• 締切済み
  • 暇なときにでも

生物の進化について疑問があります

そもそもなぜ進化が起こるのかと言うと…。 「突然変異」と「環境への適応」ですよね? 例えば白い色の動物が居たとして、突然変異によって黒い色の個体が生まれたとします。 黒い個体は、白い個体よりも敵に見つかりにくい利点があったので 生き残りやすくて、環境への適応によって黒い個体の遺伝子ばかりが繁栄して行った。 結果的にこのように身体の進化が起こったと考えられるわけですよね? でも中には葉や花に見た目がそっくりな恐らく進化による擬態能力を持った昆虫がいますよね。 どうやって突然変異(つまり偶然)で見た目が葉や花そっくりになるのでしょうか? あたかも外部から再設計が施されたかのように…。 もちろん創造論を信じているわけではありませんけど。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数466
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.11

 昆虫の場合は人間と比べて世代交代が早くトータルの選択肢の数が膨大になるので、人間の常識では確率的に無理だと思うようなことが起きてしまうのでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 突然変異と自然淘汰で進化をすべて説明できるのでしょうか

    突然変異と自然淘汰で進化をすべて説明できるのでしょうか 突然変異は複雑な生命になればなるほど、個体にとって不利に働くとききます また、ランカマキリなど植物にみごとに擬態してる生き物は突然変異と自然淘汰では説明できる気がしません 進化論(突然変異と自然淘汰)は正しいのでしょうか 進化論を信じたいので、ID論・創造論の意見は控えてもらって、進化論の立場から解決したいです

  • 生命の誕生は、進化論で説明できますか?

    今から、約35億年も前に、RNAで自己増殖できる 原核生物が誕生したそうなんですが、 それまでは、まだ、DNAはなかったらしいんですね。 だとすると、突然変異と自然淘汰で、原核生物が 誕生したのではないと思うので、「生命の起源」は、 突然変異と自然淘汰では説明できないと思うのですが、 どうなんでしょうか? あと、たまたま突然変異で有利に変異した個体が 生存競争で「ふるい」に掛けられて、 より環境に適応した個体が生き残って子孫を 増やしていく・・・この蓄積が自然淘汰だと 思うんですが、 要は、自然環境が、突然変異した個体を「ふるい」 にかけるだけで、何ら、その個体に主体的に「環境」 が働きかけているわけではないと思うのですが、 そのような消極的な自然淘汰が、その個体を維持する ことは出来ても、果たして、より高度な秩序ある 更なる個体へと進化させていくほどの機能があるとは 到底信じられません。 ましてや、偶然の産物でしかない突然変異で、 高度な機能を有する秩序ある個体へと進化していくとは さらに、信じられません。 開放系であるこの地球で、太陽エネルギー以外の 何らかの別の力(目的・方向性をもつエネルギー)が 生命に働きかけて、エントロピー減少へと 向かわせているようにしか思えませんが、 いかがなものでしょうか? 私はそれがまさしく神の愛だと思うんですが・・・

  • 動物の進化はどうやって起きているのか

    生物の進化は突然変異の積み重ねで、より生存に適した変化をした個体がより子孫を残しやすく、徐々に広がっていった、と理解しています。その場合、少し首の長いキリンがたまたま生まれ、より高い部分の葉を食べやすいため、子供が増えやすいというのは、まだ理解できます。 ただ、深海魚などで、頭の上に角のようなものが長く生えて、その先に小魚をおびきよせるための発光体がついていることがありますが、これは到底理解できません。1000回あるいは1万回くらいの変化・進化を遂げて初めて、角が徐々に伸び、さらに数百回の突然変異で発光するようになるのではないでしょうか。 そうすると、その間は特に生存率を高める機能が発揮できません。それなのに、なぜある方向の突然変異が起き続けるのでしょうか。

  • 回答No.10
  • suiran2
  • ベストアンサー率55% (1516/2748)

