解決済み

趣味だから…。

  • 困ってます
  • 質問No.8581588
  • 閲覧数249
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 100% (23/23)

趣味(アニメ等)についてです。
私はそれまでまったく二次元なんて興味なかったのに、去年の冬、クラスの友人の影響で黒バスにはまりました。そしてその次にBLにも興味がでてきて、世界一初恋が大好きになりました。もう、二次元ってこんなに楽しくてワクワクするんだ!と思いました。家族で、二次元に興味ある人はいないので、初めての体験でワクワクしました。アニメのキャラとかも好きになって、きっかけを与えてくれた子ともアニメトークで盛り上がりました。商業BLとかにも手を出していきました。それまでほぼ活動してなかったTwitterも、勢いで趣味垢作って、フォロワーさんと話して、二次元と勉強の両立。ほんとに毎日が楽しかったです。

ところが、年も明け三月くらいになると、二次元に飽きてきたなって自分で思いました。今考えると自分アホだなって思うんですが、ほんとにその事実がショックで、「なんで…?あんなに好きだったのに飽きた…?嫌だ!」となってました…

長々とすみません。気持ちを吐き出したかったので…

そこで質問ですが、アニオタ・腐女子さんに質問です。
こういう受け身の趣味は、自然に、好きになるものだってわかってます。でも、もしアニオタ・腐女子さんの中で、飽きない努力(例:飽き性な性格を少しでも改善するため勉強など与えられた課題をがんばって粘り強い性格にした、飽きないようにアニメ、漫画などは土日だけ見るようにしているナド)
をされている方がいたら、教えて欲しいです。
それともやっぱり、そんなこと考えずに飽きたら飽きたでしょうがないのかな…?
でも今思うとほんとに楽しかったんです。好きなキャラ追いかけて、語って、ワクワクして…毎日が楽しかったです。
だから、努力で二次元に飽きないようになれるなら、いいなぁと思ったんですが…。

しょうもない質問ごめんなさい。
もし答えてくれる方いらっしゃったら…アドバイスお願いします。
誹謗中傷はやめてください。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
飽きるのは仕方のないことだと思います。
やりたいことを全部消化して、刺激がなくなってきたんじゃないでしょうか?
もし納得できず、努力でまた好きになりたいのなら、

・イベントに参加したり、新しい作品を観たり読んだり、新しい刺激を探す
共通のご友人がいらっしゃるようですから、もし経験がないのであれば
一緒にイベントに参加してみるのはどうでしょう?
楽しいことは共有するともっと好きになりますから。

・質問文にあるように、何かしら制約を設ける
例えば四六時中好きなことをずっとやっていればそりゃ飽きるのも当然なので、
一つの手として使えると思います。

・ライバルを作る
自分のほうが好きだ!自分のほうが詳しい!と競えるひとがいると、自然と情報も入ってきますよ。

これは自分の場合です。僕はこんな感じ。
ただ、別に努力で好きになろうとか、好きになれるよう頑張ろう!と思って
やっているわけじゃないです。なんとなくやってます。性格?w

かくいう自分もサブカル好きですが、以前ほどハマってはいません。
アニメはほとんど観なくなったし、マンガやライトノベルも買わなくなったし・・・
ただひとつだけ今でも好きな作品がありますが、これに関しては共通の友人がいます。
一緒にライブ行ったり、グッズ買いに行ったり、新しいCDやゲーム・ライブの情報交換をしたり。

僕は性格上、「来るもの拒まず去るもの追わず」って感じなので、
飽きたらそれはそれでしょうがないと思ってます。

もし頑張ってまた好きになりたいのであれば、参考になればと思います。

ただ、飽きを通り越して嫌いになってしまうこともあり得ますから、
無理はしないほうがいいですよ!

長文失礼しました。
お礼コメント
kikokikokako

お礼率 100% (23/23)

具体的にたくさん書いていただき、ありがとうございました!まだ学生なので、イベントは行ったことないですね…!卒業したら、行ってみたいなと思いました!!
そうですよね、無理するのはだめですね…ダンスなども昔からの趣味なので、自分の好きなように、二次のほうも開拓していきます(^^)!
投稿日時 - 2014-05-10 22:15:00

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 43% (7/16)

飽きるというか趣味が変わることはあることですよ。

努力してまで飽きないようにすることは無いと思います。
土日アニメみて漫画読んで、それを持続しようとするとかえってプレッシャーになりませんか?

