• ベストアンサー
  • 困ってます

なぜ雨の日は体調がわるいのですか?

  • 質問No.8578350
  • 閲覧数102
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0
雨の日はめっちゃ体調がわるくなります

なぜですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 29% (1235/4117)

◆低気圧というのは一つの要因としてあります。

さまざまな説がありますが、

・気圧が下がると毛細血管が膨張し頭重感や偏頭痛、眩暈といった
いわゆるお天気病とか低気圧病と呼ばれる症状が起こります。

・低気圧では好中球が減って、体内の活性酸素が減少し、
元気がなくなるということです

特に台風の時に顕著のようです。

◆もう一つは湿度が高いということ。

「体に溜め込んでしまう余分な湿気(水分)のことを湿邪といい、
湿邪によって、さまざまな不調があらわれるとされています。
湿気は重く、下に溜まりやすいので、特に下半身のむくみや
水太り、だるさのほか、関節痛や頭痛、胃腸の不調など、
余分な湿気が原因で血や気の流れを滞らせてしまうことで、
不調が起こると言われています。」
http://woman.mynavi.jp/article/130604-008/
お礼コメント
noname#196067
詳しくありがとうございます!

体の内部に問題が起こるんですね。。

湿度も関係していたのか・・ありがとうございました
投稿日時:2014/05/07 12:13

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 14% (853/5988)

子どもの健康で気圧が低下している、つまり低気圧による雨だった場合自律神経のコントロールがまだ弱く体の具合が悪くなってしまうと聞いたことがあります。
つまり自律神経の防御力が弱いか影響を受けやすい体質なのかなと。

もしくは病は気から。
お礼コメント
noname#196067
自律神経ですかーーー
見えないところでこまっちゃいますね

ありがとうございました
投稿日時:2014/05/07 12:13
  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (1468/6892)

晴れの日は高気圧が来ていますから気圧が高くて、人の心にも良い影響を及ぼす。
雨の日は低気圧が来ていて気圧が低く、人の心もよどみがち。

だそうです。

故に、日本海側の人は冬場雨や雪が多く、人の心もふさぎ込みやすく、
太平洋側は晴れの日が多く、明るい人が多い。という研究もあるようです。
お礼コメント
noname#196067
気圧の関係なんですねーーー
ありがとうございました!
投稿日時:2014/05/07 12:12
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