• 締切済み
  • 困ってます

少ない弁護士費用で依頼を受けてくれる?

弁護士事務所のホームページを見ると、経済的利益の額が300万円以下の場合、着手金が経済的利益の額の8%、成功報酬が経済的利益の額の16%と掲載しています。 このとおりであれば、経済的利益が50万円の場合、着手金が4万円、成功報酬が8万円にしかなりません。 それでも、弁護士は依頼を受けてくれるのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数206
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4

僕の場合、最初に会社の無料相談ではじめ、それで調停にして、調停中は弁護士つけず、無料相談ですませていたのですが、でももめて裁判になりかけたので値段を聞いたら、着手金で30万円で、あとは成功報酬次第と言われました。会社契約の弁護士なのに値引かず請求するんだなんと思いました。結局、調停で無料弁護士相談で乗り切りました。僕の場合、痛み分けで、財産分与の仕方だけで、現金の授受なしでしたので、調停費用の1200円だけでした。こんなのに30万円も弁護士料払って裁判になったら、痛み分けになった財産に対して成功報酬を付けられて請求されたかもしれないと思うとぞっとしました。 50万円なら、60万円以下なので、少額訴訟が簡単で良いと思います。それを超えるなら調停が良いと思います。もめないなら、司法書士に依頼が簡単で良いと思います。 意外と裁判所の相談コーナーが一番親身になって考えてくれたのを覚えています。結果から考えてもいい助言くれたと思っています。 市役所の無料相談でも、街中の30分弁護士相談でも良いので、あなたの置かれた状況を専門知識を持った人に相談した方が良いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

提訴する金額を最大で見積もると100万円を少し超えます。 調停をする場合、公的機関が相手でも可能でしょうか?

関連するQ&A

  • 民事訴訟を委任する場合の弁護士費用

    弁護士事務所のホームページを見ると、旧日弁連の報酬基準に依拠して、弁護士費用を算定して いる所があります。 旧日弁連の報酬基準によると、訴訟事件で、300万円以下の経済的利益の場合、着手金は経済的利益の8%(最低額10万円)、報酬金は経済的利益の16%になっています。 そうすると、訴訟事件で、100万円の経済的利益の場合、着手金10万円、報酬金18万円で受任するということでしょうか。それとも、18万円では少額なので、受任しないのでしょうか。

  • 弁護士費用

    遺産相続調停で弁護士を依頼した場合の弁護士費用を教えて下さい。 (1) 弁護士費用は経済的利益が○○万円以下の場合は経済的利益の○○%等と書かれた資料を見たことがありますが経済的利益とは何ですか。この費用は全国一律ですか。 (2) 弁護士事務所により変動はある場合のでしょうか。弁護士協会(?)で決めた金額と現実の数値では違いがありますか。概略でも結構です、教えてください。 (3)費用を算定する場合に必要な項目も判リましたら教えてください。 (4)調停が長くなった場合は費用は多くなりますか。 (5)成功報酬はどのように決めるのですか。予想した金額に満たない場合はどうなりますか。 判る項目のみでも教えてください。

  • 弁護士の報酬金についてです。訴訟事件等の場合、 着手金 対象となる経済

    弁護士の報酬金についてです。訴訟事件等の場合、 着手金 対象となる経済的利益等が300万円以下の場合 8%×1.05 、300万円を超え3,000万円以下の場合 (5%+9万円)×1.05 、3,000万円を超え3億円以下の場合 (3%+69万円)×1.05 、3億円を超える場合 (2%+369万円)×1.05 。報酬金 確保した経済的利益等が300万円以下の場合 16%×1.05 、300万円を超え3,000万円以下の場合(10%+18万円)×1.05、 3,000万円を超え3億円以下の場合(6%+138万円)×1.05 、3億円を超える場合(4%+738万円)×1.05と書かれております。例えば、100万円の損害賠償請求の訴訟にて、着手金20万円、報酬金20万円にて弁護士と契約を結んだとします。結果が50万円の損害賠償金を支払うという判決が出た場合、弁護士に支払う報酬金はいくらになりますか。(1)100-50=50万円で経済的利益が50万円出たので、報酬金は全額の20万円を支払う。(2)経済的利益が半分出たので、20÷2=10万円の報酬金を支払う。(3)依頼人は棄却を希望していたのに損害賠償金が発生したので、報酬金は0万円。(4)上記の日弁連の例を用い、50万円×0.16=8万円を支払う。 どれが正しいのでしょうか。もしくは弁護士と話し合いにて決まるのでしょうか。よろしくお願いします。

  • 回答No.3
  • seble
  • ベストアンサー率27% (4038/14669)

