• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

死刑制度について

死刑制度については、犯罪の抑止力と人道上の問題しか議論されませんが、被害者の報復を國が成り変わってやると言う側面があるような気がします。 イスラム法で言う目には目をです。中世には、正当な報復は合法でした。日本でも江戸時代には敵討ちという殺人が合法だったのです。明治になって近代法治主義を取り入れたとき、いかなる理由があろうと個人的殺人は禁止せざるを得ませんでした。その代わり、加害者に対する報復は國が代行することで被害者感情とバランスをとったのです。いわば代行敵討ちです。この側面を無視して、人道上の理由だけで死刑をなくすのは、人間感情と相容れず、合理的とは言えません。必ずどこかで社会的歪みが生まれます。死刑制度のない國がえてして犯罪率が高いのは、抑止力の問題だけではなさそうです。 そこで質問です。この見解で間違いはありませんか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数138
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#194573

基本的に間違っていると思います。 あなたの論旨は、 (1) 国家による報復という側面からみて死刑は必要である。 (2) 死刑廃止は人間感情と相容れない (3) 死刑廃止は社会の歪みを生む (4) 死刑制度を廃止した国では犯罪率が高い (5) 上記 (4) の傾向にあるのは刑罰の報復的側面が阻害されたからである ということだと思います。 (1) について 近代刑法では応報刑論と目的刑論との両方を取り入れた見解が支配的であり、死刑廃止国の刑法においても報復としての側面は考慮されています。 したがって、「報復が必要イコール死刑が絶対に必要」とはいえません。 報復の範囲は様々な要素を勘案しつつ相対的に決定することが必要になります。 (2) について 人間感情は文化相対的な側面があり、一概に「死刑は人間感情と相容れない」ということはできません。日本国内に限って考えるとしても、現状ではまだ「死刑廃止が日本人の大半の感情に反する」とまではいえません。この点については調査・統計等による慎重な検討が必要であり、個人の印象のみに頼って判断を行うことは不適切です。 (3) について 「社会の歪み」が何を指すのか不明確です。具体的な項目を設定して調査を行わない限り、「社会の歪みを生む」と主張することは不可能です。 (4) について 死刑廃止国は100か国以上ありますが、その多くで死刑廃止後に犯罪率が増加したという事実はありません。死刑廃止後の犯罪率の増加が問題になっている国(たとえばイギリスやフランス)でも、死刑廃止前から犯罪が増加傾向にあり、死刑は医師と犯罪率との間に一義的な関係があるとは推定されません。 (5) について 上記 (4) が誤った推論なので、(5) も誤った推論です。 死刑が必要かどうかはともかく、 あなたの推論により「死刑は必要」という結論を導くことはできない、 ということは間違いありません。 もっとわかりやすくいえば、 あなたの主張は 明確な根拠に乏しい勝手な思い込みだけに基づいていて 論理的にボロボロであり 最初から相手にされない ということです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >したがって、「報復が必要イコール死刑が絶対に必要」とはいえません。 クロムバッハ事件でも、被害者の父親は殺し屋を雇って クロムバッハを始末した方が よっぽど手っ取り早かったのに、あの執念を見ると死刑に固執する必要もないかもしれませんね。 > 日本国内に限って考えるとしても、現状ではまだ「死刑廃止が日本人の大半の感情に反する」とまではいえません。 現代の日本人は 昔の仇討文化と近代に西洋から入った人権思想の悪いとこ取りの浅ましい考えが主流を占めていますよね。

関連するQ&A

  • 被害者側の報復感情を適切に処理できないと

    被害者側の報復感情を適切に処理できないと、 国民の間に、司法や国に対する信頼が失われていくのではないか? 死刑制度については、被害者の報復を國が成り変わってやると言う側面があるような気がします。イスラム法で言う目には目をです。中世には、正当な報復は合法でした。日本でも江戸時代には敵討ちという殺人が合法だったのです。明治になって近代法治主義を取り入れたとき、いかなる理由があろうと個人的殺人は禁止せざるを得ませんでした。その代わり、加害者に対する報復は國が代行することで被害者感情とバランスをとったのです。いわば代行敵討ちです。この側面を無視して、人道上の理由だけで死刑をなくすのは、人間感情と相容れず、合理的とは言えません。必ずどこかで社会的歪みが生まれます。被害者側の報復感情を適切に処理できないと、 国民の間に、司法や国に対する信頼が失われていくのではないか、と懸念しています。それはボデーブローのように、時間をかけて 国民の規範意識を弱め、 徐々に社会を歪めていくのではないでしょうか。 皆さんは、どう思いますか?

