• ベストアンサー
  • 困ってます

バックアップとシステムイメージの作成 の違いを

Windows7 標準機能の「バックアップと復元」の中に ・バックアップ と ・システムイメージの作成 がありますが、この違いについて教えてください。 目的は、システムクラッシュの際のリカバリに備えて、外付けのhddに、現時点のc:ドライブを丸ごと保管しておきたいのですが。 システム修復ディスクは作っています。 eaus todo backup・・・等もありますが、できればwindows標準機能を使いたいので。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数785
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

>→…、いえ、これは出来ました。D:→C:への復元は可能でした。HDD故障ではなく単なるシステムクラッシュには対応できるようです。 もちろんそれ(DのバックアップをCに復元すること)は出来ます。ご質問がDへの復元という意味だと思って駄目と言いました。バックアップはCドライブ以外どこにでも作れ、そこからCドライブに復元できます。 >推測ですが、C:50GB→E:40GBへ実質38GBのバックアップができないのは、圧縮中の作業領域がE:上で不足しているかもしれません。すると無理やり保存した38GBイメージを復元展開するときも作業領域不足でエラーになる可能性大でもありますね。 推測ですがEドライブは無関係で、そう言う仕様(設計)になっているだけと思います。イメージの復元はあくまでCドライブそのものの復元なのでそうしているのでしょう。もう少し融通が利いたらいいのですが、マイクロソフトの考え方だから仕方ありませんね。 >手ごろな80GBくらいのHDDが手に入るまでは、少し手間と時間がかかりますが、バックアップ先を「複数のDVD-RW」にして使いまわそうとします。 枚数が50GB分要るのか、38GB分でいいのか、やってみないとわかりませんが…。 もちろん38GB分でいいです。Cドライブのクローンコピーではないのですから。 でもあまりお奨めしませんね。操作が煩雑で間違いやすい。手違いがあったら使い物になりません。バックアップを使うときは、PCに致命的トラブルがあったときです。その時使えなかったら悲劇です。外付けHDDなんて安いものです。ケースとバルク製品のHDDを組み合わせれば500GBで7千円ぐらいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>ケースとバルク製品のHDDを組み合わせれば500GBで7千円ぐらいです。 →今はそんなに安くなっているのですか…。DVD-RWでも10枚セットで2000円くらいしますものね。HDDの線で検討します。 でも今までのご教示では、ワンイメージinワンHDD でしたね。100GB位のバルクを複数持ちするのがいいでしょうか? 大変長い間お付き合いくださり、ありがとうございました。

その他の回答 (5)