時と場合と人と物によります。 くだらない案件ならバッチリ金とります。 うちの父が最高裁までやった時は、こっちも借金だらけだったし、記念品1つで勘弁してもらいました。 (弁護士は十人近い) 感謝。 (そのあと、いろんな案件を紹介しまくりましたけどね) まあ、経済的利益を求めるような事件はくだらない方へ入りますよ。 その経済的が何の目的かにもよりますけど。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

最高裁まで争うようなお金はありません… ありがとうございました。

  • 回答No.2

無理ですね。普通、最低価格が20~30万円です。これでも弁護士費用が高いと思ったら、または裁判せずに、調停とかを考えた方が良いでしょう。30分5000円とか1万円の弁護士相談を利用すれば安価に決着がつけれますので、このの方が良いと思います。 http://www.nichibenren.or.jp/contact/cost/legal_aid.html http://e-otomeya.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

最低価格が20~30万円というのは、着手金だけで20~30万円ということでしょうか?

  • 回答No.1
  • azuki-7
  • ベストアンサー率16% (1976/11759)

それでも引き受けてくれる弁護士はいますよ テレビCMで我こそはとアピールしてる弁護士連中はダメです 利益最優先ですから 近くのちゃんとした弁護士がベストです 本当に依頼人のことを考えてる弁護士ってのは採算を度外視してでも引き受けてくれますから

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

依頼人のことを考えてくれて、採算度外視でも引き受けてくれる弁護士が見つかればいいのですが… ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 弁護士費用について

    調べた所経済的利益の額が300万円以下の場合着手金8%、報酬金16%らしいのですが、 着手金8%が10万円に満たない場合最低額10万円かかるとありましたがこれは今もそうですか? 宜しくお願いします。

  • 弁護士費用による費用倒れ

    第一審で勝訴したものの弁護士費用や成功報酬等で既に数十万円以上も費用倒れになった原告が、被告から控訴されたとします。この場合、一般的心理から言って、原告は、その後の費用倒れの増加を敢えて覚悟しても、同弁護士に継続して控訴を委任し、強制執行まで持っていくでしょうか?(恐らくそのまま最後までいけば、費用倒れは100万円程度になると予想されます)。 本件は、原告の提訴に対し、被告が反訴を提起し、原告の認容額が請求額に対して低かったため、費用倒れになったものです。控訴審をも考慮した成功報酬は計算していませんが、第一審までの経済的利益に対して発生する弁護士費用(着手金及び成功報酬)、日当及び必要経費は既に認容額を大幅に超えています。控訴審も同弁護士が受任するとすれば、確実に費用倒れ額は増加します。

  • 弁護士費用

    弁護士さんに相続放棄をする際にお願いしようと思っているのですが、HPに載っている弁護士費用の意味が分かりません。 「着手金・成功報酬金ともに30万円(税別)~です。」 と書かれているのですが、これは、着手金・成功報酬金合わせて30万円~ということでしょうか? それとも、着手金30万円~と成功報酬金30万円~で合計で60万円~ということでしょうか? 詳しい方いらっしゃいましたら、教えて下さい。 よろしくお願い致します。

  • 弁護士費用について

    弁護士費用についてのガイドラインは廃止になったと知りましたが、一般的な情報で構いませんので、アドバイスお願い致します。 弁護士費用を検索すると、弁護士名入の内容証明を作成してもらうと3万円・・・などとありますが、これは正式に委任し、着手金を支払った後でもこのような金額が加算されていくのでしょうか。 例えば、委任時に着手金50万円を支払い、内容証明を2回作成していただいた場合は、3万円×2=6万円が着手金とは別に後ほど請求されるのでしょうか? それとも、着手金の中にそのような手数料は含まれており、実質的にかかる内容証明の郵便代等のみ、後ほど請求と言う形で加算されていくのでしょうか。 また、報酬についてですが、例えば損害賠償100万円を請求する訴訟を起こし、実際には50万円の損害賠償が確定した場合は、経済的利益は50万円なので50万円に対する○○%と言った形で報酬が決まると理解してよいのでしょうか。 どうぞ宜しくお願い致します。

  • 弁護士費用について質問です

    弁護士費用について質問です 先方から例えば弁護士を通じて100万円の請求があったとします 互いの理解で払う額は50万円になりました 先方が支払う成功報酬は当初の100万円に対してでしょうか それとも50万円に対してでしょうか