  • 死刑制度について

    なぜ殺人を犯すと死刑にするんでしょうか? 死刑も殺人となんら変わりないですよね? そもそも死刑にしたってなにも変わらないと思います。 遺族の方がよく感情で死刑にしてほしいと言いますが、そしたらその遺族の方もやっていることは 同じです。殺人と同じことだと思います。 それに、やったらやり返すってまるで子供のような、そして、戦争に賛成しているようなもんだと思います。 なぜそれなのに死刑にするんでしょうか? それに死刑なんてぜんぜん抑止効果もないと思います。 殺す人ってのはそんな法律のことまで考えて殺さないです。 とにかくどうなってもいいからその人を心から殺したいと思って殺すわけです。 まったく抑止の根拠なんてありません。 抑止効果があるなんて実際死刑を廃止してみないとわからないことじゃないですか。 それなのに死刑が存在するってのはおかしなことだと思います。 遺族の方には申し訳ありませんが、感情的になりすぎて我を見失っていると思うのです。 自分だったらたとえ親がころされても決して死刑にはしません。 なぜなら、死刑=殺人っていう認識があるからです。 いかなる理由でも人を殺すことはいけません。 ですから、死刑もいけないと思います。 ですから、罪を与えるならば終身刑という制度を取り入れるべきだと思いました。 みなさんはこのことについてどうお考えですか? みなさんの意見を聞かせてください。

  • 死刑制度については

    死刑制度について議論されるべきは制度存続の是非ではなく、 刑の執行方法が現行のままで適切かどうかについてだと思います。 被害者=死んではならない人が強制的に苦痛を伴う死を強いられた というのに、加害者=他人の命を理不尽に奪った者 が絞首刑という 安楽死(温情刑)で苦痛の無い安らかな最期を与えられているという あまりにもアンフェアな現状に激しい憤りを覚えます。 死刑は司法による殺人などではなく犯した罪に対する適正な処罰です。 理不尽に他人の命を奪ったのは殺人犯の方です。 他人の命を奪うという犯罪が存在しているのですから、 自らの命をもって償うという罰が存在するのは当たり前のことです。 死刑囚は他人の命を理不尽に奪ったから死刑を言い渡されたのです。 自分が先に殺さなければ死刑判決を受けることなど無かったのです。 死刑判決を言い渡される原因を作ったのは犯罪者自身なのですから。 刑罰には犯罪者に罰を与えるというだけでなく 見せしめることで犯罪抑止力を持たせるという役割もあります。 犯した罪の重さと比べてそれに課せられる刑罰が著しく軽いようでは 犯罪抑止の効果は全く期待出来ないと思います。 たとえば100万円を盗んだ罪に課せられる刑罰が罰金10円では、 刑罰としての体を成さないばかりか、犯罪抑止にも繋がりません。 しかし、これが我が国の刑罰の現状なのです。 支那人によるサンゴ密猟事件がその良い例ですね。 また、死刑を廃止するということは、 どんな罪を犯しても国と法が犯罪者の存命を保証するということです。 どんなに残虐な方法で、どんなに多人数を殺しても 更生不能な凶悪犯罪者の生存が保証されるということです。 これはまさに国による殺人許可です。法による殺人幇助です。 適正な罰則規定があってこそ公序良俗、安寧秩序が保たれるのだと思います。 そこで質問ですが、みなさんは 死刑制度について いかがお考えですか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • gouzig
  • ベストアンサー率25% (534/2075)

