• ベストアンサー
  • 困ってます

群論の指数に関する定理

Hをアーベル群Gの部分群、f:G→G’を群の準同型とする。この時、指数[f(G):f(H)]と[ker(f):ker(f)∧H] はともに有限である。さらに[f(G):f(H)]=[G:H]/[ker(f):ker(f)∧H]が成り立つ。 どなたか証明をお願いします。僕は高校数学と群論の基礎的な知識しか背景として持っていないです・・・特にker(f):ker(f)∧Hあたりが出てこないです。ぼくがやったら[f(G):f(H)]=[G:H]/[ker(f)]が成り立つ。となってしまいました

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

それなら話はかんたんです. t := | G : H | とおけば定義より G = Hg[1] ∪ … ∪ Hg[t] となる元 g[1], …, g[t] ∈ G があります.これを準同型 f で写せば f(G) = f(H) f(g[1]) ∪ … ∪ f(H) f(g[t]) となるので | f(G) : f(H) | ≦ | G : H | = t より指数 | f(G) : f(H) | は有限値をとります. 残りふたつの命題はまとめて示します.まず第一同型定理から |G| = |f(G)| |ker(f)| となります.また準同型 f の部分群 H への制限写像を Res[f] と表すことにすると ker(Res[f]) = H ∩ ker(f) が示せる(かんたん)ので |H| = |f(H)| |ker(Res[f])| = |f(H)| |H ∩ ker(f)| となります.もちろん H ∩ ker(f) は ker(f) の部分群なので | G : H | = |G|/|H| = { |f(G)| |ker(f)| } / { |f(H)| |H ∩ ker(f)| } = | f(G) : f(H) | | ker(f) : H ∩ ker(f) | と変形できます.指数 | G : H | と | f(G) : f(H) | は有限値をとるので,もし | ker(f) : H ∩ ker(f) | が有限値をとらないと上の式に矛盾します.よって指数 | ker(f) : H ∩ ker(f) | は有限値をとります.さらに有限値をとったので,上の式を指数で割れば目的の式を得ます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

少なくとも質問にある主張はどこかが間違っています. ー 指数 | f(G) : f(H) | が有限値 反例: G, G' を整数の成す加法群 Z とし,H を単位元のみから成る部分群 0,準同型 f を恒等写像とすれば, | f(G) : f(H) | = | G : H | = | Z : 0 | は有限値ではありません. ― 指数 | ker(f) : H ∩ ker(f) | が有限値 反例: G を整数の成す加法群 Z とし,H, G' を単位元のみから成る部分群 0,準同型 f を零写像とすれば | ker(f) : H ∩ ker(f) | = | G : H | = | Z : 0 | も有限値ではありません. もう一度,問題文をよく確認してみてください. ## 後半の主張は H = 0 の特別な場合は第一同型定理から直ちにわかりますが…

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

間違いがありました。前半の主張には[G:H]が有限であるという前提がありました。すみませんでした。

関連するQ&A

  • 群論です

    Gを群、Hをその指数有限な部分群とする。Hに含まれるGの指数有限な正規部分群Nが存在することを示せ。  全く分かりません。どなたか教えてください。

  • 群論の基礎で・・・

    今群論を勉強しているのですが、勉強を進めていてわからないところがいくつかあって困っています。どなたか教えていただけると嬉しいです。 (1)「Gを有限群、Hをその部分群、とする時 Gの元の位数、は、Gの位数、の約数である。」 と、あったのですが、これは何故でしょうか。。 (2)「写像fを、R(実数)-{0} → C(複素数)-{0}          θ     →   exp(2πiθ) で定めるとき、これは準同型写像」 とあったのですが、準同型の定義に従って、R-{0}の2つの元としてθ,ψをとってきて、f(θψ)=f(θ)f(ψ)が成立することを確認しようとすると、(左辺)=exp(2πiθψ)、(右辺)=exp(2πiθ)・exp(2πiψ)=exp(2πi(θ+ψ))となり、この2つが等しいとは思えません。 f(θψ)=f(θ)f(ψ)が成り立つためには、R-{0}内での演算は+(足し算)で、C-{0}内での演算は×(掛け算)、というふうに演算が定められている、と、考えるのかな?と思ったのですが、違う演算が定義された群同士を結ぶ写像が準同型になる、というのは許されるのですか? 長くてわかりにくい文章になってしまいすみません。 よろしくお願いいたします。

  • 群論の交換子群について

    (問題) Gを群,HをGの部分群とする.また,[G,G]をGの交換子群とするとき, [G,G]⊂H⇔H\GかつG/Hがアーベル群 となることを示せ. ここで,H\GはHがGの正規部分群であることを表し(記号が環境依存文字だったので\で代用させていただきました),G/HはHによる商群とする. (質問) この証明なのですが,H\Gは証明できました,しかし,G/Hがアーベル群であることが示せません. 手持ちの参考書には,任意のGの元a,bに対して, {a^(-1)b^(-1)ab}H=H・・・(1) であるから, (aH)(bH)=abH=ba{a^(-1)b^(-1)ab}H=baH=(bH)(aH) よって,G/Hはアーベル群である. とあるのですが,(1)が示せません. (1)が示せれば後は簡単なのですが,ここが理解できないので困っています. a^(-1)およびb^(-1)はそれぞれa,bの逆元です. どなたか群論に詳しい方よろしくお願いします.