  • 回答No.5

>eveyoneとログオンユーザ名にフルコントロール権を追加してしまいましたが、、、削除したほうがいいでしょうか?  その点についてはやったことがないのでよく分かりませんが、それは捨てて(いじくったものは削除して)、新しいイメージバックアップを作られたら如何ですか。その方が無難です。バックアップはしょっちゅう取るものです。神経質な人は毎日取りますよ。 >→外付けHDDの中に小さいのがあるため、ちょっとトリッキーな保存をしているものがあります。まずい点があれば教えて下さい。↓ もともとのC:(容量100GB、使用量50GB)の状態からのシステムイメージ作成です。 外付けHDD(40GB)あてに行うと、容量不足で途中エラーになります。まぁこれは仕様でしょうがないとして…。 そこで、C:と同じHDD内の別パーティションD:(60GB)あてに\WindowsSystemImageを作ります。出来上がった\WindowsSystemImageは38GB。 これを外付けHDD(40GB)へコピペ保存。 すなわちD:は最新のバックアップ用、外付けHDDはその前のバックアップ用としています。 この外付けHDDからの復元は可能でしょうか? そんな複雑なことはやったことがありませんが、おそらくダメでしょう。第一の理由はすでにバックアップ元のCドライブがあるHDDの別パーティションには復元は出来ません。復元はあくまでWindowsがCドライブと認識しているドライブ(パーティション)が復元先です。 もう一つの理由は、バックアップはバックアップデバイス情報が書き込まれています。元のバックアップデバイスに置かれていないと、復元プロセスが見つけられないでしょう。とにかくバックアップはコピーしたり移動したりしてはダメです。そう言うことは出来ないはずです。イメージバックアップはハード環境とリンクされています。普通のバックアップとは違います。 >(HDD自体の故障を考えると、同一HDD内にバックアップを保存するリスクは重々承知の上ですが、それはさておき) これはリスクでなく無意味です。同じHDDのCドライブだけが壊れてDドライブはセーフと言うことは滅多にありませんし、その場合でも修復ディスクの修復プロセスは、Dドライブのイメージバックアップを見つけられないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>その点についてはやったことがないのでよく分かりませんが、それは捨てて(いじくったものは削除して)、新しいイメージバックアップを作られたら如何ですか。その方が無難です。バックアップはしょっちゅう取るものです。神経質な人は毎日取りますよ。 →はい、そうします。 >おそらくダメでしょう。第一の理由はすでにバックアップ元のCドライブがあるHDDの別パーティションには復元は出来ません。復元はあくまでWindowsがCドライブと認識しているドライブ(パーティション)が復元先です。 →…、いえ、これは出来ました。D:→C:への復元は可能でした。HDD故障ではなく単なるシステムクラッシュには対応できるようです。 >とにかくバックアップはコピーしたり移動したりしてはダメです。そう言うことは出来ないはずです。イメージバックアップはハード環境とリンクされています。普通のバックアップとは違います。 →この小さい外付けHDD(E:)はイメージバックアップ用としては使えないですね。 推測ですが、C:50GB→E:40GBへ実質38GBのバックアップができないのは、圧縮中の作業領域がE:上で不足しているかもしれません。すると無理やり保存した38GBイメージを復元展開するときも作業領域不足でエラーになる可能性大でもありますね。 手ごろな80GBくらいのHDDが手に入るまでは、少し手間と時間がかかりますが、バックアップ先を「複数のDVD-RW」にして使いまわそうとします。 枚数が50GB分要るのか、38GB分でいいのか、やってみないとわかりませんが…。

