• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

一般企業の役職について

下記の一般企業における役職を 上位から順に並べ替えて下さい 名誉会長、会長、社長、副社長、専務、常務、監査役、執行役員、本部長、部門長、局長、部長、 次長、課長、課長代理、課長補佐、班長、係長、主任、一般社員

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数839
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gouzig
  • ベストアンサー率25% (535/2077)

jmdtagpwmtjamdjさんが書いた内容は少し違いますね。 それは企業の組織図から入ると分かります。 まず、企業は役員と社員に分かれます。 役員とは一般的には商法上の取締役と監査役です。 そして社員です。 jmdtagpwmtjamdjさんが書いた内容については、社長、副社長、専務、常務は取締役とみていいですが、名誉会長、会長は取締役である場合とそうでない場合があります。 執行役員というのは商法上の取締役ではなく社員ですが役員の待遇をするというものです。 執行役員社長というのもあります。ただこの社長は取締役も兼務している場合が多いです。 本部長、部門長、局長は組織の形によって違ってきます。国の省庁の場合では局長はトップの事務次官に次ぐ位置です。 また、名誉会長、会長の他に相談役もあります。この相談役は取締役である場合もありますね。 国際的な企業になると、取締役は社外の人がなり、外から会社の状態を監視するようになります。取締役は株主に代わって企業を監視するのです。 以上は複雑なようですが、商法と企業の組織図に当てはめると分かりやすいですよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座いました

関連するQ&A

  • 役職手当について

    民間企業や公益法人の主任、係長、 課長代理(又は課長補佐)の役職手当って いくらぐらいですか? 参考までに教えてください。 うちは30人未満の事業体で 主任という役職が無くて ・係長    2,200円 ・課長代理 4,800円 そんな程度なんです。 (非管理職で残業代が出る位置付け) 課長は管理職となり、手当は3万円ですね。

  • 課長代理と課長補佐はどっちが偉い?

    暇な質問ですみません。 課長代理と課長補佐、普通はどっちが偉いんでしょうか? 詳しい方、教えてください。

  • 役職手当について

    自分は中小企業(従業員50人位)に勤めています。 部署毎に役職者がいます。 部署によってですが、部長・次長・課長・課長補佐・係長・主任等がいて、各役職者にも役職手当がでています。 自分は現在係長に該当します。 手当ては、¥3,000で猛烈に少ないように感じます。 こっそり次長クラスに探りを入れたところ、次長クラスで約¥9,000、課長クラスで約¥5,000位のようです。 いろいろ業者との付き合いや、社内の冠婚葬祭等もたまにありますし、意外な出費が多かったりします。 全部自腹と言うこともないですが、風潮的に自腹の傾向が強いです。 世間一般的?に役職者の方はどの位手当てがついているのか教えてください。上を見るときりが無い事は分かっていますが、全く相場も分からないので参考にさせて頂いて、会社に申し入れたりもできればと考えています。 (特に争う気はないです) 宜しくお願いします。

  • 辞令【係長事務取扱】とは?

    4月1日に他部署への異動に伴い辞令が有り、【係長事務取扱】という発令がありました。以前は、発令前役職は【係長】でした。どういう事でしょうか?実際は、課長、課長代理、課長補佐等の格であるということでしょうか?一定期間後、課長、課長代理、課長補佐等の昇格発令がありうるという事でしょうか?詳細ご説明、ご回答お願い致します。

  • 取締役次長ってどんな役職? どのぐらいエライの?

