• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

出張型の起業家大学は作れませんでしょうか?

「社会塾」って作れないでしょうか?「起業家大学」でもいいんですが、そういうネーミングの学校はすでにあった気がするのでこうしました。 色々な経営理論やら、会計とか労働法とかパソコンも英語も含めてビジネス知識を徹底して教えるんです。それだけだと既存のビジネススクールでもやってるでしょうから、さらにビジネスの達人を呼んで実践的な営業のやり方をレッスンするとか、はたまた会社を起こすときの一通りの手続きとか、新規事業を立ち上げたときの失敗しやすいポイントとか、もう全部教えるんです。 大学生向けのダブルスクール的な学校でもいいと思いますが、他学校へ派遣して、特別講義みたいなことをやって講演料をもらう、という形態もありかと思います。 特にアート系、イラストデザイン、漫画、建築、映画、音楽などのクリエイター系の学校では、技術はあれこれ教えていると思うのですがビジネス教育はほとんど行われていないと思います。独立するとしたら商売とはどういうものか、事業プランとはどんなふうに作るもので運転資金はどのくらい必要、こうすれば融資を受けられるとか、効果的な広告の打ち方とか、教えるんです。そんなことばかり教わりたくない、という学校も多いかもしれないので、むしろこういう特別講義みたいな感じの方がやりやすいかな?という気もします。 あと例えばサムライ業、弁護士、税理士、行政書士等も、もちろん法律には詳しいんだけどやはりビジネス感覚が養われていなくて、仕事を拡大できない人もたくさんいると聞きます。そういう、法律の専門学校みたいなところに出張授業をしてもいいかもしれないし、弁護士会みたいなところに直接出張講義をしに行ってもいいかと思います。 ニーズはあると思うんですがね… この「社会塾」を作るにはどういうプランが必要でしょうか?そこが分かっていなので全く説得力はないんですが…講師としては、起業で成功して時間のゆとりができている人とか、事業経験した上でビジネス書作家業に移行している人とか、事業で失敗した人でも、今別の仕事で順調に生活できている人であれば大いに参考になると思います。各企業の営業のプロを紹介してもらうとかコンサル会社の人にたまに来てもらうとか…しかし誰も高くつきそうですね… 決まった学校を使うとすれば何人規模で授業料を年間いくらならペイするでしょうか?または派遣授業なら相手の学校から60分~90分1コマいくらの講義料が妥当なのでしょう? 当初の運転資金としていくらくらい必要だと思われますか?仮に銀行の融資を受けたいとして、どの程度のビジネスプランを作れば受けられるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数136
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • aokisika
  • ベストアンサー率57% (1042/1811)

ビジネスモデルは、 1)戦略モデル 2)競争モデル 3)収益モデル 4)運営モデル の4つの部分で構成されます。 1)戦略モデルというのは、どういう顧客にどんな価値を提供するか、についての構想です。質問者さんの場合は、 専門知識はあるが、経営の知識が十分でない人に、起業と経営についての実践的な知識を提供する ということになるでしょう。 2)競争モデルというのは、同業他社との競争にどうやって打ち勝つか、についての構想です。 質問者さんの場合は、既存の起業のためのセミナー等とどう差別化して顧客を集めるか、ということになります。 クリエイター系、士業系とも、コンサル会社が主催する経営を教える講習会等がすでに存在しますし、業界団体が主催して行うセミナーも存在します。これらの既存のセミナーよりも質問者さんの「起業家大学」の方へお金を払ってゆきたくなるような「何か」がなければなりません。この「何か」が競争モデルです。 >ビジネスの達人を呼んで実践的な営業のやり方をレッスンするとか、はたまた会社を起こすときの一通りの手続きとか、新規事業を立ち上げたときの失敗しやすいポイントとか、もう全部教えるんです。 これは既存のセミナーがすでに行っているので、これでは競争には勝てません。(顧客は質問者さんの「起業家大学」より既存のセミナーを選びます。) また業界団体のセミナーは、業界団体の会費からセミナー費用を補填するので、安く受講ができます。 これらの既存のセミナーよりも顧客が質問者さんのセミナーの方をえらぶような「何か」を質問者さんが提案できないと、顧客は集まりません。 3)収益モデルというのは、事業のどの部分でだれからお金をもらうか、についての構想です。 たとえば、大学生向けのダブルスクールの場合は学生からお金をもらいますが、大学などに出張する場合は、大学の講義に組み込んで、大学からお金をもらうことになります。 これが収益モデルです。どのくらいの受講料をもらうか、というのもこの収益モデルに含まれますし、コストをどのくらいに抑えるか、その結果、どのくらいの利益が上がるか、というのもこの収益モデルの重要な部分です。 価格については、2)の競争モデルとも関係してきます。つまり、コストを徹底的に低く抑えることで、業界団体主催のセミナーよりも安い受講料にするか、あるいはコンサル会社のセミナーよりも優れた内容にすることで高額でも受講生が集まるような内容にするか、を考えなければならないからです。 「起業家大学」を事業として考えるのなら、この部分がきちんとしていなければなりません。 4)運営モデルというのは上記の3つのモデルを実現するに当たって、人をどう動かすか、などに関する構想です。たとえば、どの大学へ、どういうコネを使って、誰が営業活動をするのか。あるいは、講師陣をどこからどうやって集めるのか、などについての構想です。 これが運営モデルです。 質問者さんの「起業家大学」を実現するためには、以上の4つのモデルが明確になっていなければなりません。特に、2番目の競争モデルが重要です。既存のセミナーよりも「起業家大学」へ行きたくなるような「魅力」を提案できなければ、失敗します。 そして、こういう事柄は、「起業家大学」の講義で教えるべき内容です。質問者さんがこのことをわかっていないとしたら、質問者さんには講義のカリキュラムを作るだけの経営の知識がないということです。経営の知識のない人間が経営を教える「起業家大学」を作っても、十分な内容の講義カリキュラムをプロデュースすることができず、失敗するでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

