• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

これって強迫性障害??

率直ですが、私は強迫性障害なのでしょうか? 左右対称でないと気がすみません。 右の頬をかいたら左の頬も同じところをかきます。 友達に冷たい手で右手をさわられると左手も同じ温度の冷たさでさわってもらわないと気がすみません。 記号問題が(「ア、イ、ウのなかから適当なものを答えよ。」のような問題)テストで出てきて1つのカタカナを書くときに等もこだわりがあって(字ははらわないとか)何回も何回も書き直しします。 数日後に受験もあるのでかなりやばいです。過去問も人一番時間かかります。 選択問題で丸をつけるのにもこだわりがあって時間がかかります。 ただ、不安・・・というと違う気もします。 うずうずするというか、よくわからないんですが気がすまないんです。 確かに数年まえは、「時間内にお風呂を洗わないと好きな人にふられる」とか思ってました(笑) もう4,5年前ですが・・・思えばあれから徐々にエスカレートしていったのかも・・・? でも最初はそんなかわいいこと思ってても最終的には「時間内にお風呂洗わないと死ぬ。」になってました。 今はあんまりそうゆうのは思いませんがこだわりだけは強くなりました。 悩んでるわけでもないので友達と笑い話になってます。というかそれを私の個性として受け止めてくれているので心地良かったりもします。 だからとはいえ、いろいろ生活が不便だったりもします。 これは強迫性障害なのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数211
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#244420
noname#244420

私は医者ではないので、それこそ貴方の人生を左右するわけには いきませんが、、、近隣で同じような症状の方の話を聞いたので 参考になればと思います。 文章を拝読させていただいている分に関しては 残念ながら「強迫性障害」の症状が出ていますよね。 精神的では無く、脳腫瘍によって症状が現われるケースが ありますのでCT画像の検証はしておくべきです。 全て精神的なものであれば、自覚しておられる検知から改善の 余地は十分にあると思います。 精神科医から処方される薬ほど実験的なものはありませんから セカンド、サードオピニオンをお勧めします。 心療内科の度を越えて、宗教団体への入信は絶対に避けて ください。 例えこれが、やがて夫婦生活ともなると、生活環境、性格の違いから 思わぬ方向に進むこともありますので、日頃から平均的な人に合わ せることも出来るよう多少の努力も必要かもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

適切なアドバイスをありがとうございました。 脳腫瘍でも現れるケースがあるとは知りませんでした。 明日受験が終わるのでそれを気に一度病院へ行こうと思います。 とても参考になりました。 本当にありがとうございます。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

