• ベストアンサー
  • 困ってます

国の財政破綻の定義に関して質問させてください。

国の財政破綻の定義ですが、様々な定義が混同されて使われていると思います。 (1)国が売り出した国債が売れ残り、自国通貨建ての国債の償還ができなくなること (2)外国通貨建ての国債の償還ができなくなること (3)国債が暴落すること これらを全部「財政破綻」と呼ぶのでしょうか。 財務省はそのホームページで「日・米など先進国の自国通貨建て国債のデフォルトは考えられない。」と言っています。 http://www.mof.go.jp/about_mof/other/other/rating/p140430.htm したがって、 (1)は、日米ではありえない。 (2)は、日本は対外純資産が世界第一位であることと、円が国際通貨であることと、日本の国債はほとんどが日本人が買っていることを考えればありえない。 (3)は、日銀が市場から大量に国債を買い続ける限りありえない。 と結論したいのですが、如何でしょう。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数215
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3760)

(1)国が売り出した国債が売れ残り、自国通貨建ての国債の償還ができなくなること (2)外国通貨建ての国債の償還ができなくなること 1)と2)の違いは、単に自国通貨建てか否かというだけしか違いがない。また、利払いという部分がすっぽりと抜け落ちているという大問題がある。 一般的に、国の破綻はデフォルトとして認識されるけれども、広義にはデノミ等も考えられます。 国債の暴落は、1)や2)が起こった、又は起こる見込みが高いときに起こるものであり、デフォルトに付随してよく観察される現象ですが、デフォルトそのものではありません。 > (1)は、日米ではありえない。 近い将来ではあり得ないでしょう。ただし、日銀が直接買い入れ出来ないという現在の制度の下では、原理的には起こる可能性はあります。また、政治的な問題として、赤字国債は特別法を毎年通す必要がありますが、これを通さなかったとしてもやはりデフォルトが起こる可能性があります(実際に民主党政権下でこれが起こりかけました)。 勿論、適切に管理していれば、近い将来においてデフォルトすることはほぼありません。 > (2)は、日本は対外純資産が世界第一位であることと、円が国際通貨であることと、日本の国債はほとんどが日本人が買っていることを考えればありえない。 現在発行されている日本国債は全て円建てなので、外貨云々自体が全くの的外れです。 また、「通貨建て」と「所有者の国籍」の違いが分かっていないようです。円建てであれば円で返すしドル建てならドルで返します。所有者の国籍は全く関係ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました

質問者からの補足

>1)と2)の違いは、単に自国通貨建てか否かというだけしか違いがない。 円が国際通貨であり、他国の通貨との交換が可能であるという限り違いがないということでしょうか。どの国でもそうであるなら、自国通貨を刷れば、アルゼンチン等でもデフォルトはあり得ませんでしたが。実際は経済危機に陥った国の通貨と交換する人などいないからデフォルトになるのですよね。 >また、利払いという部分がすっぽりと抜け落ちているという大問題がある。 はい、そうでした。金利すら払えなくなれば破たんです。 >一般的に、国の破綻はデフォルトとして認識されるけれども、広義にはデノミ等も考えられます。 例えば100円と1新円として全額新しい紙幣と交換するときも財政破綻ですか。もちろん、預金封鎖や交換する額に制限をかける場合は財政破綻だと思いますが、現在の日本ではこんなことをするわけないですよね。 >国債の暴落は、1)や2)が起こった、又は起こる見込みが高いときに起こるものであり、デフォルトに付随してよく観察される現象ですが、デフォルトそのものではありません。 記憶は確かではありませんが、「国家は破綻する」というラインハートの本の中に、インフレ率が一定の限度を超えると、国債が暴落し、国民が多大な損害を被るから、これ場合も破綻と定義すると書いてあったような気がします。これは正しい定義ではないとしてよいですか。 >政治的な問題として、赤字国債は特別法を毎年通す必要がありますが、これを通さなかったとしてもやはりデフォルトが起こる可能性があります(実際に民主党政権下でこれが起こりかけました)。 そうでした。国会が本当に特別法を通さなかったら大混乱なので多分最終的には通しますね。 >現在発行されている日本国債は全て円建てなので、外貨云々自体が全くの的外れです。 そうでした。 >また、「通貨建て」と「所有者の国籍」の違いが分かっていないようです。円建てであれば円で返すしドル建てならドルで返します。所有者の国籍は全く関係ありません。 そうでした。日本の国債の大部分は日本人が持っているから安全だと言われていますが、これは外国のファンドが大規模な攻撃を仕掛けにくいということで、財政破綻には至るわけがないと言えるのですね。もし日本の国債の所有者が全部外国人であって、一斉に売り出したとしても日銀が買い支えれば問題ないということでしょうか。

