• ベストアンサー
  • 困ってます

気体の性質ー体積とは何ですか?

問「ある気体を充填した内容積50lのガスボンベを購入した。このボンベの総重量は45.30kg、気体の初圧は148気圧であった。この気体を使用後、20℃での圧力が109気圧になったとき、再びこのボンベの総重量をはかったところ、42.70kgになっていた。この気体の分子量はいくらか。気体は理想気体として、気体定数R=0.082 l・atm/(K・mol)を使え。」 答「使用した気体の質量は 45.30-42.70=2.60(kg) 使用して減った圧力は 148-109=39(atm) つまり、使用した気体は、20℃、50l、39atmの質量が2.60kgであったことになる。したがって、分子量は… (この後、状態方程式に当てはめる)」 私は、使用後の気体を使って、PV=nRTにあてはめて、 109×50=4270/M×0.082×(273+20) とやって間違えました。答えを知った今でも、これでいいじゃないかって思います。多分、体積がわかってないからだと思います。 どう、考えたら良いのか教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 化学
  • 回答数2
  • 閲覧数397
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • aki-o
  • ベストアンサー率33% (309/927)

よくあなたの立てた方程式を見てください。 w/M=4270gとなってますよね?この4720ってのは、気体の質量+ボンベの質量であることに気付いてますか? >使用した気体の質量は 45.30-42.70=2.60(kg) というのは、45.30kgというのはボンベの重さ+気体の総重量、42.70kgは、ボンベを使用後のボンベ中の気体の重さ+ボンベの重さ、であることはお分かりですよね? つまり、ボンベ中の気体は2.6kgしか存在しません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりました! うわー、私、初歩的すぎるところで躓いてますね。 教えてくれてどうもありがとうございました! 助かりました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • elttac
  • ベストアンサー率70% (592/839)

 詳しく計算はしていないので,外していたら補足をお付けください。  「ボンベの質量」を見落としていませんか? 使用後の質量は,「ボンベの質量+残った気体の質量」になるはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

けっこう考えてみましたがわかりませんでした。 すみません。そもそも「ボンベの質量」がよくわかりません・・・。

関連するQ&A

  • 気体の圧力の問題がわかりません

    気体の圧力の問題がわかりません 「圧力100気圧で水素をつめた容積0.10[m^3]のボンベがある.ボンベ内の水素を大きな風船に詰め込んだとき,風船の体積は何m^3になるか.ただし,風船内部の圧力は1気圧で,水素の温度は変わらないものとする.」 という問題がわかりません. PV=nRTという式においてn,R,Tはこの操作中では一定で,風船の内部では水素は1気圧を示すので 100[atm]*0.10[m^3]=1[atm]*V[m^3] を解けばいい(V=10[m^3])のだと思いました. しかし,答えには9.9[m^3]とありました. どうすれば解けるのですか?

  • 気体の体積

    気体の体積はどうして全て22.4Lなのですか?? 大きな分子の気体と小さな分子の気体とでは、単位量あたり、質量と密度が違うということですか??? エネルギー的にも違ったりするのですか?

  • 気体と物質量について

    現在高校二年です 標準状態で280mLの気体があります。 この気体の質量が0.55gとすると分子量はどれだけか?という問題なのですが、わかりやすく教えていただけたら幸いです。ちなみに答えは44です。 何でかわかりません。やり方がわかるんですが理解できません。 標準状態のとき22.4Lで、質量=分子量はわかります。 そして、280mLの気体で質量が0.55gを22.4Lの時の質量に直して分子量と同じだから、それが答えってことですか? 分子量はまず、原子量の総和だから、その気体のもつ原子量、分子量は変わらないはずです。だから、質量=分子量である22.4Lに合わせて変化することない分子量が求められるってことですか?

  • 単位体積中の気体分子数が同じになるのは何故?

    よくある質問だと思いますが、過去の質問中に見つからなかったので、 質問させて頂きます。 何故、分子の質量が違っても同一体積中の分子数は、同じになる のですか? (例えば、1気圧22.4Lの気体なら、どんな元素でも6.02x10^23個) 僕は、運動エネルギー=1/2 mv^2 ですから、 mが大きいほど、他の分子を跳ね飛ばすエネルギーが大きいので、 個数が少なくても1気圧22.4Lとなりえる つまり、mが大きいほど、個数密度は薄くなるように、思うのです。

  • 気体の体積とは

    こんな問題があるとします。 問、次の気体を、同音、同圧、同質量あつめた。このうち最も体積がおおきいのはどれか? 1二酸化炭素 2塩化水素 3アンモニア 4メタン 5プロパン 自分なりの解 気体は同温、同圧なら、同体積にふくまれる分子の数は同じで 質量は分子量に比例する よって分子量の大きい二酸化炭素だとおもったんですが答えはめたんでした。 どこが間違っていますか、助言おねがいします

