• ベストアンサー
  • 困ってます

厚生年金を継続して払えば妻の年金を払わなくてよい?

29年生まれで、今年60歳になります。 妻は55歳なので、私の支払いが終わると、 国民年金保険料を第一号被保険者として払わなくてはいけません。 私は38年支払っているので、満額の40年まで任意加入することが出来ると思います。 その場合、妻は、第三号として2年間は国民年金保険料を払わなくて済みますか? なお、月400円払えば、支給額が増えると聞いたのですが、どうですか? 私は、今の勤め先で働くので、厚生年金にそのまま加入できます。 健康保険は国民健康保険にするより高くなるのでしょうか? 妻の年金保険料は払わなくていけないのなら、65歳まで待たずに、60歳から繰り上げ支給にしようかとも思います。 また、20万以上収入があると、年金を減額されてしまうと聞きましたがその点も教えて下さい。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1892/5075)

定年等で離職した場合は国民年金の1号被保険者に変わります。 この場合は3号被保険者(被用者年金制度の被扶養者)は適用されない為配偶者についても1号被保険者として保険料納付義務を免れません。 夫が60歳になった後に国民年金に継続して加入する場合、4号(任意加入)となります。任意加入ですと付加保険料は納付可能です(付加年金は2年受け取れば採算が合う有利な制度です)。但し保険料が納付期限(対象月の翌月末)迄に納付されない場合「任意加入自体を脱退」とされ2年の時効や追納・後納は一切使えません。 もし在職して厚生年金に加入継続(又は転職して適用)出来るのであれば厚生年金は70歳迄加入可能(但し厚生年金単独で45年が加入上限)ですし、3号被扶養者の制度も奥様が60歳に達する迄利用出来ます。この場合、部分支給の厚生年金があればそれは受給可能です。所謂在職老齢の支給カットは厚生年金に継続加入する場合に適用されます。厚生年金に適用されない場合、年金事務所に報酬月額の通告義務がありません。が厚生年金と健康保険はセットです。健康保険の記号番号で厚生年金加入歴は管理されています。よって健康保険だけ加入は出来ません(70歳超75歳未満は加入可能) 厚生年金・国民年金の繰上支給を受けるとかなり不利になります(60歳からだと3割支給カットが終生適用されます)。働くつもりならば繰上支給は受けない方がいいと思います。寧ろ部分支給年金も65歳で打ち切りとして65歳の現況届兼国民年金・厚生年金裁定請求書は提出しないで繰下受給を選ぶべきです。3ヶ月繰下受給すると年金は1.8%加算されます。繰下は最大70歳迄可能です(5年繰下すると42%加算)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 定年が11月なので、色々考えてみようと思います。 最近、主人が60歳からの繰り上げ支給をしようかとも思うと言い出したのですが、3割もカットされてしまうとのことで、再考しています。長生きをしたら損しますものね。 ありがとうございました。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

あなたが定年退職して国民年金の任意加入になれば奥さまは国民年金の第1号被保険者に変わり、保険料に支払いが必要になります。 あなたが引き続き厚生年金に加入すれば70歳になるまで加入できますが国民年金の第2号被保険者は65歳になるまでですので、あなたが65歳になるまでは奥さまは国民年金の第3号被保険者のままでいられます。 また、60歳になるまでの厚生年金の加入が40年に満たない分(60歳になるまで38年という事で鵜からおそらく2年分でしょうか・・・国民年金の加入期間があればもっと多くなりますが)が経過的加算として65歳からの年金に加わります(経過的加算で国民年金の2年足りない分は埋まります)。 引き続き在職なら健康保険は奥さまはこれまで通り扶養に入れますから奥さまの保険料はかかりませんが、国民健康保険になればあなたと奥さまのそれぞれに保険料がかかります。 ただ、仕事を止めても前の健康保険に2年間任意加入できます(保険料は在職時より上がりますが、奥さまが扶養でいられる分国民健康保険より得かもしれません)。 という事で、引き続き厚生年金に加入して働けるならその方が良いでしょう。 65歳未満は厚生年金に加入して働いていると、年金基本月額と総報酬月額相当額の合計が28万を超えると超えた額の半額が年金から減額になります。在職老齢年金という制度です。でも、減額はあっても手取りは増えますし将来の年金額も増えますからこれは気にすることではありません(むしろ減額が多いのは歓迎と思った方がいい)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明をありがとうございました。 60歳になるのが11月なので、色々考えてみようと思います <減額はあっても手取りは増えますし将来の年金額も増えますからこれは気にすることではありません(むしろ減額が多いのは歓迎と思った方がいい)。 でも、厚生年金に加入して働くとしたら、合計が28万円を超えないよう気を付けようと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • f272
  • ベストアンサー率46% (6992/14898)