関連するQ&A

  • 財政破綻までを小学生にわかるように

    財政破綻までを小学生にわかるように 借金、国債、財政破綻、税金などという単語を使わず、国が借金を誰にしていて、どういう状態になったら財政破綻となり、そうなったら具体的にどうなるか、を小学生にわかるようご説明ください

  • 財政破綻までを小学生にわかるように

    借金、国債、財政破綻、税金などという単語を使わず、国が借金を誰にしていて、どういう状態になったら財政破綻となり、そうなったら具体的にどうなるか、を小学生にわかるようご説明ください

  • 国債と財政破綻

    日本の国債の格付けが引き下げられましたね、・・・国の借金も増えつずけ、1000兆円を超えて、2003年には国民資産総額を超え、財政破綻が現実味を帯びてきた、とのテレビニュースがあり、 外国の一部のヘッジファンドなど、日本の数年内の財政破綻を前提に動き始めた、との報道も見ました。 日本の国債は国内で消化している為、心配はいらない、との見識もあるようですが、実際はどうなのでしょうか。 日本は数年以内に財政破綻が始まる確立、って、どの程度ありますかねぇ・・・? その時、日本はどの様な状態になるでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • Broner
  • ベストアンサー率22% (117/528)

国の財政破綻の定義に関して質問させてください。 国の財政破綻の定義ですが、様々な定義が混同されて使われていると思います。 (1)国が売り出した国債が売れ残り、自国通貨建ての国債の償還ができなくなること (2)外国通貨建ての国債の償還ができなくなること (3)国債が暴落すること   回  答  国債の償還ができなくなることよりも、公務員の給与が支払われず、公務が出来なくなることだと、思います。 まあ、そうなったら、政府は税率を上げれば良いのだから。それも、出来なくなること。  最終的には、国内の市場が、政府の発行した国債を、返済不能と言う理由で、買わない。 だから、公務員の給与が払えない。去年年末にも、米政府の財政破綻、借金の上限を上げることを共和党に反対されてできず、重要でない公務を停止して、公務員の給与を払わなかった。 日本政府には、借金の上限はありません。 日本の産業は国際競争力が優位で、円高に強制され、内需を、国内の公共事業を押し付けられ、その結果、国債残高が、1000兆円になった。 だから、円安になれば、貿易収支が黒字になる余力があります。そして、GDPを増やし、税収を増やし、国債を返済できる。 1ドル200円位でも、GDPを現在の額に維持できると思います。 だから、円安が進まないと、政府の財政破綻は無い。 1ドル200円位となり、市場が国債を買わなくなったとき、破綻です。 しかし、世界の政治経済は、ロシア、中国、イラン相手に欧米が戦争するような状況では。 破綻をさけて、戦争、戦時国債の大量発行、戦争終結、それぞれの国で、通貨の新円切り替え1/1000となる方向では、ないいですか。 財政破綻よりも、中国との戦争が、重要では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>国債の償還ができなくなることよりも、公務員の給与が支払われず、公務が出来なくなることだと、思います そうなると大混乱になるので、国債を日銀に買ってももらってカネを手に入れると思いますよ。どこかの銀行にまず国債を買わせて、その翌日日銀に転売しても事実上同じですが。何をするにも議会の承認が必要。ねじれ国会なら財政破たんの可能性はあります。ねじれが解消している現在、その可能性はないです。

  • 回答No.2
  • at9_am
  • ベストアンサー率40% (1540/3760)