http://www.porsonale.co.jp 上記からの引用を以下に貼り付けておきますので、ご参考になさって下さい。 ●あなたの不安はどれですか あなたの「不安」についてご一緒に考えてみましょう。 「不安」は、三種類あります。 一つは、「正常な不安」です。 もう一つは「病的な不安」です。 三つめは、「進化する不安」です。 一つめの「正常な不安」とは、どういうものでしょうか。 「5W1H」に当てはめてみると、ぴったり当てはまる内容をもつ「不安」です。 「5W1H」 「いつ」…「いつのことか?」「何年何月、何日、何時のことか?」 「どこで」…「場所はどこか?」「どういう施設、建物の、どんな空間のことか?」「地域はどこのことか?」 「誰が」…「主体となる人は誰か?」「実行した主体は誰か」「判断した主体は誰か?」 「何を」…「対象は何か?」「対象は、誰が、どのように確認したものか?」「対象の名称、その内容とはどういうものか?」 「なぜ」…「原因は何か?」「理由は何か」「目的は何か?」 「どのように」…「どういう経過をたどったのか」「どういう手段を用いたのか」「どういう方法でかかわったのか?」 この「5W1H」の各項目にあてはめて、説明が成立すれば「不安の理由」も「不安の原因」もよくつかめている不安です。 こういう「不安」を、「一般化された不安」といいます。ふだんから予測できるので、知的な対象にすることができる「不安」です。専門の知識を学ぶことで「不安」の内容を分かることができて、理性的な安心を持つことができます。 ●病的な不安 二つめの不安は「病的な不安」です。 「5W1H」の各項目にあてはめても、「5W1H」による説明がつかない内容のイメージが思い浮びつづけます。「自分はこういう不安な気持だ」ということを説明できても、「なぜ、こういう不安を思い浮べつづけるのか?」の理由をつかめません。 例 パニック不安…「突然、息苦しくなる」「突然、その場から逃げ出したくなる」「突然、なにもかも放り投げて止めたくなる」「突然、思考が混乱し、叫び出したくなる」。 全般性不安障害…「いつ、どこの、どういう状況でも、自分のグチ、不満のことを言ってしまう」、「相手の話を全て否定的に受け取り、攻撃的に話す」、「自分が不利になること、自分が困ったことになることが見えなくなって、そのとおりに話したり行動する」。 「社会不安」…「外出することに不安がある」、「学習など知的活動に集中できず、続かない」、「他者と安心関係を保てず、いつの間にか自分から関係を壊す」、「コエーとか、チョーとか、要(ヨー)は、など無意味な感情の音声チックといわれる発声で、会話を壊す」。 「単一恐怖」…「○○が怖い、だから△△をしない」、「○○が嫌だ、だから何もしないことが一番いいことだ」。 「強迫性障害」…「○○のことの心配のイメージが、いつでも、どこでもリアルに思い浮ぶ」、「過去の○○の嫌なことがいつも思い浮んで、その○○のことを話して確かめずにはいられない」「この△△のことをしなければ自分に悪いことが起こる…だから△△のことの行為が止められない」。 ●進化する不安 三つめの不安は「進化する不安」です。「不安」とは、右脳・前頭葉に思い浮ぶイメージのことです。例えば「ガスストーヴの火を消したか?」と心配するとしましょう。「赤々と燃えつづけているガスストーヴの像がいつまでも消えずに、思い浮びつづける」のに、気になる不安の像を心的な眼でじっと見詰めながら、しかし「仕事をしている」「人と話している」「勉強をしている」という心的な状態が「不安」です。 「不安が進化する」とは、例えば、「ガスストーヴの火を消したかどうか心配だ」というときに思い浮びつづけている「赤々と燃えているガスストーヴ」のイメージが優勢になることをいいます。 この思い浮んでいるイメージのとおりのことを言葉に出す、あるいは、思い浮んでいるイメージを目的にして行動する、または、思い浮んでいるイメージを理由にして現実(仕事、勉強、人間関係などの一般的な行動)を否定する、ということが「不安の進化」です。 ●「不安」の発生の仕方 「不安」とは、そもそも何でしょうか?直接的な不安の実体は、イギリスの精神科医・ボールビーが提唱した「母子関係の情緒的な安心のシステム」の『愛着』が不安定であったことが原因でつくられます。 不安定な『愛着』を測定して分類したのは、アメリカの発達心理学者(女性)のエインズワースです。エインズワースは『ストレンジ・シチュエーション』という『愛着』の測定法を開発して、4つのタイプに分類しました。次のとおりです。 Aタイプ…安心の対象の母親に無関心。成人すると、他者と協調して話せない、行動することができない。他者と生活しても、自分の安心のイメージの世界に閉じこもる。 Bタイプ…安心の対象の母親に執着する。依存して、離れられない。成人すると、安心の対象が自分を見離すのではないか?という猜疑心の目を向ける。 Cタイプ…安心の対象に「好意」と「敵意=攻撃」の両方の感情を向ける。アンビヴァレンツ型(両義的な価値を同時に抱え持つこと)という。他者と一緒に生活すると、相手を虐待するか、もしくは自分を破滅させる。 Dタイプ…安心の対象の母親が、初めから不安と緊張を及ぼす。行動によって自分の安心を手に入れるという能力が育たない。 ●不安は、なぜ起こる? 「不安」は、右脳・前頭葉に思い浮びます。「赤々と燃えるガスストーヴ」のように、具体的な形をともなった像が思い浮びます。目で見ているような「視覚の像」が思い浮びます。この不安を感じる「視覚の像」は、なぜ、思い浮ぶのでしょうか? 人間は、誰でも「気持」が安心しないとちゃんとものを考えることができないということを本質にしています。イメージを思い浮べて安心することを「気分による安心の経路」といいます。 ◎気持ちの安心の経路 感情…身体に直接、快感か痛みを感じて安心する(性、食べること、飲むこと、スポーツなど)。 心情…人間関係によって安心する。「愛着」がベースになる(相手が喜ぶから自分も喜ぶ。笑顔、親切・思いやり・優しさ・思いやりの言葉)。 気分…きれいなもの、美しいもの、勢いのあるもの、珍しいもののイメージを思い浮べて安心する(夕焼け空、お花、ペット、性の対象、現実と一致する言葉の『意味』)。 人間の「安心」の中では、3の「気分」の経路による安心が最も高度なものです。「右脳・前頭葉」に表象します。この「右脳・前頭葉」に思い浮ぶ像は、「目で見る」という時の「視覚の記憶」でつくられます。 目の視覚のつくられ方は「Y経路」と「X経路」という自律神経の働きがつくります。 ◎右脳・前頭葉に思い浮ぶ「視覚の像」のつくられ方 Y経路…遠くのものを立体的に認知する。動いているもののパターンや、ものごとをまとまりのある統一したものとして認知する(ゲシュタルト形態認知という。三次元や、二・五次元という空間のとられ方をする)。 X経路…ものごとに焦点を合わせて認知する。近くのものを認知する(遠くのものは、近くにあるように、クローズ・アップさせて認知する)。 「不安定な愛着」は、母親をベースキャンプにして、自分の力で行動して、現実を「探索」できないということを意味します。 これは「視覚の記憶」の中に「Y経路」による認知が無いということです。ここを正しく理解しましょう。 エインズワースの『ストレンジ・シチュエーション』はアメリカ人の母子関係のものです。欧米人は、不安定な「愛着」を、英語の「5文型」に見るように「左脳・前頭葉」に規定態(文法の型のことです)を与えて、言葉の「概念」の力によって克服を試みているといえます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 恐らく私はパニック障害の疑いがあるので、そちらの不安があるのだと思いますが、それでもその「不安」が上手く言葉で言いあらわされていて少し安心しました。 適切なご回答をありがとうございました。 心より感謝いたします。