  • 回答No.4

>確認のため、出来上がった\WindowsSystemImageフォルダを見ようとすると、「アクセス権がありません!」と出ます。 WindowsSystemImageフォルダはWindowsのシステムフォルダなので中身を見ることは出来ません。名前も変えられません。 >「続行」で強行したら、サブフォルダともログインユーザのアクセス権が付きましたが、さて、これだけでいいのでしょうか? 強行して中身を見ても、何もしてはいけません。ちょっとでも変更すると復元がうまく行かなくなります。 >クラッシュの時、システム修復ディスクから起動して、『家なき子、名無し』がこれらのフォルダ&ファイルにアクセスできないとシステム復元ができないと思うのですが、今のうちにeveryoneにもアクセス権を与えておかなければなりませんか? その必要はありません。フォルダ名はWindowsImageBackupのままでいいです。復元プログラムを実行させると、すべてのデバイスからWindowsImageBackupフォルダを探します。別のデバイスから複数見つかったら、最新のものを選び復元を実行します。なおWindowsSystemImageフォルダを一つのデバイス(パーティション)に複数作ることは出来ません。すでにWindowsSystemImageフォルダが存在するデバイスにバックアップした場合、その上に重ね書きされます。差分バックアップではないので、どんどん大きくなります。 >よき方法を教えてください。 経験上同じデバイスに重ね書きバックアップしないで、古いものは削除してその都度新規のイメージバックアップを作るのがすっきりしていてお奨めです。そのために2台の外付けHDDにバックアップを二つ作り、交互に新規作成の更新をするといいです。バックアップは非常用ですから常に二つ作っておくべきですし。 >以前にも、\WindowsSystemImageからの復元がエラーになって「これ役に立たないじゃん!」と思った経験がありますが、あれの原因はこのアクセス権のせいだったのかもしれません…。 それは何かルール違反をしたからではないですか? 例えば中身をいじったり。 >もう一点、HDDを交換したときは、元Cドライブが入っていたパーティションより小さなパーティションには復元できません。 →同じHDDなのですが、システムイメージ作成時はC:は100GBで50GB使用中でした。 できた\WindowsSystemImageは40GBほどでした。 その後C:パーティションを80GBまで縮小してしまいました。これはマズイですか? まずいです。Windows7のイメージバックアップ復元は、中身のサイズにかかわらず、バックアップ時のパーティションサイズと同等かそれ以上の大きさでないとダメです。不合理な感じがしますが、仕様ですから仕方ありません。Win8などでは改良されているかも知れません。 >C:を101GB以上に拡大しなおせば大丈夫でしょうか。 大丈夫です。イメージバックアップの復元はHDDに障害が起きたときのためのものですから、当然真っ新なHDDも対象にしています。その場合はWindowsの再インストールと同じくパーティション作成から始まります。復元プログラムが自動的に100GBのパーティション(バックアップ時サイズ)を作り復元します。すでに100GB以上のCドライブパーティションが存在すればそこへ復元します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変!分かりやすいご説明ありがとうございます。 もう少し勉強したいので、ご教示ください。 1.アクセス権について >強行して中身を見ても、何もしてはいけません。ちょっとでも変更すると復元がうまく行かなくなります。 →デフォルトでsystemにフルアクセス権がついていますね。これが効くのでしょうか? ”もうやっちゃいました~” eveyoneとログオンユーザ名にフルコントロール権を追加してしまいましたが、、、削除したほうがいいでしょうか?  2.パーティションサイズについて >すでに100GB以上のCドライブパーティションが存在すればそこへ復元します。 →システムイメージを取った時のC:パーティションサイズを記録しておき、もしサイズを弄った場合は、復元時はそれ以上になるよう調整し直します。 >そのために2台の外付けHDDにバックアップを二つ作り、交互に新規作成の更新をするといいです。バックアップは非常用ですから常に二つ作っておくべきですし。 →外付けHDDの中に小さいのがあるため、ちょっとトリッキーな保存をしているものがあります。まずい点があれば教えて下さい。↓ もともとのC:(容量100GB、使用量50GB)の状態からのシステムイメージ作成です。 外付けHDD(40GB)あてに行うと、容量不足で途中エラーになります。まぁこれは仕様でしょうがないとして…。 そこで、C:と同じHDD内の別パーティションD:(60GB)あてに\WindowsSystemImageを作ります。出来上がった\WindowsSystemImageは38GB。 これを外付けHDD(40GB)へコピペ保存。 すなわちD:は最新のバックアップ用、外付けHDDはその前のバックアップ用としています。 この外付けHDDからの復元は可能でしょうか? (HDD自体の故障を考えると、同一HDD内にバックアップを保存するリスクは重々承知の上ですが、それはさておき)