あなたがこのまま厚生年金に加入するのなら、あなたは65歳までは第2号被保険者です。したがってあなたの奥さんも第3号被保険者として、保険料の支払いはありません。しかし、あなたが65歳になればあなたの奥さんは第3号被保険者にはなれません。その時以降はあなたの奥さんは第1号被保険者として国民年金保険料を支払ってください。 もしあなたが65歳になる前に厚生年金から脱退するのなら、その時以降はあなたの奥さんは第1号被保険者として国民年金保険料を支払ってください。そして、この場合にはあなたは(65歳になるか、満額の40年になるまで)国民年金に任意加入できます。「月400円払えば、支給額が増えると」いうのはこの任意加入しているときであれば可能ですが、厚生年金加入のときには不可能です。 > 健康保険は国民健康保険にするより高くなるのでしょうか? 通常は職場の健康保険に加入する方が安くなります。また奥さんも扶養家族になれますからその点でもお得です。 > また、20万以上収入があると、年金を減額されてしまうと聞きましたが 20万円ではない。以下を参照してください。 http://www.nenkin.go.jp/n/www/service/detail.jsp?id=3237

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 定年が11月なので、色々考えてみます。 健康保険は、市役所と職場で概算を出してもらおうと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • coco1701
  • ベストアンサー率51% (5323/10242)

>私は38年支払っているので、満額の40年まで任意加入することが出来ると思います  ・任意加入が出来るのは、国民年金です・・この場合、貴方は第1号被保険者になります >その場合、妻は、第三号として2年間は国民年金保険料を払わなくて済みますか?  ・貴方が現在の第2号被保険者(厚生年金加入)から国民年金の任意加入で第1号被保険者になるので  ・当然奥様も第1号被保険者になり、国民年金保険料を支払う必要があります >厚生年金を継続して払えば妻の年金を払わなくてよい?  ・60歳以降も厚生年金に加入したままの場合は、貴方は国民年金分の支払いは無くなります   (国民年金に関しては38年の支払になり、国民年金(老齢基礎年金)も相応の金額になります)   (厚生年金に加入したままでは、国民年金の任意加入は出来ません・・2年分の支払は出来ません)  ・奥様は今と同様、第3号被保険者として、国民年金保険料の支払いはありません   (注意点は、貴方が厚生年金に加入したまま、65歳の時点になったときまでです・・以後は奥様は第1号被保険者となり国民年金への加入、保険料の支払いが生じます)   (上記は、厚生年金加入で貴方が第2号被保険者として扱われるのが65歳までのためです) >私は、今の勤め先で働くので、厚生年金にそのまま加入できます  ・前述の内容になります >また、20万以上収入があると、年金を減額されてしまうと聞きましたがその点も教えて下さい  ・在職厚生年金と言います・・下記参照 https://www.nenkin.go.jp/n/open_imgs/free3/0000000011_0000004718.pdf   (下記の47万は46万と変更して下さい:法改正のため) http://stop-click.com/doc/zairo-sikyu-teishi.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 定年が11月なので、色々考えてみようと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 60歳越え在職者の妻の年金、税金はどうなるの?

    間もなく60歳を夫婦で迎えます。その際の年金、税金がどうなるのか、教えてください。 環境条件 夫 生年月日:昭和28年4月2日以降(年金の満額支給開始は64歳から)        60歳を超えて65歳まで会社員を継続予定 妻 生年月日:昭和28年4月2日以降(年金は60歳から満額支給開始)        現在は3号被保険者(加入期間25年以上)        若い時に厚生年金の被保険者期間あり(数年間) この条件下で、 夫が60歳以降も継続雇用となり、厚生年金の被保険者も継続となるときに、 (1)妻の年金支給はどのような扱いになるのでしょうか。 具体的には、基礎年金、厚生年金の支給はどうなるのでしょうか? 夫が働いていることによって年金が減額されるということがあるのでしょうか? 減額されてしまうのであれば、いっそのこと支給開始年齢を遅らせる手続きを取ったほうが得ということもありうるのでしょうか? (2)夫が厚生年金に継続加入している間、妻の被保険者資格(3号被保険者)はどのような扱いになるのでしょうか? (3)妻の年金の額によっては、税や健康保険の扶養の扱いはどのようになるのでしょうか?

