• ベストアンサー
  • 困ってます

製造(部)の仕事って合理性?熟練性?

製造の仕事って、機械のオペレーション、手作業、運搬などありますが、合理性と熟練のどちらが大事なのでしょうか? 自動車会社のアッセンブリー(組立)は合理的な手順にして、合理的にものを流して、やっていくことになると思います。 反面、時計の組み立てなどはマイスターと呼ばれるような熟練や感覚が必要になってきます。 機械のオペレーションも同じく、合理的に明瞭に覚えてやっていくんだと思います。 それを見ると、製造の仕事などでやはり合理性(改善というような)、熟練の比重というのはかわってくるのでしょうか? 社内の地位も合理性の製造の仕事と熟練の製造の仕事とやはり違うものなのでしょうか。 大企業と中小企業も違うのでしょうか? 大量生産だとどうしても技術部の下に製造部があるみたいなイメージになってしまいますが。

noname#209756

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数203
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

製造業は、マスプロ生産と、伝統工芸(徒弟制度)がありますがどちらも必要。 マスプロ製造は、自動車、家電製品、成型(プラスチック)など市場性の多い商品を製造。 決められた時間に仕上ていくのと余計な事はしない。 コスト意識があり、不良率の軽減を考えている。 徒弟制度、加工職人、伝統的な製品と国産商品を求めるユーザーのみに対応している。 自分が好として、機械では出来ない工程をする、熟練した加工で製品を仕上ていく。 納期、価格にはこだわらない人もいる。 宮大工、屋根の、かや吹きなどは、徒弟制度の代表的な職業。 機会があれば、見学されたら良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わかりやすいです。2つの生産形態があるんですね。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 国防論の合理性

     国防論にも合理性が論理に必要だと思います。  自衛隊を増強すべきでないと考える相手を説得するのですが、国防の大きさの目標と効率と経済について国防論を語るという先輩に尋ねたら、彼には答えが用意できていませんでした。  彼には合理性が無く、他国例えば中国に襲われるという強迫観念という感情だけに突き動かされて国防論を話す人でした。  国防論を豪胆とか、楽観とか、臆病とかの情念では語れません。  論理には合理性がないとひとを説得も出来ぬと思います。  そこでお尋ねします。  日本の戦力はどの国とどの国の間に位置するべきか、どのくらいの費用とGNPに対する割合にするべきかお答えください。  たとえば中国とかつて戦争状態にあった台湾が、いままた対中国外交に侵略、国家存亡の危機を迎えていますが、日本は台湾以上の戦力を持つのか同程度なのか、目標戦力の大きさはどうでしょう。  たとえば戦力を比較したジェーン年鑑というのがあると聞いた覚えがあります。  最適な情報源にはジェーン年鑑じゃないかもしれませんが、どの情報源を用いるか、どの尺度にするか、そして日本は現在何番目で、現状の情勢で戦力の大きさが何番目になるべきか、またはどの国とどの国の間に位置するべきか、どのくらいの費用とGNPに対する割合にするべきか、上記についてあなたのお考えaを聞かせて下さい。  今の国防論にそういう観点が欠けているように見えます。  ところで軍隊は社会に働きかける企業組織のひとつです。だから経済と効率を企業として自衛隊も日本軍も考えるべきでしょう。  たとえばアメリカ軍では物量差、面積差、人口差、産業経済差、戦闘経験量という国力差で他国を圧倒しています。  それら以上にアメリカ軍では最大効率をもとめて進化増強を毎年繰り返し、軍産学協力して軍の経営を行っているようです。  クオリティを高める構造組織とそれを毎年行動に継続する力がアメリカにあります。  これがアメリカには最強の軍事力がある理由の1つでしょう。  アメリカ軍には物量差の様な日本にまねのできぬ部分と、クオリティ改善活動のような見習わねばならぬ部分があるのです。  見習うためには合理的国防論をするために国防力規模の大きさの目標と効率向上の目指す仕組みと軍の経済について語らねばいけないとおもいます。  それが上記aの問いの理由です。  そして日本では守備力が必要とされています。  日本に必要な戦力は以前の太平洋戦争時代の様な侵攻力ではありません。  ところが日本の歴史には守備力の大きな組織が今までありません。  たとえば自衛隊は天皇の部分に総理大臣と名が変わっただけで、太平洋戦争時のままの形態の組織です。    天皇のために海外の他国を侵攻する兵はたくさんいて、かつては組織もあったのは確かです。  侵攻力と守備力は軍の働きを二分するのですが、太平洋戦争後の日本は天皇ではなく、民衆を守らねばならないので、戦前の軍隊と組織の在り方、働き方とは全く別の目標と評価方法を現在の自衛隊には持たねばならないはずです。  民衆を守り、海に囲まれた日本の輸送を守り、家族の命を守る専守の軍をどのようにして組めるのか、どのようにしてかつての侵攻に偏った軍隊様式から脱却できるのか、その専守防衛の精神を組織として維持されるように担保されるのか、自衛隊保持反対派に示すにはどのようにしたらよいか質問Bにお答えください。  旧態の日本軍と同じ組織であれば、日本人の性状と群集心理の生み出す結果は、太平洋戦争時代の結果と同一にしかなりようがありません。  旧態依然の軍隊方式では日本軍増強反対派を説得するのは無理でしょう。  旧態の日本軍は民衆に危害を加え、丸腰の民間船を海に送り出しました。  ただのいちども民衆や輸送船団の安全を守った事がありません。  そして大将が戦線離脱、敵前逃亡しても大将は罰さえ受けず、捕虜に対しても、人間として扱わず、将のあるものは捕虜を狩りの対象として喰らったのです。  断罪し、反省する組織、向上対策を生み出す組織に日本軍を変革できねば反対派を説得できません。  質問aとBにお応えをお願いします。

