• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

政治に怒れってどこに?

  • 質問No.8536112
  • 閲覧数133
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 44% (117/261)

よくニュースの有識者や大学の教授とかが
テレビで国民はもっと怒らないとダメと言っている。てめぇも国民だろうが!と思いつつも。
テレビタックルやそこまで言って委員会等々、
数々の政治に関する悪行や
今回の増税しかり、拉致被害者の方々の進展のなさや。
被災地の金の管理できてない、年金消えたとか原発、、、
クソすぎるネタに怒りはなって当然
(しかし、番組の司会者は低いテンション、あれいやだね)
もっとみんな怒らと!!って、言うけど
怒ってない人の方が少ないってより
怒ってるっつーねん!
どこに怒ったらえーん?
みんなの党の代表者の最近の話題とか、、
怒りなさいって誰に直接言うの????
国民ナメタ発言の有識者に怒りすらあるよ。

橋下氏はこないだ嫌なら選挙で落とせばいいって

政治家にはその手しかないの?
落ちても曾孫世代まで裕福なお金持ってそうなイメージだけど。

悔しい!


皆はどうお考え??

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 14% (104/711)

『 人類を今も進歩させ、また常に進歩させてきた唯一の人びとに、権力を与える時である。それは、統治している時に、自分たちに何ができるかを示す機会をすべて持っていた、筋骨たくましい乱暴者や有産者、専門知識人、政治家、軍人のいずれでもない。そうではなくて、それは、自分たちに何ができるかを示す機会を全く持つことができずにきた唯一の人びと、すなわち天才たちである!  』

『 天才は科学者の中にだけ存在するわけではない、ということを特に強調しておきたい。「天才」という言葉を聞くと、多くの者は、哲学者、画家、詩人、音楽家、あるいは農民の中にも、天才たちがいることを忘れ、「すべてを破壊し尽くすことを望む狂気の天才」のことを思い浮かべてしまう。「天才政治に基づく世界政府」の団体の中には、科学者だけでなく、哲学者、画家、詩人、音楽家、そして農民も同様にいるのである。  』
『 人間が強制労働の機械、もしくは強制労働の場所へ行く通勤の機械と混同されている限りは、技術は社会の人間性を喪失させることになろう。機械と人間とは決して混同されてはならない。人間は開花のための場所で存在するように造られており、いっぽう機械は、ロボットやコンピューターに管理されて、労働のための場所で存在するように造られているのだ。
 人間によって遂行される労働はすべて、必ず機械によって遂行されることが可能だ。人間が行うことのすべてをコンピューターは行うことができ、しかも、人間よりもはるかに上手に行うことができる。人間にはミスがあるが、コンピューターには決してない。
 もし地球上の軍事予算に使い尽くしている金額を、工場、生産現場および事務所の改良に投資するなら、七年間で労働は完全に自動化され、人間はもはや労働する必要がなくなるであろう。
 人間は自己開花するために造られ、機械は働くために造られている。ロボットが人間の作業を行うべきであって、人間がロボットの作業を行うべきではない。しかし現在、すべての企業で起こっていることは、残念ながら後者である。
 それでは、誰が機械を監視するのかと、あなたは私に問うかもしれない。それは実に簡単なことだ。生産手段の完全な自動化に必要な最初の約十年間は、軍隊が、この監視と保持の仕事に配属されることが可能である。あるいはさらに、現に毎年何週間かスイスで行われているように、兵役にかわって、公的サービスが一、二年のうちに創設されるかもしれない。そうすると、召集兵と専門家集団のみが各生産単位で働くことになり、それ以外の人間は完全に自由となる。  』

『 所得格差の是正から貨幣の廃止へ
 世界中のあらゆる政府が、所得格差を減少させるための計画を立案している。フランスではその差は六倍以内に、またスウェーデンでは、既に格差を四倍以内におさえ、さらに近い将来は所得の最大格差を三倍以内に、つまり最低賃金の三倍以上の所得を得る人を無くす方向で検討している。
そして、この傾向は労働時間の短縮傾向と連動しながら、全地球上で所得格差がO(ゼロ)になる日まで続いていくだろう。所得格差がなくなるとき貨幣はもはや何の役にも立たず、そのとき何の問題もなしに、貨幣を廃止することができるのは明らかである。おそらくその時、もしくはそれより少し以前に、次の根本原理があまねく認められることになるだろう。すなわち「すべての人間は何の代償もなしに、その出生から死亡に至るまで、快適な生活を享受する権利を有する」』
     ラエル著  *  *  *  *  *

