解決済み

古典文法・・・・

  • すぐに回答を!
  • 質問No.857934
  • 閲覧数115
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

形容詞の活用で
例)
善し|よ|(く)| く | し | き |けれ| ○ |(1)
   |よ|から|かり| ○ |かる| ○ |かれ|(2)
     | 未 | 用 | 止 | 体 | 已 | 命 |
この(1)と(2)って何が違うんですか???
教科書等にまったく書いてありませんでした。(泣
誰かわかりやすく教えてください。。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 59% (137/230)

再びkimosabeです。

形容詞本活用の用法の主なものをあげましょう。

「よく」という連用形ならば、
  よく書く。
  かたちはよく、
  かたちはよくて、
のように、下の用言を修飾したり、文を中止したり、下に連用形接続の助詞をくっつける時に使います。

「よし」という終止形ならば、
  かたちはよし。
のようなごく普通の文末で。

「よき」という連体形は、
  よきかたち
  かたちぞよき。
のように、下の体言を修飾したり、係助詞の「結び」になったり。

「よけれ」という已然形なら、
  かたちよければ、
  かたちこそよけれ。
のように、已然形接続の助詞を下にくっつけたり、係助詞「こそ」の「結び」になったりします。

このように形容詞本活用にはいろんな働き場所があります。ただ下に助動詞をくっつけることと、命令表現ができなかったので、それらは補助活用が受け持つようになったわけです。

先の回答の「ちなみの」は「ちなみに」の誤りでした。また下から3行目
  ク活用形容詞は
の前には「が必要でした。

余計なことですが「締切る」ことをお忘れなく。


  

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 57% (634/1101)

形容詞には二つの活用があります。

(1)はク活用

(2)はカリ活用

です。ク活用とは客観的な状態を、カリ活用は主観的感情を表します。


ちなみに「カリ」は、形容詞の連用形語尾「ク」に動詞「アリ」が付く言い方から派生した形です(善く→善かり)。

カリ活用は主として助動詞が付く際に用いられるもので、形容詞の用法を補う性格が強いと言えます。
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 59% (137/230)

ク活用形容詞の「~く」「~く」「~し」「~き」「~けれ」のほうは、形容詞がもともと持っていた活用形で、「本活用」と呼ばれます。形容詞本活用は、下に助動詞を付けることができない、命令表現ができないという欠陥があります。

そこでこの欠陥を補うために後から発達したのが「~から」「~かり」「~かる」「~かれ」の活用形です。この活用形は、「補助活用」とか「カリ活用」とか呼ばれています。

「~から」「~かり」「~かる」は、下に助動詞を付けるためだけに(ただし断定の助動詞「なり」、比況の助動詞「ごとし」を除く)、「~かれ」は命令表現をするためだけに使われます。

「よくず」なんてありません。「よからず」です。
「よくけり」なんてありません。「よかりけり」です。
こんな例を思い浮かべてくだされば、上記の説明を納得してくださるでしょう。

シク活用形容詞の本活用・補助活用の使い分けも、ク活用形容詞の場合と同じです。

ちなみのNo1の「ク活用とは客観的な状態を、カリ活用は主観的感情を表します」はク活用形容詞は状態を表すものが多く、シク活用形容詞は人間の感情(情意)を表すものが多い」と改めるべきです。
補足コメント
noname#13400

では、本活用は必要ないのでは??
本活用はいつつかえばいいんですか??
投稿日時 - 2004-05-15 20:32:27
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