  • 製造関係の派遣の将来性

    派遣で製造の仕事などがありますが、将来性はあまり良くないのでしょうか?機械の組立やプラスチックの組立などを目にしますが、どれも単純な作業のように想像します。 製造関係で働いてスキルアップしたり、資格取得したりできるものでしょうか?

  • 合理性は乏しい について

    合理性は乏しい と言うのは、解りやすく言うとどういう意味なんでしょう?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • mojitto
  • ベストアンサー率21% (945/4352)

合理性と熟練は相反するものではありません。 どちらも同時に追及されるべきものです。 何かを連続で生産するとして、大体の場合は立ち上がりより、しばらくしてからの方が品質の安定性は増します。 それは連続生産に携わる人たちの加減によって調整されています。 品質が加工基準内に、かつ安定して、かつ経済的(加工基準内で使用原料を減らして歩留まりを上げる)に、かつ素早く(ラインスピードを上げるだけでなく加工に関わるすべての時間)生産をするのに、経験(熟練性)は必要です。 ラインに異常が起きたとき、流しながら調整できるのか、止めないといけないのかの判断、機械が異常を検知する前に五感で異常を感じ取る感覚、合理性を高めるためには熟練の技術が要ります。 その逆も然りで、工芸に携わる人も、手順の見直しなどの合理性がなければ、他の工芸士の生産性に負けてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。 どちらかが主で従になる関係ですね。 わかります。 ご回答ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 製造業のやりがいって??

    今度、製造業の社員募集に応募しようと考えています。 機械を使って基盤にめっき加工を施すという仕事内容なんですが、その仕事内容やその企業に対してのアピールの方法がわかりません。 製造業の面白味、やりがいってなんなのでしょうか?他の職種の場合は結構思いつくのですが、製造となると全く思いつきません。 どなたか知恵を貸して下さい。お願いします。

  • 四畳半に住む金持ち

     企業のトップが  四畳半に住んでるけど金持ちの人っていないんですかね。  テレビで金持ちのひとたちが、「家庭を持ってるからデカい家に住んでるけど、一人ぐらし1Rが一番合理的で楽」と話してました。    実は、金持ちの人も合理性を考えたら、狭い家に住むことに抵抗ないのではないでしょうか  仕事が忙しいと、家に帰ってから最低限の家事をして寝るだけですから、ほとんどの人が四畳半あれば生活できるというのは事実だと思います。  金持ちの中にも合理的だからということで、毎日ファストファッションで同じ服って人もいますよね。    

  • 製造業、機械設計への転職について

    IT業界に勤める30代のサラリーマンです。 事情があり、近々現在勤めている会社を辞める事になりそうです。 身内の者に、転職先として、精密機械の専門メーカーの中小企業を紹介されました。 いわゆる製造業という職種だと自分は思っています。 ただし、自分には、製造業界の経験が全くないので、どのような業界なのか想像もできません。 非常に漠然とした質問で申し訳ありませんが、 ご回答を頂く事が可能ならば、以下の質問にご回答ください。 1. ズバリ、製造業どういう仕事なのか?教えてください。 2. 作業内容として、「品質管理、組立調整、機械設計、精密機械の設計開発 電気・電子設計・精密機械の制御部の開発」となっていますが、30代前半の未経験者がこれらの仕事を始めて、安定した将来はありますか? 3. 未経験者で教育も受けた事のない人間が、機械設計を出来るようになるにはどのくらい掛かりますか? 4. 製造業をしている会社の寿命は30年程度と聞いた事があります。 倒産やリストラに有った場合、働いていた会社のスキルを生かして、同じ製造業界内で転職は可能ですか? それとも、同じ製造業界内でも会社が変われば、それまでのスキルを生かすことが出来ず、また一から出直しでしょうか? 5. 製造業を理解する上で参考となる、資料、本、業界誌などがあれば教えてください。 6. 紹介された会社について、製造業界内での立場を確認する方法があれば教えてください。 7. IT業界で働いていた経験・スキルは役に立たないのでしょうか?

  • もっと多くの仕事を機械化できないのでしょうか?

