• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

闘病者の最期

これはまじめな質問ですが、 闘病者(ガン患者を想定しています)の の最期およびそれに至る過程と言うのはどのようなのもでしょうか? 家族や友人はどのように対応すべきなのでしょうか?

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1349
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

このご質問について回答すべきかどうか、かなり悩んでしまいました。 癌の末期の症状については、癌の種類などによってかなり変わってきますので一概にはお答えしにくいものです。内臓系であれば、腹水がたまり、急激に痩せてくる「悪液質;癌細胞がすべてのエネルギーを吸い取ると考えればわかりやすいでしょう)」という状態となります。脳であれば、恐らくは意識障害や運動障害が起きるでしょうし‥ 周囲の人のケアは医療において、患者本人と同じ位の重みを持つものです。癌末期には癌細胞が大きくなり、神経を直接圧迫して非常にひどい苦痛に襲われることが多いのです。丁度、虫歯の末期の痛みが全身の患部から襲ってくるようなものと言われています。ペインクリニック(痛みの緩和治療)を担当医に頼み、少しでも患者本人の苦痛を減らすことは非常に重要なことでしょう。 大事なことは、周囲の人が後悔しないようにするということです。これだけの事をしたんだという事実が重要となります。いろいろな情報をフルに活用し、できることはすべて納得がいくまで行うというのが大事でしょう。医療機関は当然、最善を尽くしますが、患者の家族が入手した民間療法などについては、積極的に協力できないシステムになっています。けれども、家族がそれを行うことを黙認することはできますから、ずっと後々まで後悔しなくてよいようにすることが大切です。 患者に接するときは、希望を捨てさせないこと。末期から奇跡的に回復する例もないとはいえません。実際にあるのですから、最後まで希望は捨てさせないことです。人は希望を失うと、生きる気力を失うと、必要以上に死期が早まりますから。 限られた文面では、うまくお伝えすることができませんでした。申し訳ありません。 kawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご解答たいへんありがとうございました。 私事ながら私の両親のそれなりの年になっていますので、 もし病床につくようなことがあったら可能な限り励ましたいと思います。

質問者からの補足

一部の方に、回答が遅れたことをお詫び申し上げます。 すいませんでした。

関連するQ&A

  • 闘病記

    若年(~40)でガンなど、致死病を患った方の闘病記で、ぜひ読むべき作品をご推薦願えないでしょうか?お願いします。

  • 医師の書いたガン闘病記をお教え下さい

    近藤誠氏によるとガン研の医師の97%が身内がガンになったら 手術抗がん剤の使用はしないと書いてありました。 医師がガンになった体験記闘病記があったら お教え下さい。

  • 癌の人の闘病記

    ガンを告知された人がどんな思いになるのか どんな生活を送るのかを 調べています。 闘病記のようなものを書かれている プログやメルマガ、本は知りませんか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
noname#143
noname#143

がん患者という事ですが、どこの癌なのかわかるともっと具体的なお答えができるのですが・・・。 私の母は胃がんで亡くなりました。 患者さんにとって闘病生活の中で一番の支えになるのは 家族や場合によっては親しい友などです。 最後の時間を大切にいとおしく一緒に過ごしてあげる事が大事だと思います。 入院、在宅、様々あり、ケースによって違いますが、最後まで意識のある場合、途中から意識がはっきりしなくなる場合などいろいろです。 最後の方まで意識がしっかりしてる場合は、身体的に辛い事をはっきり感じるため、患者さん本人も辛いし(痛みやだるさ熱によるつらさその他いろいろ)そばで見ている家族も辛いです。ただ最後まで患者さんと話せたり出来る事がメリットでしょうか。 途中から意識がなくなる場合は、痛い、辛い、助けてなどの訴えがないかわりに、見ている家族としては患者さんとの会話などコミュニケーションがとれなくて悲しい事でしょう。しかし意識がなくても患者さんは最後の最後まで耳は聞こえてる、と言う意見が多いし、私自信もそのような体験をしています。ですから意識が無く、返事が返ってこなくても声をかけてあげるなど、普通に対応することが大切だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

たいへんありがとうございました。 こうした話題は大概の場でタブー視されることが多く、だれにも聞けなかったんです。 患者さんを最後まで励ますということの重要性を学習させていただきました。