4つのモデル、特に競争モデルですか…勉強になりました、ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 起業の時期

    妊娠を計画中。しかし、以前より起業意欲が強く、今、ビジネスチャンスを前にしています。(大変興味のある分野) ですが、運転資金が100万円ほど不足するため、一部融資を受けての起業となります。 9歳になる長男もおりますが、子育てと仕事を両立して頑張っていくことが私の希望なのです。 これまでも仕事を続けておりましたし、両立の厳しさはわかっているつもりです。 ただ、ここにきて、起業意欲は変わらぬものの、少しであっても融資を受けて・・・という部分に不安があります。 普通の体ならともかく、妊娠という面で、踏ん張らなければならない時にそれが出来ないなどという事態を恐れるからです。 ビジネスパートナーが数名おり、その部分はカバーするといってくれてます。後は、私の気合だと思うのです・・・ また、子供の頃から易を見て頂いている先生の助言では 来年の立春までは起業を待て。と言われています。 今のビジネスチャンスは、今の時期を逃すと別の方のチャンスとなると思います。 春まで待っての起業だとすると他の事業になるのも悔しいのです。 易を信じる方、信じない方、色々かと思いますし、育児をしながら経営されている方もおられると思います。 今のビジネスチャンスを生かすべきか。 または、半年先に新たなビジネスチャンスを探すべきか。 皆様のアドバイスをお待ちしております。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 起業融資について

    昨年退職し、起業予定です。 起業資金は自己資金を考えているのですが、 運転資金は少し融資を受けたいと思っています。 そこで質問なのですが、 起業(法人設立)の融資申し込みの際、 私自身の債務状況はかなりの審査対象になるのでしょうか。 (昨年債務整理をし、現在返済中) 国金等でも融資は無理でしょうか。 お教え下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 起業後の運転資金

    現在起業を考えておりますが、起業後の資金繰りについて教えてください。例えば、設備資金と運転資金で約1000万必要だと仮定します。 設備投資(初期投資)に必要な500万は自己資金でまかない、運転資金500万を金融公庫等の融資でと考えた場合、その融資500万は事前審査などで受給の可能性がわかるものなのでしょうか。 融資申し込みには会社の登記を済ませる必要がありますし、会社の登記には事務所の所在地が必要です。 融資が可能かどうか分からずに、会社を登記してしまうのはギャンブル的なものを感じるのですが、私の考え方やアプローチの仕方が間違っているのでしょか。 最初から自己資金で大丈夫なら問題ないのですが、融資金をあてにして商売をされた方も多いと思います。 起業の際どのように考え行動されたのか、経験談などをお聞かせ下さい。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • hue2011
  • ベストアンサー率38% (2792/7218)