関連するQ&A

  • 私って強迫性障害・・・?

    こんにちは、初めて質問させていただきます。 長文になっております。 強迫性障害かもしれません 学校の授業で強迫性障害について学ぶ機会がありました。 ドアを閉めたかどうか、鍵を閉めたかどうかはあまり気になりませんが、机の角が異様に気になります。 机の角だけでなく、四角いものすべての角が気になります。 パソコンの角や携帯電話の角、黒板・ホワイトボードの角、ノート・教科書、テレビの角も気になります。 また、角を見たら、左下の角から左上、右上、右下の順番に目線を走らさないと気が済みません。 その時も、ちょっとでも角より内側に目線が行ってしまったと感じると、最初からやり直しです。 ほかにも、家の中を歩いていてリビングの机とかに足が当たったりしたら、絶対に机に謝らないと気が済みません。 自分では、バカなことを、と思うのですが、やらないと気が済みません。 トイレの時も、トイレに2体人形が置いてあるのですが、それらを交互に2回ずつ見てからでないと、トイレができません。 小学二年生くらいの時に何かに触ったら必ず手を洗わないと気が済まない、トイレに行った後は手を念入りに洗わないと気が済まない、ということがあったのですが、何回も手を洗う私を見た母に叩かれ、こっぴどく怒られるということがありました。 それ以降は、怒られるのが怖くて手を必要以上に洗うということはなくなりましたが、ほかのこだわりが出てきました。(やたらと4とか9を避けたり、ある数字に固執したり←今も続いています) また、そんなしょうもないことを気にするなと母に言われそうで、相談もできません。 というか、自分でもバカなことをしているという自覚があるので、相談しにくいです。 本当は病院に行って聞くのが一番だと思うのですが、保険証を母が持っていて病院にいけません。 「保険証貸して」と言ったら、きっと理由を聞かれるでしょうし・・・。 私は強迫性障害なのでしょうか。 角が気になる、物に謝る、ということはあっても、日常生活に支障をきたす(何回も物に謝っているうちに遅刻する時間になっているなど)ということはありません。 ただ、強迫性障害の代表の症状(鍵を閉めたか何回も確認する、人を傷つけてしまうのではないかと心配する)とは異なる私の強いこだわりが、強迫性障害に当てはまるものなのか気になり、質問しました。 長々と失礼いたしました。 強迫性障害の方で、私のような症状の方はいるのでしょうか・・・?