  • 65歳以降の厚生年金加入について

    現在64歳7月になりますが中小企業にフルタイム勤務していて厚生年金に加入しています。 65歳以降も勤務を続けるつもりですがその後の厚生年金について教えてください。 65歳時点で厚生年金加入期間が550月になります。妻は無職で59歳1月で3号被保険者ですがその時の加入期間は380月になります。 そこでお聞きしたいのは 1.私は65歳以降も厚生年金に加入できますか(強制ですか。任意ですか) 2.65歳以降も厚生年金に加入したとして、妻は3号被保険者として続けられますか (妻の3号資格はなくなるということをどこかでお聞きした記憶がありますが) 3.仮に妻が1号で国民年金に加入するとして60歳時点で加入期間が391月にしかならず老齢年金満額資格を満たさないために、更に任意加入するとして480月になるために引き続き67歳まで任意加入は可能でしょうか。

  • 国民年金の40年間納付と60歳以降の厚生年金

    現在56歳です(3月末生まれで計算ください)。大学卒業後(22歳)会社に入りずっと厚生年金(必然的に国民年金2号加入者)に加入しています。 大学生は当時任意加入なので2年間国民年金には加入していません。 国民年金は60歳まで納めることになるので、加入期間は38年間になります。40年間納めていないので満額もらえない。 今勤めている会社は、62歳定年制なので、62歳までは、厚生年金に加入します。 国民年金 満額受給のため 国民年金には、40年間納めていない場合 60歳以降も任意加入で40年間まで保険が納められる制度があると聞きますが Q1.62歳まで厚生年金に加入していれば、60歳以降の期間国民年金任意加入と同様に国民年金2号加入者として納付期間に算入されるのですか。 Q2.算入されない場合、別途国民保険に任意加入し保険金を納付すれば40年間納付ができますか。それとも60歳以降も厚生年金加入者には40年間納付の方法はないのですか。 (損得とか厚生年金の加入期間長くなれば厚生年金増えるとかの問題は別にしての制度上の確認です)

  • 厚生年金の受給資格について

    大学を卒業後に就職をしました。約7年間勤めて辞めました。その間はもちろん厚生年金に入っていました。その後、バイトなどのためにずっと国民年金だけの加入でした。しかし最近また新しく勤めるようになった会社では契約社員で社会保険に入るかどうかを聞かれました(厚生年金と健康保険について)健康保険は入るとして、厚生年金については少し分からないことがあるのでお尋ねします。 現在、40歳です。国民年金は今までも間違いなく払ってきたので25年以上払うことはほぼ間違いないと思いますが、厚生年金はもしかしたら又転職や解雇などで加入期間が25年間に満たない可能性もあります (13年~19年くらいの加入期間になってしまうなど)このような時はどうなるのですか? 国民年金分だけは満額もらえて厚生年金の分はもらえないのですか? それとも国民年金分は満額で厚生年金は減額でもらますか?まさか両方もらえないなんてことはないですよね? もし厚生年金分がもらえないなら、今までの7年間の支払い分とこれからの厚生年金支払い分は、捨ててしまうようなものになるのではないかと不安です。 教えてください。

  • 妻は国民年金に再加入すべきか?

    年金は国民皆保険であるべきことを承知の上でお伺いします。 本人:63歳。すでに年金支給を受けています。加給年金も付いています。 妻 :58歳。厚生年金、任意加入の国民年金、3号適用を合算して469ケ月    継続して保険を払った計算になっています。 さて、昨年末私が退職し、厚生年金保険料を払わなくなりました。 本来60歳まで残り2年、妻は国民年金に加入しなければなりませんが、 加入しなかった場合、不利になる点は何でしょうか?  多分469/480しか年金が付かないことになるのかもしれませんが、それだと今後の支払額よりずっと安いはずです。それとも振替加算などに影響するのでしょうか?