> 金利すら払えなくなれば破たんです。 というよりも、一般的には、金利を払わなくなるデフォルトが普通ですが。 リスケといわれる利払い・償還日の後ろ倒しなどのような手法で、債権棒引きにする方が少ないですね。 広義のデフォルトとしては、デノミやハイパーインフレも含まれるという定義を使う人もいます。 > インフレ率が一定の限度を超えると、国債が暴落し、国民が多大な損害を被るから、これ場合も破綻と定義すると書いてあったような気がします。これは正しい定義ではないとしてよいですか。 正しい定義、というのが何を指しているのかが不明ですが、通常、国債が暴落しただけではデフォルトになりません。米国債も先日暴落しましたし、伊国債も2011年に暴落していますが、いずれもデフォルトしていません。 大体、国債の価格が例え額面1万円当たり1円になっても、国の払うべきお金が変わらない以上、財政上の問題は特に変わりません(勿論、経済的な混乱という意味では色々とあるのですが)。 > 自国通貨を刷れば、アルゼンチン等でもデフォルトはあり得ませんでしたが。実際は経済危機に陥った国の通貨と交換する人などいないからデフォルトになる 政府と中央銀行の違いが良く分かっていないようです。 政府としては外国通貨建て債券を償還するための借換債として外国通貨建債権を発行できればそれで済む話です。これは自国通貨建債権の借換債を発行できれば済む話と本質的に全く同じです。 勿論、外国通貨建ての方がハードルが高かったり、条件が厳しかったり、税収とのバランスを厳しく査定されたり、為替リスクがあったりという違いはありますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

大変参考になります。 >政府としては外国通貨建て債券を償還するための借換債として外国通貨建債権を発行できればそれで済む話です。これは自国通貨建債権の借換債を発行できれば済む話と本質的に全く同じです。 借換債として外国通貨建債権を発行しても借り換えに応じてくれなかったときが問題ですね。外貨不足ならデフォルトになる可能性がある。自国通貨債の場合は、最悪でも中央銀行が買い取れますからデフォルトにならないということでしょうか。

関連するQ&A

  • ギリシャの財政破綻について教えて下さい

    ギリシャの財政破綻について教えて下さい 財政破綻すると具体的に国民にどのような影響がでるのでしょうか? ハイパーインフレが起きたり、国債が紙くずになると聞きますが具体的に そのようなことが起こると何が不都合なのでしょうか?小学生でも解るように 教えて下さい。

  • 財政破綻した国

    財政ファイナンスを行い破綻した国を教えてください。 自国通貨建てのみという条件でお願いします。

  • 日本は財政破綻しないの?

    今朝のTVで夕張市の成人式のニュースを見ました。 地方自治体によっては財政の危機的状態があり、財政破綻状態とのこと。 地方債発行には国の許可が必要とのことですが、誰が買わされることやら・・・ 最後は国が援助をするとのことですが、地方財政は国が助けるとしても・・・。 その助ける国も財政の危機的状態ですよね。国ですから国債を発行してしのぎますか。銀行もやっとのことで立ち直りつつあるところで国債を買わされるのでしょうか?強制はできないでしょうから銀行を通し日銀が買いオペをしますか。超反則技ですね・・・。 消費税のアップですか・・・? 日本国がIMF傘下となりますか? どうみてもいつかは財政破綻しそうですが、どのようになるのですか?

  • 財政破綻否定派に質問

    財政破綻否定派の方に質問です。 なぜあなたは破綻しないと思っているのでしょうか? 私もなんとなく何にも起こらないんだろうなーと思っていますが 特に根拠はありません。普通に日本という国の信用が成り立ってて メガバンクも国債買ったりしてるんで、それなりに安心論には 根拠があるんでしょうが、それがわかりません。 もしよろしければ、あなたの安心論の根拠を教えてください。 「絶対破綻しない」だけでなく「ゼロではないが破綻の可能性は低い」 という方もOKです。

  • 財政破綻を通貨発行で免れ円安を導く方法

    国の借金が908兆円にもなり財政破綻の危機が語られています。しかし、日銀が通貨を発行し国の借金を買い上げれば、財政破綻は避けられます。そうすれば円の価値が下がる、つまり円安に向かうと言われています。円高で苦しむ日本にとって、これは大変有り難いことではないですか。各国が通貨安競争をしているとき、円高阻止のためには為替介入より、この方法のほうが良いように思えるのですが、何か問題があるのでしょうか。