ご質問者さんの仮説は,また多くの回答者さんの仮説は,ダーウィンの進化論によればと言うことです。しかし,現在の進化論は,「突然変異」と「自然選択」の積み重ねで少しずつ進化するというダーウィンの進化論だけで説明はしません。ダーウインの進化論が否定されたわけではありませんが,それだけではないのです。 「トランスポゾン(動く遺伝子)」「エピジェネティクス」等で検索してみて下さい。我々のゲノムが解析された際に,45%が意味不明の遺伝子でした。これらの遺伝子を当初は「ガラクタ遺伝子」と呼んで意味ないものと考えたのです。しかし,今日ではこれのすべてが意味がないのではなく本来の遺伝子の発現を調節したりする重要な部分であることが解ってきました。さらに今日では獲得形質も遺伝するものがあることも解ってきまして進化に対する考え方が根本的に変わりました。 例えば「クローンマウス」を多数作りますと,それらのマウスには体の形も含めまして形質的に明らかな差があるのです。遺伝子は同じであるはずなのに「尾曲がり猫」のように尾が曲がったもの等が出現するのです。これらは染色体の中を自由に動き回る遺伝子であるトランスポゾンが原因であることが解りました。そしてこれは遺伝します。 哺乳類が胎盤を形成してハ虫類から進化しましたのも,コウモリが翼を持ちましたのもトランスポゾンが原因のようです。ですから劇的に進化しましたので中間化石はほとんどありません。ご質問の昆虫は,トランスポゾンの割合の多い動物ですから短期間に劇的に変化(進化)をします。結果として昆虫は,動物の中で最も多様性を持ったものになりました。むろんトランスポゾンによる変化の大多数が生存に不利なものです。ですから当然自然選択が働いたであろうとは思われますが…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

すでに回答が出ていますが、擬態の場合はなにもいきなり花そっくりになる必要はありません。 花と同じような色のほうが生存に有利。 花と同じようなサイズのほうが有利。 花と同じような形のほうが有利。 変化が徐々に置き積み重なった結果あたかもこしらえたかのように花そっくりになるのだと思います。 おそらくこのへんの内容が答えの一部かと思います。 ミッシングリンク - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%AF#.E5.8F.A4.E7.94.9F.E7.89.A9.E5.AD.A6.E3.81.AB.E3.81.8A.E3.81.91.E3.82.8B.E3.83.9F.E3.83.83.E3.82.B7.E3.83.B3.E3.82.B0.E3.83.AA.E3.83.B3.E3.82.AF.E3.81.AE.E9.96.A2.E9.80.A3.E9.A0.85.E7.9B.AE 昔は猿から人へ、恐竜から鳥へなど説明のつかなかったものが、中間種の化石の発掘で徐々に説明がつくようになっています。昆虫の擬態の場合、なかなか昆虫は化石に残らないので難しいでしょうが、おそらく中間種が過去にあったのでしょう。 あるいは現代でも未発見なだけでいるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • ga111
  • ベストアンサー率26% (247/916)

個人的な意見ですけど、擬態の場合も、突然変異の積み重ねで、少しずつ段階的にその対象物に似ていった、ということで説明可能だと思います。 ちょうど、プロの絵画のように、一筆、一筆、突然変異によって、似ていくのです。似ていない中途のものは自然淘汰で徐々に消えていきます。かくして、みごとにそっくりな擬態をした種のみが観察されるのだと想像できます。 病原菌などに、多剤耐性菌というのがありますが、これも、一度に多剤耐性を獲得するのではなく、段階的に多剤耐性を獲得するというメカニズムがあったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#193391

違いますよ…突然変異と淘汰です。 対応したのではなくたまたま環境に適してた物だけが淘汰され残るんです。 擬態はより似てる物だけが食べられないから子孫を残す可能性が高くなる…これによってよりリアルに似てくる訳です。 これは比較して似てない方が食われてしまうからです。 進化を起こす原因となるのは食ってる鳥ですよ。 鳥が選んでるのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
noname#205122

soridasu さん、こんにちは。 「結果的にこのように身体の進化が起こったと考えられるわけですよね?」……、私は生物学の専門家ではありませんので、答えにならないと思いますが、私も、あなたと同じように理解しています。 「どうやって突然変異(つまり偶然)で見た目が葉や花そっくりになるのでしょうか?」……これは、私は、「突然変異」ではなくて、「環境への適応」ではないかと思いました。 突然変異というのは、大変起こりにくい現象だと聞いたことがあります。しかも、その突然変異が、「生存」にとって良い方向に変異することは、気が遠くなるほど、確率が低いということでした?……私の記憶では……m(_ _)m だから、私は、個人的には、「突然変異」(一気に変異させる)と「環境への適応」(徐々に変異させる)が、現存する生物に作用してきたのではないかと、あなたのご質問を読んで考えてしまいました。ただし、生物の専門家ではない素人の考えですから、「参考になれば幸い」という程度の回答です。 「突然変異」と「確率」で検索するといろいろ出てきます。一つだけ紹介します。 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1331404543

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

病院に行けば抗生物質をもらうことがあります。 他の薬と違ってこれは貰った全てを飲んでウイルスを全滅しなければならないものですね。 途中でやめたために耐性菌というのが生まれてきます。 それを殺すには別の薬が必要になってきます。 また途中でやめると、2つの薬で死なない耐性菌が生まれてきます。 こうして、はじめはなかった、すべての薬が効かない耐性菌が生まれます。 これは「突然変異」かと思いますが。 もちろん、薬を与えたことで死ぬ限界まで来てそれでも生き残るために得た性質です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • omi3_
  • ベストアンサー率24% (253/1027)

