締切済み

ペプチド合成後のDCUreaの除去

  • すぐに回答を!
  • 質問No.856611
  • 閲覧数1026
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 0% (0/2)

DCCを使用してペプチド合成させたあと、DCUreaの沈殿を除去したいのですがろ過ではとりきることができません。メンブランろ過でも残ってしまいます。DCCはペプチド合成に汎用な試薬なので皆さんはどのようにして除去を行っているのか教えてください。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 37% (61/162)

エステル化にDCCを用いているのですが、5Bのろ紙で吸引ろ過でureaを除去してます。
今までのところは、完全に除去できてます。
扱っているものが違うので参考になるかはわかりませんが....。

見当違いかもわかりませんが、もし粒径が小さすぎるなら、DCCの加え方をコントロール(薄めたり、ゆっくり滴下するなど)してureaの粒子を成長させてみてはいかがでしょう。
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 29% (23/79)

今時DCCで液相合成するのは珍しいですね。
で、除去方法は#1の方が一般的かと思います。

もし何らかの原因で沈殿除去が難しいのであれば,濾過行程のいらないWSCやPyBOPなどを利用したほうが使いやすいと思います。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