確かに、死刑制度については「被害者の報復を国が成り変わってやると言う側面」があるでしょうね。 私にはもう一つ大きな理由があります。 そのような人間を生かしておいたら、また同様の被害者が出てくる。 故に「この社会に生かしておいてはいけない」です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >確かに、死刑制度については「被害者の報復を国が成り変わってやると言う側面」があるでしょうね。 ただ、日本の死刑は秘密裏に行われますから、遺族に執行に立ち会わせた方がベターでしょうね。 人間って 実際に自分の目で見ないと納得できなないことって多いですから。 >そのような人間を生かしておいたら、また同様の被害者が出てくる。 これについては、終身刑ではどうしてダメなのか、コスト以外に説明できませんが。

  • 回答No.4
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21831)

"被害者の報復を國が成り変わってやると言う側面があるような気がします。"   ↑ これは死刑というよりも、刑法の存在意義 そのものですね。 同害報復という考え方です。 ”イスラム法で言う目には目をです”     ↑ 目には目を、というのはハンムラビ法典によるもので 同害報復を要請するものではなく、無限な報復を禁じて 同害報復までに限度を設定することである、と言われて います。 ”この側面を無視して、人道上の理由だけで死刑をなくすのは、 人間感情と相容れず、合理的とは言えません。 必ずどこかで社会的歪みが生まれます。”     ↑ 私もそう思います。 被害者側の報復感情を適切に処理できないと、 国民の間に、司法や国に対する信頼が失われて いくのではないか、と懸念しています。 それはボデーブローのように、時間をかけて 国民の規範意識を弱め、 徐々に社会を歪めていくのではないでしょうか。 ”死刑制度のない國がえてして犯罪率が高いのは、抑止力の問題だけではなさそうです。”     ↑ なるほど。抑止力については死刑に限らず、 懲役や終身刑でも明確でありません。 そういう問題が絡んでいるので、はっきり しないのかもです。n

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.3

「人道的に」というのは口実のように思うのです。冤罪による死刑をなくすためのような気がします。もし、この世に冤罪がただの一つもありえない、捜査も逮捕も完璧で、裁判に微塵の狂いがないのなら死刑に反対する意見は激減すると思いますが、残念ながら冤罪はありえますし、日本の警察・検察も証拠の捏造事件が後を絶たないのが現状です。私も死刑制度は存続すべきというのが基本的な意見ですが、もろ手を挙げて賛成できない面は、人道ではなく、冤罪のためです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >私も死刑制度は存続すべきというのが基本的な意見ですが、 冤罪のリスクを背負ってでも、死刑に賛成する理由は何でしょうか?

  • 回答No.2
noname#194275

言い換えも失礼なのかも知れませんが、そんなに難しく考えないでもいいと思います。 "死刑執行"もまた人間が人間を殺すことであり、すなわち、それもまた「殺人」だという事です。 >人道上の問題しか議論 人道上の問題なんて議論されていましたっけ? 「生かしておくと、血税がもったいない」じゃなかったでしたっけ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

そのとおりですね。 つまり、個人が仇討ちをするような未開な文化においては、その野蛮を国家が取り上げて-死刑制度を設けて-制御する必要がある、ということです。 実態に即して言えば、親に殺された子供の仇討ちは誰が取るのか?という問題です。遺族が加害者であるということは非常に多いのです。このような場合、報復感情はヒステリックに陥った社会に発生します。 アフリカや南米の土人は、犯罪が起きると狂騒状態に陥り、感情のまま犯人(と思われる人)をリンチします。これと同じことを死刑制度によって実行する国家は、それらのクロンボと同程度の低劣な蛮族が支配しているということを意味します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに江戸時代の仇討には武士道の美学がありますが、現代人の死刑支持には そのような美学はありませんね。

関連するQ&A

  • 今の日本から死刑制度が無くなれば

    全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 全てでは無いが、大半の犯罪者は自分の犯した犯罪による 刑期が少しでも軽くなる事を願っている。 今の日本から死刑制度が無くなれば、殺人を犯す 者が増えないとも限らない。 例えば、何人殺しても終身刑位で人生を刑務所で 終えるだけになる。 死刑が正しいとかは別として。 殺人に対しては自分の命を代償とする位の 重みがあると思います。 死刑にしたからと言って死んだ人が生き返る訳では 有りませんが。 殺人の抑止力として必要なのかも知れません。 それでも、犯罪者の中には「死刑で結構」と言う 者もいます。 死には死をが全く不要とは言い切れません。 残念ながら。 みなさんは どう思いますか?