架空の話で考えないで、今あるものを観察するのがいいでしょう。 どれだけ現実にそういう塾があると認識されていますか。 まさか頭の中で「そういうもんがあったらいいな」と夢物語で考えているのですか。 現在腐るほどたくさんあります。 ほとんど全部同じような功績と、同じような問題点を抱えています。 高いものは数か月で700万なんていうものもありますが、常設はできなくてだいたいスポット的です。 学校というものは、決められた知識を整理して順に教え、覚えてもらうことなら簡単に成立します。 それをほとんど習得すれば成果になります。 必ず、「正解」というものがあって、それにたどり着く訓練だけです。 社会人常識的なものも、大学でかなり教わることができます。 名刺の渡し方だとか、業務報告の書き方とか、そういうことのスポット講座をしている大学はかなりあります。 ところが社会人の世界、人生というものには正解がありません。 何を選択しても、それが犯罪でない限り「あり」です。 それがビジネス塾が教えられる限界に直結します。 >ビジネスの達人の実践的な営業のやり方 >新規事業を立ち上げたときの失敗しやすいポイント それ、教科書に書いて教えられるようなものだと思いますか。 実例を探して、そこから各自が学ばなければならないものです。 仮に成果でいっぱいの営業の達人がどこそこの誰社長を説得したときの話をしたとして、それと同じことをしたら必ず相手は言うこと聞きますか。 もしアメリカ発見のコロンブスが学校を作ったとします。 ここに入学する人に勘違いがあるとすれば、ここは「アメリカを発見する方法」を教えてくれると思うでしょうね。 でもアメリカはすでに発見されているから2度と発見できないのです。 コロンブスは「荒海に襲われたらどう生き延びるか」「部下が梅毒になったらどう対処するか」みたいなことは教えられます。 そのほかのことは何もおしえられないでしょう。 そう思って聞くならコロンブス先生はためになる先生です。 同じことをやっても、A君は大成功をしてたとえば100億儲けた。B君は借金をして破産した。 これが人生というものです。 ですから、学校や塾で「こうすれば正解だ」とは教えられない。 大成功したはずのA君が投資に失敗して逃げ回るという後日談もあるかもしれない。 破産したB君は無一文からもののお届け屋をはじめてロジスティック会社を成立させて大きくなるかもしれない。 塞翁が馬というたとえ話が人生にはよく合致します。 だから、ビジネス塾の中心になるのは個別のテクニックではなくメンタル系になるわけなんです。 歩いていれば誰でもドブにはまることがある。 ここで「ああドブにはまった」と泣きながら沈んでいく人間と「はまっちまった」と笑いながらさっさと出てくる人間がいる。 その違いが、まあ人生の奥義なんですけど。 どこにドブがあるか、は歩いてみなければわからない。叢があるからある、かもしれないし、ないかもしれない。 叢があるとこ、と学校で教えたら、叢だけを注意するようになり、マンホールに落ちるのです。 メンタルコントロールだとかメンタルバランスという話がでてくる。 ここで一種の新興宗教的な色が浮かんできてしまいます。悪いことではないでしょうが、偏見を受けかねない。 そうするとどういうことになるかというと、講師がメンターという存在になり、受講者がセンセイと呼んで慕うようになる。 センセイにつきまとうようになる。 あるいは、受講者が思うようにいかなくて、講師を詐欺師呼ばわりし始める。 そういう状況になっていますよ、社会人塾は。 もちろん、ちゃんとフォーカスして聞けばためになるものはたくさんあります。 それはご自分で選択して取得してください。 ご質問へのお答えは、「すでにたくさんあります」です。 ビジネスとしてはじめようとするといいことはありません。 大体本物は無料であることが多いです。 なぜかというと真実だからです。 真実は自分の真心でわかってもらいたいと思って伝道するものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • BC81
  • ベストアンサー率25% (687/2674)

起業家育成業を起業したいから一から教えてくれって、なかなか気が利いてますね(笑) 思いつき段階で安直に諮らず、もっと練って下さい。 個々のメニューに新味は皆無です。どれも既にあります。 しかも、更に個別の助言や手助けが欲しければ、コンサルタントに依頼すればいいのです。 それ以上の過度のパッケージ化、座して全てを受け取れることが売りのプログラムは、 起業に一番必要な要素=「自ら営む」にとって、間違いなくマイナスでしょう。 乳母日傘では起業家は育たないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#193050

塾や紹介業ならいいのではないでしょうか がんばってください

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

大卒としての学士のお免状を発給(発行?)するだけの要件を満たすことが出来ないと思うのですけど。 平たく記せば大学として成り立ってない。なぜって説明するのも疲れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 開業資金

    起業を真剣に考えています。 設備&運転資金(6ヶ月分)で1500万円ほどの見積もり になりました。しかし、自己資金がゼロです。 国民金融公庫で融資を受けたいと思っているのですが、 自己資金ゼロでも融資を受ける事ができるのでしょうか? 勿論、事業計画書などの綿密なプランが審査の対象になる事は承知していますが、自己資金が少なすぎると融資を受けづらいと聞いていますので・・・。 その他、融資に関してのアドバイスや、情報などがありましたら、併せてお願い致します。

  • 起業家に必要なカリスマ性って?