  • 回答No.1

毎度、rentogenと言います。 ご質問の答えですが、家庭によって環境も違うのでなんともいえませんが、自分の家を例えにすると、親父は肝硬変で亡くなりましたが、見つかったのがほぼ末期に近かったので、入院してから2、3ヶ月で亡くなりました。 それに至る過程で家族は(多分、友人も)時間をさいて極力見舞いに行って元気ずけました。 しかし、自分は反抗期だったため、今となってはむちゃくちゃ後悔してますが、あんまり親父と会話しなかったです。 また、インフォームド、コンセントと言って医者は患者に病状を正直に報告する義務がありますが、今の日本の医者はこれを守ってない人が多く、家族や友人はその点を注意して、患者に接したほうがいいと思います。 病気になると人間のキャパ自体小さくなるので家族や友人で励まして元気づけるといいんじゃないでしょうか。 答えになってないようですいません。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 回答をいただけた幸です。 質問しても無視されると結構悲しいのですが、 たいへんうれしいです。 患者さんの気持になってあげることは通常の努力では難しいかも知れませんが、もっとも気をつけるべきことですね。

関連するQ&A

  • 身内や身近な方の闘病生活があったからこそ得たものや感じたもの

    今、看護師を目指している高校3年生のものです。 私は小6の時に、母が白血病にかかり入院し 骨髄移植をして、今は元気に働いているのですが、 母が入院してから、とてもいろいろなことを考えたり感じたりしました。 みなさんは身内や身近な方の闘病生活から得たものや感じたものがありますか? また、それは何ですか? プラスになったこと、マイナスになったこと、医者や看護師のこと、こうであるべきだ、など何でもいいです。 患者さんやそのご家族の方にとって「良い看護師」になるために参考にさせていただきたのでよろしくお願いします。

  • 難病の闘病中、歩けなくなったら、どうしますか?

    難病の闘病中、歩けなくなったら、何かできると思いますか? できれば、難病闘病中の同じような境遇にある方か、そのご家族、友達等、または心理学の勉強をした方、カウンセラーの方に質問です。 難病の関節リウマチを35歳で発病し、10年、働きながら闘病してきましたが、とうとう歩けなくなり、ベッドの上でPCはできる状態です。 この状態で、何かできる仕事ってありますか?また、仕事でなくても、何か人の役に立つできることってありますか?現在、小説を書く、懸賞応募、教えてgooに回答すること位しか思いつかないです。 あなただったら、何をしますか? 何か良い案があれば、是非、教えていただけないでしょうか。

  • オススメの本(闘病記など)

    主に闘病記などのオススメの本ありましたら教えてください。最近読んだのは 余命1ヶ月の花嫁や 飯島夏機さんのガンに生かされて などです。 闘病記以外にも何かありましたら教えてください。去年は 沖縄の ひめゆりや 特攻隊など戦争物を読んでいました。精神世界関連も好きです。 私自身 事情あって外出できず家にとじこもっているので読書が救いになってます。よろしくお願いします。

  • 家族の闘病・この人の態度は普通ですか

    家族が闘病中の者です。会う度にイライラする言い方をする人がいるのですがこの発言は普通なのか異常なのか教えて頂けないでしょうか? ・家族が入院している病院を詮索する ・家族の病気を詮索する、状況を知りたがる ・ニヤニヤしながら上記の事を興味津々に言う ・入院時家族私ともあまり調子良くはないが心遣いがなかった ・・・逆の立場なら、病気の方でも食べられる物などを買って渡すと思います ・心配しているフリをしているが好奇心丸出しなのが伺える ・闘病中でそれどころではないのに連休どこに行くのかなどと能天気に聞いてくる 他の友人や知り合いにはこのような失礼な態度の人はいませんでした。この方はどういうつもりなのでしょうか。

  • ガンの闘病しているブロガーに提案されました。

    ガンの闘病しているブロガーの方は、保険にいかに助けられたかを感謝されていました。しかし、実際ガンの闘病していて、希望のガン保険は、「出来れば、告知されたときの保障が多いもの、私の保険ではカバーされていなく、あればよかったなぁ。と思った。抗がん剤治療をした時に保障があるもの。通院した時にも通院保障があるもの などがお勧めだと思います。あっ、出来れば入院日額10000円くらいはあったほうが安心かな~」おしゃっています。 つまり 1、告知されたときの保障が多いもの 2、抗がん剤治療をした時に保障があるもの 3、通院した時にも通院保障があるもの 4、出来れば入院日額10000円くらい この条件でおすすめのガン保険あれば教えてください。