  • 死刑制度がなくなれば

    死刑制度がなくなれば、↓のことが考えられるかと思います。 風吹けば桶屋が儲かる みたいに短絡的な考えだと思いますが、ぼくは高卒で 感情論でしか物事を考えられない馬鹿ですので、 有識者の方、間違っていたり、不適切な点があれば ご指摘ください。 ぼくと同レベルの人間の同調意見は要りません。 ・被害者遺族に心身症、うつ病などのメンタル障害多発(再出発できない) ・加害者が仮出所後に仇討で殺されることがときおり起こる(DIY) ・高額で仇討を請負う業者が出てくる(需要あるところに供給あり) ・計画殺人が増える(死刑がないので殺人のハードルが下がる) ・食い詰め者の無差別殺人が増える(食えないので一生刑務所で過ごしたい) ・加害者親族を狙った報復殺人が増える(加害者にも同じ苦しみを) ・殺人事件の刑事裁判の緊張感が減る(裁判官、検察官、弁護士、裁判員共) ・殺人犯が罪を真摯に反省することが激減する(被害者の無念への無理解) ・警察による合法的裁量殺人が増える(極悪犯は抵抗したことにして射殺容認の空気) ・日本人の気性からして死刑賛成派が爆増しすぐに死刑が再開される

  • 死刑によって得られるものには

    死刑によって得られるものには 「被害者とその遺族への同情」と「報復感情」 それと、「犯罪の抑止効果」があると思います。 死刑を廃止した国では、軒並み殺人が増加しています。 10万あたりの殺人の件数ですが。 ・英国では 0,73件 → 1、11件 ・フランス 2,68 → 4,72 ・カナダについては、アムネステイインターナショナルは、 3,09 → 2,4 と減少したと発表しました。 しかし、これは 警官殺人と一般殺人を比較したもので しかも、わざと時期を変えています。 時期を同じにして一般殺人と一般殺人をを比較すれば 1,25 → 3,03 とやはり激増しております。 また、不公平感もあるでしょう。 片や理不尽に生命を奪われているのに、生命を奪った 極悪人の方は、税金で医衣食住を賄われ、天寿を全う することを国家が保障する、というのですから 不公平も極まります。 それから、被害者遺族が死刑を希望する理由は ↑ 以上のような不公平感に基づく恨みでしょう。 罪も無い家族が殺されているのに、殺した奴は のうのうと生きている。 これは許せない、という感情です。 あと、“死刑執行後に 遺族の苦しみは軽減されたと思いますか?”という問いには 遺族へのインタビューなどをみていると、 これで安心したとか、これで被害者も救われる、とかの 発言が目立ちます。 少しは軽減されたと思います。それは 不公平感が除去されるからです。 最後に こういう不公平感は人間の根本に通じているらしく、 不公平には幼い子供でも抗議します。 みなさんはどう思いますか?

  • 死刑の抑止力

    死刑には凶悪犯罪をある程度は抑止する力があると思います。 しかし、宅間守や加藤智大ようなケダモノには無力です。ある程度の抑止と、被害者感情を晴らすために死刑制度が必要であると思うだけです。 みなさんは どう思いますか?