  • 群論なのですが

    群論なのですが Gを有限群としGの元をgとする。このとき、gの位数はGの位数の約数であることを証明せよ という問題の解法がわかりません、わかる方いましたらよろしくお願いします

  • 群論の問題です

    (1)G, G′ を群,H を G の正規部分群とする.f : G → G′ が準同型写像のとき f(H)は G′ の正規部分群か否か? 正規部分群ならば証明し,そうでないならば反例をあげよ. (2) n を正整数とするとき,Aut(Z/nZ) ≅ (Z/nZ)^x を示せ. この二問がわかりません。教えていただければ幸いです。

  • 次の代数学の真偽について教えて下さい(理由も)

    1.有限個の元からなる巡回群の位数は素数である。 2.同じ素数を位数とする有限群GとG'は同型である。 3.Snの偶置換全体からなる部分集合はSnの部分群である。 4.Snの奇置換全体からなる部分集合はSnの部分群である。 5.群Gの指数2の部分群は正規部分群である。 6.群の準同型写像f:G→G'の像Im(f)はG'の正規部分群だ。 7.群の準同型写像f:G→G'の核Ker(f)はGの正規部分群だ。

  • 群論の問題です。

    群論の問題です。 整数全体がなす加法群Zに対して、G=Z×Z={ ( a,b ) |a,b ∈ Z } とおき これを成分ごとの加法 ( a , b )+( a' , b' )=( a+a' , b+b' ) により群と見なす。 2元 x = ( 2 , 4 ) , y = ( 6 , 8 )により生成される群Gの部分群Hとし、 写像 φ : G → H を φ(( a , b )) = ( 2a + 6b , 4a + 8b) = ax + by により定義する。ことのきつぎの問いに答えよ。 (1)φは群の同型写像であることを示す。 (2)φによるHの像 K= φ (H) = { φ ( h ) | h ∈ H } はGの部分群であることを示す。 (3)GのKによる剰余群 G / H に対して群の同型 G / H ≅ Z / mZ × Z / nZ がなりたつような自然数 m , n で m が n の約数となるものを求める。 (1)、(2)は示すことができたのですが、 (3)の考え方がよくわかりません。 できるだけわかりやすく教えていただけるとうれしいです… よろしくお願いします。

  • 次の代数学の真偽を教えてください。(理由も添えて)

    1.位数が素数である有限群は巡回群である。 2.有限アーベル群はすべて巡回群である。 3.巡回群はすべてアーベル群(=可換群)である。 4.Z/4ZとZ/2Z×Z/2Zは共に位数4のアーベル群である。 5.Z/4ZとZ/2Z×Z/2Zとは同型な群である。 6.アーベル群の部分群はすべて正規部分群である。 7.位数が同じ有限群GとG'は同型である。 8.位数が素数である有限群はアーベル群(=可換群)である。

  • 群論「可解群」について

    Gを群とする. 「Gの正規部分群Nに対し,NとG/Nがともに可解群ならば,Gもまた可解群である.」 この証明なのですが,途中がわかりません. (∵) G/Nは可解群だから,G/Nの正規列 G/N=G_0/N⊃G_1/N⊃…⊃G_m/N=N/N であって,同型定理より,商群 (G_(i-1)/N)/(G_i/N)≒G_(i-1)/Gi (≒は同型の記号としてください) がアーベル群となるものが存在する. このとき「G_iはG_(i-1)の正規部分群」であることに注意する.…(?) また,Nが可解群だから,Nの正規列 N=G_m⊃G_(m+1)⊃…⊃G_r={e} であって,商群 G_(j-1)/G_j がアーベル群となるものが存在する.このとき, G=G_0⊃G_1⊃…⊃G_m=N⊃G_(m+1)⊃…⊃G_r={e} はGの正規列であって,その商群はアーベル群よりなる. よってGは可解群である. Q.E.D とあったのですが,途中の(?)の部分がわかりません. なぜ「G_iはG_(i-1)の正規部分群」となるのでしょうか? 詳しい方お願いします.

  • 群論の問題でf : G/H→H\G

    群論の問題なんですが Gを群、Hをその部分群とする。写像 f : G/H→H\G (\はバックスラッシュです) xH→Hx^-1 (環境依存文字で打てませんでしたが、 xH→Hx^-1の→は対応するという意味です) は全単射であることを証明せよ まずwell-definedで xH=x'H⇒Hx^-1=Hx'^-1 を証明したいのですがどうすればいいか わかりません それと全単射を示す時 たまに定義より明らかと書いてありますが なぜ明らかなのでしょうか? well-defined 全単射どちらでもいいので 証明の仕方を教えてください よろしくお願いします