• 締切済み
  • すぐに回答を!

時代小説の舞台設定についてお尋ねします。

江戸時代に存在したとする架空の藩の話なのですが、架空の藩が、歴史的な事柄に絡む筋立てなので、歴史的事柄を描写する際、実在の藩の地理的特徴を描写しないと成立しない話なのです。 地理的特徴(近くにどんな町がある、どんな海や山があるなど)は、歴史的事柄とも深く係ってくるので、実在の特徴を描写しなければなりませんし、近くの地名も外せないのです。 小説の中で描写する地域名や、地理的特徴が、何処の藩をモデルにしたか分かるくらいに、実際の藩の特徴と重なります。 例えば、主要な舞台である藩の名称を変えさえすれば、近くの町や、山や、海の名称について実在の名称を使っても構わないのでしょうか? それとも似たような名称に変えて、ぼかした方がいいのでしょうか。 藤沢周平氏の小説に出てくる「海坂藩」の場合、鶴岡藩をモデルにしていると思いますが、江戸のように遠くの地名は使われていますが、近くの地名まで使われているかどうかは定かではありません。 江戸時代を舞台にしているのに、全て架空の名称にしてしまうと、時代小説として成立しなくなりますよね。 どこまで実在の名称を使っていいものか分かりません。 教えて頂けたら有り難いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数202
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.2
  • ithi
  • ベストアンサー率20% (1910/9401)

harukana1948 さん、こんばんわ。 たとえば、旧国名、「出羽」、「陸奥」となったら、ある程度近くの城下町や宿場町や山、海などの名称を使用してもよいと思います。ただし、さらっと描写と大まかな距離を書く程度ですね。昔、作家の半村良が小説を書くとき、実際の地図をもってきてはさみかナイフでとある場所を切って広げてそこに自分の想像で架空の土地や街を作るというお話を何かで読んだのを思い出します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

時代小説であろうと現代小説であろうとフィクションには変わりないのだから自由に使って構わないでしょう。 まあ現代小説の場合は実在する住所等への配慮は必要ですが。 ただ実際の地名藩名を出すことによってかえってリアリティがなくなるという場合もあると思います。 そのあたりの加減が、つまりは力量ってものじゃないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 衆道・男色を扱った時代小説を探しています。

    衆道・男色を扱った時代小説を探しています。 今でいうBLみたいな表現のある 一般向けの時代小説を探しています。 江戸時代(戦国時代)などが 背景だと嬉しいです。 また、時代小説の中に 石田三成と大谷吉継の そういった描写のある 小説がありましたら是非教えて欲しいです。 出来れば一般向けが良いですが 石田三成と大谷吉継に関しては 衆道描写が無くても 萌えれば何でもOKです(笑) お願いします!><

  • 時代小説(作家)を教えてください!

    こんにちは。 最近、池波正太郎や藤沢周平、宮部みゆきを中心に時代小説を読んでいるのですが、次に読む本を選ぶ際、いつも迷ってしまいます。どれも面白いので後悔することはないのですが、できるだけ様々な作品に触れたいと思っています。 そこで、みなさんのおすすめの時代小説(作家)を、特徴とか簡単な内容、雰囲気・作風とともに教えて下さい! 私は歴史全般(特に江戸・戦国)が好き、武士も剣客も忍びも商人も好きな高校生です。 長編ばかりでなく、勉強の合間に読めるような短編も紹介していただけたらうれしいです。 拙い文章で意味が伝わりにくいかと思いますが、回答よろしくお願いします。

  • 平安時代の小説、ジャンルは、文学賞は?

