• ベストアンサー
  • 困ってます

大きな撮像素子用のレンズは大きい

ソニーのα7なんか本体のコンパクトさを自慢してますが 大きな撮像素子用のレンズは物理的に大きくならざるを 得ないわけです。 ということは、本体をコンパクトにしてもそれほど意味の あることではないと言えます。 にもかかわらずなんであんなのを出すのでしょうか? そういう意味ではNEXも変ですよね。PentaxのQ○や Nikon1が正道だと思うのですが

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数456
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
noname#193792
noname#193792

ソニーのフルサイズって、センサーは他社に出荷ばかりしていて自社での製品に中々使用できなかったので、なんとか使いたいという結果がこれでしょうね。 ま、今のところフルサイズセンサー搭載のミラーレスって他にはないし、どうしても欲しければこれを買うしかないってことで、需要はある程度見込めるのでしょう。 私も、バランス的にも商品的にも?ですが、個人がそう思っても、文句を言っても何も変わりません。 ただ、そこは天下のSONY様。 今後、驚くような発表があるかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そのとおりですね。ありがとうございました。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

> ソニーともあろう会社が・・・って感じです いや、逆でしょう。ソニーだからそうしたのです。 仮にソニーが至極ベーシックな一眼「レフ」機を作って発売したとして、果たしてそれで二大巨頭であるニコン・キヤノンに勝てるのか?私にはどうひいき目に見ても勝ち目がある気はしないし、一定数は売れるだろうけどそれ止まりで、市場シェアに変動が生ずるほどの台数が出ることなどあり得ないだろうと思います。 だからこそ、二大巨頭が作らない方向でかつ競合他社もやってこない製品を世に出して、市場の方向を自分の有利な方に誘導し、そこに商機・勝機を見いだすという作戦は、後を追う立場のメーカーとしては至って妥当なものでしょう。ある意味、ソニーだからそうしたと言うよりは、そうせざるを得なかったと見ることもできそうです。 ご存じのとおりソニーは大赤字で、PC事業売却にテレビ分社化などの事業スリム化を強いられる事態になっていますが、カメラについては現状維持になりました。つまりこれは、それなりの利益が出ている事業であるわけです。カメラ本体だけではなくて、外販しているイメージセンサーも込みですが、今の製品ラインに価値を認めて購入している人が少なからず存在していることになります。もし質問者さんみたいな見方が市場の大勢ならば、今のソニーの状況なら事業を売り払っているでしょう。でも現実はそうではない。 もちろん、あんな歪な製品はないとか、あれは邪道だ、みたいな意見だってあるとは思いますよ。確かに伝統的一眼レフの世界から見れば、変な製品ですからね。ただ、そういう変な製品を作るところもソニーらしさだと思ったり。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 普通じゃないものを作るのがソニーらしさですか、 昔ソニーがトランジスタラジオを作ったとき こんな小さなスピーカでは、低音の寂しい ショボイ音しか出ないと言われたが、屋外使用する 若者に支持されたそうです。 そこまでの革新性があると思いますか???

  • 回答No.9
  • 41457
  • ベストアンサー率18% (136/752)

レンズを作りたいからでしょう。ボディーを作ると必然的にレンズを必要とします。憧れのあのレンズを考えたい、作りたいのです。 それは、開発では夢ですから。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.8
  • mac1963
  • ベストアンサー率27% (841/3023)

>古いレンズって収差も大きく特性無茶苦茶なんだけどそれを味っていう人たちって、舶来信仰なだけじゃないの?って思いますよね。 あなたの言うことには間違いはありません ただ現在のカメラは見えなくても良いところが見えすぎます 人物アップで撮影するときなんかは肌の肌理とか産毛とか細かい皺とかいらないわけです フィルター処理やソフトレンズ&デジタル加工などもあるけど古いそういうレンズも有りかなと思う訳です 個人的には軽すぎるカメラは使えませんね Q も 1 も使ったけど処分したよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 適度な重さは必要ですね。良くわかります。

  • 回答No.7
  • Kon1701
  • ベストアンサー率24% (1445/5854)