キリスト教の反進化論者が、 ガラクタ箱を振っても、有用な形は出来ない、 と言っています。 しかし、 試行錯誤は、卵の数ほどの膨大で、回数も100万単位です。 かつ、 少しの変化も有用性が淘汰されるので、十分な確率で遺伝します。、 さて >突然変異(つまり偶然)で見た目が葉や花そっくりになるのでしょうか? 突然変異は、目的があるように思えますが、 変化はランダムで、適わない形質は、死んで廃除されます。 それだけで、そっくりになります。 余談 白熊は、迷彩のために白くなったと言われますが、 そうなら、白より空色であるべきです。 実は 反射しやすい白は、赤外線を放熱しない暖かい色なのです。 実際 白熊は光沢のあるアイボリー色です。 ホタルイカの下側が空色に光るように、 猛禽類の羽は空色に見えるべきです。 そうなってないのは、変化がランダムだからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

この現象は、壁や天井の木目が菩薩さまや先祖に見えるのと同じものではないでしょうか? わたしたの部屋の合板の木目は、なぜか観音さまに見えます。 またミステリー番組では、天井におじいさんの顔を浮かび出たという話を放送していました。 確かに写真と木目を比べるとよく似ていました。 何百万ものパターンがあれば、それらのうち一つに何か意味を与えることができます。 その一つだけを取り出して、なぜかと問うより、 無視された何百万ものパターン(何億かもしれないが)があったことを思い出すことが必要です。 生物にもすでに全滅したいろいろの擬態を持つものがあったということでしょう。 もう一つ大切なことは、生物の突然変異は単に偶然によってのみ引き起こされるのではないことです。 私たちにとって疫病神にしか過ぎないウィルスは、 生物から生物へ遺伝子の断片を運ぶ役割を担っています。 インフルエンザを思い出してください。鳥から豚、豚から人へ、インフルエンザウィルスは 遺伝子を運びます。極端に言えば、ウィルスに感染する度に、突然変異が起こっているのです。 これによって、生存競争に勝った一つの遺伝子が、他の生物にいとも簡単に移されます。 もちろん劣勢遺伝子も移されますが、劣勢であるが故に生存する確率は低くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • dsdna
  • ベストアンサー率24% (308/1280)

 >結果的にこのように身体の進化が起こったと考えられるわけですよね?  概ねそのとおりです。  >どうやって突然変異(つまり偶然)で見た目が葉や花そっくりになるのでしょうか?  動物と一緒。あなたの質問文を踏襲すれば「突然変異」と「環境への適応」によって、そっくりになった。  昆虫の繁殖力はすごいです。多様性があります。それを考慮すれば、進化の速度は動物とは比較しにくいと思われます。ただし、農薬なんかには弱いので、あっというまにいなくなったりもします。蛍とか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 生物の進化について

    ダーウィンの進化論によると、生物の進化は、 (1)適材適所による進化(自然淘汰のような形。キリンの長首だけ生き残るといった例) (2)突然変異による進化 があると言われますよね。 しかし、私には、どうしてもそれが納得できません。 もちろん、そうした形での進化もあるでしょう。 しかし、ほとんどの進化は、“意志”による進化だと思うのです。 例えば、カメレオンが自分の体の色を変えられるのが、自然淘汰とは思えないし、突然変異とも思えません。 カメレオンは、自分で体の色を変えたら、獲物を捕食しやすいと思ったからこそ、体の色を変えられるようになったのだと思っています。 でなければ、自分で自分の体の色などわからないのに、どうして色が変わっているとわかるのでしょうか? 自然淘汰であれば、なぜ体の色を変えられる動物が他にいないのでしょうか?人間だって、体の色を変えられる人種がいてもおかしくないですよね。 そういった例はたくさんあります。 食虫植物だって、昆虫が栄養にならないだろうか?と考え方からこそ、昆虫を溶かす成分ができるようになったのでしょう。 蝶の羽に丸い模様があって、それが鳥を威嚇する形だというのは、偶然できたのでしょうか? スポーツ選手が訓練によって、身体能力を延ばせるのと同じように、動物というのは、長い年月によって、生きるために必要な身体的能力を手に入れるのではないかと思っています。 そして、意志の力によって、遺伝子も変えられるのではないかと思っています。 この考えはおかしいでしょうか? 学問的な研究をされている方などからのご返答、お待ちしております。