  • 理想気体と実在気体のずれ

    理想気体は分子の大きさと分子間力をないものとして扱うので、理想気体で成り立つ式は、実在気体では厳密には成り立たないらしいのですが、それを示すグラフが良く分かりません。横軸にp(圧力)をとり、縦軸にp(圧力)v(体積)/n(物質量)R(気体定数)T(温度)をとっているのですが、理想気体では状態方程式pv=nRTが成り立つのでpv/nRTは常に1となる。これは分かるのですが、実在気体では、初めは1より小さく途中から値は大きくなり、高圧になると1よりも値が大きくなります。この説明として、最初1より値が小さくなる理由として、圧力pが小さいときは分子間力が無視できないため、pv/nRTのpが理想気体のそれと比べて小さくなるとあり、その後高圧にすると増加傾向に転ずるのは、圧力pが大きいとき分子の体積が無視できない為、pv/nRTのvが理想気体のそれと比べて大きくなるとありました。しかし前者の、「pが小さいときpv/nRTのpが理想気体のそれと比べて小さくなる」、というのが良く分かりません。横軸のpが同じであれば理想気体も実在気体も、pv/nRTのpは同じではないのでしょうか?それとも横軸のpと縦軸のpは別物なのですか?ご教授願います。

  • 1molの気体の体積について・・・

    1molの気体は、0℃、1.013×10の5乗Paの状態で気体の種類に関係なく22.4lをしめる。という言葉の意味がわかりません。「22.4lをしめる」って何が何をしめるんですか? また、例題の問題で、 「標準状態で、ある気体1400mlの質量をはかったら、1.0gであった。この物質の分子量を求めよ」っていうのがありました。 計算式は  1.0×22.4×1000/1400=16g  です。 どうしてこのような式になるのかわかりません。 長々とすみません・・・。本当にわからないので誰か教えてください(><)

  • 化学IIの気体についての質問です。

    どれか1つでも良いので解き方を教えて下さい。 気体定数 8.30×10^3Pa・L/(K・mol) 原子量 He=1.0 N=14.0 O=16.0 全て、気温27℃、気圧1.00×10^5Paとする。 [1]1Lの空気の質量を求めよ。ただし、空気は窒素と酸素が体積比で4:1の割合で混合しているものとする。 [2]中に気体が入っていない50.0kgの気球にヘリウムを注入すると大気中に静止した。この時のヘリウムの注入量を求めよ。ただし、気球内の温度及び圧力は、常に外気温及び外圧に等しいものとする。 [3][2]の気球にヘリウムの注入を続け、計1.50×10^5Lのヘリウムを注入した。この時の、気球内のヘリウムの物質量を求めよ。ただし、気球内の温度及び圧力は、常に外気温及び外圧に等しいものとする。 [4][3]の気球が持ち上げることができる物体の質量のうち最も大きいものを選べ。 (a)75kg(b)95kg(c)115kg(d)135kg(e)155kg 答えは [1]1.16g [2]5.0×10^4L [3]6.0×10^3mol [4](b)95kg です。

  • 気体の性質の問題で…

    はじめましてよろしくお願い致します。 化学の授業で以下の様な問題を貰ったのですが… 先生が答えをくれなくて、次回の授業が28日と かなりさきにTT(臨時講師なので来るのはその日だけ、明日にでも行きたいのに!)つめよって貰おうと考えてますが それまで待てないので、どなたかお答えをお願い致します^^; ある気体0・11gを蒸発させ、その体積を測定したら27℃、737mmHgで、22・5mlであった。以下の値を求めよ。 (1)0℃、1atmで占める体積 (2)この物質の物質量 (3)この物質の分子量 ちなみに(3)の分子量は PV=nRTで求めたところn=19.9mlなったのですが…そこからが…TT それも違いそうで… ううっ悲しい。 こういった気体の計算問題で気をつけるべき点はなでしょうか?

  • 混合気体中の1つの気体に状態方程式を用いる場合

    (問題) 可動式のふたをもつ気密性の容器と容積100mLの水素ボンベが接続されている。 容器内部の圧力は常に大気圧(1.00atm)と等しく、 気体の体積の増減に伴いふたが上下に動く。 室温(27℃)において容器に酸素2.00Lが入っていた。 容器と水素ボンベ間のコックを開いて水素ボンベから容器へ適当量の水素ガスを送り込んだ。 容器内の体積は8.00Lとなった。 容器のふたの重さ、接続部分の体積は無視できる。 『水素を容器に送り込む前後で水素ボンベの総質量は減少した。  その減少量[g]を有効数字2桁で求めよ。H=1.0とする』 (解答) 容器に送り込まれた水素の体積は8.00L-2.00L=6.00L。 PV=w/MRTにそれぞれの値を代入して求める…というところまではわかるのですが、 解答で、P=1.00atmと代入しているところがわかりません。 酸素2.00L+水素6.00L=8.00Lの混合気体の圧力が大気圧1.00atmと等しいのだから、 水素に状態方程式を用いる場合は Pは分圧である1.00atm×6.00/8.00を代入するのではないかと考えたのですが、 なぜP=1.00atmになるのか解説していただけないでしょうか。 よろしくお願いします。