    平安時代の小説を書いています。半分は実在の人物で半分は架空の人物。地名や調査で分かっていることは出来るだけその結果に合わせて、よくわかっていない部分は自分の発想で書いています。勿論、実際に描いている場所にも行って景色を見たり地方文献を探してみたりしています。 これは、歴史小説になるのでしょうか、時代小説になるのでしょうか、はたまたSF・ファンタジーの部類になるでしょうか? また、歴史小説・時代小説だとしたら応募できる文学賞は何があるのでしょうか(例えば吉川英治新人文学賞とか・・・)

  • "山口県"を舞台にした歴史小説を探しています

    先日山口県山口市に引っ越してきた社会人です。 瑠璃光寺などを見に行ったり、大内塗を経験したり、 山口を楽しんでおります。 そこで、山口の歴史をより詳しく知りたいと思い、 その手段として歴史小説を読むことを考えました。 舞台となる時代は問いません。 山口にゆかりのある実在の人名や地名が出てくる歴史小説を教えてください。 お願いします。

  • 主人公が町人の時代小説

    こんにちは 池波正太郎の「幕末新撰組」を呼んで時代小説(この場合は歴史小説でしょうか?)に興味を持ちました。次に読む作品は武士が主人公ではなく町人や商人などの一般市民を主人公にした小説がいいなと思っております(人殺しや残酷な表現があまりない小説)。また他にも普通の武士ではなく「人斬り」として活躍する主人公が出てくる小説も読みたいな~と思っております。さらに幽霊・怨霊が出てくる小説も読みたいです(純粋な怪談話ではなく、作中で死んだ人の怨霊が主人公に憑きまとうなど)。時代背景は江戸時代が好きです(日本史好きなもので…) これからたくさんの時代小説を読んでいきたいと思うので初心者の私に上の3つに該当する面白い本や作家を教えていただけたらなぁと思います。よろしくお願いします!

  • 面白い架空戦記(IF小説)と歴史小説を教えてください。

    カテ違いでしたらすみません。 歴史好きな方なら歴史小説に詳しい人がいるかと思い ここに質問させていただきました。 1.柘植久慶の逆撃シリーズを読んでから 架空戦記にはまってしまいました。 戦国時代~大東亜戦争終戦までの時代を扱った 架空戦記を教えてください。 2.戦国時代~江戸時代を舞台にした 歴史小説の中で 主人公が大名か武士で実在していて ストーリーが主人公の誕生或いは誕生以前から 始まっており、主人公の幼少期が書かれている ものを教えてください。 できれば最低一章は書かれているものが良いです。 よろしくお願いします。

  • 時代小説の侍言葉や町人言葉

    時代小説や歴史小説で、侍言葉や町人言葉のセリフが出てきます。 これらは、当時(江戸時代)実際にしゃべられていた言葉と違いますか。 (最近の若い作家のものではなく、司馬遼太郎や藤沢周平クラスの人の作品を想定しています。)

  • 江戸時代の「藩」の呼び方について

    我々が歴史を勉強するとき「○○藩」と呼ぶ「藩」ですけれど、これは後世の学者がそう名づけたとのことで、江戸時代には「藩」と呼ばれていなかったと聞きました。 それでは江戸時代には藩のことを何と呼んでいたのでしょうか?ご存知のかたおりましたらお教えください。

  • 小説の書き方

    小説を書くときに、実在する地名や駅名を書いたりしますか? 例えば、登場人物が東京に住んでいるという設定で、実際に東京のどのあたりかを決めて、実在する地名や場合によっては周辺の建物や駅などを描写したりしますか? 分かりにくくすみません

  • 歴史・時代小説で探しているものがあります。

    宜しく御願い致します。 歴史・時代小説で探しているものがあります。 大分前(数年単位)の新聞読書欄で紹介されていたものです。 新聞は、朝日、読売、毎日のいずれかだったと思います。 (自宅外で読んだ新聞なので、記憶が定かではありません) 紹介文に書かれていた事で記憶に残っているのは、 ・主人公(武家の長男)は、昼行燈というか朴念仁というか、兎に角周囲からは呆れられた存在 ・嘲笑を受けても、主人公は意に介さない ・藩内が、跡目相続か御家騒動で紛糾する ・二つの勢力(○○派と△△派)があり、どちらに付くかで皆が右往左往している ・主人公の弟も、仲間内と話し合うが、果たしてどちらに付くべきか決めかねている ・弟は、「この様な時に、その様に落ち着いていられる兄上が、いっそ羨ましい」といった主旨の事を告げる ・しかし、いよいよ事態が切迫した時、主人公が取った行動は・・・(これは明かされていなかった) 上記の様な感じです。 御心当たりのある方は、著作名と著者名を是非とも御教え下さい。 宜しく御願い致します。