    将来起業を目指してる30代女性です。 私が読んだ起業関係の本に、起業家として必要なものの中に「カリスマ性」と言うものがあげられていました。 が、カリスマ性・・・!鏡などで自分を見ても、ただのやつれた母親です。でも昔は趣味仲間をまとめたり、学生の時もクラスのリーダー的存在ではありました。 が、今は学生ではありません。趣味の仲間も私が子供を産んだあたりから、特に私が「将来起業する!」と決めた時点で決定的な温度差を感じてます。 友達がいないわけではないですが、いざと言う時に私を助けてくれそうな人が誰一人として心当たりがありません。 これはやはりその人が本来持っている「カリスマ性」のようなものに起因してるのではないかと思います。 私は特にルックスが優れてるわけでもなく、背も小さく目立ちにくいです。昔はその分お洒落で目立ってましたが、今はなかなかそうもいきません。 でもカリスマ性のようなものがないと、人は付いてこないし、人が付いてこないことにはどんなにいいビジネスプランを立てても上手く行かない気がします。お金以上に人脈がモノをいうと思ってます。 そこで長期的な目標として、カリスマ性を持った女性になりたいと思います。どんな立場でも構いませんが、カリスマ性を持った女性と言うと皆さんはどのような人物を想像しますか? ちなみに私は「自信を持った人」だと感じるのですが、今までは高収入を得ること、素敵な男性・女性と交流を持つことで自信が出てた気がします。 が、昔と同じ自信を求めるのは無理なため、他に価値観を見出す必要があります。 シングルマザー起業家で自分に自信をつけられる価値観、あるとしたら何でしょう?ちなみに今は実家暮らしなので「一人で子供を育て上げてる」と言う自信はありません。

  • 成功した起業家の人に聞きたい事はどんなことですか?

    こんにちは。 起業を志す方を読者とした雑誌を作っているのですが、そのコーナー内で起業家の方々へインタビューすることとなりました。 しかし起業家、成功者へのインタビューというのは星の数ほどありますので、質問をしぼっていきたいと思っています。 成功した人の人生論、一般論を伝えるのではなく、これから起業をしようとされている方が、『具体的にどのような行動をしたらいいのか?』と、具体性にこだわった内容にしたいと思っています。 インタビュー対象は創業社長に限定して、かつ「起業当時」のことについて聞いていきます。 そこで、あなただったらどのような内容のインタビューだったら聞きたいか? お知恵を貸していただけないでしょうか? たとえば、以下のような質問を想定しています。 ・起業を意識しだしたのはいつごろか? ・起業前、起業に向けてどのような意識を持っていたか?あるいは行動をしていたか? ・起業しようと決断したのはどんな時か? ・起業しようとした時の周りの反応は? ・起業のための準備期間はどれくらいか? ・起業の際に明確なビジネスモデル、プランを持っていたか? ・事業計画書はどの程度作りこんだか? ・資本金はいくらか?どのように調達したのか? ・起業してからどれくらいで黒字転換したか? ・キャッシュフローをどのように構築していったか? などです。 僕自身も起業をしたいと思っているからこそ、このようなことを聞いてみたいと思っています。 ぜひ、皆さんからもアイデアいただければうれしく思います。 宜しくお願いいたします!

  • はじめまして。4月に不動産会社を起業し、仲介と賃貸物件の清掃をしており

    はじめまして。4月に不動産会社を起業し、仲介と賃貸物件の清掃をしております。6月に保証協会付きの融資を500万円受けたのですが、おはずかしながら、事業計画が上手くいかず運転資金が少なくなってきております。別途200の融資を希望しておりますが融資を受ける先やその良い方法を教えていただきたいのですが、宜しくお願いいたします。