  • 回答No.3

少しはしょって分かりやすく言えば、 ただのバックアップはフォルダーの単純コピーです。自分でコピーするのと基本的に同じです。私はただのデータフォルダーのバックアップコピーは自分でやっています。 システムイメージバックアップは、Windowsがインストールされている状態(Cドライブと100MBのシステム領域)を丸ごとイメージとしてバックアップするものです。そのイメージを修復ディスクを使って書き戻せば(復元すれば)、バックアップ時のCドライブが復元されます。これを使えば、面倒な再インストールの必要がなくなります。とても良くできていて、私は活用しています。 あなたの目的にはぴったりです。バックアップ復元の操作も簡単で、市販のソフトより使いやすいです。 当然のことですが、Windowsの再インストールと同様、同じPCにしかできません。別のPCには出来ません。もう一点、HDDを交換したときは、元Cドライブが入っていたパーティションより小さなパーティションには復元できません。これが唯一の制約で、再インストールとは違う点です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 バックアップは手動で差分バックアップがよさそうですね。 さて、システムイメージの作成で、c:のバックアップを、外付けHDDに取りました。 確認のため、出来上がった\WindowsSystemImageフォルダを見ようとすると、「アクセス権がありません!」と出ます。 「続行」で強行したら、サブフォルダともログインユーザのアクセス権が付きましたが、さて、これだけでいいのでしょうか? クラッシュの時、システム修復ディスクから起動して、『家なき子、名無し』がこれらのフォルダ&ファイルにアクセスできないとシステム復元ができないと思うのですが、今のうちにeveryoneにもアクセス権を与えておかなければなりませんか? よき方法を教えてください。 以前にも、\WindowsSystemImageからの復元がエラーになって「これ役に立たないじゃん!」と思った経験がありますが、あれの原因はこのアクセス権のせいだったのかもしれません…。 >もう一点、HDDを交換したときは、元Cドライブが入っていたパーティションより小さなパーティションには復元できません。 →同じHDDなのですが、システムイメージ作成時はC:は100GBで50GB使用中でした。 できた\WindowsSystemImageは40GBほどでした。 その後C:パーティションを80GBまで縮小してしまいました。これはマズイですか? C:を101GB以上に拡大しなおせば大丈夫でしょうか。

  • 回答No.2
  • kteds
  • ベストアンサー率41% (1761/4194)

> 目的は、システムクラッシュの際のリカバリに備えて、外付けのhddに、現時点のc:ドライブを丸ごと保管しておきたいのですが。 システムイメージの作成が目的に合っています。 参考までに下記サイト参照。 システム修復ディスクでPC起動して、バックアップしておいたシステムイメージを復元先のHDDに復元すれば、システムは回復できます。 「system-restore」 http://hrn25.sakura.ne.jp/win/system-restore/system-restore.html --- システムイメージ作成、復元、クローンHDD作成はWin7に限らずWin8でも同じ要領です。 参考までにWin8の例を参照してみてください。 「system-image-backup (システム イメージ バックアップ)」 http://hrn25.sakura.ne.jp/win/system-image-backup/system-image-backup.html 「system-image-restore (イメージでシステムを回復)」 http://hrn25.sakura.ne.jp/win/system-image-restore/system-image-restore.html 「system-image-clone (HDDクローンの作成)」 http://hrn25.sakura.ne.jp/win/system-image-clone/system-image-clone.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 さて、システムイメージの作成で、c:のバックアップを、外付けHDDに取りました。 確認のため、出来上がった\WindowsSystemImageフォルダを見ようとすると、「アクセス権がありません!」と出ます。 「続行」で強行したら、サブフォルダともログインユーザのアクセス権が付きましたが、さて、これだけでいいのでしょうか? クラッシュの時、システム修復ディスクから起動して、『家なき子、名無し』がこれらのフォルダ&ファイルにアクセスできないとシステム復元ができないと思うのですが、今のうちにeveryoneにもアクセス権を与えておかなければなりませんか? よき方法を教えてください。 以前にも、\WindowsSystemImageからの復元がエラーになって「これ役に立たないじゃん!」と思った経験がありますが、あれの原因はこのアクセス権のせいだったのかもしれません…。