  • 妻の国民年金

    私は、63歳。妻56歳です。私は、今年2月に退職しました。今現在、長期特例で、年金満額受給していますが、妻の年金国民年金(1号)に、変更していません。 ちなみに、妻は、62歳から284,300円。65歳から1,018,500円厚生年金を、年額支給される予定です。 今の状態を続け、妻の国民年金を払わない場合、督促が来るのでしょうか。また、将来の妻の年金が、減額されるでしょうか。減額される場合、どの程度でしょうか、教えて下さい。

  • 60歳を越えて厚生年金を払い続けても、年上の妻の年金は増額にならない?

    60歳を越えて厚生年金を払い続けても、年上の妻の年金は増額にならない? 先日ご質問し、頂いたご回答に追加質問をしましたが、ご回答がつかないので、あらためて。 私が60歳を越えて厚生年金保険料を払い続けると(←65歳まで)、第三号被保険者である年上の妻の老齢基礎年金(←期間は充足している)受給額は満額を限度として増額されていくのでしょうか? 第三号被保険者の資格は20歳から60歳未満なので、妻が60歳になった以降は妻へは及ばない、とも解釈できますし、一方で、「任意加入の基準は・・・年齢が60歳以上65歳未満で日本国内に住んでいて、受給資格期間の足りない人や過去に未納期間などがあり満額の老齢基礎年金を受けられない人又は受けていない人」との記述もあり、(この場合の「任意」の意味がよく判っていないのですが)増額されていくのでは、との、期待も残ります。 よろしくお願いします。

  • 65歳以上で厚生年金加入者の60歳未満の妻は

    1990806の質問と回答を見て疑問に思いましたが、既に締められましたので改めて質問させて下さい。 夫が65歳以上で厚生年金加入者ですが、妻は60歳未満で国民年金の1号被保険者になっています。厚生年金加入者でも、65歳以上で国民年金(?)の受給資格がある場合には、被扶養配偶者は1号になるそうです。 夫は厚生年金加入者であると同時に、基礎年金と厚生年金(在職なので減額)を受給しているので、国民年金の2号にはならないようです。 この根拠は国民年金法第7条2項とのことですが、現行の第7条及び第8条の正しい条文をネット上で見ることはできますか? 総務省の法令HPでは確認できませんでした。 また、上記のケースで、夫が年金の請求をしていなければ、妻は3号になったのでしょうか?

  • 厚生年金の受給者なのに第2号被保険者でない人

    お世話になります。 厚生年金の説明文に、「障害厚生年金の受給権者が外国で国民年金に任意加入しないまま死亡した場合は、遺族が子供のある妻や子供であっても遺族基礎年金は支給されない」という記述がありました。 ここで質問なのですが、障害厚生年金の受給権者は厚生年金の被保険者であったはずであり、厚生年金の被保険者であれば(わざわざ任意加入などしなくても)自動的に国民年金の第2号被保険者になるはずだと思うのですが、障害厚生年金の受給権者が国民年金に加入していない状況とはどういう状況なのでしょうか? (厚生年金の被保険者がづっと日本国外で居住していても第2号被保険者にれるはずだと思うのですが・・・) よろしくお願い致します。

  • 厚生年金の任意継続ってできるんでしょうか??

    こんにちは。色々自分で調べてみたんですが、難しくてわからない…。教えてください! 私は今度出産を機に退職する事になりました。 夫は自営業の為、現在は国民健康保険、国民年金に加入しております。 私は退職後、強制的に国民年金へ入らなければならないのでしょうか?それとも今の会社で加入している厚生年金を継続する事ができるのでしょうか?? 健康保険に関しては自分で調べた結果、現在の会社が健康保険組合に加入している為、任意継続の形をとり今の健康保険組合から出産手当金・出産一時金を受け取る資格がある事が分かりました。 ですが厚生年金・社会保険に関しては継続する事ができるのか分かりません。国民年金の制度に不安がある為、出来ることなら金額が高くても厚生年金を払い続けたいなと思っております。無知ですみません。よろしく御願い致します。