    このHPを見てください。 ------------------------------ http://staff-wado.seesaa.net/archives/201204-1.html 和同産業株式会社のブログ 新体制の下、がんばっていきます。 2012年4月5日付で新体制の人事が発表されました。 代表取締役会長 三國 慶耿(前取締役社長) 代表取締役社長 照井 政志(前執行役員) 常務取締役   三國 卓郎(前生産本部長) 取締役監査役  三國 丕紀(前常務取締役) 取締役次長   三國 開郎(同じ) 取締役役員   林 俊春 (前執行役員) 取締役役員   伊藤 富壽(前執行役員) ------------------------------ 取締役次長   三國 開郎(同じ) という人がいますが、この「取締役次長」というのは何でしょうか? あまり聞かない役職、ポジション、ですよね。 次長でありながら取締役って・・・ 三國、という同姓の役員が何人か居ますので、同族会社と思われますが、もしも息子や親戚の子、血縁関係にある者を、赤の他人の社員よりも重用したい、ということならば、せめて 取締役部長、ぐらいの肩書を与えてもいいと思うのですが。 それともこの取締役次長、ってのは取締役部長よりももっと上の役職になるのでしょうか? それとも本当は親(社長)のチカラで取締役部長にでも常務取締役にでも抜擢したかったのだか、この人があまりにも無能なので、そんなことをしたら社内の空気が悪くなるので、せめて 「あの人は社長の息子というだけで大事にしないといけないのはわかっているが、仕事が全然できない癖に肩書だけはお偉くても困る。まあ、次長程度のポジションなら我慢しようか」 ということで「取締役次長」というあまり聞かない役職を「創設」したのでしょうか? (それならそれで、その方がまともな神経かも、という気もしますが) この取締役次長ってどんな役職でしょうか? どのぐらいエライのでしょうか? 仕事先が名刺を受取った時に「????」と思わないのでしょうか?

  • 会社の上下関係について。

    会社の上下関係を知りたいです。って一般常識ですが知らないので教えてください。 例 次長・係長・課長・課長補佐・副次長・副係長・チーフ・専務・統括部長など上下順が知りたいです。早急に!!!お願いします。

  • 「課長代理」や「課長補佐」、「課長」と呼ぶの?

    取引先担当者の名刺の肩書きが「課長代理」や「課長補佐」となっていた場合、 ご本人を呼ぶ時は、“代理”や“補佐”を取って単に「(お名前)課長」とするのが良いのでしょうか? また相手が民間の方の場合、行政(公務員)の方の場合とではそれぞれ状況は異なるのでしょうか?

  • 各省の階級基準って違うのですか?

    今度、某省の課長補佐の方と打ち合わせなのですが、 課長補佐というと、一般企業でどのくらいの立場の方なのでしょうか? また、各省によって階級に差異はあるのでしょうか? 常識がなくて恥ずかしいですが、教えてください。

  • 文科省の天下りは事実ではないか

    文部科学省の天下りが問題にされています。 退職した人事課課長補佐は人助けであり、文科省の組織的関与はないといっているそうです。 でも再就職していった方々って本省の局長さんたちですよね。 本省の課長さんだってそう簡単になれるものではない、昔の高文試験。いまの国家公務員上級試験の合格者であって、ノンキャリは本省の一局ごとに選ばれた一人しか、それも課長どまり。 課長になった多くのキャリアだって一人しか局長になれません。 課長補佐、しかも人事課の補佐。 こういう人に局長さんが相談したりお願したりするんでしょうかね。 役人の隙のない言い逃れとしか受け取れなかったのは私だけでしょうか。 http://www.asahi.com/articles/ASK1P5W3ZK1PUTIL01R.html?ref=nmail

  • ”さん”でいいのか?

    お世話になります。私はホテルのテナントに勤めておりたまに内線でホテルのえらいさん宛てに、例えば○○部長、課長、課長補佐、課長代理等面識のある、ないに関わらず電話をしないといけない時があります。 その場合の呼び方なのですが、補佐や代理とついている役職名をすべて言わないといけないのでしょうか? 部長、課長まではいいのですが補佐等が付くとやや違和感があるのですが・・・友人に聞くと肩書きは変わるものだから、「さん」もしくは「さま」でいいのではないか。と言われました。同じ会社内ならいいのでしょうが、別会社しかもテナントであるので仕事を頂いてるという立場でもあるのです。 日本語の面倒くさいヤリトリですが、最低限失礼のない様な呼び方、一般的な呼び方などを教えて頂ければと思います。ちなみに電話の際での呼び出し方もしくは直接本人への呼び名に限ります。アドバイスよろしくお願いします。