ご質問のとおりですね。別の例ですが、同じAPS-Cで比べると一眼レフ用より大きくて重いミラーレス用レンズが沢山あります。 ただ、以前に比べて大きくて重いことへの抵抗のある利用者が増えているように思えます。だいぶ前ですが、ニコンのショールームで、若者が小さなレンズ付きのD300を持ってみて”重くて使えん”などと言っていました。隣で14-24mm付きのD3を試しに構えていた私としてはそんなものかな、と不思議に思えました。ここを初めとする掲示板的なところでも重さをものすごく重視する人が多いようにも思えます。そういう人には、カメラが少しでも小さいことは売れる要因にもなるかな、と思います。また、画質を少々犠牲にして軽いレンズを作ることもできますから。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.6

>質問の趣旨は、35mmが必要なら無理に小さなボディに押し込まなくとも 大きなボディにした方がバランス的にも良いにもかかわらず、ボディだけ小さくするソニーはおか しいと言っているのです・・・ 勿論、ボディーと使用レンズのバランスは重要だし、個人的には、所詮はミラーレス、欲しいとも思いませんし、オールドレンズも使おうとは思ってもいませんが、世の中、そう言う事を趣味とする人も居られます。 また、ボケはそれほど必要としない人も居るし、機動性を考えたら、軽いカメラの方がと言う人も居るでしょう。 さように、皆さん、様々な基準でカメラを選びます。 だから、貴方の物差しが原器ではありません。 その辺り、もう少し寛容な気持ちになれませんか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ソニーともあろう会社が・・・って感じです ありがとうございました。

  • 回答No.5

基本的には質問者様の仰る通りですが、 カメラ好きの、所謂マニアと呼ばれている人たちにはかなり受けているカメラです。 ミラーレス一眼の登場によって、銀塩時代のレンズなんかもう使えないだろうな、と思っていたオールドレンズを復活させることができるようになりました。 マウントアダプターを使って過去の銘玉を楽しむってやつですね。しかし、そのほとんどが35mmフルサイズ時代のものですから、小型センサーでは焦点距離に制約が出てしまいます。 そこにこのカメラの登場です。 フルサイズ機にしてはコンパクトなボディ。他の一眼レフから見れば半分くらいの厚みです。 だからフランジバックが短いので、さまざまなマウントアダプターに対応できます。 そんな一部の人に受けても、と思われるかもしれませんが、結構いるんですよ、そういうことが好きな人って。 それにマニアからの支持って全体のラインナップの支持率も上がるので結構重要なんですよ。 メーカーの本来の思惑とは違うかも知れませんがね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 なるほど、銀塩時代のライカなんかのレンズを 取り付けるには良いわけですね・・・しかしマニアック。 古いレンズって収差も大きく特性無茶苦茶なんだけど それを味っていう人たちって、舶来信仰なだけじゃないの? って思いますよね。

  • 回答No.4

デジタル一眼が普及する以前、一眼レフと言えばフィルム35mmフルサイズでした。 各メーカー35mmフィルム一眼の普及機は小型軽量でした。 高画質であり小型軽量を望む女性、高齢者は多いようです。 以前三脚は重い方が安定しするとマニアは重い三脚を選んでいたようですが 今は高級カーボン三脚が選れているようです。 デジタル一眼の撮像素子は色々あり同じメーカーの一眼でもレンズを共有出来るのか?出来ないのか? α99のサブカメラにα7を購入する人もいるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • changu
  • ベストアンサー率22% (148/658)

レンズとボディーのバランスと言っても、レンズの大きさにはものすごく幅があります。極端な話し、パンケーキレンズから超望遠レンズまで、重量がキロ単位で変わってきます。 どれがベストバランスかといっても難しいですよ。 少しでも小さい、軽いと言うことはそれだけで機動力アップになります。シャッターチャンスを逃さないための「性能」と考えると無駄なものでは無いのでは?。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。機動力を求めるなら フルサイズにすること自体が変じゃないですか? 最近のセンサーなら、1/1.7でも銀塩35mmフィルムより 優秀ですよ。ぼかす以外に大きな素子を使う意味は あるのですか?

  • 回答No.1

仰せのとおり、35mm判フルフレームをカバーするイメージサークルを確保しようとすると、どうしてもレンズは大きくなります。 また、交換レンズが増えるとボディーが軽いメリットも薄れます。 にも関わらず、35mm判フルフレームを必要とするユーザーも居るワケです。 例えば、被写界深度のコントロール幅が広くなる。 諧調性が豊で、高感度ノイズ耐性が向上する。 など 勿論、ペンタQやニコン1を否定するものではありません。 要は、ユーザーの求めるものが違う。だから、多用なカメラが有って、選択肢の幅が広がる。 価値観って、そう言うものではないですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。質問の趣旨は、35mmが 必要なら無理に小さなボディに押し込まなくとも 大きなボディにした方がバランス的にも良いにも かかわらず、ボディだけ小さくするソニーはおか しいと言っているのです・・・大丈夫かソニー・・・ ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 撮像素子が大きくなるとレンズも大きくなるのに?