> 国民はもっと怒らないとダメ  >
 上記に、"自分たちに何ができるかを示す機会をすべて持っていた~"と、ありますが、それらのしたことは、暴力、搾取略奪、そして現代の金/金権的搾取、と言う事ではないでしょうか。
如何にして、それら、人々と社会を曇らせるそれらを、改善改正していくのかと言う事になるのではないでしょうか。
 軍人が、人々の性根を疑い、絶えず軍備略奪支配を固めることは歴史上の言語道断でありますが、考えてみれば対戦相手の動きを分析し絶えずその逆を研究するスポーツ選手の思考もさほど社会の平和発展には寄与してはいない。それらを声援するナイター応援団のようなものの怒号も同様である?
 政治家/法学者にしても現実所詮 金貸し に過ぎず、やっていることは マッチ売りの少女 にも劣る。
金支配から脱却できない政治など、危険に至る小火(ぼや)と言う事ではないでしょうか。
 真の政治・政治家は、スポーツ賭博のようなものでは無しに、人々が要求する懸案を真に実際に達成する真のプロを育成するプロではなくてはいけないのではないでしょうか。それが、人類の通る道ではないでしょうか。

 人々と社会の障害・疲弊を根本的に改善し得るのは、上記、天才たちに他ならない。
金などは、減少が懸念される自然その木々その繊維の更にごく一部に過ぎず、木を見て森を見ず、金で隆盛を極める一部政治権力支配層のいかに愚かなことか。

第五百十九条  債権者が債務者に対して債務を免除する意思を表示したときは、その債権は、消滅する。
第五百二十条  債権及び債務が同一人に帰属したときは、その債権は、消滅する。
民法にもなるべきは、書かれているような。
お礼コメント
trkk-neuTron

お礼率 44% (117/261)

長いので読んでませんが
ありがとうございます!
投稿日時:2014/04/02 12:50

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.4
まずは数の論理ですね。
自分と同じような人間がいるのか?調べる。
いれば仲間を増やす。

手っ取り早い抵抗は、選挙でその人を選ばない。
選挙を拒否したのでは、本末転倒です。

陳情嘆願要望先、みやいな所に出向くのも
良いと思います。

http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/hyouka/soudan.html
これもいいでしょう。

知ること!・・・これが大事かも?しれません。
お礼コメント
trkk-neuTron

お礼率 44% (117/261)

azs!
投稿日時:2014/04/02 12:49
  • 回答No.3

ベストアンサー率 29% (114/386)

 怒りは国会議員に、衆議院・参議院に、内閣・各省庁に、裁判所に
ぶつけられます。一番の効果は薄汚い馬鹿議員を落選させることだけ
どそれを待っていられないなら議員個人あるいは法律に関することは
国会に請願できる。大臣のこと・省庁の施策なら内閣や省庁に、ある
いは自分は○○のせいで損害を被ったと裁判所に訴えれば受理される。
一番は仲の良い国会議員を見つけて彼に動いて貰うこと。

 政治家が金を欲するのは、自分の財産を増やすことよりも、金を
人に与えて自分に都合良く動かすため。お金持ちであるほど金の臭い
には敏感、儲けるために動くもの。
お礼コメント
trkk-neuTron

お礼率 44% (117/261)

azs!
投稿日時:2014/04/02 12:49
  • 回答No.2

ベストアンサー率 24% (868/3495)

政治なんか誰も行っていませんから、『政治に怒れ!』と言われても怒りようがありませんね。
何せこの国では政治家は既に絶滅して存在しませんし、僅かに残った政治屋も絶滅危惧種になり、大多数を占める
政治ゴッコの人達やその使い走りの連中ですから、行っているのも政治ゴッコ。
『ゴッゴ』で有って政治じゃないですから、怒りたくても怒る先が無い!
まっ、それでも何処かに怒れって言うのであれば、選挙で落とすしか無いでしょうね。
『政治には金が掛かる』って何に金を掛けているのか?
高級料亭での密談や高級住宅に住む事に金を掛けているのでしょう。
だからいくらあっても足りない等とぬかしやがって増税を平気で行う。
恩恵を被るのは一定以上の階層の連中であって、過半数の国民は恩恵を受けない。
有識者って人や学者や大学教授って、「国会議員イコール政治家」としているのでしょうかね?
政治家なら園遊会で天皇へ無礼な行為などしないでしょうが。(笑)
それに独立主権国家ならば堂々と正当性を主張すべき事柄でも、相手がキャンキャン直ぐに吠えるから
何もしないに等しいですしね。
この国に政治家は絶滅して存在しませんので、怒るべき先が判りません。
お礼コメント
trkk-neuTron

お礼率 44% (117/261)

azs!
投稿日時:2014/04/02 12:49
  • 回答No.1

ベストアンサー率 21% (1316/6194)

>どこに怒ったらえーん?
 自分自身を含めた我々国民にですかね
 日本は民主主義ですから、政治家を選挙という手段で当選させたり、落とすことも可能
  民主主義の最終的な責任は国民に帰依します

>落ちても曾孫世代まで裕福なお金持ってそうなイメージだけど。
 政治家は基本的に儲かりません。収入より選挙費用のほうが遙かに高いのです。
 政治家で儲かるのは党首や比較的大きな政党の役職付きです
  あとは収支はマイナスです。

 そもそも貧乏人が最初から巨額の巨額の選挙費用なんて出せるわけがない。
なので政治家が金持ちになるのではなく
 金持ちしか政治家になれない。
 
 貧乏人で政治家になるのは最初から知名度のあるタレント議員くらいです
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