少し離れたっていいじゃないですか。
気が向いたときにまた読んでみて、その時面白いと思えればまた再燃しますよ。

いまは、ちょっと中休みでいいじゃないですか。お気になさることは無いですよ。


私は、昔好きだったアニメがあって、とても熱中していたのですが、その作品が終了し、少し覚めました。

それからしばらく普通にアニメ漫画とはつかず離れずの様な距離だったのです。

それが5年くらいあって、そのあとにまた夢中になれる作品にめぐり合い、今もそれメインに熱中し、
昔のもまた改めて見たり、他の作品見たりしてます。

その時その時のテンションでやればいいじゃないですか。自分の趣味ですもの。(^.^)
お礼コメント
kikokikokako

お礼率 100% (23/23)

確かに…プレッシャーになるくらい考えすぎな時期がありました。それは趣味・娯楽にならないですね…
回答者様の経験が聞けて嬉しいです!そうですね。趣味、自分の好きなように気楽に考えることにします!回答ありがとうございました(^^)!
投稿日時 - 2014-05-10 22:18:24
  • 回答No.6

ベストアンサー率 34% (778/2261)

オタってほどじゃないですが。
どんなに好きな食べ物だって、食べ続けてれば飽きがくるものでしょう。
飽きがくるのが嫌ならば、別のもので楽しむのが一番じゃないでしょうか。

なのでまずは、二次元からまったく離れてみる。
そういう気がないのならば、別ジャンルを開拓する。
例えば。ロボには興味がなくても、なぜか面白いと思える作品とかって一つや二つあったりします。
ハズレ覚悟で、手当たり次第に観てみるとかね。
※ある程度作品の好みがわかってくるまでは、一話観て面白くないなら辞めていいと思います。

それから、質問者さんは二次元が飽きたとおっしゃっていますが、実は最初にスペシャルなものばかりに出会ってしまったというのもあると思いますよ。
※これお勧めだよ!これもいいよ!ってね。
もしそうならば、しばらくは面白い物がなくなってしまったように感じたとしても何ら不思議はありません。
だって、その人たちは数年に一度のヒット作を凝縮してお勧めしてくれてるんですから。
常に自分にとって面白い作品ばかりが世に出てくるわけじゃありません。
自分にとっては不作な年もあって当たり前なんですよ。

ですから、しばらくアニメを観ないで良作がたまるのを待つのもよし。
別ジャンルでしばらく気を紛らわすのもよしです。

私は読書も好きですが、読みたい気持ちがあってもまったく活字を追うことが出来ない時もあります。
そんな時は読まないですよ。
無理して嫌いになってもつまらないですから。
私にとって読書は、年に何度か楽しむものくらいの位置です。

自分にとっての一番いい距離ってあると思います。
楽しくても、付かず離れずがいい場合もありますよ。
お礼コメント
kikokikokako

お礼率 100% (23/23)

自分にとっての一番いい距離…ありますね。ある作品に対しての楽しみ方だって人それぞれなんだなって最近気づきました。
別ジャンルを見る、もやってみたいと思います!
具体的な回答、ありがとうございました。!!
投稿日時 - 2014-05-10 22:24:08
  • 回答No.5

ベストアンサー率 52% (195/369)

何かに惹かれたり、一途に熱中し続けるのは、その時はとても楽しいものですし、熱中しているからこそ回りも見えずにまい進していけるものです。

しかし、残念ながらどんな趣向や興味を持ったものも、飽きが来るものです。

私はゲームヲタクで、毎日何らかのゲームをプレイしていなければ気がすまないほどでしたが、アニメも漫画も好きですし、ゲーム、アニメ、漫画、ラノベなどは、比較的近しいメディアだと言えますね。

没頭し、ゲームに熱中していた時期には、アニメもテレビも漫画もほとんど触れず、毎日ゲーム三昧でした。(なのでその時期のアニメや漫画はまるで知りませんw)

ところが、私も質問者さんのように、ある時、ゲームに飽きてしまいまして、振り返ってみてゲームにのめり込んだ結果として、色々なものを犠牲にした(というほど大げさでもないですがw)状況に愕然としました。

ここまでマニアだと自他共に認める自分としては、ゲームを捨て去る気持ちにはなれませんので、何故飽きたのか、自己分析してみたわけです。

結論としては、あまりに狭い範囲に集中しすぎると、反動が大きいということがわかりました。
何か一つの作品や、一つのジャンルだけに拘ってのめり込むと、集中した分だけ、反動で飽きた時に虚しさなどを強く感じるようです。