  • 回答No.1

システムイメージ・・・・ドライブ構成も含めて、全てまとめてイメージ化できる バックアップ・・・・個人フォルダ・データフォルダなどを指定してバックアップする 「ぼくんちのTV別館」より。 どうやら全く違うみたいです。 ただ、これによると、 **** [システムイメージの作成]は、指定したドライブの「データフォルダや個人用フォルダの中身」も、同時に保存してしまう。なのでイメージから復旧すると、 マイドキュメントなど全てのデータもイメージ作成日のデータに置き換わってしまう。 インターネットで認証が必要な有料ソフトなどは、(イメージの復元でインストール前の状態に戻すと、再インストールの際に)再びアクティベーションが必要になる。最悪の場合、二重アクティベートと判断され、インストール出来なくなってしまう。 **** のだそうです。 詳細はこちら↓ http://freesoft.tvbok.com/windows7/tool/win8-image-backup.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 バックアップは手動で差分バックアップがよさそうですね。 さて、システムイメージの作成で、c:のバックアップを、外付けHDDに取りました。 確認のため、出来上がった\WindowsSystemImageフォルダを見ようとすると、「アクセス権がありません!」と出ます。 「続行」で強行したら、サブフォルダともログインユーザのアクセス権が付きましたが、さて、これだけでいいのでしょうか? クラッシュの時、システム修復ディスクから起動して、『家なき子、名無し』がこれらのフォルダ&ファイルにアクセスできないとシステム復元ができないと思うのですが、今のうちにeveryoneにもアクセス権を与えておかなければなりませんか? よき方法を教えてください。 以前にも、\WindowsSystemImageからの復元がエラーになって「これ役に立たないじゃん!」と思った経験がありますが、あれの原因はこのアクセス権のせいだったのかもしれません…。 >システムイメージ作成後にドライブのパーティションサイズやドライブ構成を変更した場合は、OS上から復元作業はできない。 システム修復ディスクからの起動が必要。 (インストールディスクでも可) この場合、復元を行うとハードディスクは再フォーマットされ、パーティションの再構築が必要になる場合がある。 Cドライブにマイドキュメントがあった場合、この作業でマイドキュメント内のデータは全てイメージ内のモノに置き換えられる →システムイメージ作成時はC:は100GB弱(よく覚えていません)で50GB使用中でした。 できた\WindowsSystemImageは40GBほどでした。 その後C:パーティションを80GBまで縮小してしまいました。これはマズイですか? C:を101GB以上に拡大しなおせば大丈夫でしょうか。 どちみちシステム修復ディスクを使う羽目になるので、気にしなくていいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

関連するQ&A

  • windows7標準のシステムバックアップ機能

    xp時代までは、EaseUS Todo Backup を使って、hddバックアップを取っていましたが、windows7には似たような標準装備があるようで・・・。 http://support.microsoft.com/kb/2666283/ja#A windows7の標準機能に、hddのバックアップと復元 がありますが、これはwindowsがかろうじて動作していないと復元できないのでしょうね? windows7が完全にクラッシュして、リカバリーディスクやDtoD領域もないときは役に立たないのでしょうか? 「システム修復ディスク」は作ってあるのですが、これとhddバックアップイメージでなんとかなりますか? やはりEaseUS Todo Backup Free でしょうか?

  • 「フルバックアップ」と「システムイメージの作成」

    windows7についている、バックアップ機能について教えてください。 1.バックアップ(システムを含む) 2.システムイメージの作成 3.修復ディスクの作成 と似て非なるものがあるのですが、それぞれの違いについて教えてください。 私のつたない解釈では以下のとおりです。ご教示ください。 1.→個人用ファイルとシステムの復元が可能。外付けHDDにバックアップ保存も可能。 ただし、WINDOWSがかろうじて生きていないとリストアできない。 2.→WINDOWSが完全に壊れても復元可能。個人用ファイルも復元される。もとのHDD内にあったリカバリ領域も復元される。 ただし、外付けHDDに保存しているとBIOSを変えてもboot不可能?  DVDにISOイメージとして作成しておくことが必要? 3.→WINDOWSのシステムがちょっとおかしいなと感じたときに、システム修復を試みるのに有効。 ただし、システム異常が複雑だと万能ではない。その場合はフルリカバリが必要。 2が最強のような気がしますが、外付けHDDに保存ではダメでDVDが必要というのが引っかかります。外付けHDDからシステムイメージをBOOTする方法はあるでしょうか?

