解決済み

【喘息のアドエア】

  • すぐに回答を!
  • 質問No.8577171
  • 閲覧数3678
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 100% (4/4)

咳喘息の治療で、内科でアドエアディスカを処方されてます。
朝晩1回ずつ吸入しています。

今日はアドエア250を処方されました。
今までは100を処方されていました。

先生のお話では、今までどおり、朝晩1回ずつの吸入で、今回のは60回・30日分あるようです。
今までのは28回・半月分でした。

この100と250の違いはなんでしょうか?
日数分の違いでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 78% (26/33)

アドエアにはサルメテロールという気管支拡張剤とステロイド(炎症を抑える)の合剤です。
気管支拡張剤とステロイドの吸入は極めて一般的です。

アドエア100と250の違いは
ステロイド(フルチカゾン)の容量が100mgか250mgかの違いです。
(気管支拡張剤サルメテロールの用量は同量です)
製剤としてアドエアには28吸入製剤と60吸入製剤があります。

28吸入製剤がある理由としては
初期の患者、症状が不安定な患者には症状が安定するまでDr.がこまめに症状を観察したいとの理由からです。
(製薬会社としても60吸入製剤だけ作ればラインコストの軽減もできますが、
28吸入製剤が存在するのはDr.の「患者をこまめに観察したい」とのニーズに合わせて製剤を作ります。)

参考資料
http://glaxosmithkline.co.jp/medical/medicine/item/adoair/adoair.pdf

>先生のお話では、今までどおり、朝晩1回ずつの吸入で、今回のは60回・30日分あるようです。
今までのは28回・半月分でした。
アドエア100の時も250も
1回2吸入でしょうかね?

多分、喘息の症状が安定していると思われます。
理由として初期、先生は2週間に1度、質問者様の状態を観察したく想い28吸入(14日)処方、
症状が安定してきたので
発作防止の為、ステロイドを増量し30日処方と思われます。

一般の方はステロイドに対し敬遠しがちですが
吸入ステロイドは内服ステロイド、注射ステロイドの様な全身作用は無く
気管支の局所作用なのでさほど心配することはありません。

先生や薬剤師からも言われていると思いますが
吸入後はうがいをしてください。
お礼コメント
m06105415mmtto

お礼率 100% (4/4)

詳しく教えていただき、どうもありがとうございました。

100と250はステロイドの容量の違いなのですね。

100で症状が安定していたのですが、最近、少し咳が増えたので、
先生に「少し強い吸入にするからね」と言われて処方されたのが250でした。
先生に聞ければ良かったのですが、今日は他にも聞きたいことがいくつかあったりして、聞きそびれてしまいました…。

何が強いのかよく分からなかったけど、疑問が解けて良かったです。

>アドエア100の時も250も
1回2吸入でしょうかね?
ちなみに、吸入の回数は先生にも薬剤師にも1回で1吸入、1日(朝晩)で2吸入と言われました。


参考資料のアドレスもありがとうございます。
今、携帯からなので、朝になったらパソコンで確認してみます。
投稿日時 - 2014-05-02 01:10:38
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