理由は簡単な事で、一つの作品であったり、一つのジャンルであるという事は、同じ様なもの、同じ傾向のものに触れ続けるという事ですから、同じ傾向のものばかりでは感覚が麻痺するのでしょう。
ちょうど、悪臭であれ、匂いの充満する部屋に居続けると臭いに慣れたり、味覚でも甘いものだけを食べ続けたら飽きが来るように、同じ傾向のものばかりでは感情や気分的にも鬱屈したり、飽和する時が来るという事なのだと思われます。

現在の私は、毎日ゲームをプレイするとは限りません。アニメや読書などで時間がとられたときにはゲームに全く触れない日もあります。
しかし、依然としてゲーム好きでいられていますし、ゲームも買い続けていますw

ゲームに飽きたのですが、反動でゲームに触れないで他の事ばかりをし続けた結果、別の形(テレビの情報番組のゲーム紹介やCMなど)でゲームの情報に触れて、ゲームが面白そうに思えたので、再度ゲームをプレイする気持ちになれました。

激しく熱中する人は冷めるときには反動が激しいものなのかもしれません。
つまり、逆に言えば激しく熱中しなければ、反動も少なめになるので、それだけ持続していけるのではないかと。

具体的にはBLだけではなく、他の面白いと思える趣味を持ったり、今までBLほどではないにしても、興味のあった趣味や娯楽を満遍なくしてみるというのは、激しい熱中を回避する手段となります。
例えば、無理にアニメから離れなくてもいいのですが、BLというジャンルに拘ったりしないという形で、他のジャンルのアニメや漫画などに触れ、広い視野や知識を持ったり、色々な娯楽を経験する事で、再度自分の趣向や趣味を見直すことが出来れば、その面白さなどを再確認できるのではないかと思います。

実際、自分もゲームの中の特定のジャンルが好きでしたが、他のジャンルのゲームが面白そうに思えたので、違うジャンルのゲームをプレイして、元々好きだったジャンルのゲームとの違いを認識した上で、好きだったジャンルのゲームも改めて面白さを再認識した様な感じです。

ただ、今では色々なジャンルのゲームもプレイしたり、アニメや漫画にも時間を割くわけですので、以前ほど激しく熱中しているとは言えなくなってはいますが、それでもそのジャンルのゲームが一番好きなのだろうなぁと、熱中した時期を振り返って思えるようにはなったと感じています。
お礼コメント
kikokikokako

お礼率 100% (23/23)

確かにひとつにのめりこんで、ある日あきてしまった時のさみしさは異常でした…
ひとつにしぼらず、ゆるくつづける、ということですよね。
回答者様の経験が聞けて嬉しいです!!やっぱり、経験を聞くと安心します。今までこういう受け身的な趣味をもつことがなかったので、なぜか異常に焦ってました…笑
分かりやすく具体的な回答、ありがとうございました。!!
投稿日時 - 2014-05-10 22:29:01
  • 回答No.4

ベストアンサー率 19% (199/1001)

あなたの審美眼能力が上がったからですよ。

アニメに限らず、小説やドラマや映画も、展開と演出にはパターンがあります。
表現方法としての作法には限りがあるので、みんな何かをモチーフにしていたりします。

そういう陳腐な話が、アニメには特に散見されます。

商品として売る為の、そういう方向性なのでしょうけど、アニメは買う側があまりにレベルが低い。
レベルが低い買い手に向けての、陳腐な作品が多すぎる。

アニメにだけは詳しいけれど、表現方法としての芸術性についての知識があまりに掛けている買い手で溢れている。


あなたは、そういうアニメに飽きたのです。

審美眼が次のステップに至ったので、今のアニメに納得できなくなったのです。

いいと思いますよ、あなたが正しい。
お礼コメント
kikokikokako

お礼率 100% (23/23)

能力があがったのでしょうか…
確かに、アニメなどはパターンが決まってるな、とは思いますし、それで飽きがきたのかもしれません。
正直やっぱり、これから生きて行く中で何が好きになるかなんて、分かりません。
自分の好きなように、楽しんでいければなと思います。回答ありがとうございました!!
投稿日時 - 2014-05-10 22:32:33
  • 回答No.3

ベストアンサー率 36% (104/282)