  • 長い闘病に疲れています・・・

    もうタイトルの通りです。 生きるのに疲れました。 ・・・といっても、自殺願望などはありません。 闘病生活が10年を超えています。 病名はここでは伏せさせてください。精神疾患ではないです。 治る病気です。 そう言われ、そう信じてきました。 実際に治ってきました。ゆっくりとですが・・・。 最初の5年は一生懸命、前向きに病気と向き合っていましたが、 5年を過ぎた頃から、 少しずつ諦めというか、なるようにしかならない・・・と思い始め、 今では、病気が治っても明るい未来を思い描けないです。 既に30過ぎなんです。 大学を出て社会に出たこともありません。 もう夢なんて持てないのかなとか思ったりします。 闘病ストレスでヤケ食いに走り、 ますます体調がおかしくなり自暴自棄になっています。 過食をやめようとするとますます食べ物のことばかり考えてしまいます。 こんなんじゃイけない!と思うのに自分をコントロールできません。 昔はあんなに明るくて前向きで頑張りやだったのに ネガティブな考え方をするようにもなってしまいました。 根底には焦りや絶望もあると思います。 ジワジワと自分が変わってしまいました。 何を質問したいのかも分からなくなってしまいましたが、 同じように長期に及ぶ病気を乗り越えた方、体験談というか、 何かアドバイスを頂けないでしょうか? どうすれば将来に希望を持てますか? 逆に人生を諦めちゃったほうが楽ですか? 人生が狂ってしまったことに対する気持ちの整理をつけられますか? 後から闘病生活を振り返ってどう思われますか? 病気が治った時ってどんな感じでしょう? 経験者でなくても結構です。 通りすがりの方の、ふと思いついたことでも良いです。 なにか、心が楽になるような、もしくは明るくなるようなヒントが欲しいです。 キツイお叱りでも良いです。 返信が遅れることもあるかも知れませんがその際はお許しください。 よろしくお願いいたします。

  • 癌の闘病生活について

    父ががん治療中です。県外に入院しています。癌の治療で一番大変なのは、もちろん父です。しかしながら、家族も想像以上に大変ですね。まだ、始まったばかりの闘病生活ですが、何とか家族力を合わせて乗り越えていきたいです。 やはり、家族が癌になられた方は、皆さん大変でしたか?どのように乗り越えたか、教えていただければありがたいです。

  • いつ、がんで闘病したことを話せばよいのでしょうか?

    どのタイミングでがんで闘病したことを話せばよいのでしょうか? 昨年年初にがんが発覚、治療に専念し、昨年10月に寛解しました。 色々いきさつがあり、勤務していた会社は11月付けで退職となりました。 治療で体力がかなり落ちていたので、年内は体力をつける事に専念し、 年明けから転職活動を行っております。 体力も元通りになりましたし、闘病前と何ら変わりはない生活になりました。 今、数社面接が決まっているのですが、 どのタイミングでがんで闘病したことを話せばよいのか悩んでおります。 履歴書・職務経歴書には闘病の事は書きませんでした。 がんの事を書けば、書類審査が通らないのではないか・・と思ったからです。 闘病した事を内緒にして勤める気はありません。 三ヶ月に一度は定期診察を受けるため病院に行かなくてはなりませんし、 ウィッグを着用しているため「バレたらどうしよう」と、ビクビクもしたくない。 オープンにしたほうが、精神的に楽だからです。 ただ、自分ではそう思いますが、世間ではどう思われるのか、 例えば同じレベルの人二人が同率で合格であれば、がんで闘病した人では無い方を選ぶのが、会社としては当たり前の選択なのではないか・・とも思います。 面接時に話しておくのがベストとは思うのですが、 例えば、内定の連絡をいただいたときに話すとなると、 誠実に面接を受けていないと判断されてしまいますか? ご経験者の方、会社の人事を経験された方など、 ご意見をお伺いできればと思い質問させていただきました。 宜しくお願い申し上げます。

  • ガン患者の本

    友人がガンです。 私は神ではないので、どうにかしてあげることは無理ですが、友人の気持ちが少しでも軽くなるような、対応の仕方を身に着けたいと思います。 ガンの患者さんの気持ちが分かる本、接し方の本、オススメはありますでしょうか。教えてください。

  • 薬物依存者とその家族の闘病生活を描いた映画

    薬物依存者とその家族の闘病生活を描いた映画を教えて下さい。 薬物依存者では無く、アルコール依存者でも構いません。 洋画・邦画問いません。 薬物依存患者の心情 それを支える家族の心情 依存することの怖さ 克服することの辛さ 共依存 身体への影響 それぞれをより伝わりやすく描いたものをご存知でしたら、御願いします。

専門家に質問してみよう