  • 弁護士費用「経済的利益」について

    弁護士費用を暫定計算する際に使われる「経済的利益」なのですが、 たとえば・・・抱えている負債を慰謝料として充当した場合、これは該当するのでしょうか? それが相手名儀の負債であったとしても、払ってもらう側の「経済的利益」になりますか? また、調停が不調で終わっても成立しても請求額はあまり変わらないと聞きましたが、実施はどの程度の差があるのでしょうか? さらに、調停が途中で中止、つまり取り下げられた場合は着手金と日当以外に請求されるのでしょうか? ネットで調べると、着手金、着手金と同額程度の報酬、さらに経済的利益の何%かが請求されるとのことなのですが・・・ どなたかお詳しい方おしえてください。

  • 弁護士報酬に関して

    なにかトラブルがあり、 弁護士に頼むとします。 その場合、成功報酬というものが発生しますよね?   トラブルが解決し、 それがお金の移動のないもの・・・慰謝料請求などではなく 近所の人との揉め事だったとしますよね それは仲裁に入ってもらうということですが、 その場合、何をお支払いするのでしょうか? 「着手金+成功報酬」 だと思っているのですが、上記の場合成功報酬はどれくらい取られるのですか?それとも、着手金だけでしょうか。 また、慰謝料請求をされて、支払いをするとします その場合、成功報酬はいくらになるのでしょう? 慰謝料を貰った場合の成功報酬は何%くらいという目安でわかるのですが、加害者の場合は、被害者に慰謝料を支払い、さらに弁護士に慰謝料に応じた額を支払うことになるのでしょうか? あともう一つ、 着手金というのは必ず支払うものでしょうか? それが成功するしない、 揉め事の大小に関わらず・・・。 払わなくてもいいケース、こういう簡単な場合は成功報酬だけですよ、というのがあれば教えてください。 上記3点回答よろしくお願いします。

  • 過払い金回収と任意整理の弁護士費用について。

    近所の弁護士さんの、過払い金回収と任意整理の弁護士費用です。 相談については3回まで法テラスで無料になりそうですが、 どちらの方が安いのでしょうか。 途中完済のものもあること、仕事が忙しいので、自分で回収は考えていません。 アドバイスお願い致します。 完済3件 利用中3件(うち途中完済1件) <A社> 相談料 30分ごとに金5,250円(消費税込み) ただし初回相談90分まで無料 着手金 債権者1社あたり2万円 成功報酬  減額分10%,過払い金回収分20%にて計算 ※ただし完済している場合など、過払い金の回収がほぼ確実な場合、 着手金は債権者1社あたり5,000円 成功報酬は過払い金回収分の20%+1万円 <B社> 相談料 30分ごとに金5,250円(消費税込み) ただし初回相談90分まで無料 着手金 債権者1社あたり31,500円 成功報酬  過払い金回収 経済的利益額(返還額)×0.16)×1.05

  • 弁護士費用について教えてください。

    借地権交渉が納得いかず弁護士さんに依頼をしようかどうかと考えている者です。 弁護士費用についておたずねいたします。 まず簡単に、現状についてお話します。私の両親が借地人です。このたび、借地権を売却することになり、地主さんと交渉にはいりました。 しかし、地主さんが曲者で、間に代理人をはさむことを拒否しているので、果たして、 弁護士さんを頼んでも、話を聞いてくれるかどうかはわかりません。代理人をたてたら、交渉はしないとまで言われています。(本当に、変わり者らしいです。) しかし、法律や不動産のことは、私たちは素人ですし、やはり、専門家のアドバイスを頂きたいと考え、弁護士さんに依頼しようかと私が考えました。 現在、借地権売却で、地主さんから提示されている額が約800万なのですが、どうも、地主さんの提示する条件にこちらが納得できない部分が多く、最低でも1000万は欲しいと両親は希望しています。つまり、あと200万程うわのせできたら、と考え、裁判や調停などを考えています。 で、ここで、弁護士さんに頼んだ場合の費用なのですが、調べたところ、案件の金額によって、成功報酬などが違いますが、上記の場合、  1.総額1000万ということで、経済的利益の300万から3000万の場合のランクとみなされるのか、  2. あくまでも、不足分の200万を要求するので、経済的利益の300万以下のランクとみなされるのか、、  この場合の弁護士さんにかかる費用は1,2のどちらになるのでしょうか?  どなたかお教えくださいませ。おそらく、1のような気はしているのですが、、。  もし、1となりますと、勝訴しても、増えた額(つまり200万)のうちほとんどが、弁護士費用に消えてしまうという計算になりますが、、。そうなりますと、裁判をしても 無駄かなあという気が、、、。  よろしくお願いします。

  • 民事事件の訴訟事件の弁護士費用(負けるのがわかっている場合)

    民事事件の訴訟事件は経済的利益の額によって弁護士費用は異なると書かれていましたが、経済的利益がない場合(負けるのはわかっている。相手が経済的利益を少しでも安くするため弁護士をやとう場合)の弁護士費用の算定をお教えください。