  • 死刑制度反対派は以下に反論してみて下さい。

    死刑制度反対派は以下に反論してみて下さい。 (賛成派の方は回答をご遠慮願います) 【本文】 死刑制度について議論されるべきは制度存続の是非ではなく、 刑の執行方法が現行のままで適切かどうかについてです。 被害者=死んではならない人 が苦痛を伴う死を強いられたというのに、 加害者=他人の命を理不尽に奪った者 が絞首刑という安楽死(温情刑)で 苦痛の無い安らかな最期を与えられているという あまりにもアンフェアな現状に激しい憤りを覚えます。 死刑は司法による殺人などではなく犯した罪に対する適正な処罰です。 理不尽に他人の命を奪ったのは殺人犯の方です。 他人の命を奪うという犯罪が存在しているのですから、 自分の命で償うという罰が存在するのは当たり前のことです。 死刑囚は他人の命を理不尽に奪ったから死刑判決を言い渡されたのです。 自分が先に殺さなければ死刑判決を受けることなど無かったのです。 死刑判決を受ける原因を作ったのは犯罪者自身なのです。 刑罰には犯罪者に罰を与えるというだけでなく 犯罪の発生を抑止するという役割もあります。 犯した罪の重さと比べて、それに課せられる刑罰が著しく軽いようでは 犯罪抑止の効果は全く期待出来ません。 たとえば100万円を盗んだ罪に課せられる刑罰が罰金10円では、 刑罰としての体を成さないばかりか、犯罪抑止にも繋がりません。 しかし、これが我が国の刑罰の現状なのです。 また、死刑を廃止するということは、 どんな罪を犯しても国が、法が犯罪者の存命を保証するということです。 どんなに残虐な方法で、どんなに大人数を殺しても 更生不能な凶悪犯罪者の生存が保証されるということです。 これは国による殺人許可です。法による殺人幇助です。 適正な罰則規定があってこそ公序良俗、安寧秩序が保たれるのです。 そして何より我が日本国には、もっと深刻な現実問題があります。 それは、我が国で発生する凶悪犯罪の殆どが 寄生外国人によるものであるという事実と、 我が国で死刑制度の廃止を訴えているのが、 犯罪当事者である寄生外国人とその取り巻きたちであるという事実です。 我が国で起こる犯罪の大半が日本人によるものであるというのであれば、 死刑制度の是非を検討するのも良いでしょう。 それなら、それは我が国と我が国の国民の問題ということになりますからね。 しかし我が国に寄生し、犯罪を生業とする寄生外国人が、 自らが犯した罪に課せられる適正な処罰を免れる為に唱える「死刑廃止」を どうして被害者の立場にある我が国の国民が賛同出来ると言うのでしょうか? 『それでも日本人は、日本人を惨殺する寄生外国人を適正に罰してはならない』 と言うのであれば、その主張の正当性を是非お聞かせ願いたいものです。 日本国民の悲願である寄生外国人の完全排除が実現し、 我が国の犯罪事情が諸外国と同じとなって初めて、 死刑制度の是非について議論されるべきだと思います。 以上です。 反対派の反論をお待ちしております。

  • 死刑制度についてのディベートをするのですが・・・

    はじめまして。 学校の授業で「死刑制度を存続か廃止か」についてのディベートをすることになりました。 私は死刑制度存続の賛成グループで、それぞれのメンバーが分担してポイントを考えてくるのですが、私は正義について考えることになりました。 正義について・・・といっても漠然としすぎていて、考えてもこれといったものが思いつきません。(例えば費用の場合だと死刑よりも無期懲役の方?が費用がかかりすぎる、そういった資料もある・・・のように簡単に見つけられますよね。でも正義は難しくて・・・;) 社会を維持するために悪(殺人者)を排除するのが正義(死刑制度)なのか、それとも被害者の報復を死刑制度が変わって行うのが正義なのか・・・(どんどん分からなくなってきました;) 正義についての立論やヒントを教えてください。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 人を一人殺したら死刑

    死刑によって得られるものには 「被害者とその遺族への同情」と「報復感情」 と「犯罪の抑止効果」、それと「不公平感の除去」があると、言っている人があります。 すごい綺麗事言ってるように聞こえるんですが。 もしあなたの大切な人が無差別に殺害されたら耐えられますか? 犯人は「誰でもよかった。この世の中が嫌いだった」とか言い出すんですよ。 そしてのうのうと生きてるんです。 許せますか?私なら絶対に許せないんですけど。 不公平感だかなんだか知りませんが人間なんだからそりゃそういった感情抱くでしょう。私は人を一人でも殺したら死刑でいいと思ってます。反省するかもとかいうことじゃないんです。殺したらOUTです。 何か問題点はありますか?