    ときどき不思議に思うんですけど、現代社会における種々の仕事って、人の仕事というより、機械に代替できそうなものってありませんか? 車とか、機械を製造する大手メーカーの製造過程がどういう風になっているか詳しくは知りませんが・・・学生時代に社会の教科書で、ロボットアームみたいなのが溶接か何かやってる写真を見たことがありますけど、結構すでに機械化されているとも言えるんですかね? ひたすら機械化されればそれこそターミネーターの世界になってしまうのかもしれませんけど・・・合理的に考えれば、もっと機械化することもできるんじゃないか、と思うんですよね… 別に単純労働を機械化すべきとか言うだけじゃなくて、エリート的な人が担当してる仕事にも結構そういうのがある気がするんです。 特に思うのが、行政とか何とか、法律関係ですかね…あんな何10年も昔の人が基本的に作った条文に従って法律通りに文書を右から左に流すのって、人間が全力でやる必要あるんですかね? 大前健一氏なんかよく本の中で、6法全書をDVDROMみたいなものに入れて誰もがいつも条文を参照できるようにすれば、法律に特化した仕事はかなり要らなくなるんじゃないか、と書いてますが、実際そうなんじゃないか、と思います。まあ現場の人は、実際の現場は複雑だから、どういう場面に応じてどういう風に法律を適用するかが問題なんだとか何とか言うんでしょうけど…機械化すれば公務員ももっと減らせるんじゃないですかね? 公認会計士とか税理士の仕事なんかも、指定された様式の帳簿、請求書なんかををコンピューターに入れればどこの処理が間違ってるとか判断してくれる、そんなコンピューターを作ればだいぶ機械化できるんじゃないでしょうか? そもそも極端に言えば、創意工夫とか、新しい発想、想像力、創造力とかと関係ない仕事って、人間がやる必要ないんじゃないか、て気がするんですよね。 まあ世の中の現実を見る限り、それでも人がやらないといけない仕事の種類って、無数にあると思うんですけど、一方では、現代の機械とかコンピューターに最強に強い人たちが、最先端の技術を駆使しまくって、それを本気でやれば、人から機械に代替できる仕事ってたくさんあるんじゃないか、と思うんですよね… それで私の言いたい疑問なんですけど、そういう状況ということはつまり、あまり合理的に技術に頼りすぎると人間の仕事が減ってしまうので、社会の上層部の人がある意味意図的に、社会のある程度の雇用を維持するために、機械化とかそういうことを避けているんでしょうか?

  • 製造コストの決め方について

    お世話になります。 電子機器関連の組立作業の仕事を行っています。 仕事の内容は、基板への部品実装や、ケーブルアッセンブリ、電子機器の組立配線などです。 仕事を請ける際に、作業内容を確認して、大体今までの経験から、その製造コストをはじきます。あくまで経験上なので、コスト算出の基準となるものがあるわけではありません。 そこでいつも、コスト算出における標準算出表のようなものがあったほうがいいのではないかと考えるのですが、作業自体、リピート性はあまり高くなく、その都度、内容が違うので、どのあたりを標準化すればいいのか、判断に悩むところです。 中小企業で、あまり量産性の高くない電子機器組立関連作業を行う場合の作業コスト算出について、なにかいいアイデアがあればご教授ください。 よろしくお願いします。

  • 製造業の悩み

    自動車部品製造に従事する者です。 業務内容としては、機械、電気設計、生産技術を行っています。 近年、ISO取得による膨大な書類作成と合理化による人員削減により、 一人当りの仕事量が増えて、仕事をこなせない状態に陥っています。 さらに、社内教育、QCサークル活動も行い、残業時間も規制されているために 業務が中途半端になっています。それに比例してクレームも増加している 傾向です。 同じ境地の方がいれば、どのようにして対処していますか。

  • どちらの道を選択するか迷っています。

    私は20歳の男です。 先日までガソリンスタンドで正社員として働いていたのですがこの度閉鎖することになり退職しました。 次は機械の組立みたいな製造の仕事に就きたいと思っています。 そこでなのですが今どちらの道を選択しようか迷っております。 1、大手建設機械企業の建設機械の組立の契約社員(半年更新)、正社員登用の可能性有り。 2、アルバイトをしながら正社員で雇ってもらえる製造業の会社を探す。 皆さんはどちらの方がよいと思いますか? また、一概には言えないと思いますがだいたいどれくらいの期間働けば契約社員から正社員として雇ってもらえるのでしょうか? どうかアドバイスよろしくお願いします。

  • 経済的合理性について

    私たちは、経済的合理性(金銭的な損得で考えて行動する)を追及することに幸福があるか否かについて、みなさんの個人的な意見がききたいのでよろしくお願いします。 ちなみにわたしはお金がすべてではないと考えていますが…!

  • 効率性と合理性の明確な違いはなんでしょうか?

    効率性と合理性の明確な違いはなんでしょうか?

  • 有権者の合理性

    有権者の政治の知識はあまり多くないが、政党行動や選挙制度の影響を説明する多くの理論( モデル)において、有権者の合理性が仮定されている。このように「現実と仮定は齟齬をきたしているのか」という問いに関して皆さんはどのようにお考えでしょうか。