  • バックアップ&復元

    Windows7です。 例えば、HDDを交換する場合、今までは、Windows7の機能にある「システムイメージの作成」から、バックアップを取り、HDDを交換後、ディスクから起動させて、復元していました。 そこで質問です。 例えば、「easeus todo backup」のようなバックアップソフトを用いても、出来ることは知っているんですが、これと、上記の「システムイメージの作成」の場合と、結果に違いがあるのでしょうか? ご存知の方、よろしくお願いします。

  • システムイメージの作成

    Windows7のコントロールパネルで、「システムイメージの作成」と言うのがあって、実際に作成 したのですが、このディスクは、BIOS画面で、リカバリーディスクと同じように使えるのでしょうか? また、このディスクは、HDDを新規交換した場合にも、システム復元として使えますか? もう一つ質問なんですが、このディスクは、「システム修復ディスク」との違いと言うか、 関連性は、あるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • システムイメージのバックアップを新PCへ

    初心者です。 一通り調べましたが理解できず質問させて頂きます。 Windows7が故障したため、修理に出す前に外付けHDDへシステムイメージのバックアップをしました。(まるまる移行したかったので) 結局新しいPC(Windows10)を購入し、HDDを付け、 コントロールパネル→バックアップと復元→ファイルの復元元として別のバックアップを選択します から、HDDを選んで実行したのですが、ファイルが一つ一つ移行されているだけでした。(システムイメージで復元されていない?) そこで手順が間違ってることに気付き、 設定→更新とセキュリティ→回復→今すぐ再起動→トラブルシューティング から、「イメージでシステムを回復」へ進んだのですが、HDDを選択すると 「選択されたシステムイメージは、この回復環境では復元できません。」のエラーが出ます。 そこで調べていると、システムイメージで復元するには「回復ドライブ」「システム修復ディスク」どちらかがが必要?という記事が多くありました。 旧PCでシステムイメージを作るとき、どちらも作りませんでしたが、この状態で何らかの方法で復元は出来るのでしょうか? この二種類のいづれかは、新PCで作っても復元には意味がないのでしょうか? 初心者ゆえ、どこに引っかかりがあるかわからず、長々と失礼しました。 よろしくお願いします。

  • システムイメージはバックアップに必要?

    先日からパソコンの調子が悪く、30分おきにブルースクリーンが起こるという状況のため システム復元ディスクを使って、パソコンをリカバリーしようと考えています。 データをバックアップしようと外付けHDDを買ってきて、windowsバックアップでデータを移動しようとしているのですが、バックアップの途中、ブルースクリーンが起こって最後までバックアップを行うことができません。 それで、質問です。 バックアップの対象を、自分で選択し、二つユーザーがいるのですがその二つのライブラリとローカルディスクのデータをバックアップの対象に選択しているのですが、その下に 「次のドライブのシステムイメージを含める」とチェック欄があります。このシステムイメージとはバックアップのデータに必要でしょうか? とりあえずデータ(画像や文書)だけ引き出せれば十分なのですが、これもバックアップ(もしくはシステムのリカバリーに必要)なのでしょうか? ちなみに当方のパソコンはwindows7です。ブルースクリーンのエラーコードは0x00000109。 このような事態になったことが初めてですので、的外れな質問かもしれませんがご回答いただけると幸いです。