    撮像素子サイズはフルサイズが正しくて、それ以外はダメな子って カメラ界の流れができているようですね。 ただ、フルサイズにするとそれと組み合わせるレンズも大きくならざるを 得ないわけですから、ミラーレスにフルサイズなんてのは、間違ってる ように思えます。 現役プロさんでもフォーサーズやAPS-Cサイズのカメラを使ってらっしゃい ますので、フルサイズじゃなきゃ困る写真の時以外は、1/1.7程度の小さい 撮像素子でもいいんじゃないとの思います。 実際、一般の人は、パンフォーカス写真が好きなのですが、 狭い画角でパンフォーカスしようと思っても、フルサイズじゃ無理です。 ちょっと前までは画素数を競ってましたが、さすがに意味がないことが 一般人にもばれたので、今度は撮像素子サイズで差別化しようという のでしょうが、かえってカメラ業界の首を絞めているように思います。 本当にフルサイズへの流れは正しいのでしょうか?

  • 撮像素子サイズについて

    最近ミラーレスでも撮像素子サイズが大きくなっていってます。 撮像素子が大きくなると、ボケを生かした撮影では有利になりますが、 被写界深度を深く撮りたい撮影では不利になります。 何よりも問題は、撮像素子を大きくするとレンズを含めたシステムの サイズ・重量が大きくなるということです。 フィルムカメラであれば、ハーフサイズや110サイズでは35mmに較べて、 同サイズまで伸ばした場合、明らかに画質低下がわかるのですが、 最新の撮像素子では、A1程度ではマイクロフォーサーズとフルサイズの 差は区別できないとも言われます。 そうした現状を踏まえて、なぜコンパクト・軽量・携帯性を重視すべき ミラーレス一眼の撮像素子を大きくする必要があるのかわかりません。 ニコン1やマイクロフォーサーズのサイズでレンズを充実させる方が ミラーレスの良さが活きると思います。 ミラーレス購入者の多くを占める「初めて一眼を買うジーサン」に対して 30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって 買わすことができるからなのでしょうか? ミラーレスの撮像素子サイズの在り方についてお教えください。

  • ボケ味、明るさ出すには撮像素子とF値どっちが重要?

    カメラのボケ味、明るさを出すための性能面の要素として、撮像素子と絞り値があることを学んだのですが、この二つの要素ではどちらが重要なのでしょう。 例えば、ソニーのミラーレス「NEX-5」(標準ズームレンズキット)とデジタルスチル「DSC-QX100」とを比較すると、ボケ味、明るさを出すという点で、NEX-5は撮像素子が有利、QX100は絞り値が有利という互い違いの性能となっています。 【NEX-5】撮像素子:APS-Cサイズ、絞り値:F3.5-5.6 【QX100】撮像素子:1.0型、絞り値:F1.8 この場合、どちらのカメラがボケ味、明るさを出せるのでしょうか? ※NEX-5はレンズが交換できるので、拡張的要素を含めると断然有利なのですが、今回はあくまで上記スペックでの比較をお願い致します。

  • デジタルカメラと撮像素子の大きさついて

    フィルムの時代、35mm一眼レフも、コンパクトカメラ、はては、「写るんです」も、フォーマットは36×24でした。 デジタル時代になって、一眼レフの主流はAPS-C(フィルムのハーフサイズ)、コンパクトカメラにいたっては、5mm四方ともいえる小さい撮像素子になってしまいました。 写真表現が絵画と違うところのひとつにボケがあると考えていますが、5mm四方にも満たない撮像素子では、ボケ表現もかないません。また、焦点距離の短いレンズを使うため、パースペクティブ(遠近感)が異様に強調され、被写体のプロポーションが崩れます。 撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか?

  • 撮像素子って・・・?