  • 起業するための資金について

    IT系で主にWEBコンテンツ企画、WEB広告業などで起業しようと考えています。IT系の場合、他の業種と違って商品の仕入れ等などにコストがかからないため、起業資金は少なくて済むとは思いますが、自分と他に2~3人を雇う予定の場合、どの程度の資金で立ち上げているものなのでしょうか? …というのも、私としては「いくらIT系でも1000万円はないと軌道に乗せるまでに大変かな?」と考えていたのですが、企業の資本金を見ると200~300万程度のIT企業が結構あります。資本金の定義もなんとなくしか把握していないのですが、これは「資本金以外にも別個に運転資金がある」ということなのでしょうか?それとも資本金とは運転資金込みの資産なのでしょうか?(つまり軌道に乗るまでは資本金も減っていく) 私は最初はかなり小さい事務所でいいので、大体次の費用で考えています。 ・最初だけかかる費用 不動産の事務所契約費 80万 PCなどの機材費 60万 ・毎月かかる費用 光熱費 10万 人件費 25万×2~3人=50~75万 これで半年間の運転資金を考えると、800万程度必要かなと思っています。(実際には諸経費でもっとかかるかもしれませんが) まとめると聞きたいことは次の3点です。 1.通常、起業する際は資本金以外にも資金があるのでしょうか? 2.規模にもよるでしょうが、上記程度の規模の場合、どの程度の資金を持って起業されているのでしょうか?(大体でも構いません) 3.運転資金は「最低でも3ヶ月必要」といいますが、現実的に3ヶ月で足りるものでしょうか? 大雑把な数字でも構いませんので、回答お願いします。

  • 起業資金調達について

    個人で投資事業を始めたいと考えています。起業資金が無いので借金をしたいと考えています。どこから借りるのが一番良い方法でしょうか?ちなみに国金に問い合わせた所、投資事業への融資は行っていないと言われました・・・

  • 新規起業助成金、資金調達について。

    詳しい方のアドバイスお願いいたします。 今現在、私は6~7年前に購入した車のローンで重傷なブラックリスト状態です。未だに200万近い額が残っています。 事業計画書は何度も練り直し、なかなかいい感じのビジネスプランが出来ました。 がっ…… 資金調達に関しての知識が無く、最近、新規起業助成金や国庫金の存在を知りました。 こんな現状(ブラックリスト)で、最低870万の資金を調達したいのですが、助成金や国庫金などから融資を受けることが出来るのでしょうか? 仮に非の打ち所がない完璧な事業計画書だったとして、どんな資金調達の方法があるのでしょうか? このような内容に詳しい方のアドバイスをお願い致します。

  • 起業1年目でつなぎ融資として使えるノンバンクはどこですか?

    はじめまして。 私は今年の4月に起業したものです。 開業資金として国金から500万円の融資を受けております。 ただ、当社の業界の慣習で、売掛の回収時期が 4月と5月に集中してしまい、「来年の1月から2月までの 運転資金が不足」してしまいます。 そこで、1,2月だけ乗り切ればなんとかなるので ノンバンクのビジネスローンを利用しようかと思っています。 (借入期間半年で、300万円~500万円ほど) ただ、なかなか、開業1年目だと貸して頂けるところは少ないようです。 ネットで調べているのですが 決算書が2期分必要とか、1年間の事業経歴が必要とか 結構ハードルが高いようです。 そこで、私のように開業して半年強の人間でも借りれるビジネス ローンでお勧めのものがありましたら、教えてください! 個人で借りて会社に貸すというのも一手だとは思うのですが 今回はこれは取るつもりはありません。 あくまでも、会社で借りれたらと思います。 何卒ご教授いただけますよう、よろしくお願いします。

  • 起業のアイデアを客観的にチェックしてほしい。

     起業のアイデアを思いついたのですが、当方起業などははじめてなので不安です。    本を見ながら事業計画書などもつくり、自力で資金も用意したのですが、いまひとつ不安なのです。    だれかに自分のビジネスプランを客観的に評価してもらいたいのですが、そういったことをしてくれる機関をご存知ありませんか?  有料無料を問わず、秘密を守ってくれるようなところにおねがいしたいと考えています。  なにか情報をもっている方いましたら、ぜひ教えてください。おねがいします。

  • 起業の為の融資をお小遣いとして使ってしまったら

    知人から聞いた話です。 Aさんは起業の為に銀行から500万円の融資を受けたそうです。 その時は、事業計画書(エステ系)を作成し、本気で事業を始めるつもりだったそうです。 ところが、いざ始めようと準備を始めましたが、思ったようにいかず、 開業する前に、エステ系の起業をやめてしまったそうです。 今は、飲食店系の事業を始める予定だそうで この事業を始めるためのセミナーに参加したり、 企業家のパーティーに参加したりしているそうなのですが、 参加する為のお金は、銀行から融資してもらったお金を使っています。 Aさんは、銀行からの融資後にも、 知人に「起業をするから200、300万融資をして欲しい」と、借金を頼んだそうですが、 知人はきっぱりと断り、縁を切ったそうです。 起業の為の融資を、お小遣いや生活費として使う事は法律に触れないのでしょうか? 融資した銀行は、融資後のお金の流れについてはどのように把握するのでしょうか? 自分には直接関係の無い話ですが、とても気になったので質問させて頂きました。 よろしくお願い致します。