  • 進化論の謎についての疑問

    進化論の謎についての疑問 雑誌Newtonのムックでダーウィン進化論を特集してる号があります 確か去年出た赤い表紙のやつです そこで質問なんですが、58ページに現代の進化論の謎ということで 突然変異がいくら積み重なっても魚類から両生類へのような大進化は説明できない というようなことが書かれています。 ここがよくわかりません。本書後半に載ってある中立説なんかを考えると いきなり魚がカエルになることは考えにくいですが、見た目に現れない突然変異のが遺伝 していき、ある臨界点(勝手に考えました)を期に一気に進化したりとかはないのでしょうか というか、そもそも大進化は小進化を積み重ねではないんですか? 否定されてるんですか?

  • 進化論の流れ

    【ラマルキズム】 ・生物は、下等なものから高等なものに進化した。 ・環境に適した器官を発達させ、そうでない物を退化させた。 【ダーウィ二ズム】 ・ランダムに変化が起き、環境に適したものはセレクトされ、そうでないものはバッシングされて駄目になった。 【ネオ・ダーウィニズム】 ・ダーウィンの言う「ランダムな変化」とは、「遺伝子の突然変異」のことである。突然変異は、偶然に起こり、方向性がない。 【最近の学説】 ・遺伝子の突然変異はランダムには起きない。 ・生命は、異質なものを取り込み、共生する事で進化した。 以上のように、おおざっぱに理解しているのですが、正しいでしょうか。誤解があればご指摘下さい。よろしくお願いします。

  • 進化論で、突然変異で新しい個体が生まれた場合、その個体は何と交尾するのか?前の個体とはDNAが異なるため無駄なはずですが?

    こんにちは。 進化論で、DNAの突然変異により、新しい個体が生まれる、わけですが、では、その突然変異によって生まれた固体は、一体何と交尾して子孫をのこすのでしょうか?新しく出来た個体は前の個体とDNA構造が違うため、交尾しても子孫を残すのは不可能ですよね・・・? たとえば、犬と猫が交尾しても、DNA構造が異なるため、子孫は残せませんし、サルと人間についても同様だと思います。 だとするなら、たとえばですが、サルがDNAの突然変異で人間という新しい子孫を残したと「仮定」します。めでたく人間が生まれたわけですが、その人間は誰と交わり子孫を残すのでしょうか?サルと交わっても無駄なはずです。 しかし、子孫を何らかの形で残さないと、人間は現在存在しないはずなわけで。(進化論を仮定した場合の話ですが。) ここのところはどのように考えればよいのでしょうか。

  • 奇形個体と突然変異個体は別物なのでしょうか?

    奇形個体と突然変異個体は別物なのでしょうか? また、突然変異は進化の一因ということですが、逆に、一定の割合での突然変異の発生自体、進化の結果として確立されたシステムでもあるのでしょうか? (つまり、突然変異を一定の割合で起こす遺伝子は効率的な進化が可能だった為、現在まで存続するに至った) もし、奇形と突然変異が本質的に同じものなのであり、かつ、突然変異が生物が存続していく為に予定されたシステムなのだとしたら、(外部からの影響なく自然に生まれる)奇形児もまた、必然的かつ必要的に生まれてくる存在なのでしょうか?

  • どっちが本当?

    進化についての色々な質問を見ていて回答の内容に違いがあると感じました。 一つは、 『生物がその場の環境に適応していくために進化していった。』 というもの。 もう一つは、 『突然変異によって偶然生まれた生き物のうち、その環境に適応できたものが生き残っていった。』 というもの。 もしかしたら僕の解釈の仕方が間違っているのかもしれませんが、どっちが正しいっていうわけじゃなく二通りの説があるってだけですか? あと突然変異っていうのはあくまで偶然であってなんの意味もなくおこるものなんでしょうか?

  • 人間が進化していくと、本当に宇宙人みたいな姿になるのか

    よくテレビや雑誌なんかで、人間がこのまま進化していくとどうなるか?というのを紹介することがあります。 たいてい、「脳が発達するのであたまでっかちになる」「あごを使わないので退化して小さくなる」「腕や脚も使わないので細くなる」 …結果、いわゆる映画の宇宙人みたいな姿になる、というふうに紹介されます。 しかし、ダーウィンの進化論によると、○○を使うから進化する、××を使わないから退化する、というのではなくて、突然変異+生存競争による生き残りにより進化が進む。 というように私は理解しております。 そうすると、人間社会で人間が進化し、宇宙人みたいな姿になるのはありえない気がするのですが、実際のところはどうなんでしょう?