ん~~。
もぅ少し、心の棚を広くしてもいいと思いますよ?(w ← 言い方がアレだ

趣味って、ひとつに絞らなきゃいけないワケじゃないでしょう?アッチやったりコッチやったり、でもいいと思いますけど。まだ学生さんでしょ?いろんな事をやってみる方がいいと思いますね。
だから、心に棚を持つ。「とりあえず興味を失ったものをよけておく」為の棚。そこに一次退避させておけばいい。


私はリアル「宇宙戦艦ヤマト」世代ですが、ヤマトの時期にハマったのは2~3年だったな。(小学生)

中学では吹奏楽部に入って、まぁココが実力校だったんでほぼ吹奏楽一筋。
高校に入る時には燃え尽きて帰宅部。この時に漫研だったダチに連れられてコミケデビューしたのは晴海時代。当時は、ロボットアニメが全盛だったかな。ブライガー・サブングル・ボトムズ辺りを漫研のツレから影響を受けて、ソレと同時に中の人(声優さん)に興味を持った。

並行して、バイクに興味が出てその流れで中古バイク屋でアルバイトを始めてそのままそこへ就職。バイクからクルマに移って、給料のほとんどをクルマの維持費とガソリン代に使って夜な夜な(すでに時効ですがw)イリーガルなドライブ三昧。

その後、実弟くんが購入していた「新世紀エヴァンゲリオン」のLDを一気見して再々度アニメの世界へ。同時に、バイク屋から、興味自体は以前からあった写真を「実務。経験不問」の文字につられてアシスタントにデューダ(言い方、旧っ!w)。
暗室作業の時間感覚をアニメソングやBGMでヤってました(w 1分半=TVカットOP、30秒=メディア版次回予告、15秒=TV放送版予告とかCFとか。中坊の時の吹奏楽のおかげで、リズムのペース自体が身体に染み込んでましたので・・・それを先輩カメラマンに言った時に「じゃぁ、計ってやるよ」と言われてやってみて、誤差1秒以内でしたからねぇ(w

今は、去年の夏辺りから少しづつ冷めてきて、観てるアニメの本数自体は減ってるかな?どっちかって言うと、原作のラノベを読む方が多くなったかも。


とまぁ、私の事を簡単に書きましたが。。。
私はオタでは無いと言い張ってますが、周囲に言わせると「ヲタ」らしいですよ?だいたい、私の周りの同類は、自分はオタじゃない!と言い張りますね。私から見てもヲタなのに(w
ヲタは、「まだまだ上が居るから(自分がそう呼ばれるのは)おこがましい」と言う意味でしょう。腐の方は、「ヱ!?これって普通じゃん(いゃ、みんなが異常なんだよ)」と言う意味で否定してますね(w
ヲタや腐の人が自称してるのって、韓国人や中国人みたいで嫌いなんですよね、私は。


をっと、話がズレた。(← この辺がヲタらしい・・・他人に言わせるとw)
趣味なんだから、冷却期間を置いてみていいと思いますよ?子供や学生時代にハマっていて一度冷めたけど、結婚して子供ができて子供と一緒にプリキュアや戦隊ヒーローやアニメに返り咲いてるママさんも多いですし。
趣味を、「やらないでおく」のと「やめる」のとは大きな違いがあると思いますが、どうでしょう?
お礼コメント
kikokikokako

お礼率 100% (23/23)

心の棚を広くしてもいいっていう言葉に救われました!
冷却期間をつくる、棚においておく…そうですね、やらないでおくとやめるは違いますね。
回答者様の経験が聞けて嬉しいです!!安心しました…
言葉にも安心しました…回答ありがとうございました!!
投稿日時 - 2014-05-10 22:36:39
  • 回答No.2

ベストアンサー率 35% (841/2386)

趣味として合わなかっただけだと思いますが。

私はもう結構長い時間アニメの趣味を続けていますが、好き嫌いは当たり前に出て来ます。
私も基本NO.1さんと同じ、来る者は拒否することは基本しないので、長く付き合ってみるしか手段はないかと。
お礼コメント
kikokikokako

お礼率 100% (23/23)

趣味として合わなかった…その可能性もあると思います。もともと違う趣味もあったので…
そうですね、趣味って楽しむものだと思うので、長くつきあって、自分にあったものがでてくれば楽しみたいと思います。
回答ありがとうございました!!
投稿日時 - 2014-05-10 22:39:20
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