  • 長期金利が上昇すると財政破綻が近づくと・・・・

     新聞記事によると、「物価上昇が続き、長期金利が上がると(経済状態が好転しないという前提)財政破綻が見えてくる」というような記事がありましたが、長期金利(例えば国債)が上がるとなぜ財政が危なくなるのでしょうか。  長期金利が上がっても、例えば期日が来た10年の国債の償還は、発行された当時の金利を払えば済むので長期金利の上昇とは関係ないと思うし、その不足分を補うため借り替えるのに、新たに10年の国債を上昇した高い金利で発行して、買い手が付けば、当座の資金に不足は生じないと思うのですが。  なにぶん素人です。具体的に詳しく教えていただくと助かります。

  • 自国通貨の借金では、国は破綻しない?

    「破綻」って債務不履行の事ですよね。 日本人国内での借金だから破綻しないとかよく言われます。 日本人の資産(貯蓄とか)の方が借金より多いうちは大丈夫とかよく言われます。 借金が資産を上回る事は今の状況から考えられないのですか? また、自国でいくらでもお金を刷れるから、 自国通貨の借金で破綻する事はないと主張する人も居ます。 この理屈が正しいならば、財政破綻の問題は存在しないのではないのですか? お金を刷れば良いから・・・・。 そんな事したら、ハイパーインフレとか通貨に対する信頼がなくなるのではないですか? 信頼が無ければ、お金なんて、ただの紙切れですよね? http://www.youtube.com/watch?v=6KorePC3xWQ http://www.youtube.com/watch?v=i8J_cnJPHJQ&feature=related

  • 日本国政府がどれだけ借金しても絶対に日本は倒産しないと言うことのサルでも分かる説明という記事について質問です。

    日本国政府がどれだけ借金しても絶対に日本は倒産しないと言うことのサルでも分かる説明というインターネットの記事を読んだのですが、 >赤字国債を発行して政府が借金を増やすとすぐに財政破綻(はたん)、 >財政破綻(はたん)と騒ぐ人がいますが、自国通貨による >国債発行では国が倒産することは絶対にありません。 >国債と言うのを借金だと考えると、これが増えすぎて返せなくなると >会社と同じように倒産しそうな感じがします。 >しかし、国債と言うのは確かに期日が決まっていて国が借りたお金を >金利と一緒に返すので形式的には借金そのものですが、 >国は返すお金を自分で発行することができますから根本的に普通の >借金とは違います。このことを考えると、 >国債と言うのは借金ではなくて、実は国が発行する株式だと >言うことが分かります。 と書かれていたのですが、その記事の中で例外として、 外国などで倒産してしまう国があるというケースについて ふれていたのですが、その場合、自国通貨ではなく、 外国の通貨を使っていた為に、この記事で日本が倒産しない原則とは 違い倒産してしまうと綴られていました。 自国通貨で決算している場合においては、その国の生活水準が 落ちるということで倒産までには至らない、しかし、 外国の資産を借りてくるということになると、倒産する可能性もある。 となっていました。 日本もそうですが、例えば、外貨準備高を高めている中国なども 倒産のリスクはむしろ高まってしまったいえるのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 法人税減税で税収減 --> 財政破綻

    法人税減税で税収減 --> 財政破綻 少し前にWBSなどで経済評論家の人たちが「日本は消費税が低いから増税余力があるということで海外から信任をされている。消費税8%に増税をしなければ、日本の信任が失われ、国債が暴落し、長期金利が高騰し、日本は財政破綻してしまう」と言っていました。 この話が正しいとすると、法人税減税をして税収が減れば、日本の信任が失われ、国債が暴落し長期金利が高騰し日本は財政破綻してしまうのではないのでしょうか?

  • 円高解消方法簡単、間違っていますか?

    高いことは安いより選択肢一杯(アドバンテージあり)。 自国通貨が下落(アルゼンチン等)、インフレ財政破綻とは正反対。 円を発行して円を買ってる通貨を買って円を下げる。 買った外貨を円安になった時吐き出す。 何故出来ないのですか?