  • 死刑制度 スピーチ内容

    以前、死刑制度についての質問をさせて頂いた結果と、友達のアドバイスで、スピーチ内容を考えてみました。 ちなみに死刑制度反対の意見です。 (所有時間は2~3分程度) 「「私は死刑制度に反対です。 殺人犯を死刑にしても、犠牲者に対して償いきれるものではないし、儀背者の家族の心の傷も癒されないと思うからです。 殺人は許されるものではありませんが、命をもって償うのはどうかと思います。 先日、18歳の元少年が死刑判決になるという事件がありましたが、 まだまだ将来のある少年を20何歳という若さで殺してしまうのは(この後何て繋げればいいのでしょうか) その少年の弁護には死刑廃止を訴える弁護団が20人以上も集まったことで話題になりましたが、 殺人を犯したから死刑というのでは、さらにもう1人の命を奪うことになってしまい、それもまた、殺人なのではないかと思います。 死ぬことで罪の責任をとったことにはならないし、犠牲になった人が生き返る訳でもありません。 また、死刑制度を廃止したら犯罪者が増えるとの意見があるかと思いますが、そんなことはないと思います。 なぜなら犯罪者には目的があって犯行を行っているので、死刑制度があっても実行してしまうと思います。 だから、今日まで犯罪が耐えないのではないでしょうか。 「誰でも良かった」等と発言する犯罪者もいますが、それでも何らかの感情があるから殺しているんだと思います。 更生する可能性があるのだとしたら、死刑制度には反対です。 死刑にしなくても、刑務所の中で働いたりして反省するかもしれないので、殺人を犯した人は終身刑でもいいのではないかと思います。 なので、罪を犯した人は生きて罪を償うべきだと思います」」 どうでしょうか? 文章がおかしい、ここをこう直した方がいい、等のアドバイス宜しくお願いします。 まだ中学生ですので(まだまだ子供です)、ふーん、と聞く程度にはどうか教えて下さい。

  • 死刑は必要か不要か

    最近、死刑制度についていろいろと考えを巡らせています。 この制度があった方がいいのか、ない方がいいのかということです。 自分の最愛の人が殺された場合、遺族の立場としては、被疑者が生きていることや、同じ空気を吸っていることすら許されないと思うでしょうし、そう考えると死刑は必要と思えます。 死刑廃止論者の方もたくさんいますが、そういう人は、自分の最愛の人が殺されても死刑の廃止を訴えられるかどうか知りたいです。・・・残念ながらそういうのを聞く機会はないですが。 死刑廃止を訴える人の気持ちも理解はできます。被害者や遺族の感情ではなく、客観的に、悪人であれ人の命を奪う行為がいいことなのか、もしえん罪だった場合に取り返しがつかなくなるとか、秋葉原殺傷事件のように、自分を死刑にしてほしいがために殺人を犯すとか、いろいろな理由があるでしょう。 秋葉原の事件の例があると、死刑の存在もどうなのかと思ってしまいますが、自分を殺してほしいがために殺人をするような人には死刑を執行せず、終身刑で仮出所もなく、一生苦しみながら過ごす刑のようなものを作ってほしいです。 そして、やはり死刑は無くさない方がいいと思います。 さらに、殺人だけではなく、幼児誘拐や幼児への暴行、女性への暴行は、たとえ被害者が殺されていなくても死刑を求刑できる制度にすれば、性犯罪や弱い人への犯罪抑止効果になるのではないでしょうか。 どうしても死刑を反対する人の気持ちが分からないのですが、悪人であれ罪人の命を奪うこと、冤罪リスクを避けること、これら以外に何か死刑を廃止すべき強い主張をお持ちの方いたら教えてください。 (もちろん、自分の最愛の人が殺されても、それでも廃止すべきという考えを持っている人に限ります)

  • 子供に死刑制度はありですか?

    殺人道具に人間は適していますか? 自殺は有罪ですか?犯罪ですか? 人間は殺人兵器に成れますか? 子供に死刑制度はありですか? 重い内容の質問ですいません それと質問に目を留めてくれましてありがとうございます なんか心の中でふっと疑問に思った事を質問をします 色々な人の意見が聴きたいです 殺人道具に人間は適していますか? 自殺は有罪ですか?犯罪ですか? 人間は殺人兵器に成れますか? 動物虐待にはなんで死刑制度が無いのでしょうか? 動物が人殺しても罪には成らないのでしょうか? 人間が人間を食べる事は犯罪ですか? 子供に死刑制度はありですか? 重い内容に質問を観てくれまして ありがとうございました。