013/11/sono.html 防音、吸音パネルは色々ありますけど 窓や給気口からの回りこみ対策で厚手のカーテンも必要でしょう。 http://www.pialiving.com/order/onetouch.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変参考になるご回答をありがとうございました。 ソノ?に至ってはもう感激です。 防音工事はやはり大掛かりな工事になりそうなので 不可能なようで…。 勇気を出してもう一度、隣人にお願いにあがろうと 思います。

  • 回答No.1

通常、「防音工事」は騒音発生源を重量のある壁で取り囲むことで「音を外に漏らさない」ようにすることを言います。 つまり、ご質問のケースでは隣家のTV設置部屋を重量のあるコンクリートで囲むことになります。 しかし、隣家における工事であり、コンクリート壁の厚みで室内面積が狭くなりますので、簡単には了解されないでしょう。 次善の策としては、質問者さんの住戸全体を重量のあるコンクリート壁で封印して外部からの騒音侵入を低減させることも考えられますが、この場合は工事費が数倍になり、マンション買い替えの方が安く済むので、実際はそこまでおカネを掛ける人が現れないということだと思います。 大抵は、隣家の人に悪意が有るわけでは無くて、軽い難聴になっているために音量を上げないと聞き取れない方が多いわけであって、この問題は引っ越し以外では解決が難しいですね。 騒音ストレスで、一旦ノイローゼになってしまうと、なかなか治癒せず、人生を狂わせますから、人生狂わす前に引っ越しをご検討されるようお勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご回答をありがとうございました。 やはり遮音は難しいのですね。でも引越しも難しいので もう一度 管理組合に相談してみようと思います。勇気を出して。

関連するQ&A

  • マンションの防音工事

    中古マンションの全体に防音工事をしたいと思っています。 天井、床、壁に防音工事を施し、階上、階下、両隣、 窓からの防音をしたいと考えています。 74m2程度の広さでしたら、大体どのくらいの予算が目安でしょうか? 教えて下さい。よろしくお願いします。

  • 鉄筋マンションの防音について

    鉄筋マンションの防音について 今日賃貸マンションを見に行きました。 構造は鉄筋です。 ネットで鉄筋でもGL工法で音漏れがひどいところがあると読んだので、壁を叩いてみました。 そうしたら中が空洞になっているような音がする部分と コンクリを叩いているような固い音がする部分がありました。 これはGL工法になりあまり防音は良くないのでしょうか? その場合鉄骨マンションの方がまだいいですか? 鉄筋でも防音がいまいちならわざわざこの物件を選ぶ意味がないので・・・。 隣でアパートが建築中で木をコンコンと組み立てている?音は窓を閉めても聞こえました。 ちなみに築23年です。

  • マンションでカーペット→フローリングのときの防音性と下地について

    分譲マンションでカーペットの部屋をフローリングにリフォームしてもらいました。 カーペットをはがしてコンクリートになった状態は水平できれいな面ではなくがたがたしていたのですが左官工事などはせずに直にフローリングを張っていました。 そのためか、きしむ箇所が出たのと床がまっ平らではない状態です。(壁際を見ると部屋の端と端の高さが違って緩やかに波打っている感じです。) そこで確認したいのですが、 コンクリートががたがたでも左官工事できれいな平たん状態にせずにフローリングを直張りするのが普通なんでしょうか? あと、防音フローリングではありますが、わずか数ミリのクッションの直張りで下の人が不快にならないくらいの防音性はあるのでしょうか?子供がおもちゃを落とすたびに(わざとではなくうっかり)ひどく響いてるのではないかと疑ってしまいます。 フローリングをやり直すとしてフローリング材とコンクリートの間に断熱材や防音材など何か間に挟むのはどんな感じでしょうか?

  • マンションの防音工事

    新築の分譲マンションを購入したので、テューバを演奏する夫とフルートを吹く私の為に、一室(6.2畳)を楽器演奏室として防音工事をしようと思っています。 ヤマハのアビテックスフリータイプと、大建工業さんに見積もりを出していただいたのですが、どちらにお願いしたらいいのか、ものすごく迷っています・・ もし、実際に「大建工業の部材で防音工事をした」または「アビテックスフリータイプ」を入れた、という方がいらっしゃいましたら、ぜひ、感想・ご意見をお願いいたします

  • 1LKの分譲マンションでリビングを防音にしたい

    ILKの分譲マンションでリビングに扉をつけて、音楽教室の扉のような防音扉をつけたいのですが、工事は可能でしょうか?  

  • マンションの防音について

    マンションに住んでいるのですが、とても壁が薄く少しでも防音したくて、良い方法がないか悩んでいます。 現状は、掃除機やドライヤーの音、ナイロン袋から物を出す音や、話し声も聞こえる状態です。 私が考えているのは、 スタイロフォームを隣接する壁全面に立てかけようかと思っています。 (賃貸マンションなので、接着することはできないと思います。) 下側が7ミリほど、木枠がありますので、 7ミリの発砲スチロールと50ミリのスタイロフォームを接着しようかと思っていますが、多少でも効果が期待できるでしょうか?^^; 隣の音が聞こえるということは自分のほうの音も聞こえていると思うので、とても気になっています。 何かいいアドバイスいただけたら、と思い、投稿しました。 どうぞよろしくお願いします。

  • 事務所を防音したいのですが

    テナント(15坪ほど)を賃借しようか検討しています。 テナントでは事務所のような静かな空間にしたいと考えていますが、大きな騒音ではないのですが隣のテナントやホール部分からの音が気にかかります。 テナントを借りて、内装工事などで防音仕様にしようと考えてますが、具体的な手段方法が分りません。 壁を防音(?)にするなどが無難な方法かと思っていますが、どうでしょうか?その場合でも価格がよく分かりません。どこまでの遮音か防音かにも拠ると思いますが、一般マンションなどでの隣家対策と同じぐらいの防音レベルでよいので、低い予算で抑えられると助かるのですが。 詳しい方、アドバイス頂戴できれば助かります!