  • 強迫性障害

    こんばんは、高校1年の女です。 強迫性障害で悩んでいます。 小学生頃から手を洗う時間が長くなったり、お風呂に入る時間が長くなりました。 そして、最近の数年では、これらの症状もみられるようになりました。 ・手を洗う時に数を数えながら洗う ・何事にもすぐ気になり、気にしだしたら止まらない ・天井を30秒見つめないと気が済まない ・文章を何度も読み返してしまう ・ある行動を何回も繰り返してしまう ・わからない事があって、自分で調べて正解が見つかっても、どうしてその正解に行きついたのかという理由を永遠と考えてしまう。 ・相手に1度確認したのに、2度、3度とまた確認してしまう。 ・物事を    〃           〃 ・物忘れが激しくなった。 その他にも色々ありますが、このくらいにしておきます。 実は最近までは自分が強迫性障害だということを知りませんでした。 上のような症状が出ていて、ひょっとしたら病気なのではないかと思い、ネットで調べたら、強迫性障害の症状に当てはまることが多く、自分は強迫性障害なのだと知りました。 そして、自分が強迫性障害と知ってから、上のような症状がより悪化してしまいました。 特に、物忘れがひどくなりました。 親には神経質だね、とよく言われますが、自分が強迫性障害だということは話していません。 なので、なんとか病院には行かず、自力で病気を治したいのですが、自分で治す方法はありますか?教えて頂けたら幸いです。 では、回答待っています。

  • 強迫性障害

    強迫性障害らしきもので悩んでいます。例えば自慰行為をした後に精液といったものなどが何処かに付着などして女性が妊娠したらどうしようとか、数字にすごいこだわりがあります。また、悪いことを思ったりすると自分の身に不幸?なことが起きるなどいろいろあります。これは強迫性障害でしょうか?だとしたら、考え過ぎだで片付けたら次第に治っていきますか?

  • これって強迫性障害ですか?

    私は行動ごとに回数を決めてそのとおりにやっています。 例えば、うがいは5回、飲み物は4口ずつ飲む、タバコは 3回吸ったら灰を落とし、また3回吸って灰を落とす、食器洗いの 洗剤は3滴ずつ、シャンプーのプッシュの回数、ふとんを叩く回数、等 それぞれの行動にそれぞれの回数を決めているのです。 その通りにやらないと何か悪いことが起こるような気がして そうしないと気が済みません。 その数にならない場合はまた始めからやり直すこともあります。 他の方の強迫性障害に対する質問を読んで、もしかして私も そうなのかなと思い不安になりました。 同じような体験をされている方がいらっしゃいましたら、どんなこと でも構いませんので教えて下さい。

  • 強迫性障害

    強迫性障害のページを読んでいてかなり心あたりが あります。 ・家の鍵やガス栓を締めたか心配でドアを何回も 確認して出かけるが、数分後またも気になり鍵を 確認しに戻る。 ・やってもいないしやろうとも思っていない行為 に対してかなり気になる。 例えば駅のホームで人を押して線路に落としたのでは ないか?と思い電車を往復して確認することがある。 ・車を運転していて振動などがあると人を轢いたので はないかと心配になり同じ道を確認しに戻る。 ・友達の前で思ってもない悪口を言ったのではないか と心配になる。 などなどです。 以前に比べ軽くなったのですが直ってません。 これは強迫性障害なのでしょうか? また、強迫性障害だとしたら治療しないと治らない のでしょうか?

  • これは不安生涯、強迫性障害でしょうか?

    ・勉強しないといけないと思うし、やろうとも思ってはいるのに、なかなか取りかかれない ・勉強できる環境がない。こんな環境だから勉強が出来ないと思ってしまう。 ・参考書を何度読んでもなかなか頭に入らず、これでは覚えられていないと思い、何度も同じところを読み続けてなかなか先に進めない ・分からないところが少しでもあると、理解できないということが不安で先に進むことが出来ない。 特に英語は好きで、今まで得意だったはずなのに、長文読解で全く読めない文が出てきて、その時点で不安にかられてそこを飛ばして読むという考えにならずパニックになり思考停止してしまう。 ・問題集をやっていて、一問解いたらそれが合っているかどうか気になってすぐに答えをみてしまう ・朝型までパソコンをやってしまう。この状態が悪いことは分かっていて、やめたいと強く思っているにもかかわらず、もう1年近く続いている ・紙で目が切れるといった内容の描写の書き込みをたまたま見たことがきっかけで、それが自分に起こるのではないかという恐怖が頭から離れない。こんなことを文字にして書くのも怖いです。。。これが頭に焼き付いて目が不安でたまりません 以前から先端恐怖症っぽかったのですが、こっちはもう常に考えてしまって頭から離れません。。。 ・物が捨てられない 何でも「置いておけばまた何かに使える」「後でまた見ようと思うのではないか」などと思ってとっておいてしまいます あと、強迫性障害関連のサイトを見てそれっぽいなと思ったのは 神社で鳥居をくぐらず出そうになって、戻って鳥居をくぐるというようなことはたまにあります。 通らずに出たから何かが起こる・・・とかいう風にずっと考えることはないですが。。。 http://www.mental-health.org/morita4.html#keyword1 を見ると、典型的な森田神経質、強迫障害 のようです。。   もう判明したけどここまで書いたので投稿します。。。。 もう遅いのでまた後日このサイトをちゃんと読むと思います 何を思ってここに書こうと思ったかというと この神経症?と強迫障害は別々の対策が必要なのかどうかと思ったからです。 強迫障害対策の本を見つけましたが、果たして自分が完全にそっちにあてはまっているのか、 神経症ならそっちの対策を別にすべきなのかと思ったからです