  • バックアップできないので、困っています。

    前回の質問(No.8657155)の追加質問です。 1.リカバリーのための「リカバリー・ディスク 6枚}は、クラッシュよりかなり前に作成済み。但し、その最後の1枚は今回のクラッシュ以降は効きません。 2.バック・アップナビは、現時点では完全には機能しないので、HDD(2つのHDD)に、ユーザーの自分の名前の各フォルダーにコピーする形で保存しているので、その意味での心配はありません。 3.回答者の皆様が教えて頂いた方法は、全て試しましたが、「データのBackup」はできますが、「パソコンの状態のBackup」は、やはりできません。 4.既に幾度もメーカーの技術相談窓口の指導を受けましたが、抜本的解決はなさそうです。 5.リフレッシュは、質問の前に実行済み。 6.通常のBackupができないので、バックアップの「管理」からリカバリー・ディスクを作成しようとし、適応するDVDを購入し・作成しましたが、どうもそれらを読み取ることができないようです。 従って、PCの状態のBackupは諦め、現時点での復元ポイントの作成、システムイメージの作成とそれからの復元を試みてみたいと考えます。 解決したら、この質問を締切にいたします。

  • システム修復ディスクはシステムイメージ作成の都度?

    CドライブにOS(Windows 7 Ultimate 64)がインストールされているのですが、システムイメージの作成をすると「システム修復ディスクの作成」をするように求められます。この「システム修復ディスクの作成」はシステムイメージの作成をした都度行わなければならないのでしょうか。それとも、1度「システム修復ディスクの作成」をしておけば、その後のいつ作成したシステムイメージであろうと、その1度作成したシステム修復ディスクを用いてシステムディスク(Cドライブ)の復元ができるのでしょうか。 例えば、次の(ア)~(エ)のようにしたとします。 (ア) 2月1日にシステムイメージの作成とシステム修復ディスクの作成をした。 (イ) 2月8日にシステムイメージの作成をした。 (ウ) 2月15日にシステムイメージの作成をした。 (エ) 2月22日にシステムイメージの作成をした。 この場合、(イ)~(エ)で作成したシステムイメージを使ってシステムディスク(Cドライブ)を復元するには、次の(a)、(b)のどちらでしょうか。 (a) (イ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(イ)のときにシステム修復ディスクを作成しておきそのシステム修復ディスクを使わなければならない。 (ウ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(ウ)のときにシステム修復ディスクを作成しておきそのシステム修復ディスクを使わなければならない。 (エ)も同様。 (b) (イ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(イ)のときにシステム修復ディスクを作成する必要はなく、(ア)のときに作成したシステム修復ディスクを使えばよい。 (ウ)のシステムイメージを使ってシステムディスクを復元するには、(ウ)のときにシステム修復ディスクを作成する必要はなく、(ア)のときに作成したシステム修復ディスクを使えばよい。 (エ)も同様。

  • システムバックアップの仕方について教えてください

    (1)Windows 7 Ultimate 64 ですが、次の(a)と(b)で作成されるバックアップの内容は同じでしょうか。 (a)コントロールパネル→システムとセキュリティ→バックアップと復元→システムイメージの作成。 (b)コントロールパネル→システムとセキュリティ→バックアップと復元→バックアップの設定→自動選択。 (2)(1)の(a)でシステムイメージの作成をすると「システム修復ディスクの作成」をするように求められますが、「システム修復ディスクの作成」はシステムイメージの作成をした都度行わなければならないのでしょうか。それとも、1度「システム修復ディスクの作成」をしておけば、その後のいつ作成したシステムイメージであろうと、そのシステム修復ディスクを用いてシステムディスクの復元ができるのでしょうか。 (3))(1)の(b)で朝の4時に自動的にシステムイメージの作成をすると、「システム修復ディスクの作成」はその都度手作業で(つまり、目覚ましをかけておいてその都度起きてきて)しなければならないのでしょうか。

  • システムイメージの作成など

    Windows10の1511から1607への大型アップデートをしました。 何かの時のためにバックアップを取ろうと思っています。 そこで詳しい方には初歩的な質問で申し訳ないのですが・・・。 回復ドライブの作成・システム修復ディスクの作成・システムイメージの作成 この3つはどのような時に必要(使う)のですか? また、3つの何をすればいいのですか?Windows10へはWin7からの無償アップグレードのためリカバリディスクもありません。 宜しくお願いします