  • かゆみ の進化的意義とは?(長文です)

    当方、大学で自然淘汰・性淘汰を勉強しているものです。 自然淘汰による進化は以下のプロセスで起こると解釈しています。 (1)ある個体群内の個体間には形質変異が存在する (2)形質ごとに生存率や繁殖成功度が異なり、その結果として個体間の適応度に差が生まれる (3)形質は多少とも遺伝する (4)(1)~(3)より、世代間で個体群内の形質頻度が変化する(=進化) これを かゆみ の進化に当てはめると、以下のようになると考えられます。 (1)ある個体群内の個体間に“かゆみを感じる”“かゆみを感じない”という変異が存在する (2)“かゆみを感じる”個体は“感じない”個体に比べて、適応度が高い (3)“かゆみを感じる”形質は遺伝するため、集団内で頻度を増やした この(2)の かゆみを感じる個体のほうが適応度が高い というのは、 どのような理由によると思いますか? (例:痛みを感じる・・・痛みを伴う事象は(生命の危機から小さな怪我まで幅はあれど)    基本的にネガティブな事柄であると期待できるので、    それをうまく避けるような形質が進化してきたのは理解できます) お風呂上りにかゆかったりするのは、適応度上の利益を伴う形質でしょうか? それとも、単に中立進化の結果でしょうか? かゆみは何かネガティブな事象のシグナルとして機能しているのでしょうか? (虫さされを放置すると生存率や繁殖成功度が下がるとか・・・???) かゆみ の進化的意義について、一案がある方はどうぞお知恵をお貸しください。 ※ 単に個人的な疑問です。 ※ この話題は自然淘汰を前提としていますので、   ”そもそも自然淘汰自体がナンセンス”といった回答はどうぞご遠慮くださいませ。   自然淘汰に基づき、かゆみの適応的意義を考えたいと思っています。

  • 生物進化をネオ・ダーウィニズムの5つのステップで

    生物の授業で 生物進化をネオ・ダーウィニズムの5つのステップで説明しなさい という問題があるのですが 何度考えてもわかりません(>_<) ステップ1 ある個体の生殖細胞の遺伝子が変化(突然変異) ステップ2 子供の形態、機能の変化として発現 ステップ3 子供の生存に有利な変異が選択される ステップ4 1&#65293;3 繰り返し ステップ5 元集団との間に生殖的隔離が成立 ということはわかっています! わかる方いましたら 回答おねがいします!! よろしくおねがいします。

  • 進化論の疑問

     自然淘汰を説明するために、キリンの首の例がよく引き合いに出されます。確かにキリンの場合、ほかの個体よりも少しでも首が長ければ、より高い位置にある木の実などが食べやすくなりますので、生存競争には有利になるかも知れません。ですから、「突然変異によって首の長いタイプが生まれるたびに、従来型の首の短いタイプが淘汰されていき、現在のキリンになった。」というのは、なんとなく頷くことができます。  しかし、生物の形質には、何段階もの進化のステップを踏まない限り、有用な形質にまで至らないものがたくさんあると思います。  例えば、哺乳類がこの世に誕生したときのことを考えてみます。そもそも哺乳類は爬虫類から進化したものなのか、それとも鳥類から進化したものなのか、わたしには全くわからないのですが、哺乳類となる前は、やはり卵を産んでいたのではないでしょうか。「卵を産んで子孫を残していた動物が、たった一回の突然変異によって、卵を産むのをやめて、いきなり赤ん坊の状態で産むようになった。」というような劇的な変化は、さすがに考えられません。一般的に進化といわれているものは、徐々に連続的に変化していくものなのだと思います。ですから、この場合も事前に緩やかな突然変異を何度も繰り返しておいて、全ての準備が整った時点、つまりは哺乳類として妊娠・出産するための構造が完成した時点で、その新しいシステムを採用したのでしょう。ここで疑問が生じます。進化途上の造り掛けの構造は、全く機能しませんので、生存競争には一切関与しなかったということになります。そのような役に立たないものを退化させずに何世代にも亘ってもちつづけることができたのは、なぜでしょうか? しかも、ただもちつづけただけではありません。まるで完成形というゴールを目指すかのように着実にステップ・アップをしていくことができたのは、いったいなぜでしょうか?  ほかにも、ヒトの発汗を司る構造や植物の光合成を司る構造など、進化の途中段階ではなんの役にも立たなかったと思われるものは、生物界にはいくらでも例があると思います。これらは、なぜ、適者生存の法則とは無縁のまま、より高度なしくみへとステップ・アップを繰り返していけたのでしょうか?  ご教示のほどよろしくお願いいたします。できれば、高校生でも理解できる程度の易しい解説をお願いいたします。