  • マンションリフォーム

    我が家(分譲マンション)のリフォーム(スケルトン)を行ってる最中ですが、先日、理事長がリフォーム中に見に来たらしく、工事内容を見て工事をストップされてしまいました。もちろん、事前に承認はしてもらってますが、理事長いわく「何故、GLボンドをはがすのか?」との事なのです。業者の方と相談してみても、管理規約を見ても、「躯体部分以外を専有部分とする。」との事なので、下地であるGLボンドをはがしてもいいのではないでしょうか?しかも理事長いわく「私は、石膏ボードまでが共用部分だと思う。」などと文句を言っております。 また、築年数が古い為、床スラブの上にモルタルを施工し、高さ調節をする建て方のマンションですが、モルタル部は躯体部分に入るのでしょうか? 長くなって申し訳ございませんが、最後に壁下地にスタッド工法を採用しておりますが、ランナーというものを天井/床スラブに釘で打ちこまないといけません。それが標準施工との事ですが、それは躯体に影響を及ぼす工事なのでしょうか? 以上、3点がよくわかりません。何卒、皆様のご意見、経験談等教えて頂けませんでしょうか。宜しくお願い致します。

  • 分譲マンションの騒音問題・リフォーム工事不備

    私は築35年以上の中古マンションを3年前に購入し、リフォームして住んでいます。 住んだときには下階の方は所有しているだけで長いこと住んでいらっしゃらなかったそうなのですが、昨年からまた住み始め、上階の足音(つまり私達の足音)がうるさく感じられるそうで我が家に苦情がきました。 マンション管理組合の理事長さんに間に入っていただいた上で、 「私達が普段生活する部分にじゅうたんを敷く」 という話し合いで一応の解決を見ました。(防音シート(ニトリで売っているもの)と厚さ8mmのじゅうたんをリビングに敷いている。) ところが、3ヶ月ほどして「全く音が改善されていない」と下の階からまた苦情が来てしまいました。下の階の方は「こちらが費用の1/3を出すので、部屋全面に防音絨毯を敷いて欲しい」と仰っています。 念のためと思い、マンションリフォームをお願いした業者に我が家のフローリングは防音等級L40をクリアしているのかを尋ねたところ、何度か不明瞭な回答の末に「防音等級をクリアしているかどうか分からない」という返答でした…。 リフォームをお願いする際にマンション組合規約をマンション管理組合から業者に直接渡してもらい、その規約内に「床材は防音等級L40を満たすものを使用すること」という文章があるにもかかわらず、それを見落としていたと言うのです。また管理組合側も工事計画書よりその部分を見落としていたようです。 結果的にマンション規約違反のリフォームをしてしまったと言う事で、弁護士に相談を持ちかけました。 弁護士によると、最悪、部屋の再工事になった場合でも私達に支払い義務はなく施工業者もしくは管理組合の負担になると回答を頂きました。 ただ、施工業者の担保期間は2年であり、もうすでにその期間は過ぎています。すなわち施工業者の同意を得られなければ全額管理組合が工事費を負担することになります。 以上のことを洗いざらい管理組合の理事長さんにお話ししましたが、当然ながら穏便に解決して欲しいと言っておられます。 しかし、フローリングの規約違反についてはまだ下の階の方には伝えておりません。(理事長からの依頼で) 現状で私が考える選択肢は以下の2通りです。 (1)そのまま防音カーペットを全面に敷く。  →結果として、下の階の方には欠陥工事のことを伝えることもなく、欠陥工事の被害者である私達も下の階の方もカーペット代を支払うことになってしまいます。 (2)担保期間は過ぎているが、施工業者に再工事をさせる。(裁判をふくめて)  →理事会を敵に回してしまう可能性もあり、何らかの費用が発生した場合、理事会を構成するマンション住民全体に我が家1件のことで負担を強いることになり兼ねません。 上記2点以外でもっと良い解決方法がございましたら、どうか知恵をお貸しください。

  • 中古マンションとリノベーションについて(防音の観点)

    3LDK程度の中古マンションを購入して、リノベーションを考えています。 静かに暮らしたいので、防音・遮音を重視しています。 購入するのは、RCかSRC構造だと思いますが、中古マンションなので施工や設計以外に、建築時期によっては、壁やスラブ厚が薄いことも考えられますので、防音・遮音の点もリノベーションで補えればな、と思っています。 そこで、質問なのですが、 ・ 防音・遮音に優れたマンションはいつ頃からの物件か? (新しければいいというものでもないようですが、耐震基準のような感じ で、一般的に防音性能があがってきた時期が知りたいです。) ・ リノベーションのなかで防音・遮音工事をすることは可能でしょうか? リノベーションはデザインや用途の観点が多いようですが、防音性能の強化のようなことも可能でしょうか? 例えば、LL45をLL40にあげる、D50をD55にあげるなど) 最終的には、物件状況に依存すると思うので、一般的なお話でかまいません。なにかご存じの方、回答おねがいします。