  • パニック障害から強迫性障害へ

    私は10数年前にパニック障害になり東京のクリニックへ通院しています。はじめはアナフラニールから服用しほとんどの安定剤を服用したと思います。10数年も薬の服用を続けて良いのでしょうか? パニック障害は安定してきたのですが、 2年ほど前から強迫性障害で苦しんでします。道を歩いていれば 何かがぶつかるのじゃないかといった恐怖や路面に赤い物があれば 血液なんじゃないかと見入ってしまったり(血液恐怖症です) 頭の中で気になれば引き返して確認したり 生活にもの凄い支障があります。 これは長年の薬の影響じゃないかと感じ始めました。 普通の行動が全く出来ません。苦しいです。 薬の服用を止めたら副作用は出るでしょう。 勝手に止めた薬での辛い副作用はありました。 薬の服用をやめて強迫性障害は治りますでしょうか? また強迫性障害で有名なお医者様はいませんでしょうか? 私は、埼玉に住んでいますので東京あたりでお願いします。 はっきり言って薬を服用し続けて頭が馬鹿になっていると 実感します。こんなにも苦しいなんて・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 強迫性障害なのかどうかについて

    強迫性障害についてお聞きしたいです。よく聞く何度も手を洗うといったことはないのですが、一日に何度も郵便のポストを夜中でもいつでも確認してしまいます。一日朝確認して(朝はまだ届かないのに)昼にみて夕方にみて、夜中でも確認してしまいます。 これは強迫性障害の軽いものなのでしょうか? とっても気になるので教えてください。

  • これは強迫性障害ですか?

    これは強迫性障害ですか? 私は家族以外の他人と同じ部屋にいると、いつも財布の所在を必要以上に気にしてしまいます。 たとえそれが親しい友人や信頼している人でもです。むしろ親しくない人と一緒にいる時よりも気にしてしまいます。 それが原因で、一緒に話をしたり遊んだりしていても常に財布の所在が頭をよぎって心から楽しむことができません。 ましてやその友人の家でお風呂に入るために財布から目を離したり、同じ部屋で寝たりする時なんかはドキドキして早く出なきゃ、誰よりも遅く寝て誰よりも早く起きなきゃという気持ちでいっぱいいっぱいになってしまいます。 これは強迫性障害の一種なのでしょうか?精神科に行ったほうが良いですか? ご回答のほどよろしくお願いします。

  • 強迫性障害について

    こんにちは。 私は今、高校3年生で大学受験を控えています。私はタイトルの通り中学2年生(2005年)から強迫性障害で苦しんでいます。強迫性障害と言っても確認とか清潔とか数字とかあるそうですが私の場合は前に発生した不快感な悩みを今すぐにでも解決しなければ気が済まなくなります。例えばある強迫観念(悩み)が不意に頭の中に浮かびそこで焦りそれを強迫行為(解決)しようとします。そうしているといくら強迫行為をしても悩みが解決されずに(一時期はいいですが……)最終的には頭が狂ってしまいます。しかし解決されたとしてもしばらくはいいのですが数分たつとまた前に解決した悩みが強迫観念となって頭の中に出てきてしまいまた同じ経路を歩むという悪循環が生じます。2週間ほど前に1時間くらい強迫行為をしてその後頭が痛くなりそれが2日間も続いたこともある位です。 また冒頭で述べたように私は大学受験でこの強迫性障害が原因で勉強がほとんど出来ないことも少なくありません。またもう受験まで半年もありません。なので今すぐにでも強迫性障害をなくしたいと思っています。一応精神科には行っておりSSRIとかという薬を飲んでいます。 また強迫性障害でもう何もかもが終わりそうです。強迫行為で夜まるっきり眠れない時もあります。また自分が好きなことをしているときもこの障害のせいで全然楽しくありません。 ちなみに強迫性障害を感じない時はほとんど悩みが解決されているという感じです。 以上のような事からこのような強迫性障害はどうしたら治るのでしょうか?薬は飲んでいるので行動療法でご回答いただければ幸いです。 よろしくお願いします。