    デジカメの撮像素子ってどういう意味ですか? 1/2.5と1/2.7はどちらがいいんですか? 今使っているカメラは1/2.7型CCD総画素数200万画素で買おうか迷っているやつが1/2.5型CCD総画素数710万画素なんですがどう違うんですか?教えてください。

  • 2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探してい

    2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探しています。 現在、販売されているレンズ一体型のコンパクトカメラで、撮像素子の 大きさを見ていると1/2.3型や1/2.4型が主流で、ハイエンドモデルでは 1/2型や1/1.7型、1/1.6型なども見かけますが、2/3型(=1/1.5型)の撮像素子を 搭載したカメラは見かけません。 以前はDSC-F828, COOLPIX 8400, DiMAGE A200など数機種みられましたが、 2/3型の撮像素子を搭載した機種で、多分これが一番最新だろうと 思われる機種が有りましたら教えてください。

  • コンパクトデジタルカメラの撮像素子に付いて

    コンパクトデジタルカメラの撮像素子に付いて デジカメの性能に関係するCCDの大きさが、最近小さくなって来ているのは何故ですか CCDを小さくすると薄く出来ると言うことは聞いたことが有るのですが 1/2.33サイズのCCDを使うレンズ口径が大きく前に出ばった昔ながらのデザインのカメラも発売されています CCDの異常からリコール、無償修理などの話も以前よく聞かれました。 CCDは製造が難しく、高価なものなのでしょうか 微々たる差なのかもしれませんが、昔搭載されていたCCDの方が大きいのです

  • 撮像素子のサイズに応じた画角について

    デジタル一眼レフは、メーカーや機種によって撮像素子サイズが違います。 同じ焦点距離でも、撮像素子のサイズに応じて、画角サイズが変わりますね。 標準から望遠に関しては、問題無いと思います。 広角から超広角撮影に関してはどうでしょう。 撮像素子のサイズが小さくなるにつれ、画角も応じて小さく成ります。 レンズの焦点距離は変わらないので、撮像素子が小さく成っても、写るのは真中の部分ですが、小さくなるほど、周辺に生じる収差の影響も、トリミングの様に、画角が小さくなる事で、影響を、あまり受けなく成るのかも知れませんが、この質問では、フォーサーズ(14mm→28mm 2倍)、APS-C(18mm→28mm 1.5倍)、フルサイズ(28mm)を比較して、レンズの性能条件を、レンズキットレベルとし、撮影者は初心者、被写体に向かい正面からの撮影だとして、広角から超広角に生じる歪みの影響は、同じ画角でも、それぞれ結果は、違うと思うのですが? 愚問かも知れませんが、広角撮影を楽しむに辺り、28mmが撮れたら十分なのかも知れないですが、同じ14mmを楽しむなら、少しでも画角は広い方が良いと考えたので質問しました。 撮影初心者です。 実際に撮影した経験では17mm F2.8で景色を撮ると左右の端部分に傾斜が見られたのと、フォーサーズ14mmサンプル写真の建物の傾斜が強く感じたので、14mmとも成ると、やはり中心部分まで、影響有るのかなと考えました。 広角20mm以下から超広角に向かい傾斜や歪みは増して行くと聞きます。 販売店のサンプル写真でも、その経過を順に示した物を見ます。 画角の小さなフォーサーズは、歪みの酷い部分は、殆ど、写らないから、大差無い事なのでしょうか? 歪曲収差等、収差についての用語の意味を知ってるだけで、撮影体験としては実感出来てません。 (経験値乏しいです。) 性能(収差補正)の優秀なレンズで撮影したら、この結果も、違ってくるのですか?

  • EOS20D撮像素子ダストで困ってます

    EOS20Dを使ってます。風景写真を撮ってるので,もちろん屋外で,時には多少風もありますが,よくレンズ交換をすることがあります。自宅を出るときには,撮像素子は事前にブロアーで清掃してますが,レンズ交換の時は,それができない状況にあります。自宅で撮影後のデータをパソコン画面で見ると,ダストが写りこんでいます。これの予防はどうすればよいでしょうか。

  • 撮像素子1/2.5インチでレンズが7.35mm F3.2の画角は?

    撮像素子1/2.5インチでレンズが7.35mm、F3.2の小型ムービーカメラを購入検討していますが、この場合35ミリカメラ換算で何ミリ相当になるのかお解りの方おりましたらご教授下さい。 このような場合の計算方法もあれば教えて下さい。 よろしくお願いします。